FC2ブログ

黄昏飛翔始まる

 ヤブカンゾウが咲き始めたトンボ王国。

239A6790ヤブカンゾウ2018・6・26トンボ王国 239A5928ピンク・スイレン池2018・6・21トンボ王国 239A6114ネムノキ2018・6・21トンボ王国(白ヶ谷)ロウ 239A6912ハス2018・6・27トンボ王国あきついお
 ヤブカンゾウ      スイレン池        ネムノキ        ハス

 21日になって、ようやく羽化後のアキアカネに出合えました。モートンイトトンボは今年の見納めが近付いているようです。多産していた頃には8月上旬まで普通に見られたものでしたが…

   239A5942アキアカネ未熟♂2018・6・21トンボ王国  239A5956チョウトンボ♂羽化2018・6・21トンボ王国(右手湿地保護区)  239A6120モートンイトトンボ♀2018・6・21トンボ王国(白ヶ谷)
    アキアカネ未熟♂    チョウトンボ♂       モートンイトトンボ♀

蒸し暑くなってきて、夕暮れ空でヤンマが高空ショーを見せてくれるようになってきました。昆虫レストランも少しずつ賑わってきています。

   239A6898ヤブヤンマ黄昏飛翔2018・6・26トンボ王国  239A7120マルタンヤンマ♀黄昏飛翔2018・6・28  239A6218カナブンほか2018・6・23トンボ王国・右手湿地保護区
    ヤブヤンマ♂       マルタンヤンマ♀      カナブンほか

 この季節の主役は、何といってもミナミヤンマ。ただ、昨シーズンは4回中3回巡り合えた足摺岬での産卵現場でしたが、今シーズンは6回中で一度も遭遇できていません。最大の原因は、もちろん個体数の減少。自然放置に加え、温暖化による降雨形態の変化が、足摺半島の渓流域における生態系を荒廃させているようです。土佐市の多産地では、今月13日にマーキングした未熟♂が6月25日にはすっかり成熟していたほか、まだ若い♀の姿も見受けられました。

   239A6953ミナミヤンマ♂探雌飛翔2018・6・27土佐清水市足摺岬  239A6596ミナミヤンマ・マーキング♂2018・6・25土佐市  239A6637ミナミヤンマ無条翅型未熟♀2018・6・25土佐市
  ミナミヤンマ♂探雌飛翔    同 マーキング♂     同未熟♀   

 ミナミヤンマは近年さっぱりの日高村ですが、去る4月21日にオオイトトンボ専用池としてリフォームした小鹿児日下川調整池東側のビオトープは順調で、6月13日には複数の♂に交じって生殖活動するカップルの姿も確認できました。同所での本種観察がぐんと容易くなったことは間違いなさそうです。

   239A6653オオイトトンボ・ビオトープ2018・6・25日高村小鹿児日下川調整池  239A6660オオイトトンボ交尾2018・6・25日高村小鹿児日下川調整池  239A6658オオイトトンボ交尾2018・6・25日高村小鹿児日下川調整池
          オオイトトンボ・ビオトープ&オオイトトンボ交尾

 四万十川トンボ池では、今年羽化したアオイトトンボたちの一部が薄暗いやぶの中で静かに秋の訪れを待っています。ただ多分、それまでに梅雨末期もしくは台風の襲来による豪雨で一帯は水没してしまうはずなので、それまでに近くの山林に移動しておいたた方が身のためだとは思うのですが…

239A6420アオイトトンボ半成熟♂2018・5・24四万十市中村四万十町四万十川トンボ池 239A6436アオイトトンボ半成熟2♂2018・5・24四万十市中村四万十町四万十川トンボ池 239A6782アオイトトンボ半成熟♀2018・6・26四万十市中村四万十町四万十川トンボ池 239A6357アジアイトトンボ交尾2018・5・24四万十市中村四万十町四万十川トンボ池
   アオイトトンボ半成熟♂     同 半成熟♀      アジアイトトンボ交尾

 画像はすべて、クリックすると拡大します。



by 杉村光俊  at 12:11 |  トンボ王国最新情報 |  comment (0)  |   |  page top ↑
Comments
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する

イベント情報・お知らせ
トンボ王国のホームページはこちらからどうぞ
www.gakuyukan.com/

催しのご案内

~ヤンマまつり~7月21日(土)~9月17(月・祝)
*オニヤンマ科とミナミヤンマ科を含め、14種のヤンマが記録されているトンボ王国(サナエトンボ科を除く)。今夏は、トンボ愛好家に人気のヤンマを主役に据えたイベントを実施します

*飛翔するヤンマ写真展
7月21日(土)~9月17日(月・祝)
日本で見られるヤンマ科・オニヤンマ科ミナミヤンマ科の、様々な飛翔シーンを捉えたA-3版生態写真64点を展示。
本邦トンボ生態写真最高峰といえる、ネーチャーフォト研究会主要メンバー撮影のトンボ撮影愛好者必見の写真展です。

*ヤンマの仲間観察会 8月11日(土)・12日(日)午後1時~2時・林縁の木陰でハネを休めるヤンマを探します。
飲料水必携のこと。曇天・雨天の場合は中止(要・予約)。

*ヤンマ(ギンヤンマ・オニヤンマなど)のビーズ・ストラップ作り教室 期間中の毎週土曜日午後2時~3時・有料入館者対象・要材料費100円(要予約)。

*ヤンマの生態ビデオ繰り返し上映:期間中、学遊館ロビーにて。

*~特別展・金魚物語~  7月21日(土)~9月2(日)。
定番品種から最近作出された品種まで、生体展示と共に、品種改良の歴史や名前の由来などをパネル解説。

ピラルクのエサやり
内容:全長2メートルのアマゾン川産ピラルクへの、スリル満点の給餌体験。
場所:四万十川学遊館あきついお・さかな館。
時間:開館日の午後4時~。
対象:入館者先着10名。
参加費:無料。ただし、「四万十川学遊館あきついお」の入館料が必要)。

毎日イベント・ビーズトンボ携帯ストラップ作り&四万十川の蛇紋岩みがき
内容:ビーズで作るトンボ・アクセサリーの携帯ストラップ版(簡素化したデザインで、所要時間約30分)と、磨くほどに輝きを増す四万十川の蛇紋岩みがき(所要時間約30分)。

『中国・四国のトンボ図鑑』 割引頒布について
トンボと自然を考える会の会員の方を対象に割引頒布を実施させて頂いております。
税込み価格3,675円のところ、あきついお四万十川学遊館・売店コーナーでは税込み価格3,150円でお分けさせて頂きます(ご購入の際には、必ず会員証をご提示下さい)。
また、宅配を希望される方は、税・送料込み3,400円とさせて頂きたく、必要額を本会郵便口座(01630-5-35218)にお振込み下さい。1週間ほどでお届けできます。

「ネーチャーフォト研究会」メンバー募集中
トンボと自然を考える会会員、または四万十川学遊館年間パスポート所有者を対象として、トンボ自然公園内で見られるトンボや花などの撮影案内、作品展示会(年1~2回)、研究会会員の撮影技術向上と親睦を深めることを目的とした勉強会等を行います。
撮影されたい動植物の時期や場所の問い合わせへの対応、撮影時のコツ等を職員がアドバイスさせていただきますので、多くの方々のご参加をお待ちしています。
お問い合わせは、トンボと自然を考える会事務局。

カテゴリー
検索フォーム
リンク
このブログをリンクに追加する
プロフィール

杉村光俊

Author:杉村光俊
1955年高知県中村市(現四万十市)に生まれる。
1985年(社)トンボと自然を考える会常務理事
日本蜻蛉学会会員
トンボ生態写真家

最近の記事
月別アーカイブ
最近のコメント
RSSフィード