fc2ブログ

閉幕の模様

 何とか年越しに成功した2021年生まれのヒメアカネとキトンボ。ただ、キトンボは4日を最後に、ヒメアカネも7日を最後に消息不明となりました。特に7日のヒメアカネはオス2頭が健在で、接近戦も見られるほど元気でしたが、他個体の捜索でその場を10分ほど離れ、再び戻った時にはもう2頭の姿はなく、1羽のキセキレイが何かを物色しているように周辺を歩き回っていました。ひょっとすると…

  _W9A9915キトンボ♂2022・1・1 _W9A9975キトンボ♂捕食2022・1・2 _W9A0048キトンボ♂2022・1・4トンボ王国隣地放棄田
 キトンボ♂ 左より元旦  2日(捕食)     4日

  _W9A9839ヒメアカネ♂2022・1・1 _W9A9993ヒメアカネ&キトンボ♂2022・1・2 _W9A0122ヒメアカネ♂2022・1・7
 ヒメアカネ♂ 左より元旦 2日(右キトンボ) 7日

 元旦にはまだツマグロヒョウモンなども残っていましたが、現在見られる昆虫は成虫越冬モノばかり。

  _W9A9959キタキチョウ吸蜜&ツワブキ2022・1・2 _W9A01852022・1・10 _W9A0176キヌヤナギ2022・1・9
キタキチョウ吸蜜(ツワブキ) ツマグロキチョウ 芽吹くキヌヤナギ  

 これから新シーズン開幕まで、あのチュウダイサギをお供に来シーズンに向けた整備作業中心の日々です。

  _W9A0084スイレン抜き途中2022・1・5 _W9A0139スイレン抜き完了2022・1・8 _W9A0135チュウダイサギ2022・1・8
   スイレン抜き途中  スイレン抜き完了   チュウダイサギ

画像はすべて、クリックすると拡大します。




  





by 杉村光俊  at 15:45 |  トンボ王国最新情報 |  comment (0)  |   |  page top ↑
Comments
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する

イベント情報・お知らせ
トンボ王国のホームページはこちらからどうぞ
www.gakuyukan.com/

催しのお知らせ

〇トンボ王国四季写真展

内容:2022年11月から2023年11月にかけて、トンボ王国内で撮影された動植物や風景などを、A-3サイズ64点で紹介。
期間:2023年12月1日(金)~2024年4月7日(日)
場所:四万十川学遊館あきついお多目的ホール(とんぼ館ロビー)
入場:無料。ただし、四万十川学遊館あきついおの入館料が必要。

〇トンボ王国クイズ

内容:展示室を楽しく見学してもらうための3択10問クイズ。春編、夏編、秋編、冬編、があります。
特典:それぞれ全問正解者10名に(多数の場合は抽選)、トンボ王国グッズ詰め合わせをお送りしています。
対象:「四万十川学遊館あきついお」有料入館者。

毎日イベント・ビーズトンボ携帯ストラップ作り&四万十川の蛇紋岩みがき
内容:ビーズで作るトンボ・アクセサリーの携帯ストラップ版(簡素化したデザインで、所要時間約30分)と、磨くほどに輝きを増す四万十川の蛇紋岩みがき(所要時間約30分)。

カテゴリー
検索フォーム
リンク
このブログをリンクに追加する
プロフィール

杉村光俊

Author:杉村光俊
1955年高知県中村市(現四万十市)に生まれる。
1985年(社)トンボと自然を考える会常務理事
日本蜻蛉学会会員
トンボ生態写真家

最近の記事
月別アーカイブ
最近のコメント
RSSフィード