FC2ブログ

除草作業再開

全くということでもありませんが、猛暑と繁忙とで休止していた除草作業を再開しました。この季節の主な作業内容は観察道周辺の雑草刈り取りと、保護区の景観にそぐわないセイタカアワダチソウやアメリカセンダングサなど帰化植物の抜根除去です。これは見学者だけではなく、近々水辺に戻ってくる、高湿度を嫌う秋の赤トンボたちのためでもあります。
風通しが良くなった観察道を早速、アオサギが散策していました。

草刈前
画像/草刈り画像/草刈り1画像/草刈り2
草刈後
画像/草刈り後画像/アオサギ画像/キイトトンボ♂捕食
  アオサギキイトトンボ♂捕食

画像/ヘラクレスオオカブト交尾24日、トンボと自然を考える会の活動を応援してくれている横田 裕さんが、「あきついお」での展示に役立てて欲しいと、ウグイスなど野鳥の剥製やヘラクレスオオカブトなど外国産甲虫を、遠路はるばる大阪よりご持参下さいました。メスだけしか育てられなかった「あきついお」のヘラクレスオオカブトも、オスの入手で累代飼育の展望が開けました。一緒に頂いたアルキデスヒラタなどのクワガタ共々、25日より一般公開の予定です。



画像/堂ヶ森天候が回復したので、先日アクシデントで行けなかったオジロサナエ産卵狙いの好ポイントへ、同氏と連れ立って出掛けました。残念ながら、100kmマラソンのルートにもなっている山深い渓谷は、平地とは異なり曇り勝ちのお天気でした。オジジロサナエは産卵どころかメスの姿も見られませんでしたが、代わりに?オナガサナエのメスに出合えました。イワタバコの花も見頃でした。帰路、後川の堤防でキリギリスを見つけました。
画像/オジロサナエ(オス)画像/オナガサナエ(メス)休止
オジロサナエ(オス)オナガサナエ(メス)休止
画像/イワタバコ画像/キリギリス
イワタバコキリギリス

日課となっているマルタンヤンマのオス探しですが、日中の林内では果たせそうになくなってきたので、夕方にトンボ池の上空をパトロールしている個体を狙っています。まだ「ここぞ」というたシャッター・チャンスには恵まれていませんが、その時のためにメスでイメージ・トレーニングを重ねているところです。
画像/マルタンヤンマ(メス)黄昏飛翔画像/マルタンヤンマ(オス)パトロール
マルタンヤンマ(メス)黄昏飛翔マルタンヤンマ(オス)パトロール


(画像はすべてクリックすると拡大します。)
by 杉村光俊  at 20:44 |  トンボ王国最新情報 |  comment (0)  |   |  page top ↑
Comments
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する

イベント情報・お知らせ
トンボ王国のホームページはこちらからどうぞ
www.gakuyukan.com/

お知らせ

毎日イベント・ビーズトンボ携帯ストラップ作り&四万十川の蛇紋岩みがき
内容:ビーズで作るトンボ・アクセサリーの携帯ストラップ版(簡素化したデザインで、所要時間約30分)と、磨くほどに輝きを増す四万十川の蛇紋岩みがき(所要時間約30分)。

『中国・四国のトンボ図鑑』 割引頒布について
トンボと自然を考える会の会員の方を対象に割引頒布を実施させて頂いております。
税込み価格3,675円のところ、あきついお四万十川学遊館・売店コーナーでは税込み価格3,150円でお分けさせて頂きます(ご購入の際には、必ず会員証をご提示下さい)。
また、宅配を希望される方は、税・送料込み3,400円とさせて頂きたく、必要額を本会郵便口座(01630-5-35218)にお振込み下さい。1週間ほどでお届けできます。

「ネーチャーフォト研究会」メンバー募集中
トンボと自然を考える会会員、または四万十川学遊館年間パスポート所有者を対象として、トンボ自然公園内で見られるトンボや花などの撮影案内、作品展示会(年1~2回)、研究会会員の撮影技術向上と親睦を深めることを目的とした勉強会等を行います。
撮影されたい動植物の時期や場所の問い合わせへの対応、撮影時のコツ等を職員がアドバイスさせていただきますので、多くの方々のご参加をお待ちしています。
お問い合わせは、トンボと自然を考える会事務局。

カテゴリー
検索フォーム
リンク
このブログをリンクに追加する
プロフィール

杉村光俊

Author:杉村光俊
1955年高知県中村市(現四万十市)に生まれる。
1985年(社)トンボと自然を考える会常務理事
日本蜻蛉学会会員
トンボ生態写真家

最近の記事
月別アーカイブ
最近のコメント
RSSフィード