年越しへ

 「年越し赤トンボ」まで、今日を入れて後4日。気になる現況は、アキアカネ♂とマユタテアカネ♂の生存確認が23日まで、同じくキトンボ♂が25日まで、生憎の空模様で観察不能だった26日と27日を挟んで、28日は最高気温10℃前後という肌寒さ?ながら、ヒメアカネ♂が5~6頭見られました。この状況と、今後の天気予報を考慮すれば多分、年越しアカネの確認は難しくなさそうです。ただ逆に、これまでの恵まれた天候のせいで、ご長寿記録の更新は難しいかもしれません。

_Q4A0143ヒメアカネ♂2016・12・28トンボ王国 _Q4A0128ヒメアカネ♂2016・12・28トンボ王国 _Q4A9992キトンボ♂2016・12・24トンボ王国 _Q4A0003キトンボ♂2016・12・24トンボ王国
          ヒメアカネ♂              キトンボ♂

_Q4A9925マユタテアカネ♂2016・12・23トンボ王国 _Q4A9927アキアカネ♂2016・12・23トンボ王国 _Q4A0111渋柿落下2016・12・28トンボ王国右湿地保護区 _Q4A0110渋柿落下2016・12・28トンボ王国右湿地保護区
 マユタテアカネ♂    アキアカネ♂      落下した、湿地保護区のシブ柿

 ご長寿といえば、宿毛市のアオタテハモドキ2♂1♀が25日も健在でした。一帯は土佐ブンタンの果樹園が広がっており、蝋細工のような常緑の葉が陽光を反射させるためか、オオイヌノフグリやスミレといった春の花が咲きまくり、同じ25日にウスバキトンボも見られるなど、他地域に比べると随分暖かく感じられます。ひょっとしたら、こちらも年越しが確認できるかもしれません。

   _Q4A0060アオタテハモドキ生息地2016・12・25宿毛市  _Q4A0049アオタテハモドキ♂2016・12・25宿毛市  _Q4A0059アオタテハモドキ青色♀2016・12・25宿毛市
    ブンタン畑        アオタテハモドキ♂    同 青色♀

 整備作業は、館裏のアサザ池リフォームがほぼ完了、年内に次のスイレン池リフォームに移れそうです。

   _Q4A9812館裏アサザ池2016・12・18トンボ王国  _Q4A0069アサザ池リフォーム2016・12・25トンボ王国  _Q4A0118アサザ池リフォームほぼ完了2016・12・28トンボ王国
    作業前(18日)      作業途中(25日)    ほぼ完了(28日)

 それではこれから、昨日の調査で消息が確認できなかったキトンボ等の捜索に出向きます。

画像はすべて、クリkックすると拡大します。

by 杉村光俊  at 10:35 |  トンボ王国最新情報 |  comment (0)  |   |  page top ↑
Comments
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する

イベント情報・お知らせ
トンボ王国のホームページはこちらからどうぞ
www.gakuyukan.com/

催しのご案内

第31回全日本トンボフォトコンテスト作品募集のお知らせ
閉め切り
平成29年9月30日(土)消印有効
募集要項
応募点数:1人5点まで(未発表作品に限ります)
生態部門:4切り(ワイド4切りまたはA3サイズ可)
金賞1点(賞金2万円、盾、賞状、賞品としてビーズリアルトンボセット〈特大〉ほか)
銀賞2点(賞金1万円、盾、賞状、賞品としてビーズリアルトンボセット〈中〉ほか)
銅賞5点(賞状、賞品としてビーズリアルトンボセット〈小〉ほか)
努力賞50点(賞品としてフォトコンテスト絵葉書ほか)
力だめし部門:キャビネ (2L またはA4サイズ可)
金賞1点(賞金5千円、盾、賞状、賞品としてビーズリアルトンボセット〈中〉ほか)
銀賞3点(賞品としてビーズトンボ・ギンヤンマ)
努力賞50点(賞品としてフォトコンテスト絵葉書ほか)
トンボ王国特別賞3点(盾、賞状、賞品としてビーズリアルトンボセット〈小〉ほか)
*展示作品58点(生体部門のみ)の中から入場者の人気投票で決定
通信実費として定額為替(切手可)を1人300円同封してください。
上位入賞者については、画像データの提供をお願いします(新聞掲載のため)。 詳細の問い合わせと作品の送付先:〒787-0019
高知県四万十市具同8055-5
トンボ自然公園内
公益社団法人トンボと自然を考える会 「トンボフォトコンテスト」係

ピラルクのエサやり
内容:全長2メートルのアマゾン川産ピラルクへの、スリル満点の給餌体験。
場所:四万十川学遊館あきついお・さかな館。
時間:開館日の午後4時~。
対象:入館者先着10名。
参加費:無料。ただし、「四万十川学遊館あきついお」の入館料が必要)。

毎日イベント・ビーズトンボ携帯ストラップ作り&四万十川の蛇紋岩みがき
内容:ビーズで作るトンボ・アクセサリーの携帯ストラップ版(簡素化したデザインで、所要時間約30分)と、磨くほどに輝きを増す四万十川の蛇紋岩みがき(所要時間約30分)。

日高村トンボ観察図鑑ができました
 この春、高知県日高村(高知市の西方、車で30分ほど)より、同村内でこれまでに記録されている73種類のトンボを紹介した標記ガイドブックが発行されました。本体A-5版160ページで、解説を本会の杉村光俊常務理事が担当したご縁で、本会でも販売させて頂いております。実寸大での生体標本画像と、和風の体色解説が大きな特徴です。
四万十川学遊館あきついお売店にて税込み1,000円で販売中、送料360円で郵送も承ります。日高村からの預かり部数は300弱、ご購入を希望される方はお早めお求め下さい。

『中国・四国のトンボ図鑑』 割引頒布について
トンボと自然を考える会の会員の方を対象に割引頒布を実施させて頂いております。
税込み価格3,675円のところ、あきついお四万十川学遊館・売店コーナーでは税込み価格3,150円でお分けさせて頂きます(ご購入の際には、必ず会員証をご提示下さい)。
また、宅配を希望される方は、税・送料込み3,400円とさせて頂きたく、必要額を本会郵便口座(01630-5-35218)にお振込み下さい。1週間ほどでお届けできます。

「ネーチャーフォト研究会」メンバー募集中
トンボと自然を考える会会員、または四万十川学遊館年間パスポート所有者を対象として、トンボ自然公園内で見られるトンボや花などの撮影案内、作品展示会(年1~2回)、研究会会員の撮影技術向上と親睦を深めることを目的とした勉強会等を行います。
撮影されたい動植物の時期や場所の問い合わせへの対応、撮影時のコツ等を職員がアドバイスさせていただきますので、多くの方々のご参加をお待ちしています。
お問い合わせは、トンボと自然を考える会事務局。

カテゴリー
検索フォーム
リンク
このブログをリンクに追加する
プロフィール

杉村光俊

Author:杉村光俊
1955年高知県中村市(現四万十市)に生まれる。
1985年(社)トンボと自然を考える会常務理事
日本蜻蛉学会会員
トンボ生態写真家

最近の記事
月別アーカイブ
最近のコメント
RSSフィード