fc2ブログ

ツワブキ開花

トンボ王国では、観察道周辺のミゾソバが一層華やかさを増しています。

_MG_8273ミゾソバ2009・10・1.gif _MG_8271ミゾソバ2009・10・1 _MG_8329クマバチ2009・10・1.gif
観察道         ミゾソバ         クマバチ
_MG_7760キタテハ2009・10・1.gif _MG_8275ミゾソバ+ツマグロヒ.gif _MG_7750マイコアカネ交尾200.gif
キタテハ         ツマグロヒョウモン   マイコアカネ交尾

日陰に自生しているツワブキの開花が始まり、オオアオイトトンボやヒメアカネの生殖活動も本格化しています。
_MG_7923ツワブキ2009・10・1.gif _MG_8357ヒメアカネ連結産卵2.gif _MG_8402ネキトンボ♂2009・1.gif
 ツワブキ         ヒメアカネ連結産卵   ネキトンボ♂
_MG_8258トンボ池2009・10・1.gif _MG_8245オオアオイトトンボ.gif _MG_8132オオアオイトトンボ.gif
 トンボ池        オオアオイトトンボ交尾   連結産卵

とんぼ館中庭のビオトープ化も、順調に進んでいます。
        _MG_7884とんぼ館中庭ビオト.gif  _MG_7878ヒメノボタン2009・1.gif
          中庭ビオトープ      ヒメノボタン

年を追ってカトリヤンマの生活圏が縮小している黒潮町の山間では、路上をパトロールするミルンヤンマ♂の姿が目立ってきました。15日には、午後5時過ぎに交尾も2回観察できました。
_MG_8534林道2009・10・15黒.gif _MG_8514ミルンヤンマ♂探雌.gif _MG_8501ミルンヤンマ♀摂食.gif
 黒潮町の林道      ミルンヤンマ♂       ♀


画像はすべてクリックすると拡大します



by 杉村光俊  at 14:21 |  トンボ王国最新情報 |  comment (1)  |   |  page top ↑
Comments

こんにちは

初めまして~\(^^)/

ブログの更新いつも楽しみにしてます。
これからも頑張ってくださぁい~(^▽^)
by まこと 2009/10/18 11:46  URL [ 編集 ]
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する

イベント情報・お知らせ
トンボ王国のホームページはこちらからどうぞ
www.gakuyukan.com/

催しのお知らせ

〇トンボ王国四季写真展

内容:2022年11月から2023年11月にかけて、トンボ王国内で撮影された動植物や風景などを、A-3サイズ64点で紹介。
期間:2023年12月1日(金)~2024年4月7日(日)
場所:四万十川学遊館あきついお多目的ホール(とんぼ館ロビー)
入場:無料。ただし、四万十川学遊館あきついおの入館料が必要。

飛翔するトンボ写真展

内容:羽化後の初飛行、オスのなわばり飛翔、飛翔産卵など、様々な目的を持って水辺を飛び交うトンボたちの決定的瞬間をA-3サイズの写真64点で紹介。
期間:2023年4月27日(土)~9月1(日)まで
場所:四万十川学遊館あきついお多目的ホール(とんぼ館ロビー)
入場:無料。ただし四万十川学遊館あきついおの入館料が必要

魚釣りゲーム】 内容:制限時間内に紙製魚カードを釣り上げ、その点数で競います。
期間:2024年4月28日(日)と5月4日(土祝)。両日とも11:00~11:30と14:00~14:30の2回開催
場所:四万十川学遊館あきついお・さかな館コミュニティ広場
対象:4歳~小学生
定員:1回先着10名(予約可)賞品と参加賞あり
参加費:無料。ただし、四万十川学遊館あきついお入館料が必要

トンボ王国オリジナル組み合わせパズル
内容:トンボ王国で見られる花・高知県のトンボ・四万十川の魚の3種類のパズルを、それぞれ制限時間内に完成できた数の合計で競います。
期間:2024年5月5日(日祝)。11:00~・11:30~・14:00~・14:30の~4回開催
場所:四万十川学遊館あきついお・とんぼ館多目的室
対象:4歳~小学生
定員:1回先着10名(予約可)賞品と参加賞あり
参加費:無料。ただし、四万十川学遊館あきついお入館料が必要

〇トンボ王国クイズ

内容:展示室を楽しく見学してもらうための3択10問クイズ。春編、夏編、秋編、冬編、があります。
特典:それぞれ全問正解者10名に(多数の場合は抽選)、トンボ王国グッズ詰め合わせをお送りしています。
対象:「四万十川学遊館あきついお」有料入館者。

毎日イベント・ビーズトンボ携帯ストラップ作り&四万十川の蛇紋岩みがき
内容:ビーズで作るトンボ・アクセサリーの携帯ストラップ版(簡素化したデザインで、所要時間約30分)と、磨くほどに輝きを増す四万十川の蛇紋岩みがき(所要時間約30分)。

カテゴリー
検索フォーム
リンク
このブログをリンクに追加する
プロフィール

杉村光俊

Author:杉村光俊
1955年高知県中村市(現四万十市)に生まれる。
1985年(社)トンボと自然を考える会常務理事
日本蜻蛉学会会員
トンボ生態写真家

最近の記事
月別アーカイブ
最近のコメント
RSSフィード