FC2ブログ

記録更新

 トンボ王国のマユタテアカネが驚異的な粘りを見せています。もちろん、ご長寿記録で。例年の覇者となっていたキトンボが元旦、ヒメアカネが10日を最後に見られなくなった2019年のトンボ・シーズンにあって、マユタテアカネのオス1頭だけが13日も元気に水辺を飛び回っていました。その後、やや寒い天気の崩れがあり、青空が広がった18日には水辺に姿を見せず、翌19日に最終確認をと、いつもの水辺を回ったところ、何と、このマユタテ・オスはまだ健在でした。そして20日も元気な姿が見られ、1991年のヒメアカネが持っていたトンボ王国ご長寿記録2位に並びました。さらに、21日も元気で2位の記録をあっさり更新、さらにさらに、曇りもしくは雨天という予報が外れた23日も健在で、現在、全国2位とされている大阪と福井のキトンボが持つ1月22日の記録も抜いて、全国単独2位の記録保持者となってしまいました。残る記録は2008年にトンボ王国のキトンボが樹立した史上第1位の1月27日だけですが、どうなるでしょうか。
ただ、今回の記録更新劇には過去に例がないほどの暖冬、すなわち温暖化の進行が関与していることは明白で、この快挙を手放しで喜ぶこともできません。

  239A6675マユタテアカネ♂2020・1・19トンボ王国 239A6760マユタテアカネ♂2020・1・21トンボ王国隣地放棄田 239A6850マユタテアカネ♂2020・1・23トンボ王国
     マユタテアカネ♂ 左から19日、21日、23日撮影

 越冬チョウも、冬らしくない温かさの中、春の花を求めて飛び回っています。日向の最高気温が26℃に達した23日には、早くもモンシロチョウが姿を見せました。ニホンアカガエルも孵化しています。

  239A6886ツマグロキチョウ吸蜜(フジツツジ)2020・1・23トンボ王国隣地 239A6698ホソヒラタアブ&オオジシバリ2020・1・19トンボ王国 239A6607ニホンアカガエル孵2020・1・18トンボ王国
  ツマグロキチョウ吸蜜  オオジシバリ  ニホンアカガエル幼体

 整備作業は5個目のトンボ池でスイレン抜きを行っている最中ですが、高知県補助金も得て、四万十市でご購入頂いたイノシシ柵が届いたので、その設置を優先しています。イノシシたちの困惑顔が目に浮かぶようです。

  239A6702スイレン抜き2020・1・19トンボ王国 239A6789イノシシ柵設置2020・1・22トンボ王国 239A6909伐採中2020・1・23トンボ王国
   スイレン抜き途中       イノシシ柵設置中

画像はクリックすると拡大します。 


by 杉村光俊  at 10:25 |  トンボ王国最新情報 |  comment (0)  |   |  page top ↑
Comments
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する

イベント情報・お知らせ
トンボ王国のホームページはこちらからどうぞ
www.gakuyukan.com/

お知らせ

毎日イベント・ビーズトンボ携帯ストラップ作り&四万十川の蛇紋岩みがき
内容:ビーズで作るトンボ・アクセサリーの携帯ストラップ版(簡素化したデザインで、所要時間約30分)と、磨くほどに輝きを増す四万十川の蛇紋岩みがき(所要時間約30分)。

『中国・四国のトンボ図鑑』 割引頒布について
トンボと自然を考える会の会員の方を対象に割引頒布を実施させて頂いております。
税込み価格3,675円のところ、あきついお四万十川学遊館・売店コーナーでは税込み価格3,150円でお分けさせて頂きます(ご購入の際には、必ず会員証をご提示下さい)。
また、宅配を希望される方は、税・送料込み3,400円とさせて頂きたく、必要額を本会郵便口座(01630-5-35218)にお振込み下さい。1週間ほどでお届けできます。

「ネーチャーフォト研究会」メンバー募集中
トンボと自然を考える会会員、または四万十川学遊館年間パスポート所有者を対象として、トンボ自然公園内で見られるトンボや花などの撮影案内、作品展示会(年1~2回)、研究会会員の撮影技術向上と親睦を深めることを目的とした勉強会等を行います。
撮影されたい動植物の時期や場所の問い合わせへの対応、撮影時のコツ等を職員がアドバイスさせていただきますので、多くの方々のご参加をお待ちしています。
お問い合わせは、トンボと自然を考える会事務局。

カテゴリー
検索フォーム
リンク
このブログをリンクに追加する
プロフィール

杉村光俊

Author:杉村光俊
1955年高知県中村市(現四万十市)に生まれる。
1985年(社)トンボと自然を考える会常務理事
日本蜻蛉学会会員
トンボ生態写真家

最近の記事
月別アーカイブ
最近のコメント
RSSフィード