fc2ブログ

ハナショウブ咲く

 ハナショウブの花が咲き始めたトンボ王国。

239A9981ハナショウブ2018・5・14トンボ王国 239A9983ハナショウブ2018・5・14トンボ王国 239A9977園芸スイレン2018・5・14トンボ王国 239A9969コフキヒメイトトンボ♂&ピンク・スイレン2018・5・15トンボ王国
         ハナショウブ        スイレン+コフキヒメイトトンボ♂

 晴天の日にはオオイトトンボやサラサヤンマがそこいら中で見られます。15日には早くもベニトンボの成熟♂が水辺に戻ってきました。

239A9365オオイトトンボ♂&エスカボークル2018・5・9トンボ王国ロウ 239A9999オオイトトンボ連結潜水産卵2018・5・14トンボ王国 239A9936モートンイトトンボ交尾2018・5・14トンボ王国(白ヶ谷) 239A9626セスジイトトンボ♂2018・5・11トンボ王国
  オオイトトンボ♂   同 連結潜水産卵 モートンイト交尾 セスジイトトンボ♂

239A9385サラサヤンマ♂探雌飛翔2018・5・9トンボ王国あきついお中庭ビオトープ 239A9639サラサヤンマ交尾2018・5・11トンボ王国 239A0152サラサヤンマ産卵2018・5・15 239A9361ヤマサナエ産卵2018・5・9トンボ王国
サラサヤンマ♂探雌飛翔 同 交尾   同 産卵      ヤマサナエ産卵

   239A0132キイロサナエ♂2018・5・15  239A0130ベニトンボ♂2018・5・15  239A9334ムクドリ水浴び2018・5・9トンボ王国
    キイロサナエ♂      ベニトンボ♂捕食     ムクドリの水浴び

 5月半ばになると春から初夏のトンボが出揃うため、調査に追いまくられます。ただ、新産地の探訪よりも、既知産地の存続確認のための調査が大半なのは寂しい限りです。とりあえず、梼原町の渓流性トンボと四万十川支流のグンバイトンボは健在でした。

239A9834クロサナエ♂2018・5・12梼原町 239A9825クロサナエ♂2018・5・12梼原町 239A9791ヒメクロサナエ♂2018・5・12梼原町太郎川太郎川公園 239A9795ムカシトンボ産卵痕2018・5・12梼原町太郎川太郎川公園
        クロサナエ♂       ヒメクロサナエ♂   ムカシトンボ産卵痕

   239A0047グンバイトンボ連結産卵2018・5・14  239A0049グンバイトンボ連結産卵2018・5・15四万十町大正  239A0052トサシモツケ2018・5・14
          グンバイトンボ連結産卵          トサシモツケ

 県外遠征は10日に広島県尾道市周辺のトンボ調査。もう、ハッチョウトンボが沢山出ていました。

   239A9519フタスジサナエほか生息地2018・5・10広島県尾道市御調  239A9528フタスジサナエ♂2018・5・10広島県尾道市御調  239A9546フタスジサナエ♀2018・5・10広島県尾道市御調
   尾道市御調のため池    フタスジサナエ♂     同 ♀

239A9556ムカシヤンマ未熟♀2018・5・10広島県尾道市御調 239A9491ハッチョウトンボほか生息地2018・5・10広島県尾道市御調 239A9502ハッチョウトンボ半成熟♂2018・5・10広島県尾道市御調 239A9507ハッチョウトンボ未熟♀2018・5・10広島県尾道市御調
 ムカシヤンマ未熟♀  尾道市御調山中の湿地   ハッチョウトンボ♂&♀

 16日は雑種カワトンボ狙いで香川県に。異種間交尾は見られましたが、お目当てのものはいなかった模様。来シーズンに再チャレンジです。オマケで、ダビドサナエの産卵が撮れました。

239A0238ニホンカワトンボ無色翅型♂交尾2018・5・16香川県綾歌郡 239A0255ニホンカワトンボ橙色翅型♂産卵警護2018・5・16香川県綾歌郡 239A0302アサヒナカワトンボ橙色翅型♂×ニホンカワトンボ♀交尾2018・5・16香川県綾歌郡 239A0379ダビドサナエ産卵2018・5・16香川県三木町
ニホンカワ無色翅♂交尾同 橙色翅♂産卵警護アサヒナ♂ニホン♀交尾ダビド産卵

画像はすべて、クリックすると拡大します。
by 杉村光俊  at 17:30 |  トンボ王国最新情報 |  comment (0)  |   |  page top ↑
Comments
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する

イベント情報・お知らせ
トンボ王国のホームページはこちらからどうぞ
www.gakuyukan.com/

催しのお知らせ

【超広角の昆虫写真展】
内容:トンボを中心とする活動中の昆虫を、生息環境が分かるよう、杉村光俊本会常務理事が超広角(魚眼)レンズで撮影したA-3サイズの写真64点を展示
期間:2022年4月23日(土)~8月31(水)
場所:四万十川学遊館あきつい多目的ホール(とんぼ館ロビー)
入場:無料。ただし、四万十川学遊館あきついおの入館料が必要。

  〇トンボ王国クイズ・リニューアル

これまではスマホのネット検索でも答えが分かる内容でしたが、展示室を楽しく見学してもらうことが目的なので、現場に行かなければ答えが分からないようになりました。
内容:展示の中に答えがある3択10問クイズ。春編、初夏編、夏編、秋編、冬編、があります。
特典:それぞれ全問正解者10名に(多数の場合は抽選)、トンボ王国グッズ詰め合わせをお送りしています。
対象:「四万十川学遊館あきついお」有料入館者。

毎日イベント・ビーズトンボ携帯ストラップ作り&四万十川の蛇紋岩みがき
内容:ビーズで作るトンボ・アクセサリーの携帯ストラップ版(簡素化したデザインで、所要時間約30分)と、磨くほどに輝きを増す四万十川の蛇紋岩みがき(所要時間約30分)。

カテゴリー
検索フォーム
リンク
このブログをリンクに追加する
プロフィール

杉村光俊

Author:杉村光俊
1955年高知県中村市(現四万十市)に生まれる。
1985年(社)トンボと自然を考える会常務理事
日本蜻蛉学会会員
トンボ生態写真家

最近の記事
月別アーカイブ
最近のコメント
RSSフィード