FC2ブログ

今年も60種

 台風一過で涼しくなるかと期待していましたが、本日(10月3日)午後2時過ぎの日向の気温は軽く30℃を超えていました(32~33℃)。早くもアマゾン火災が影響しているとも思えませんが…本来なら、枯れ枝の先にアキアカネやノシメトンボの姿があるはずですが、当然、皆無です。見頃を迎えたツリフネソウで吸蜜&受粉を行うホシホウジャクも猛暑?を避け、夕方近くなってから本格的に活動しています。暑いので、トンボ池のスイレンもまだ「咲きまくり」です。

  239A5824黄色スイレン池2019・9・30トンボ王国  239A5828タン・クワン2019・9・30トンボ王国  239A6085ホシホウジャク&ツリフネソウ2019・10・1トンボ王国
   スイレン池      タン・クワンほか   ツリフネソウ

 さて、先月30日に湿地保護区奥の小池にタカネトンボの♂が戻ってきて、今シーズンのトンボ王国も無事60種まで記録を伸ばすことができました。今シーズンは未記録ながら、年内にアキアカネが見つからないということはないでしょうから、最終的に61種以上は間違いなしでしょう。
肝心のタカネトンボ、撮影しないことには信用に関わるので、晴れ間が広がった湿地保護区を歩いてみました。すると、水辺をパトロールしていたのはタカネならぬハネビロエゾトンボ。もしや30日は見間違い?と焦りましたが、ほどなく所定の場所にタカネトンボもやってきました。

  239A6116ハネビロエゾトンボ♂2019・10・3トンボ王国  239A6132タカネトンボ♂2019・10・3トンボ王国  239A6145タカネトンボ♂2019・10・3トンボ王国
  ハネビロエゾトンボ♂         タカネトンボ♂

  239A5954オオアオイトトンボ♂2019・9・30トンボ王国右手湿地保護区  239A5440マイコアカネ♂2019・9・26トンボ王国  239A5456マイコアカネ♀2019・9・26トンボ王国
  オオアオイトトンボ♂  マイコアカネ♂     同 ♀

  239A5444モノサシトンボ黒化型♂2019・9・26トンボ王国  239A4982アオスジアゲハ&シロバナサクラタデ2019・9・23トンボ王国  239A5834キクモ2019・9・30トンボ王国
  モノサシトンボ黒化♂  アオスジアゲハ    キクモ
  
 赤トンボ・シーズンの定番スタジオ四万十川のトンボ池もまだ赤トンボの姿はまばらです。先月25日を過ぎて、ようやくアオイトトンボと一部の赤トンボの産卵が始まりました。23日には、ウチワヤンマ(多分トンボ王国産)が飛来していました。

  239A5695アオイトトンボ移精2019・9・29四万十市中村四万十町四万十川トンボ池  239A5726アオイトトンボ交尾2019・9・29四万十市中村四万十町四万十川トンボ池  239A5765アオイトトンボ連結産卵2019・9・29四万十市中村四万十町四万十川トンボ池
  アオイトトンボ移精   同 交尾       同 連結産卵

  239A6031ノシメトンボ♂2019・10・1四万十市中村四万十町四万十川トンボ池  239A5884ノシメトンボ連結産卵2019・9・30四万十市中村四万十町四万十川トンボ池  239A5885ノシメトンボ単独産卵2019・9・30四万十市中村四万十町四万十川トンボ池
  ノシメトンボ♂     同 連結産卵      同 単独産卵

  239A5846ナツアカネ連結産卵2019・9・30四万十市中村四万十町四万十川トンボ池  239A5870ナツアカネ単独産卵2019・9・30四万十市中村四万十町四万十川トンボ池  239A6053リスアカネ♂2019・10・1四万十市中村四万十町四万十川トンボ池
  ナツアカネ連結産卵   同 単独産卵     リスアカネ♂

  239A5491アジアイトトンボ交尾2019・9・27四万十市中村四万十町四万十川トンボ池  239A5517アオモンイトトンボ青色型♀交尾2019・9・27四万十市中村四万十町四万十川トンボ池  239A5022ウチワヤンマ老熟♂2019・9・23四万十市中村四万十町四万十川トンボ池
  アジアイトトンボ交尾 アオモンイトトンボ交尾  ウチワヤンマ♂

 その前後25日には、棚田で産卵するナツアカネの落下する卵が写り込んでいる画像取得のために、3度目の久万高原町入りを決行しました。もう稲刈りが終わっているのでは?とハラハラでしたが、幸い「まだ」でした。ついでに山頂近くの池でオオルリボシも撮ってきました。この地では初めて、青色型♀の接写ができました。

  239A5257ナツアカネ連結産卵2019・9・25愛媛県久万高原町  239A5332ネキトンボ♂2019・9・25愛媛県久万高原町  239A5295オオルリボシヤンマ青色型♀産卵飛翔2019・9・25愛媛県久万高原町
  ナツアカネ連結産卵   ネキトンボ♂   オオルリボシ青色♀産卵 

画像はすべて、クリックすると拡大します。

by 杉村光俊  at 18:20 |  トンボ王国最新情報 |  comment (0)  |   |  page top ↑
Comments
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する

イベント情報・お知らせ
トンボ王国のホームページはこちらからどうぞ
www.gakuyukan.com/

お知らせ

毎日イベント・ビーズトンボ携帯ストラップ作り&四万十川の蛇紋岩みがき
内容:ビーズで作るトンボ・アクセサリーの携帯ストラップ版(簡素化したデザインで、所要時間約30分)と、磨くほどに輝きを増す四万十川の蛇紋岩みがき(所要時間約30分)。

『中国・四国のトンボ図鑑』 割引頒布について
トンボと自然を考える会の会員の方を対象に割引頒布を実施させて頂いております。
税込み価格3,675円のところ、あきついお四万十川学遊館・売店コーナーでは税込み価格3,150円でお分けさせて頂きます(ご購入の際には、必ず会員証をご提示下さい)。
また、宅配を希望される方は、税・送料込み3,400円とさせて頂きたく、必要額を本会郵便口座(01630-5-35218)にお振込み下さい。1週間ほどでお届けできます。

「ネーチャーフォト研究会」メンバー募集中
トンボと自然を考える会会員、または四万十川学遊館年間パスポート所有者を対象として、トンボ自然公園内で見られるトンボや花などの撮影案内、作品展示会(年1~2回)、研究会会員の撮影技術向上と親睦を深めることを目的とした勉強会等を行います。
撮影されたい動植物の時期や場所の問い合わせへの対応、撮影時のコツ等を職員がアドバイスさせていただきますので、多くの方々のご参加をお待ちしています。
お問い合わせは、トンボと自然を考える会事務局。

カテゴリー
検索フォーム
リンク
このブログをリンクに追加する
プロフィール

杉村光俊

Author:杉村光俊
1955年高知県中村市(現四万十市)に生まれる。
1985年(社)トンボと自然を考える会常務理事
日本蜻蛉学会会員
トンボ生態写真家

最近の記事
月別アーカイブ
最近のコメント
RSSフィード