FC2ブログ

ハンゲショウ見ごろ

 華やかなハナショウブの季節が終わり、トンボ池はスイレンの花盛りです。梅雨のはずなのに、異常な少雨で湿地保護区の一部が干上がり始めています。間もなく羽化が始まるヒメアカネやマユタテアカネの先が案じられます。四万十川トンボ池のアオイトのようにならなければいいのですが…

   _Q4A2321スイレン池2013・6・  _Q4A2317スイレン(岐阜県瑞  _Q4A2777コフキヒメイトトン
    スイレン池(ピンク)    紅白?        黄スイレン+コフキヒメイト

   _Q4A2323コフキヒメイトトン  _Q4A2755湿地保護区2013・6・  _Q4A2319サラサヤンマ♂なわ
  白スイレン+コフキヒメイト  湿地保護区        サラサヤンマ♂

 そんな中、ヤマモモの実の食べごろが近付き、ハンゲショウの花(正確には葉っぱ)が見ごろを迎えています。肝心のトンボですが、春から夏のトンボたちが勢力争いに余念ありません。中でもベニイトトンボがさらに勢力を拡大、各スイレン池でも普通にその姿が見られるようになってきました。

_Q4A2756ヤマモモ2013・6・15 _Q4A2753ハンゲショウ2013・6 _Q4A2233ハグロトンボ未熟♀2 _Q4A2619ウチワヤンマ♂+ハラ
 ヤマモモ         ハンゲショウ     ハグロトンボ未熟♀ 各種覇権争い 

   _Q4A2434ウチワヤンマ交尾201  _Q4A2456ウチワヤンマ産卵201  _Q4A2451ウチワヤンマ産卵201
    ウチワヤンマ交尾               同 産卵

   _Q4A2786ベニイトトンボ♂+ス  _Q4A2768ベニイトトンボ連結  _Q4A2154チョウトンボ♀羽化2
    ベニイトトンボ♂      同 連結産卵      チョウトンボ♀羽化ミス

周辺の渓谷では、ミナミヤンマがほぼ出揃い、爽やかな滑空飛翔を披露してくれています。ただ、ここ数日は猛暑のせいか、早々に木陰へ逃げ込む個体が続出です。

_Q4A2354ミナミヤンマ♂摂食 _Q4A2396ミナミヤンマ♀摂食 _Q4A2358ミナミヤンマ♀摂食 _Q4A2565ミナミヤンマ淡条翅
 ミナミヤンマ♂                同 淡条翅型♀

   _Q4A1912シコクトゲオトンボ  _Q4A2424シオヤトンボ♀2013  _Q4A2543ダビドサナエ♂2013
    シコクトゲオ♂       シオヤトンボ♀      ダビドサナエ♂

 トンボ王国のウチワヤンマが生殖活動を始め、日高村のアオヤンマも最盛期、体がいくつあっても足りないような状況ながら、今月5日に健在を確認してきた香川県某所のキイロヤマ狙いで14日に同所を再訪。残念ながらキイロヤマの姿を確認することはできませんでしたが、四万十地方では今シーズンさっぱりのアオサナエを撮ってきました。

_Q4A1775アオヤンマ♂パトロ _Q4A1747アオヤンマ交尾2013 _Q4A1779ショウジョウトンボ _Q4A1773モノサシトンボ連結
日高村のアオヤンマ♂  同 交尾  ショウジョウトンボ♀ モノサシトンボ連結産卵

   _Q4A2650アオサナエ生息地201  _Q4A2673ハグロトンボ未熟♂  _Q4A2687ハグロトンボ半成熟
    香川県某所       ハグロトンボ未熟♂♀    同 ♀

_Q4A2667アオサナエ♂2013・6 _Q4A2671アオサナエ♂2013・6 _Q4A2686アオサナエ♂2013・6 _Q4A2746アオサナエ交尾2013
         アオサナエ♂            出陣する?♂      交尾


画像はすべて、クリックすると拡大します。







by 杉村光俊  at 13:39 |  トンボ王国最新情報 |  comment (0)  |   |  page top ↑
Comments
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する

イベント情報・お知らせ
トンボ王国のホームページはこちらからどうぞ
www.gakuyukan.com/

お知らせ

毎日イベント・ビーズトンボ携帯ストラップ作り&四万十川の蛇紋岩みがき
内容:ビーズで作るトンボ・アクセサリーの携帯ストラップ版(簡素化したデザインで、所要時間約30分)と、磨くほどに輝きを増す四万十川の蛇紋岩みがき(所要時間約30分)。

『中国・四国のトンボ図鑑』 割引頒布について
トンボと自然を考える会の会員の方を対象に割引頒布を実施させて頂いております。
税込み価格3,675円のところ、あきついお四万十川学遊館・売店コーナーでは税込み価格3,150円でお分けさせて頂きます(ご購入の際には、必ず会員証をご提示下さい)。
また、宅配を希望される方は、税・送料込み3,400円とさせて頂きたく、必要額を本会郵便口座(01630-5-35218)にお振込み下さい。1週間ほどでお届けできます。

「ネーチャーフォト研究会」メンバー募集中
トンボと自然を考える会会員、または四万十川学遊館年間パスポート所有者を対象として、トンボ自然公園内で見られるトンボや花などの撮影案内、作品展示会(年1~2回)、研究会会員の撮影技術向上と親睦を深めることを目的とした勉強会等を行います。
撮影されたい動植物の時期や場所の問い合わせへの対応、撮影時のコツ等を職員がアドバイスさせていただきますので、多くの方々のご参加をお待ちしています。
お問い合わせは、トンボと自然を考える会事務局。

カテゴリー
検索フォーム
リンク
このブログをリンクに追加する
プロフィール

杉村光俊

Author:杉村光俊
1955年高知県中村市(現四万十市)に生まれる。
1985年(社)トンボと自然を考える会常務理事
日本蜻蛉学会会員
トンボ生態写真家

最近の記事
月別アーカイブ
最近のコメント
RSSフィード