FC2ブログ

夏のトンボ躍動

 夏至が近付き、ハンゲショウが色付いたトンボ王国。

  239A3562ハンゲショウ2020・6・15トンボ王国 239A3687アガパンサス2020・6・16トンボ王国 239A2568ヘイケボタル2020・6・10トンボ王国
   ハンゲショウ    アガパンサス    ヘイケボタル

 春のトンボはほぼ姿を消し、初夏のトンボたちがラスト・スパート、早くも真夏から秋にかけて活動するトンボたちの羽化が始まっています。

  239A2723キイロサナエ間歇打水産卵2020・6・10トンボ王国 239A2731キイロサナエ間歇打水産卵2020・6・10トンボ王国 239A3018ウチワヤンマ産卵2020・6・12トンボ王国
      キイロサナエ間歇打水産卵     ウチワヤンマ産卵

  239A1619オオヤマトンボ♂探雌パトロール飛翔2020・6・6トンボ王国 239A1588コフキヒメイトトンボ♂なわばり争い2020・6・6トンボ王国 239A3108コフキヒメイトトンボ交尾2020・6・12トンボ王国
オオヤマトンボ♂探雌飛翔  コフキヒメイトトンボ♂争い&交尾

  239A2270キイトトンボ未成熟♀&ハンゲショウ2020・6・8トンボ王国 239A2332キイトトンボ連結産卵2020・6・9トンボ王国 239A2108オオイトトンボ単独産卵2020・6・8トンボ王国
 キイトトンボ未成熟♀  同 連結産卵  オオイトトンボ単独産卵

  239A2101アジアイトトンボ産卵2020・6・8トンボ王国 239A3224コフキトンボ♂捕食2020・6・13トンボ王国 239A2066クロイトトンボ単独産卵(♂捕殺)2020・6・7トンボ王国
 アジアイトトンボ産卵 コフキトンボ♂捕食 クロイトトンボ単独産卵

  239A3202ホソミイトトンボ夏期型未成熟♂2020・6・13トンボ王国中央 239A3678アキアカネ♂羽化2020・6・16トンボ王国中央 239A2964マルタンヤンマ羽化殻2020・6・12トンボ王国右手湿地保護区
ホソミイト夏期型未成熟♂ アキアカネ♂羽化 マルタンヤンマ羽化殻  

 今はトンボ愛好家垂涎の的と言われるミナミヤンマ・シーズン。濃条翅型から、無条翅型まで、高知県中で優雅な舞が見られます。

  239A1829ミナミヤンマ濃条翅型未成熟♀摂食飛翔2020・6・7土佐清水市足摺半島 239A3878ミナミヤンマ無条翅型未成熟♀摂食飛翔2020・6・17土佐市 239A3881ミナミヤンマ無条翅型半休止成熟♀摂食飛翔2020・6・17土佐市
 ミナミヤンマ濃条翅♀    同 無条翅♀摂食飛翔&休止

 ただ、四国西南部では、温暖化に象徴される気候変動や過疎化に伴う里山の荒廃などから多くの生息地で激減、足摺半島ではアナグマを見つける方が楽なくらいです。ミナミヤンマが見つからない日には、仕方なく?シコクトゲオやヒメサナエに遊んでもらっています。

   239A1811アナグマ2020・6・7土佐清水市足摺半島大戸~松尾間足摺スカイライン 239A1477シコクトゲオトンボ移精2020・6・5四万十市大名鹿 239A3039ヒメサナエ♂2020・6・12黒潮町
    アナグマ    シコクトゲオトンボ移精  ヒメサナエ♂

画像はすべて、クリックすると拡大します。



  

by 杉村光俊  at 13:48 |  トンボ王国最新情報 |  comment (0)  |   |  page top ↑
イベント情報・お知らせ
トンボ王国のホームページはこちらからどうぞ
www.gakuyukan.com/

お知らせ

毎日イベント・ビーズトンボ携帯ストラップ作り&四万十川の蛇紋岩みがき
内容:ビーズで作るトンボ・アクセサリーの携帯ストラップ版(簡素化したデザインで、所要時間約30分)と、磨くほどに輝きを増す四万十川の蛇紋岩みがき(所要時間約30分)。

『中国・四国のトンボ図鑑』 割引頒布について
トンボと自然を考える会の会員の方を対象に割引頒布を実施させて頂いております。
税込み価格3,675円のところ、あきついお四万十川学遊館・売店コーナーでは税込み価格3,150円でお分けさせて頂きます(ご購入の際には、必ず会員証をご提示下さい)。
また、宅配を希望される方は、税・送料込み3,400円とさせて頂きたく、必要額を本会郵便口座(01630-5-35218)にお振込み下さい。1週間ほどでお届けできます。

「ネーチャーフォト研究会」メンバー募集中
トンボと自然を考える会会員、または四万十川学遊館年間パスポート所有者を対象として、トンボ自然公園内で見られるトンボや花などの撮影案内、作品展示会(年1~2回)、研究会会員の撮影技術向上と親睦を深めることを目的とした勉強会等を行います。
撮影されたい動植物の時期や場所の問い合わせへの対応、撮影時のコツ等を職員がアドバイスさせていただきますので、多くの方々のご参加をお待ちしています。
お問い合わせは、トンボと自然を考える会事務局。

カテゴリー
検索フォーム
リンク
このブログをリンクに追加する
プロフィール

杉村光俊

Author:杉村光俊
1955年高知県中村市(現四万十市)に生まれる。
1985年(社)トンボと自然を考える会常務理事
日本蜻蛉学会会員
トンボ生態写真家

最近の記事
月別アーカイブ
最近のコメント
RSSフィード