fc2ブログ

選手交代

 ハナショウブが見頃を迎えたトンボ王国。生憎、梅雨空が今週一杯続くようですが…

 IMG_5445ハナショウブ2023・5・30 IMG_4202ハナショウブ2023・5・19トンボ王国 IMG_5414ノハナショウブ2023・5・30
       ハナショウブ(園芸種)  ノハナショウブ(野生種)

  IMG_4204ペリーズ・ファイヤーオパール2023・5・19トンボ王国 IMG_4739カルガモ一家A2023・5・24トンボ王国 IMG_4784カルガモ一家B2023・5・24トンボ王国
  温帯スイレン(園芸種) カルガモ親子A   カルガモ親子B

 春のトンボに替わり、夏のトンボが活動を始めています。

  IMG_4656タベサナエ♀2023・5・23トンボ王国 IMG_3754シオヤトンボ交尾2023・5・16トンボ王国 IMG_4657ヨツボシトンボ産卵2023・5・23トンボ王国 
   タベサナエ老熟♀  シオヤトンボ交尾  ヨツボシトンボ産卵

  IMG_3646ヤマサナエ♂2023・5・15トンボ王国 IMG_5253キイロサナエ♂2023・5・29 IMG_5433ハラビロトンボ未成熟♀2023・5・30
   ヤマサナエ♂     キイロサナエ♂  ハラビロトンボ未成熟♀

  IMG_4193チョウトンボ同色型羽化直後♀2023・5・19トンボ王国 IMG_4585サラサヤンマ♂縄張り飛翔2023・5・22トンボ王国 IMG_4606サラサヤンマ♂縄張り休止2023・5・22トンボ王国
  チョウトンボ羽化後♀       サラサヤンマ♂

  IMG_4636コフキヒメイトトンボ♂&温帯スイレン(ピンク)2023・5・23トンボ王国 IMG_5095コフキヒメイトトンボ産卵2023・5・26 IMG_4676コフキトンボ♀捕食(羽化直後キイトトンボ)2023・5・23トンボ王国
  コヒキヒメイトトンボ♂  同 ♀産卵   コフキトンボ♀捕食

  IMG_5402モノサシトンボ交尾2023・5・30 IMG_5048モノサシトンボ連結産卵&サイコクヒメコウホネ2023・5・25トンボ王国 IMG_3933ウチワヤンマ半成熟♂2023・5・17トンボ王国最奥スイレン池
   モノサシトンボ交尾  同 連結産卵    ウチワヤンマ♂    

 トンボ王国外では、市内各地の河川でヒメサナエが羽化し、アオサナエの姿もチラホラ。

  IMG_4151ヒメサナエ♂C羽化2023・5・18四万十川 IMG_4146ヒメサナエ♂C羽化2023・5・18四万十川 IMG_5317アオサナエ♂2023・5・29 
     四万十川で羽化するヒメサナエ♂    アオサナエ♂  

 トンボ愛好家待望のミナミヤンマ・シーズン到来ですが、いずこの産地も自然放置による環境荒廃で絶滅の危機が忍び寄っているようです。濃条翅メスの一大産地として知られる足摺岬も例外ではありません。半世紀前に国立公園に昇格、その後は文字通り「手つかずの自然」として徹底管理されてきましたが、すでにミヤマカワトンボやカトリヤンマなど多くのトンボ類が見られなくなっているなど、「生物多様性」とは程遠い状態に陥っています。

  IMG_4948ミナミヤンマ♀羽化2023・5・25土佐清水市足摺半島 IMG_5001シコクトゲオトンボ♂羽化ほぼ終了2023・5・25土佐清水市足摺半島 IMG_5169ミナミヤンマ生息地2023・5・27
 ミナミヤンマ♀羽化 シコクトゲオトンボ♂羽化 薄暗い足摺岬の渓流
  
 大半のケースで「手つかずの自然」は、「手入れ不足の自然」と読み替えるべきかもしれません。このような状況下、もちろん「採集圧」も厳禁です。

画像はすべて、クリックすると拡大します。
by 杉村光俊  at 16:34 |  トンボ王国最新情報 |  comment (0)  |   |  page top ↑

主役交代

 人気の花菖蒲が咲き始めたトンボ王国。春の水辺を彩ってくれていたカキツバタはそろそろ見納めです。

  IMG_3419ハナショウブ2023・5・12トンボ王国 IMG_3431カキツバタ2023・5・12トンボ王国WWFジャパン池 IMG_2721コフキヒメイトトンボ半成熟♀&スイレン2023・5・5トンボ王国
   ハナショウブ    カキツバタ 温帯スイレン&コフキヒメイト♀

 老化が目立ち始めた春のトンボに変わり、若い初夏のトンボが目立ってきました。

  IMG_3344シオヤトンボ♂2023・5・11トンボ王国白ケ谷 IMG_2525アサヒナカワトンボ橙色翅型♂2023・5・3トンボ王国右手湿地保護区ロウ IMG_2530アサヒナカワトンボ♀2023・5・3トンボ王国右手湿地保護区ロウ
   シオヤトンボ♂ アサヒナカワトンボ橙色翅型♂  同 ♀

  IMG_2313タベサナエ♂捕食(羽化直後クロイトトンボ♂)2023・5・1トンボ王国ハナショウブ池 IMG_3354ヨツボシトンボ交尾飛翔2023・5・11トンボ王国サイコクヒメコウホネ池トリミング IMG_3365ヨツボシトンボ産卵2023・5・11トンボ王国サイコクヒメコウホネ池
   タベサナエ♂捕食  ヨツボシトンボ交尾  同 産卵

  IMG_2353セスジイトトンボ未成熟♂2023・5・3トンボ王国館裏アサザ池土手 IMG_2236セスジイトトンボ未成熟♀2023・4・30トンボ王国館裏アサザ池土手 IMG_2999クロイトトンボ連結潜水産卵2023・5・9トンボ王国水田保護区
 セスジイトトンボ未成熟♂ 同 未成熟♀ クロイトトンボ連結潜水産卵

  IMG_2824キイトトンボ未成熟♀2023・5・8トンボ王国 IMG_2733モノサシトンボ未成熟♂&コガクウツギ2023・5・5トンボ王国 IMG_2969サラサヤンマ♂2023・5・9トンボ王国中央
 キイトトンボ未成熟♀ モノサシトンボ未成熟♂ サラサヤンマ♂

  IMG_3337モートンイトトンボ交尾2023・5・11トンボ王国白ヶ谷 IMG_3460モートンイトトンボ産卵2023・5・12トンボ王国白ケ谷 IMG_2923ミカドアゲハ♂吸水2023・5・8トンボ王国多目的広場駐車場
 モートンイトトンボ交尾  同 産卵     ミカドアゲハ吸水  

 去る5月10日、3年振りに香川県のニホンカワを見てきました。水辺の草木が茂りミヤマカワトンボが見られませんでしたが、アサヒナカワトンボとニホンカワトンボは3年前よりもむしろ増加していたように思いました。

  IMG_3230ニホンカワトンボ橙色翅型♂2023・5・10香川県 IMG_3133ニホンカワトンボ無色翅型♂交尾2023・5・10香川県 IMG_3217ニホンカワトンボ無色翅型♀産卵2023・5・10香川県
ニホンカワトンボ橙色翅型♂ 同 無色翅型♂交尾 同 無色翅型♀産卵

 画像はすべて、クリックすると拡大します。




  
by 杉村光俊  at 12:24 |  トンボ王国最新情報 |  comment (0)  |   |  page top ↑
イベント情報・お知らせ
トンボ王国のホームページはこちらからどうぞ
www.gakuyukan.com/

催しのお知らせ

〇トンボ王国四季写真展

内容:2022年11月から2023年11月にかけて、トンボ王国内で撮影された動植物や風景などを、A-3サイズ64点で紹介。
期間:2023年12月1日(金)~2024年4月7日(日)
場所:四万十川学遊館あきついお多目的ホール(とんぼ館ロビー)
入場:無料。ただし、四万十川学遊館あきついおの入館料が必要。

飛翔するトンボ写真展

内容:羽化後の初飛行、オスのなわばり飛翔、飛翔産卵など、様々な目的を持って水辺を飛び交うトンボたちの決定的瞬間をA-3サイズの写真64点で紹介。
期間:2023年4月27日(土)~9月1(日)まで
場所:四万十川学遊館あきついお多目的ホール(とんぼ館ロビー)
入場:無料。ただし四万十川学遊館あきついおの入館料が必要

魚釣りゲーム】 内容:制限時間内に紙製魚カードを釣り上げ、その点数で競います。
期間:2024年4月28日(日)と5月4日(土祝)。両日とも11:00~11:30と14:00~14:30の2回開催
場所:四万十川学遊館あきついお・さかな館コミュニティ広場
対象:4歳~小学生
定員:1回先着10名(予約可)賞品と参加賞あり
参加費:無料。ただし、四万十川学遊館あきついお入館料が必要

トンボ王国オリジナル組み合わせパズル
内容:トンボ王国で見られる花・高知県のトンボ・四万十川の魚の3種類のパズルを、それぞれ制限時間内に完成できた数の合計で競います。
期間:2024年5月5日(日祝)。11:00~・11:30~・14:00~・14:30の~4回開催
場所:四万十川学遊館あきついお・とんぼ館多目的室
対象:4歳~小学生
定員:1回先着10名(予約可)賞品と参加賞あり
参加費:無料。ただし、四万十川学遊館あきついお入館料が必要

〇トンボ王国クイズ

内容:展示室を楽しく見学してもらうための3択10問クイズ。春編、夏編、秋編、冬編、があります。
特典:それぞれ全問正解者10名に(多数の場合は抽選)、トンボ王国グッズ詰め合わせをお送りしています。
対象:「四万十川学遊館あきついお」有料入館者。

毎日イベント・ビーズトンボ携帯ストラップ作り&四万十川の蛇紋岩みがき
内容:ビーズで作るトンボ・アクセサリーの携帯ストラップ版(簡素化したデザインで、所要時間約30分)と、磨くほどに輝きを増す四万十川の蛇紋岩みがき(所要時間約30分)。

カテゴリー
検索フォーム
リンク
このブログをリンクに追加する
プロフィール

杉村光俊

Author:杉村光俊
1955年高知県中村市(現四万十市)に生まれる。
1985年(社)トンボと自然を考える会常務理事
日本蜻蛉学会会員
トンボ生態写真家

最近の記事
月別アーカイブ
最近のコメント
RSSフィード