FC2ブログ

夏模様の秋

 10月も半ばというのに、日中は未だ真夏のような暑さが続いている四万十地方。
赤トンボたちも「仕方なく…」といった感じで、ポツリポツリと水辺に戻ってきています。ほんの四半世紀前なら、9月25日頃になると大陸から張り出してくる爽やかな高気圧が、9月上旬から停滞していた秋雨前線を押し下げ一気に秋が来訪、逸早く平地入りしていたマユタテアカネやナツアカネたちを追いかけるように、アキアカネやマイコアカネ、コノシメトンボなどが大挙して下山してきたものでしたが…今日から秋!という日が味わえなくなっています。
さて、10月13日にはキトンボが水辺で確認され、今シーズンの記録種数が61となったトンボ王国。オオアオイトトンボの生殖活動も始まりました。ただ暑過ぎるので、保護区の入り口付近で目立つのは、温暖化の申し子ベニトンボです。

239A4118ミゾソバ2017・10・11トンボ王国ロ 239A4582ホトトギス2017・10・12トンボ王国 239A4151キトンボ♂2017・10・11トンボ王国 239A4141キトンボ♂2017・10・11トンボ王国
 ミゾソバ         ホトトギス           キトンボ♂

239A4604オオアオイトトンボ移精2017・10・12トンボ王国(右) 239A4629オオアオイトトンボ交尾2017・10・12トンボ王国(右) 239A4761ベニトンボ♂2017・10・13トンボ王国(池田川) 239A4785キンモクセイ2017・10・13トンボ王国あきついお
 オオアオイトトンボ移精&交尾   ベニトンボ♂      キンモクセイ

 この時期、楽しいのは四万十川トンボ池。今シーズン全国的に多く観察されているスナアカネに続き、交雑アカネも久しぶりに顔を見せてくれました。 また、昨秋は♂2頭しか確認できず、今春も羽化が確認できず、この地での絶滅を覚悟させられていたアオイトトンボでしたが、何と少なくとも4♂2♀が健在、産卵も確認でき、とりあえず来シーズンに向け命がつながった感じです。しかしながら、暑さの関係もあってか赤トンボは数少なく、ナツアカネに至っては目下産卵確認数0。同地に通い続けて40年以上、初めての経験です。もちろん、近年の全国的な赤トンボ類減少の影響も考えられるところです。


239A4276コノシメトンボ♂2017・10・11四万十市中村四万十町四万十川トンボ池 239A4268ネキトンボ♂2017・10・11四万十市中村四万十町四万十川トンボ池 239A4372マユタテアカネ×コノシメトンボ♂2017・10・12四万十市中村四万十町四万十川トンボ池 239A4189ギンヤンマ交尾2017・10・11四万十市中村四万十町四万十川河川敷
 コノシメトンボ♂    ネキトンボ♂   マユタテ×コノシメ♂  ギンヤンマ交尾

239A4420アキアカネ連結産卵2017・10・12四万十市中村四万十町四万十川河川敷 239A4460アキアカネ連結産卵2017・10・12四万十市中村四万十町四万十川河川敷 239A4411リスアカネ単独産卵2017・10・12四万十市中村四万十町四万十川河川敷 239A4744リスアカネ♂受光量調節2017・10・13四万十市中村四万十町四万十川トンボ池
   雨後の水溜りで産卵するアキアカネ   リスアカネ単独産卵 同 ♂逆立ち

   239A3544アオモンイトトンボ通常♀&同色♀交尾2017・10・7四万十市中村四万十町四万十川トンボ池  239A3546アジアイトトンボ潜水産卵2017・10・7四万十市中村四万十町四万十川トンボ池  239A4397セスジイトトンボ交尾2017・10・12四万十市中村四万十町四万十川河川敷
 アオモンイトトンボ交尾  アジアイトトンボ潜水産卵  セスジイトトンボ交尾

239A4703アオイトトンボ♂争い2017・10・13四万十市中村四万十町四万十川トンボ池 239A3149アオイトトンボ♀2017・10・4四万十市中村四万十町四万十川トンボ池 239A4180アオイトトンボ交尾2017・10・11四万十市中村四万十町四万十川トンボ池 239A4230アオイトトンボ連結産卵2017・10・11四万十市中村四万十町四万十川トンボ池
 アオイトトンボ♂争い     同 ♀       同 交尾      同 連結産卵

 8日、日高村のオオキトンボを見てきました。池面はまだヒシの葉で覆い尽くされていましたが、少し増加しているように思いました。

239A3701オオキトンボ♂2017・10・8日高村沖名馬越戸梶川調整池 239A3699オオキトンボ♂2017・10・8日高村沖名馬越戸梶川調整池 239A3691オオキトンボ♂2017・10・8日高村沖名馬越戸梶川調整池 239A3665オオキトンボ連結産卵2017・10・8日高村沖名馬越戸梶川調整池
               オオキトンボ♂            同 連結産卵

 赤トンボ以上に、四万十地方で激減したカトリヤンマ。松山市北部での撮影が常態化してしまいそうです。

   239A4060カトリヤンマ産卵間飛翔2017・10・10愛媛県松山市  239A4050カトリヤンマ産卵間飛翔2017・10・10愛媛県松山市  239A4079カトリヤンマ産卵2017・10・10愛媛県松山市
         カトリヤンマ♀産卵間飛翔          同 産卵

239A4002ナニワトンボ♂2017・10・10愛媛県松山市 239A3964ナニワトンボ交尾2017・10・10愛媛県松山市 239A3944ナニワトンボ交尾2017・10・10愛媛県松山市 239A3972ナニワトンボ連結産卵2017・10・10愛媛県松山市
ついでのナニワトンボ♂    同 交尾            同 連結産卵

画像はすべて、クリックすると拡大します。






by 杉村光俊  at 18:27 |  トンボ王国最新情報 |  comment (0)  |   |  page top ↑
Comments
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する

イベント情報・お知らせ
トンボ王国のホームページはこちらからどうぞ
www.gakuyukan.com/

催しのご案内

~ヤンマまつり~7月21日(土)~9月17(月・祝)
*オニヤンマ科とミナミヤンマ科を含め、14種のヤンマが記録されているトンボ王国(サナエトンボ科を除く)。今夏は、トンボ愛好家に人気のヤンマを主役に据えたイベントを実施します

*飛翔するヤンマ写真展
7月21日(土)~9月17日(月・祝)
日本で見られるヤンマ科・オニヤンマ科ミナミヤンマ科の、様々な飛翔シーンを捉えたA-3版生態写真64点を展示。
本邦トンボ生態写真最高峰といえる、ネーチャーフォト研究会主要メンバー撮影のトンボ撮影愛好者必見の写真展です。

*ヤンマの仲間観察会 8月11日(土)・12日(日)午後1時~2時・林縁の木陰でハネを休めるヤンマを探します。
飲料水必携のこと。曇天・雨天の場合は中止(要・予約)。

*ヤンマ(ギンヤンマ・オニヤンマなど)のビーズ・ストラップ作り教室 期間中の毎週土曜日午後2時~3時・有料入館者対象・要材料費100円(要予約)。

*ヤンマの生態ビデオ繰り返し上映:期間中、学遊館ロビーにて。

*~特別展・金魚物語~  7月21日(土)~9月2(日)。
定番品種から最近作出された品種まで、生体展示と共に、品種改良の歴史や名前の由来などをパネル解説。

ピラルクのエサやり
内容:全長2メートルのアマゾン川産ピラルクへの、スリル満点の給餌体験。
場所:四万十川学遊館あきついお・さかな館。
時間:開館日の午後4時~。
対象:入館者先着10名。
参加費:無料。ただし、「四万十川学遊館あきついお」の入館料が必要)。

毎日イベント・ビーズトンボ携帯ストラップ作り&四万十川の蛇紋岩みがき
内容:ビーズで作るトンボ・アクセサリーの携帯ストラップ版(簡素化したデザインで、所要時間約30分)と、磨くほどに輝きを増す四万十川の蛇紋岩みがき(所要時間約30分)。

『中国・四国のトンボ図鑑』 割引頒布について
トンボと自然を考える会の会員の方を対象に割引頒布を実施させて頂いております。
税込み価格3,675円のところ、あきついお四万十川学遊館・売店コーナーでは税込み価格3,150円でお分けさせて頂きます(ご購入の際には、必ず会員証をご提示下さい)。
また、宅配を希望される方は、税・送料込み3,400円とさせて頂きたく、必要額を本会郵便口座(01630-5-35218)にお振込み下さい。1週間ほどでお届けできます。

「ネーチャーフォト研究会」メンバー募集中
トンボと自然を考える会会員、または四万十川学遊館年間パスポート所有者を対象として、トンボ自然公園内で見られるトンボや花などの撮影案内、作品展示会(年1~2回)、研究会会員の撮影技術向上と親睦を深めることを目的とした勉強会等を行います。
撮影されたい動植物の時期や場所の問い合わせへの対応、撮影時のコツ等を職員がアドバイスさせていただきますので、多くの方々のご参加をお待ちしています。
お問い合わせは、トンボと自然を考える会事務局。

カテゴリー
検索フォーム
リンク
このブログをリンクに追加する
プロフィール

杉村光俊

Author:杉村光俊
1955年高知県中村市(現四万十市)に生まれる。
1985年(社)トンボと自然を考える会常務理事
日本蜻蛉学会会員
トンボ生態写真家

最近の記事
月別アーカイブ
最近のコメント
RSSフィード