fc2ブログ

Vs.イノシシの日々

 結局、3日を最後に今季最強寒波の襲来を受け、2020年のトンボ・シーズンは閉幕となりました。

  0W9A4360コサギ2021・1・7トンボ王国右手湿地保護区 0W9A4386積雪_降雪2021・1・8トンボ王国 0W9A4410サザンカ&積雪2021・1・8トンボ王国  
  降雪中のコサギ1月7日 1月8日の積雪   雪を被ったサザンカ

 これから春までは静かな生活を…と言いたいところですが、現実は甘くありません。昨年11月に勃発したイノシシとの戦いは収まる気配すらありません。防獣柵の補強に次ぐ補強の甲斐あって、今年に入ってからは毎日ということはなくなりましたが、それでも2~3日に1回は柵と土手の修繕を余儀なくされています。

  0W9A4530イノシシ荒らし2021・1・13トンボ王国白ケ谷 0W9A4664イノシシ荒らし&補修2021・1・18トンボ王国右手湿地保護区(左) 0W9A4667イノシシ荒らし&補修2021・1・18トンボ王国右手湿地保護区(左)
  荒らされた湿地保護区    イノシシ荒らし&修繕

  0W9A4529イノシシ荒らし補修2021・1・12トンボ王国 0W9A4583土手直し2021・1・15トンボ王国 0W9A4584土手直し2021・1・15トンボ王国
        荒らされた水路        修繕中   

 お陰で、冬季恒例のスイレン抜き作業が遅れに遅れています。コロナ不況もあって、今年度はパート職員が雇用できていないので、なおさらです。正直、独りぼっちでの作業も少なくありません。

  0W9A4572スイレン抜き2021・1・16トンボ王国パンダ池 0W9A4800作業後の2021・1・21スイレン池 0W9A4807作業前の2021・1・21スイレン池
       作業後のスイレン池       作業前のスイレン池
  
 寒波続きと撮影時間減少で生きもの撮影もイマイチ、鳥撮りが精一杯といった感じです。

  0W9A4550ツマグロキチョウ2021・1・15四万十市蕨岡上分催合谷 0W9A4591ヨコヅナサシガメ終齢幼虫集団越冬2021・1・16トンボ王国多目的広場 0W9A4661ニホンアカガエル卵塊2021・1・18トンボ王国右手湿地保護区(左)
ツマグロキチョウ ヨコヅナサシガメ幼虫集団越冬中 ニホンアカガエル卵

  0W9A4682ヒレンジャク2020・1・18トンボ王国あきついお前庭 0W9A4734メジロ餌付け2021・1・19トンボ王国あきついお植え込み 0W9A4798ゴイサギ2021・1・20トンボ王国
   ヒレンジャク    メジロ        ゴイサギ


画像はすべて、クリックすると拡大します。



by 杉村光俊  at 16:07 |  トンボ王国最新情報 |  comment (0)  |   |  page top ↑

何とか年越し

 今冬最強とかの寒波襲来で、うっすら雪化粧となった大晦日のトンボ王国。

  0W9A3991積雪2020・12・31トンボ王国 0W9A4007サザンカ&雪2020・12・31トンボ王国 0W9A4046積雪2020・12・31トンボ王国
   保護区入り口付近  駐車場のサザンカ  スイレン池周辺

 元旦も気温が上がらず、12月29日まで確認できていた2頭のヒメアカネ・オスの安否が気遣われました。幾分天候が回復してきた2日も姿を見せず、経験上、年老いた赤トンボが4日以上姿を見せてくれなければ餓死したものと判断し、これをもってそのシーズンの終了としていました。ただこの日、やはり非成虫越冬昆虫のコバネイナゴが生き残っていることが確認できたため2日の閉幕宣言は見合わせ、3日(つまり今日)の捜索に一縷の望みを託すことにしました(いささか大げさですが…)。そして3日午後1時頃、いつもの場所に、1頭だけながらヒメアカネ・オスが元気な姿を見せてくれました。ということで、2020年のトンボ・シーズンはもう少し続けられることになりました。

  0W9A4083コバネイナゴ2021・1・2トンボ王国 0W9A4159ヒメアカネ♂2021・1・3トンボ王国 0W9A4174ヒメアカネ♂2021・1・3トンボ王国
  2日のコバネイナゴ    3日のヒメアカネ♂(同一個体)
  
 続くと言えば、イノシシとの「イタチごっご」も相変わらず。補強が進む2ヶ所の湿地保護区侵入が難しくなったためか、それともエサを食べつくしたためか、今度は防獣ネットを破って谷中央部の湿地保護区を荒らすようになりました。元日早々からの修繕作業、やれやれと思っていたら、別の場所から侵入され2日も同じ作業を強いられました。実は本日3日もやられていました。

  0W9A4075イノシシ荒らし&修復2021・1・1トンボ王国中央 0W9A4077イノシシ荒らし&修復2021・1・1トンボ王国中央 0W9A4080イノシシ荒らし2021・1・2トンボ王国中央
      元旦の被害状況と修繕後      2日の被害状況

 ハナショウブ池もイノシシによる土手の掘り返しで、数ヶ所から漏水しています。おまけに、漏水が流れ込む池田川の土手もボコボコにされており、先ずはこれを修復しないと漏水箇所が見つかりません。その作業をしていると、潜んでいたフナやドンコなどが驚いて飛び出してきます。すると、数メートル先の、正に目が合う距離でこれを狙うダイサギが一羽。「ひょっと」と思い、いつも持ち歩いている灰色のバケツにカワムツを入れて近くに置いてみたところ、やっぱり昨年の作業中にすっかり人馴れした、あのダイサギでした。今日はヒメアカネ健在のおめでたい?日だったので、小形のアメリカザリガニを10匹ほどごちそうしてやりました。

  0W9A3596イノシシ荒らし2020・12・25トンボ王国池田川 0W9A3735池田川リフォーム2020・12・26トンボ王国 0W9A3795池田川リフォーム2020・12・28トンボ王国
  池田川の被害状況        土手の修繕作業中

  0W9A3761ダイサギ採餌2020・12・27トンボ王国池田川 0W9A3948ダイサギ餌付け2020・12・30トンボ王国 0W9A3949ダイサギ餌付け2020・12・30トンボ王国
 近くにやってきたダイサギ    バケツの魚を頂く

画像はすべてクリックすると拡大します。



by 杉村光俊  at 17:46 |  トンボ王国最新情報 |  comment (0)  |   |  page top ↑
イベント情報・お知らせ
トンボ王国のホームページはこちらからどうぞ
www.gakuyukan.com/

催しのお知らせ

〇トンボ王国四季写真展

内容:2022年11月から2023年11月にかけて、トンボ王国内で撮影された動植物や風景などを、A-3サイズ64点で紹介。
期間:2023年12月1日(金)~2024年4月7日(日)
場所:四万十川学遊館あきついお多目的ホール(とんぼ館ロビー)
入場:無料。ただし、四万十川学遊館あきついおの入館料が必要。

飛翔するトンボ写真展

内容:羽化後の初飛行、オスのなわばり飛翔、飛翔産卵など、様々な目的を持って水辺を飛び交うトンボたちの決定的瞬間をA-3サイズの写真64点で紹介。
期間:2023年4月27日(土)~9月1(日)まで
場所:四万十川学遊館あきついお多目的ホール(とんぼ館ロビー)
入場:無料。ただし四万十川学遊館あきついおの入館料が必要

魚釣りゲーム】 内容:制限時間内に紙製魚カードを釣り上げ、その点数で競います。
期間:2024年4月28日(日)と5月4日(土祝)。両日とも11:00~11:30と14:00~14:30の2回開催
場所:四万十川学遊館あきついお・さかな館コミュニティ広場
対象:4歳~小学生
定員:1回先着10名(予約可)賞品と参加賞あり
参加費:無料。ただし、四万十川学遊館あきついお入館料が必要

トンボ王国オリジナル組み合わせパズル
内容:トンボ王国で見られる花・高知県のトンボ・四万十川の魚の3種類のパズルを、それぞれ制限時間内に完成できた数の合計で競います。
期間:2024年5月5日(日祝)。11:00~・11:30~・14:00~・14:30の~4回開催
場所:四万十川学遊館あきついお・とんぼ館多目的室
対象:4歳~小学生
定員:1回先着10名(予約可)賞品と参加賞あり
参加費:無料。ただし、四万十川学遊館あきついお入館料が必要

〇トンボ王国クイズ

内容:展示室を楽しく見学してもらうための3択10問クイズ。春編、夏編、秋編、冬編、があります。
特典:それぞれ全問正解者10名に(多数の場合は抽選)、トンボ王国グッズ詰め合わせをお送りしています。
対象:「四万十川学遊館あきついお」有料入館者。

毎日イベント・ビーズトンボ携帯ストラップ作り&四万十川の蛇紋岩みがき
内容:ビーズで作るトンボ・アクセサリーの携帯ストラップ版(簡素化したデザインで、所要時間約30分)と、磨くほどに輝きを増す四万十川の蛇紋岩みがき(所要時間約30分)。

カテゴリー
検索フォーム
リンク
このブログをリンクに追加する
プロフィール

杉村光俊

Author:杉村光俊
1955年高知県中村市(現四万十市)に生まれる。
1985年(社)トンボと自然を考える会常務理事
日本蜻蛉学会会員
トンボ生態写真家

最近の記事
月別アーカイブ
最近のコメント
RSSフィード