とんぼ帰り

多目的広場の片隅で、半ば野生化したタカサゴユリが立派な花を咲かせています。その近くでは、水不足が祟りほぼ1ヶ月遅れでサルスベリが咲き始めました。トンボ池ではヒシが純白の小さな花を咲かせています。朝のクマゼミ大合唱も続いています。また時々、あきついお四万十川学遊館のメダカ・ビオトープにナナフシが顔を出してくれています。
画像/タカサゴユリ画像/サルスベリ画像/ヒシ
タカサゴユリサルスベリヒシ
画像/クマゼミ画像/ナナフシ
クマゼミナナフシ


画像/ギンヤンマ(オス)ここ数日、豪雨のような「にわか雨」がトンボ王国を襲っています。林巡りも臨時休業、そればかりか、河川の増水でオナガサナエの産卵狙いも中断させられ、仕方なく晴れ間にギンヤンマのパトロール狙いです。(→)
11日、空模様のはっきりしないトンボ王国を離れ、管理者?のYさんに断りもせず、ナゴヤサナエを求め徳島県某所に出掛けてきました。午前1時出発、途中旧窪川町で豪雨に遭遇しながら同5時30分目的地に到着。途端、頭上に厚い雲が広がり、お目当てのナゴヤサナエはなかなか姿を見せてくれず。待つこと2時間余り、ようやく晴れ間が広がり2?3頭の♂が水面でパトロールを始めたものの、かつてないほど個体数少なく、撮影は困難を極めました。が、運良く産卵にやってきた♀と、休憩のため岸にやってきた♂、計3回のシャッター・チャンスに恵まれました。高騰したガソリン代と高速代が無駄にならず、幸いでした。
画像/ナゴヤサナエ♂(オス)画像/ナゴヤサナエ(メス産卵)
ナゴヤサナエ(オス)ナゴヤサナエ(メス産卵)

その他、ここではベニシジミを捕食するシオカラトンボ♂、休止中のウスバキトンボ♀なども撮影してきました。

画像/シオカラトンボ(オス)捕食画像/ウスバキトンボ(メス)
シオカラトンボ(オス)捕食ウスバキトンボ(メス)

9時半、香川県某所のコバネアオイトトンボ生息地目指し移動。10時過ぎに到着し、心当たりのポイントを回るも、コバネアオイトはおろか同居しているはずのアオイトすら見当たらず。池の水量が少なく、空気も乾燥していたのであるいは、もっと湿り気がある林の奧(お墓です)に逃げ込んでいる、ということならいいのですが、先を案じずにはいられません。
画像/ミヤマアカネ未熟(メス)何もしないで帰るというのもしゃくなので、たまたま居合わせた未熟のミヤマアカネにモデルをお願いしました。(→)
午後4時前、トンボ王国に帰着。取り敢えずトンボ池のチェックに取り掛かったところ、突然目の前でコフキトンボが産卵を始めたので、サンダル履きのまま撮影に望みました。シャッター・チャンスは大抵、唐突に訪れるものなのです。
画像/コフキ産卵

なお、この日はヤンマの黄昏飛翔もパッとしなかったので、林の縁でクロコノマを撮影しました。
画像/クロコノマ

(写真は全てクリックすると拡大します。)
by 杉村光俊  at 12:43 |  トンボ王国最新情報 |  comment (1)  |   |  page top ↑
Comments

No title

ナゴヤの写真があったのでびっくりしましたが、こちらへ来てたんですね。
ナゴヤは道中で様子をうかがっていますが、だんだん少なくなってきました。
8月頭にオオサカを狙って琵琶湖に行ってきましたが、やっとものにできました。

ベニトンボは昨年のところで複数いました。どうも♀もいたみたいです。去年の子孫かも
9月に入ったら再調査してみます。
by Y 2008/08/16 20:49  URL [ 編集 ]
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する

イベント情報・お知らせ
トンボ王国のホームページはこちらからどうぞ
www.gakuyukan.com/

催しのご案内

・世界に一つだけの標本特別展示
内容:タイリクショウジョウトンボの性モザイクと、種の保存法指定種ベッコウトンボとヨツボシトンボの交雑オスの標本を詳細な解説パネルとともに特別展示
期間: 7月22日(土)~9月3日(日)
場所:四万十川学遊館あきついお・とんぼ館第2室

・花のある昆虫写真展・人気投票付き
内容:蝶や甲虫など、花のまわりで活動している昆虫の生態写真64種をA-3パネルで紹介。
期間: 7月15日(土)~10月3日(日)
場所:四万十川学遊館あきついお・多目的ホール

・トンボ釣り体験
内容:糸で結んだメスで、オスを釣ります
日時:8月の毎土曜日(5・12・19・26)午前9時30分~10時30分
参加費:無料。ただし、四万十川学遊館あきついお入館料もしくは年間パスポートが必要。

第31回全日本トンボフォトコンテスト作品募集のお知らせ
閉め切り
平成29年9月30日(土)消印有効
募集要項
応募点数:1人5点まで(未発表作品に限ります)
生態部門:4切り(ワイド4切りまたはA3サイズ可)
金賞1点(賞金2万円、盾、賞状、賞品としてビーズリアルトンボセット〈特大〉ほか)
銀賞2点(賞金1万円、盾、賞状、賞品としてビーズリアルトンボセット〈中〉ほか)
銅賞5点(賞状、賞品としてビーズリアルトンボセット〈小〉ほか)
努力賞50点(賞品としてフォトコンテスト絵葉書ほか)
力だめし部門:キャビネ (2L またはA4サイズ可)
金賞1点(賞金5千円、盾、賞状、賞品としてビーズリアルトンボセット〈中〉ほか)
銀賞3点(賞品としてビーズトンボ・ギンヤンマ)
努力賞50点(賞品としてフォトコンテスト絵葉書ほか)
トンボ王国特別賞3点(盾、賞状、賞品としてビーズリアルトンボセット〈小〉ほか)
*展示作品58点(生体部門のみ)の中から入場者の人気投票で決定
通信実費として定額為替(切手可)を1人300円同封してください。
上位入賞者については、画像データの提供をお願いします(新聞掲載のため)。 詳細の問い合わせと作品の送付先:〒787-0019
高知県四万十市具同8055-5
トンボ自然公園内
公益社団法人トンボと自然を考える会 「トンボフォトコンテスト」係

ピラルクのエサやり
内容:全長2メートルのアマゾン川産ピラルクへの、スリル満点の給餌体験。
場所:四万十川学遊館あきついお・さかな館。
時間:開館日の午後4時~。
対象:入館者先着10名。
参加費:無料。ただし、「四万十川学遊館あきついお」の入館料が必要)。

毎日イベント・ビーズトンボ携帯ストラップ作り&四万十川の蛇紋岩みがき
内容:ビーズで作るトンボ・アクセサリーの携帯ストラップ版(簡素化したデザインで、所要時間約30分)と、磨くほどに輝きを増す四万十川の蛇紋岩みがき(所要時間約30分)。

日高村トンボ観察図鑑ができました
 この春、高知県日高村(高知市の西方、車で30分ほど)より、同村内でこれまでに記録されている73種類のトンボを紹介した標記ガイドブックが発行されました。本体A-5版160ページで、解説を本会の杉村光俊常務理事が担当したご縁で、本会でも販売させて頂いております。実寸大での生体標本画像と、和風の体色解説が大きな特徴です。
四万十川学遊館あきついお売店にて税込み1,000円で販売中、送料360円で郵送も承ります。日高村からの預かり部数は300弱、ご購入を希望される方はお早めお求め下さい。

『中国・四国のトンボ図鑑』 割引頒布について
トンボと自然を考える会の会員の方を対象に割引頒布を実施させて頂いております。
税込み価格3,675円のところ、あきついお四万十川学遊館・売店コーナーでは税込み価格3,150円でお分けさせて頂きます(ご購入の際には、必ず会員証をご提示下さい)。
また、宅配を希望される方は、税・送料込み3,400円とさせて頂きたく、必要額を本会郵便口座(01630-5-35218)にお振込み下さい。1週間ほどでお届けできます。

「ネーチャーフォト研究会」メンバー募集中
トンボと自然を考える会会員、または四万十川学遊館年間パスポート所有者を対象として、トンボ自然公園内で見られるトンボや花などの撮影案内、作品展示会(年1~2回)、研究会会員の撮影技術向上と親睦を深めることを目的とした勉強会等を行います。
撮影されたい動植物の時期や場所の問い合わせへの対応、撮影時のコツ等を職員がアドバイスさせていただきますので、多くの方々のご参加をお待ちしています。
お問い合わせは、トンボと自然を考える会事務局。

カテゴリー
検索フォーム
リンク
このブログをリンクに追加する
プロフィール

杉村光俊

Author:杉村光俊
1955年高知県中村市(現四万十市)に生まれる。
1985年(社)トンボと自然を考える会常務理事
日本蜻蛉学会会員
トンボ生態写真家

最近の記事
月別アーカイブ
最近のコメント
RSSフィード