シーズン到来

 16日、駐車場前水路でタベサナエ1オスの羽化を確認。谷奥の林縁ではホソミイトトンボもチラホラ。2017年のトンボシーズン開幕です。

_Q4A2448駐車場前水路2017・3・16トンボ王国 _Q4A2427タベサナエ♂羽化2017・3・16トンボ王国 _Q4A2433タベサナエ♂羽化2017・3・16トンボ王国 _Q4A2260ホソミイトトンボ越冬型半成熟♂2017・3・11トンボ王国・本谷奥
駐車場前水路       タベサナエ♂羽化    谷奥のホソミイトトンボ越冬型♂

 池田川の土手ではスミレの花も咲き始めました。

_Q4A2545ハクモクレン2017・3・17 _Q4A2550ハクモクレン2017・3・17 _Q4A2443スミレ2017・3・16トンボ王国 _Q4A2445スミレ2017・3・16トンボ王国
       満開のハクモクレン            池田川土手に咲くスミレ

   _Q4A2472シハイスミレ2017・3・16トンボ王国  _Q4A2464フジツツジ2017・3・16トンボ王国  _Q4A2465ビロードツリアブ2017・3・16トンボ王国
    シハイスミレ            フジツツジ&ビロードツリアブ

 スイレン抜き作業は100%ではないものの、シーズン入りしたので強制終了。これから大急ぎでハナショウブの柵作りです。一方、この時期にしては異常少雨が続いています。人手不足から、イノシシ荒らしの補修が手つかずとなっている本谷奥の湿地保護区ではヤマアカガエルのオタマジャクシがほとんど干上がってしまいました。

   7Q4A2315深池ピンク・スイレン池2017・3・12トンボ王国  7Q4A2319池田川リフォーム2017・3・12トンボ王国 _Q4A2274渇水2017・3・12トンボ王国
  12日のスイレン抜き  草刈を待つハナショウブ池   渇水のトンボ池

   7Q4A2305湿地保護区2017・3・12トンボ王国本谷奥  7Q4A2304湿地保護区2017・3・12トンボ王国本谷奥  _Q4A2308ヤマアカガエル?幼体干上がり2017・3・12トンボ王国本谷奥
      グチャグチャの本谷奥湿地保護区     干上がったオタマジャクシ

 これに先立つ12日、大潮に合わせて行きつけの磯に。魚影は薄いながら、お目当てのタカノハダイ幼魚に出合うことができました。

   _Q4A2298磯2017・3・12黒潮町大方浮津  _Q4A2296タカノハダイ2017・3・12黒潮町大方浮津  _Q4A2281アゴハゼ2017・3・12黒潮町大方浮津
    黒潮町の磯        タカノハダイ        アゴハゼ

 画像はすべて、クリックすると拡大します。



by 杉村光俊  at 17:55 |  トンボ王国最新情報 |  comment (0)  |   |  page top ↑

遅れ気味

 ポツリ、ポツリと春の花が先始めたトンボ王国。ここ数日の暖かさで一気につぼみがふくらんできたモクレンの開花は、戻り寒波の影響で足踏み状態です。タベサナエの羽化もまだ先が見えません。

_Q4A2155モクレン2017・3・7トンボ王国 _Q4A2156モクレン2017・3・7トンボ王国 _Q4A2129ツバキ2017・3・6トンボ王国 _Q4A1925ツクシ2017・2・26トンボ王国
          ハクモクレン          ヤブツバキ  スギナ(ツクシ)

   _Q4A2103ユキワリイチゲ2017・3・5トンボ王国  _Q4A2090セントウソウ2017・3・4トンボ王国  _Q4A2097ニホンミツバチ&ネコヤナギ2017・3・5
    ユキワリイチゲ      セントウソウ     ニホンミツバチ&ネコヤナギ

 スイレン抜き作業は、ようやく先が見えてきた感じですが、相変わらず湿地保護区に出没するイノシシの悪さに手を焼いています。数日間見回りができていなかったモートンイトトンボ保護区では、土手破損による水漏れで、せっかく育っていたオタマジャクシの一部が干上がっていました。

   _Q4A1988スイレン抜き2017・3・1トンボ王国ロウ  _Q4A1987スイレン抜き2017・3・1トンボ王国ロウ  _Q4A2055スイレン抜き2017・3・3トンボ王国ロウ
  最奥のピンク・スイレン抜き作業の様子(3月1日)   同 (3月3日)

_Q4A2169イノシシ荒らし2017・3・7トンボ王国白ヶ谷 _Q4A2162イノシシ荒らし2017・3・7トンボ王国白ヶ谷 _Q4A2163イノシシ荒らし2017・3・7トンボ王国白ヶ谷 _Q4A2168イノシシ荒らし2017・3・7トンボ王国白ヶ谷
   破損の状況 干上がったニホンアカガエル幼体 補修後(いずれも3月7日)   

 市内の林縁で越冬中のホソミトトンボは、かなり色づいてきました。

   _Q4A1944ホソミイトトンボ生息地2017・2・28四万十市上分催合谷  _Q4A1948ホソミイトトンボ越冬型♂2017・2・28四万十市上分催合谷  _Q4A1953ホソミイトトンボ越冬型♂2017・2・28四万十市上分催合谷-加工
    四万十市蕨岡           ホソミイトトンボ越冬型♂   

 去る3月2日には、恒例の物部川流域の魚調査に出向きましたが、年々種類も個体数も減少一途、今年はタナゴどころか、ついにギギの幼魚さえ見つけることができませんでした。寂しい限りです。

   _Q4A2015オイカワ2017・3・2香美市  _Q4A2033ヨシノボリ2017・3・2香美市  _Q4A2044トサシマドジョウ2017・3・2香美市
    オイカワ          ヨシノボリ類        トサシマドジョウ 

画像はすべて、クリックすると拡大します。     
  


   
by 杉村光俊  at 18:45 |  トンボ王国最新情報 |  comment (0)  |   |  page top ↑

幻のシダさがし

 今回も思いがけず間が空いてしまいました。
トンボいない生活が続いていることもさることながら、日高村から依頼されている自然観察ガイドブックのデータ作りに追われていることが最大の理由です。

_Q4A1671積雪2017・2・11トンボ王国 _Q4A1792ホソヒラタアブ&ユキワリイチゲ2017・2・17オンボ王国 _Q4A1725シロハラ2017・2・14トンボ王国 _Q4A1812紅白ウメ2017・2・18トンボ王国
2月11日のプチ積雪  ユキワリイチゲ(17日)  シロハラ   紅白梅(18日)

 それでも、トンボ保護区のリフォーム作業はしっかりこなしており、昨シーズンは人手不足から心ならずも未着手のままだった4個のスイレン池のうち3個を片付け、目下4個目のピンクスイレン池のリフォームに取り掛かっています。また、去る2月19日には、ひょんなことから高知大生3名が、本日25日午後には市担当課と地元具同「若手の会」から総勢18名のボランティア参加があり、大いに助かりました。この場をお借りして、改めて御礼申し上げます。

   _Q4A1678スイレン池リフォーム2017・2・12トンボ王国  _Q4A1779第5白スイレン池リフォーム2017・2・16トンボ王国  _Q4A1815スイレン抜きボランティア(高知大生)2017・2・19トンボ王国
   2月12日の作業風景  同 16日の作業風景  高知大生のボランティア

   _Q4A1850第5ピンクスイレン池リフォーム2017・2・21トンボ王国  _Q4A1906.jpg  _Q4A1917ピンクスイレンリフォーム2017・2・25トンボ王国
作業途中のピンク・スイレン池 (2月21日)  25日のボランティア作業

 この間、湿地保護区には相変わらず「いたずらイノシシ」が出没、しばしばスイレン抜き作業の手を止められています。

   _Q4A1731イノシシ荒らし2017・2・15トンボ王国右湿地保護区  _Q4A1838イノシシ荒らし2017・2・21トンボ王国白ヶ谷  _Q4A1840イノシシ荒らし2017・2・21トンボ王国白ヶ谷
                  イノシシ荒らしの状況

 先述の自然観察ガイドブック、24日午前、まだ誤字・脱字が見つかる可能性大ながら、タイムリミットを迎えたため、一先ず160ぺージ+表紙データを日高村にお預けしました。後は色校が出るまでに再チェックし、より完成度の高い冊子に仕上げたいところです。
最後の課題となっていた石灰岩地で生育する2種類のシダ植物について、同村にお住いのN家の人々による献身的?情報収集のお蔭で、無事撮影に漕ぎ着けることができました。ただ、季節的な関係からか撮影個体に今一つ元気さがなく、この画像が件のガイドブックにそのまま掲載されるかどうかは微妙なところです。

_Q4A1868クモノスシダ2017・2・24日高村沖名猿田洞 _Q4A1860クモノスシダ2017・2・24日高村沖名猿田洞ロウ _Q4A1879クロガネシダ2017・2・24高知市土佐山弘瀬大穴下橋下流側右岸 _Q4A1890クロガネシダ2017・2・24高知市土佐山弘瀬大穴下橋下流側右岸
  頭の下にあったクモノスシダ     ある所にはあったクロガネシダ

画像はすべて、クリックすると拡大します。





by 杉村光俊  at 17:11 |  トンボ王国最新情報 |  comment (0)  |   |  page top ↑

春は名のみの…

  暦の上では立春を過ぎましたが、暖かさが今ひとつ戻ってきません。トンボはおろか、昆虫いない生活が続いています。
そんなことで特筆すべきネタもないのですが、かつてないほど間を空けてしまったので近況など少々。

 まず、トンボ王国のリフォーム状況。相変わらず、定期的にイノシシ被害に遭う湿地保護区の補修にも追われながら、スイレン抜き作業を進めています。すでに7個のトンボ池の作業を終え現在、人手不足による時間切れで昨年は未作業だった白スイレン池のリフォームに取り組んでいます。なお、去る1月28日には、例によって須崎市からF原氏をお迎えし、不要木の伐採に汗を流しました。

   _Q4A1592イノシシ荒らし2017・2・7トンボ王国右湿地保護区  _Q4A1545第5白スイレン池リフォーム完了2017・2・5トンボ王国  _Q4A1389伐採2017・1・28トンボ王国
    イノシシ荒らし      スイレン抜き        伐採

 春の花は、野生化したセイヨウアブラナや多目的広場の紅白ウメなどがポツリ、ポツリと咲き始めています。

   _Q4A1613セイヨウアブラナ2017・2・8トンボ王国  _Q4A1550紅梅2017・2・5トンボ王国隣地  _Q4A1453アセビ2017・1・31トンボ王国アセビ2017・1・31トンボ王国ロウ
    セイヨウアブラナ     近所の紅梅        アセビ

 昆虫の姿はほとんどありませんが、今月1日にやってきたコガモ2羽がアイドルになっています。

   _Q4A1367コサギ2017・1・27トンボ王国  _Q4A1447アオサギ2017・1・30トンボ王国  _Q4A1643コガモ20172・9トンボ王国
    コサギ           アオサギ          コガモ

 本ブロクの更新が滞っている本当の理由は、3月20日発行予定の高知県日高村の自然観察ガイドブックの編集にかかりっきりになっているためで、トンボ以外の生物、とりわけ植物関係の材料集めに苦心惨憺、去る2月6日には石灰岩地に生育する植物数種を求め日高村周辺の探索に赴いたものの、厳寒期ということもあってか、お目当ての植物には出合えませんでした。この編集作業は、20日頃まで続く予定です。

   _Q4A1568猿田洞裏山20147・2・6日高村猿田  _Q4A1567牡丹杉2017・2・6日高村小村神社  _Q4A1572ナウマン・カルスト台地2017・2・6佐川町
    日高村猿田洞     同村小村神社の牡丹杉 佐川町ナウマン・カルスト

   _Q4A1653日高ガイド編集パソコン2017・2・9   _Q4A1655日高ガイド編集ゲラ2017・2・9   _Q4A1657日高ガイド編集ゲラ2017・2・9
    パソコン画面   トンボの解説ページのゲラ 他の生物紹介ページのゲラ

画像はすべて、クリックすると拡大します。






   

by 杉村光俊  at 16:39 |  トンボ王国最新情報 |  comment (0)  |   |  page top ↑

閉幕宣言

 結局、今月11日が2016年のトンボシーズン最終日となってしまいました。この日、ヒメアカナ2オスの生存が確認できたものの、12日からは曇り勝ちの日が続くようになり、15日にはついに小雪がチラつき始めるなど「もはや、これまでか…」という感じです。

   _Q4A1221降雪2017・1・23トンボ王国   _Q4A1219降雪2017・1・23トンボ王国   _Q4A1228雪解け2017・1・23トンボ王国
            1月23日朝の降雪            当日午後

 となれば、次は「春のたより」さがし…といきたいところですが、寒さは募るばかり。動いているのは野鳥ばかりで、昆虫の姿が見当たりません。17日には成虫越冬中のムラサキシジミが昇天していました。寒暖の差が大き過ぎたのかもしれません。

_Q4A1163ダイサギ2017・1・22トンボ王国 _Q4A1058メジロ採餌2017・1・17トンボ王国あきついお前庭 _Q4A0968メジロ採餌2017・1・16トンボ王国あきついお前庭 _Q4A1068ムラサキシジミ越冬失敗2017・1・17トンボ王国
 ダイサギ         エサに釣られたメジロ    越冬失敗のムラサキシジミ

 そんな中でもトンボ池リフォーム作業は続いています。
   
   _Q4A0893パンダ池スイレン抜き2017・1・12トンボ王国  _Q4A0908パンダ池スイレン抜き2017・1・13トンボ王国  _Q4A0913パンダ池スイレン抜き2017・1・13トンボ王国
               12~13日のスイレン抜き状況

   _Q4A1151白スイレン池リフォーム2017・1・20トンボ王国  _Q4A1303第5スイレン池リフォーム2017・1・25トンボ王国  _Q4A1305第5スイレン池リフォーム2017・1・25トンボ王国
               21~25日のスイレン抜き状況

 途中、イノシシによって数日置きに破壊される、湿地保護区の土手直しを余儀なくされるのが辛いところです。

   _Q4A0952イノシシ荒らし2017・1・16トンボ王国  _Q4A0953イノシシ荒らし2017・1・16トンボ王国  _Q4A0957イノシシ荒らし補修2017・1・16トンボ王国
       湿地保護区で繰り広げられるイタチ(イノシシ?)ごっこ
   
 この寒さで、咲き続けていた春の花も後退してしまいましたが、アセビの花が本格的?に咲き始めたようです。なお、明日から暖かさが少し戻ってくるようです。

   _Q4A1299ミツマタ2017・1・25トンボ王国  _Q4A1308アセビ2017・1・25トンボ王国  _Q4A1314アセビ2017・1・25トンボ王国
    ミツマタ               ほころび始めたアセビの蕾

画像はすべて、クリックすると拡大します。




by 杉村光俊  at 10:47 |  トンボ王国最新情報 |  comment (0)  |   |  page top ↑
イベント情報・お知らせ
トンボ王国のホームページはこちらからどうぞ
www.gakuyukan.com/

催しのご案内

第5回ネーチャーフォト研究会作品発表展示会
内容:自然と生き物大好きメンバー渾身の生物写真64点を、A-3サイズのパネルで紹介。ビーズトンボ額がもらえる人気投票つき。
日時:平成29年4月22日(土)~7月17日(月)。
場所:四万十川学遊館あきついお・多目的ホール。
入場:四万十川学遊館あきついおの入館料が必要。

みんな、こい展
内容:一口にコイといっても、大きさや泳ぎ方、食べ物もまちまち。多様な水環境で独自の進化を遂げた個性的なコイ科の魚10種を6基の中型水槽で特別展示。
日時:平成29年4月22日(土)~5月7日(日)。
場所:四万十川学遊館あきついお・さかな館コミュニティー広場。
入場:四万十川学遊館あきついおの入館料が必要。

メダカすくい・こどもの日バージョン
内容:金魚すくいの「ポイ」を使って、タライで泳ぐトンボ王国産メダカをすくいます。2尾までお持ち帰り頂けます。
場所:四万十川学遊館さかな館・階段下。
入場:四万十川学遊館あきついおの入館料が必要。 小学生以下の有料入館者は1回無料。2回目以降や一般の方についても、1回100円でご体験頂けます。なお、アメリカザリガニのタライもあります。こちらのお持ち帰りは1回1尾となります。
特別ルール:5月5日のみ、すくった数に応じてお菓子などと交換することができます。

第1回学遊館クラブ「フナ釣り」
内容:ミミズ掘りから始まるフナ釣りです。
日時:平成29年5月14日(日)午前10時~12時。
場所:トンボ王国のトンボ池。
対象:小学生。補助役として大人の方の参加を歓迎します。
参加費:無料。ただし参加資格は本会会員か、四万十川学遊館の年間パスポート所有者。

ピラルクのエサやり
内容:全長2メートルのアマゾン川産ピラルクへの、スリル満点の給餌体験。
場所:四万十川学遊館あきついお・さかな館。
時間:開館日の午後4時~。
対象:入館者先着10名。
参加費:無料。ただし、「四万十川学遊館あきついお」の入館料が必要)。

毎日イベント・ビーズトンボ携帯ストラップ作り&四万十川の蛇紋岩みがき
内容:ビーズで作るトンボ・アクセサリーの携帯ストラップ版(簡素化したデザインで、所要時間約30分)と、磨くほどに輝きを増す四万十川の蛇紋岩みがき(所要時間約30分)。

日高村トンボ観察図鑑ができました
 この春、高知県日高村(高知市の西方、車で30分ほど)より、同村内でこれまでに記録されている73種類のトンボを紹介した標記ガイドブックが発行されました。本体A-5版160ページで、解説を本会の杉村光俊常務理事が担当したご縁で、本会でも販売させて頂いております。実寸大での生体標本画像と、和風の体色解説が大きな特徴です。
四万十川学遊館あきついお売店にて税込み1,000円で販売中、送料360円で郵送も承ります。日高村からの預かり部数は300弱、ご購入を希望される方はお早めお求め下さい。

『中国・四国のトンボ図鑑』 割引頒布について
トンボと自然を考える会の会員の方を対象に割引頒布を実施させて頂いております。
税込み価格3,675円のところ、あきついお四万十川学遊館・売店コーナーでは税込み価格3,150円でお分けさせて頂きます(ご購入の際には、必ず会員証をご提示下さい)。
また、宅配を希望される方は、税・送料込み3,400円とさせて頂きたく、必要額を本会郵便口座(01630-5-35218)にお振込み下さい。1週間ほどでお届けできます。

「ネーチャーフォト研究会」メンバー募集中
トンボと自然を考える会会員、または四万十川学遊館年間パスポート所有者を対象として、トンボ自然公園内で見られるトンボや花などの撮影案内、作品展示会(年1~2回)、研究会会員の撮影技術向上と親睦を深めることを目的とした勉強会等を行います。
撮影されたい動植物の時期や場所の問い合わせへの対応、撮影時のコツ等を職員がアドバイスさせていただきますので、多くの方々のご参加をお待ちしています。
お問い合わせは、トンボと自然を考える会事務局。

カテゴリー
検索フォーム
リンク
このブログをリンクに追加する
プロフィール

杉村光俊

Author:杉村光俊
1955年高知県中村市(現四万十市)に生まれる。
1985年(社)トンボと自然を考える会常務理事
日本蜻蛉学会会員
トンボ生態写真家

最近の記事
月別アーカイブ
最近のコメント
RSSフィード