FC2ブログ

只今52種

 盆花こと、ミソハギが咲き始めたトンボ王国。

239A9503ショウジョウトンボ♂&ヒメコウホネ池2018・7・15トンボ王国 239A9489オオイトトンボ♀&ヒメコウホネ2018・7・16トンボ王国 239A0385キムネクマバチ&ミソハギ2018・7・22 239A8824モンキアゲハ吸蜜ヒメヒオウギズイセンン2018・7・13トンボ王国
ヒメコウホネ&ショウジョウ&オオイト ミソハギ&キムネクマバチ モンキアゲハ

 梅雨明け以降のカンカン照り続きで、一部トンボ池が干上がりかかっていたところ、思いがけず昨日の豪雨が恵みの雨となりました。水浸しの園内では、1週間後に迫ってきた「親子トンボ捕り大会」に向けスタッフが手にした草刈機のエンジン音が響き渡っていました。

   239A0379増水2018・7・22  239A0400増水2018・7・22  239A0399除草2018・7・22
           水浸しのトンボ王国           芝生広場の除草作業

 早くも夏休み入りした、今シーズン。トンボ王国のトンボ記録種は20日確認のマイコアカネで52種類目。最低目標にしている、年間記録60種が見えてきました。無粋なイノシシ柵も、トンボたちには格好の休憩所になっているようです。

239A0159マイコアカネ未熟♀2018・7・19 239A8681オナガサナエ未熟♂2018・7・10トンボ王国・本谷奥 239A9199チョウトンボ♂逆立ち2018・7・15トンボ王国 239A8827モノサシトンボ連結飛翔2018・7・13トンボ王国
マイコアカネ未熟♀  オナガサナエ未熟♂ チョウトンボ♂ モノサシトンボ連結

239A0433ウチワヤンマ交尾2018・7・22 239A8870ウチワヤンマ産卵2018・7・13トンボ王国 239A9133エゾトンボ♂探索雌飛翔2018・7・15トンボ王国 239A9665エゾトンボ交尾2018・7・17トンボ王国・白ヶ谷
 ウチワヤンマ交尾   同 産卵         エゾトンボ♂      同 交尾

239A9474シオカラトンボ♂&オオシオカラトンボ未熟♂2018・7・16トンボ王国・右湿地保護区 239A9476オオシオカラトンボ未熟♂2018・7・15トンボ王国右湿地保護区 239A0417シオカラトンボ交尾2018 239A9407コオニヤンマ半成熟♀2018・7・15トンボ王国・本谷奥
シオカラトンボ♂&オオシオカラトンボ未熟♂ シオカラトンボ交尾 コオニヤンマ♀

239A0403シオカラトンボ産卵2018・。7・22 239A9794シオカラトンボ♂補殺(クモ)2018・7・17トンボ王国 239A9102クマゼミ♂2018・7・15トンボ王国パーキング 239A8880ニシキリギリス♀捕食2018・7・13トンボ王国
シオカラトンボ産卵    同 ♂捕殺      クマゼミ♂ ニシキリギリス♀捕食

 猛暑を受け、草々に始まった林探訪も快調です。

   239A8915マルタンヤンマ♂2018・7・13トンボ王国・白ヶ谷  239A9386マルタンヤンマ♀休止2018・7・15トンボ王国・本谷奥  239A9272ネアカヨシヤンマ♂休止2018・7・15トンボ王国・白ヶ谷
    マルタンヤンマ♂     同 ♀           ネアカヨシヤンマ♂

   239A9521コシボソヤンマ半成熟♂2018・7・16トンボ王国・右手湿地保護区  239A8853コシボソヤンマ半成熟♀2018・7・13トンボ王国  239A9680ミルンヤンマ未熟♂2018・7・17トンボ王国・本谷奥
   コシボソヤンマ半成熟♂  同 半成熟♀       ミルンヤンマ未熟♂

239A9262エゾトンボ♂休止2018・7・15トンボ王国・白ヶ谷 239A9136シコクトゲオトンボ♂2018・7・15トンボ王国・本谷奥 239A9180スミナガシほか2018・7・15トンボ王国・右手湿地保護区奥 239A9716スミナガシほか2018・7・17トンボ王国・右手湿地保護区奥
 エゾトンボ♂      シコクトゲオトンボ♂   スミナガシ・ヒラタクワガタほか

 11日と14日、訳あって、西日本豪雨で長期の断水を余儀なくされていた広島県の尾道市に行ってきました。市内の山中でひっそりと暮らしている小さなハッチョウトンボも見てきましたが、大雨で洗い流されたのか、6月初旬に見た個体数に比べ激減していました。交尾は1回、産卵も2回確認できただけという寂しさでした。

239A9061ハッチョウトンボ♂争い2018・7・14広島県尾道 239A9025ハッチョウトンボ♂羽化2018・7・14広島県尾道市 239A8977ハッチョウトンボ交尾2018・7・14広島県尾道市 239A8992ハッチョウトンボ産卵2018・7・14広島県尾道市
ハッチョウトンボ♂争い 同 ♂羽化  同 交尾       同 産卵

画像はすべて、クリックすると拡大します。






by 杉村光俊  at 17:46 |  トンボ王国最新情報 |  comment (0)  |   |  page top ↑
Comments
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する

イベント情報・お知らせ
トンボ王国のホームページはこちらからどうぞ
www.gakuyukan.com/

催しのご案内

ピラルクのエサやり
内容:全長2メートルのアマゾン川産ピラルクへの、スリル満点の給餌体験。
場所:四万十川学遊館あきついお・さかな館。
時間:開館日の午後4時~。
対象:入館者先着10名。
参加費:無料。ただし、「四万十川学遊館あきついお」の入館料が必要)。

毎日イベント・ビーズトンボ携帯ストラップ作り&四万十川の蛇紋岩みがき
内容:ビーズで作るトンボ・アクセサリーの携帯ストラップ版(簡素化したデザインで、所要時間約30分)と、磨くほどに輝きを増す四万十川の蛇紋岩みがき(所要時間約30分)。

『中国・四国のトンボ図鑑』 割引頒布について
トンボと自然を考える会の会員の方を対象に割引頒布を実施させて頂いております。
税込み価格3,675円のところ、あきついお四万十川学遊館・売店コーナーでは税込み価格3,150円でお分けさせて頂きます(ご購入の際には、必ず会員証をご提示下さい)。
また、宅配を希望される方は、税・送料込み3,400円とさせて頂きたく、必要額を本会郵便口座(01630-5-35218)にお振込み下さい。1週間ほどでお届けできます。

「ネーチャーフォト研究会」メンバー募集中
トンボと自然を考える会会員、または四万十川学遊館年間パスポート所有者を対象として、トンボ自然公園内で見られるトンボや花などの撮影案内、作品展示会(年1~2回)、研究会会員の撮影技術向上と親睦を深めることを目的とした勉強会等を行います。
撮影されたい動植物の時期や場所の問い合わせへの対応、撮影時のコツ等を職員がアドバイスさせていただきますので、多くの方々のご参加をお待ちしています。
お問い合わせは、トンボと自然を考える会事務局。

カテゴリー
検索フォーム
リンク
このブログをリンクに追加する
プロフィール

杉村光俊

Author:杉村光俊
1955年高知県中村市(現四万十市)に生まれる。
1985年(社)トンボと自然を考える会常務理事
日本蜻蛉学会会員
トンボ生態写真家

最近の記事
月別アーカイブ
最近のコメント
RSSフィード