fc2ブログ

端境期

 8月下旬から9月中旬までの観察記録です。すっきりしない日が多く、消化不良の端境期となりました。

 トンボ王国ではヒガンバナが見頃を迎え、秋の赤トンボの一部が水辺に姿を見せています。

  239A2823ヒガンバナ2022・9・17トンボ王国 239A0679ヒメアカネ♂2022・8・24トンボ王国中央ロウ 239A2834リスアカネ♂2022・9・17トンボ王国右手湿地保護区
   ヒガンバナ     ヒメアカネ♂     リスアカネ♂

  239A1234マユタテアカネ♂捕食2022・8・26トンボ王国 239A1445コノシメトンボ♀2022・8・27トンボ王国 239A1247ホソミイトトンボ越冬型未成熟♂2022・9・26トンボ王国
  マユタテアカネ♂捕食 ノシメトンボ♀  ホソミイトトンボ越冬型♂  

 大形のトンボが少なくなったトンボ池では、イトトンボたちが慌ただしく活動しています。

  239A4132ベニイトトンボ連結産卵2022・9・10トンボ王国 239A3864アジアイトトンボ産卵2022・9・9トンボ王国 239A4162アオモンイトトンボ同色型♀産卵2022・9・10トンボ王国
ベニイトトンボ連結産卵 アジアイトトンボ産卵 アオモンイトトンボ産卵

  239A4152オオイトトンボ夏期型♂2022・9・10トンボ王国 239A9700ハグロトンボ♂2022・9・11トンボ王国 239A3352ハグロトンボ♂争い2022・9・・7トンボ王国
 オオイトトンボ夏期型♂  ハグロトンボ♂   同 ♂争い

 その他のトンボたちです。

  239A3487オニヤンマ産卵2022・9・7トンボ王国 239A1893ベニトンボ♀2022・9・13トンボ王国 239A1391チョウトンボ産卵2022・8・27トンボ王国
   オニヤンマ産卵   ベニトンボ♀     チョウトンボ産卵

 林探訪は8月27日にようやくマルタンヤンマのオスに遭遇、有終の美となりました。

  239A1724マルタンヤンマ♂2022・8・27トンボ王国 239A1620マルタンヤンマ♂2022・8・27トンボ王国 239A1565マルタンヤンマ♂2022・8・27トンボ王国
         マルタンヤンマ♂(3点とも同一個体)

 除草作業を行った四万十川トンボ池では、多くのギンヤンマに交じってノシメトンボの姿も。ただ、まだ暑過ぎるようです。

  239A2673ギンヤンマ連結産卵2022・9・1四万十市中村四万十町 239A1988ノシメトンボ♂逆立ち2022・9・14四万十市中村四万十町 239A2003シオカラトンボ黒化型♀2022・9・14四万十市中村四万十町
  ギンヤンマ連結産卵  ノシメトンボ♂  シオカラトンボ黒化型♀  

 市内の里山ではウスバキトンボとベニトンボが目立ってきました。

  239A3373ウスバキトンボ♂2022・9・7四万十市上ノ土居 239A3391ベニトンボ♂2022・9・7四万十市上ノ土居 239A3385ノシメトンボ交尾2022・9・7四万十市上ノ土居
   ウスバキトンボ♂   ベニトンボ♂    ノシメトンボ交尾 

 トンボ王国近くの渓流で、ミルンヤンマの黄昏飛翔を3日連続で観察。

  239A2238ミルンヤンマ♂黄昏摂食飛翔2022・8・29四万十市森沢 239A2207ミルンヤンマ♂黄昏摂食飛翔2022・8・29四万十市森沢 239A2199ミルンヤンマ♀黄昏摂食飛翔2022・8・29四万十市森沢
       ミルンヤンマ黄昏摂食飛翔 左より♂♂♀   

 市内北部の渓流では、オジロサナエを観察。

  239A3760オジロサナエほか生息地2022・9・9四万十市古尾 239A1228オジロサナエ♂2022・8・26四万十市古尾 239A3756オジロサナエ産卵2022・9・9四万十市古尾
  オジロサナエ生息地  オジロサナエ♂    同 ♀産卵飛翔  

 先日、徳島県でルリボシヤンマを見てきました。生息地となっている山中の小池は、落ち葉や枯れ枝が堆積して年々水域が狭まっていますが、今年はまだ健在でした。

  239A2541ルリボシヤンマ♂2022・9・16徳島県美馬市 239A2658ルリボシヤンマ産卵2022・9・16徳島県美馬市 239A2504タカネトンボ♂2022・9・16徳島県美馬市
 ルリボシヤンマ♂探雌飛翔 同 ♀産卵    タカネトンボ♂探雌飛翔

 画像はすべて、クリックすると拡大します。




  
by 杉村光俊  at 16:50 |  トンボ王国最新情報 |  comment (0)  |   |  page top ↑
イベント情報・お知らせ
トンボ王国のホームページはこちらからどうぞ
www.gakuyukan.com/

催しのお知らせ

〇トンボ王国四季写真展

内容:2022年11月から2023年11月にかけて、トンボ王国内で撮影された動植物や風景などを、A-3サイズ64点で紹介。
期間:2023年12月1日(金)~2024年4月7日(日)
場所:四万十川学遊館あきついお多目的ホール(とんぼ館ロビー)
入場:無料。ただし、四万十川学遊館あきついおの入館料が必要。

飛翔するトンボ写真展

内容:羽化後の初飛行、オスのなわばり飛翔、飛翔産卵など、様々な目的を持って水辺を飛び交うトンボたちの決定的瞬間をA-3サイズの写真64点で紹介。
期間:2023年4月27日(土)~9月1(日)まで
場所:四万十川学遊館あきついお多目的ホール(とんぼ館ロビー)
入場:無料。ただし四万十川学遊館あきついおの入館料が必要

魚釣りゲーム】 内容:制限時間内に紙製魚カードを釣り上げ、その点数で競います。
期間:2024年4月28日(日)と5月4日(土祝)。両日とも11:00~11:30と14:00~14:30の2回開催
場所:四万十川学遊館あきついお・さかな館コミュニティ広場
対象:4歳~小学生
定員:1回先着10名(予約可)賞品と参加賞あり
参加費:無料。ただし、四万十川学遊館あきついお入館料が必要

トンボ王国オリジナル組み合わせパズル
内容:トンボ王国で見られる花・高知県のトンボ・四万十川の魚の3種類のパズルを、それぞれ制限時間内に完成できた数の合計で競います。
期間:2024年5月5日(日祝)。11:00~・11:30~・14:00~・14:30の~4回開催
場所:四万十川学遊館あきついお・とんぼ館多目的室
対象:4歳~小学生
定員:1回先着10名(予約可)賞品と参加賞あり
参加費:無料。ただし、四万十川学遊館あきついお入館料が必要

〇トンボ王国クイズ

内容:展示室を楽しく見学してもらうための3択10問クイズ。春編、夏編、秋編、冬編、があります。
特典:それぞれ全問正解者10名に(多数の場合は抽選)、トンボ王国グッズ詰め合わせをお送りしています。
対象:「四万十川学遊館あきついお」有料入館者。

毎日イベント・ビーズトンボ携帯ストラップ作り&四万十川の蛇紋岩みがき
内容:ビーズで作るトンボ・アクセサリーの携帯ストラップ版(簡素化したデザインで、所要時間約30分)と、磨くほどに輝きを増す四万十川の蛇紋岩みがき(所要時間約30分)。

カテゴリー
検索フォーム
リンク
このブログをリンクに追加する
プロフィール

杉村光俊

Author:杉村光俊
1955年高知県中村市(現四万十市)に生まれる。
1985年(社)トンボと自然を考える会常務理事
日本蜻蛉学会会員
トンボ生態写真家

最近の記事
月別アーカイブ
最近のコメント
RSSフィード