FC2ブログ

レコード続出

 ソメイヨシノよりスイレンの方が早く咲いてしまったトンボ王国。その他の花々も咲き順がおかしい気がします。花に集まる昆虫たちも何となく落ち着かないようです。

  239A0630あきついお前庭2020・3・23 239A0495メジロ吸蜜&サトザクラ2020・3・22トンボ王国あきついお前庭 239A9689シデコブシ2020・3・15トンボ王国
     玄関前のサトザクラ&メジロ     シデコブシ

  239A9586マンカラ・ウボン2020・3・13トンボ王国    239A0364カキツバタ2020・3・22トンボ王国   239A0367セイヨウシャクナゲ2020・3・22トンボ王国
  マンカラ・ウボン     カキツバタ   セイヨウシャクナゲ

  239A0365フジツツジ2020・3・22トンボ王国 239A9338キタキチョウ吸蜜&フジツツジ2020・3・11トンボ王国隣地 239A0693オンツツジ2020・3・23
     フジツツジ&キタキチョウ吸蜜    オンツツジ

  239A0342ウマノアシガタ2020・3・22トンボ王国 239A0721アリアケスミレ2020・3・23 239A9696ツマキチョウ吸蜜&タネツケバナ2020・3・15トンボ王国ロウ
   ウマノアシガタ   アリアケスミレ  ツマキチョウ♂吸蜜

  239A0253発祥の地2020・3・19トンボ王国 239A9985ビロードツリアブ交尾2020・3・17トンボ王国隣地(中央) 239A9499ニホンキジ2020・3・12トンボ王国
 発祥の池のヤマザクラ ビロードツリアブ交尾  ニホンキジ

 整備作業は、何とかトンボ・シーズンが始まるまでにスイレン抜きを終え、増水やイノシシ被害などで凸凹になってしまった観察道の砂利入れ作業も、もう一息といったところ。

  239A9613観察道砂利入れ2020・3・14トンボ王国 239A9637観察道砂利入れ2020・3・14トンボ王国 239A0380観察道砂利敷き2020・3・22トンボ王国
             観察道の砂利入れ
   
 駐車場前水路のタベサナエは400頭以上も羽化し、シオヤトンボは生殖活動が始まりました。本谷奥の湿地保護区では越冬イトトンボの生殖活動が本番を迎えています。

  239A9656タベサナエ羽化中♀2020・3・15トンボ王国 239A0351アジアイトトンボ未成熟♂捕食2020・3・22トンボ王国 239A0710シオヤトンボ交尾2020・3・23
 タベサナエ♀羽化 アジアイトトンボ未成熟♂捕食 シオヤトンボ交尾

  239A0425ホソミオツネントンボほか生息地2020・3・22トンボ王国本谷奥湿地保護区 239A0428ホソミオツネントンボ♂2020・3・22トンボ王国本谷奥湿地保護区 239A0418ホソミオツネントンボ連結産卵2020・3・22トンボ王国本谷奥湿地保護区
   本谷奥湿保護区  ホソミオツネントンボ♂  同 連結産卵
  
超暖冬の影響でタベサナエとシオヤトンボが2月から羽化を始めてしまったトンボ王国。渓流のトンボも同じで、ムカシトンボが3月13日から、ヒメクロサナエが3月18日から、クロサナエが3月23日から羽化を始めました。全て、全国の初見レコード更新です。この調子だと、ゴールデンウイークには春のトンボが見られなくなっているかもしれません。この先、どうなるのでしょうか…

  239A0466ムカシトンボ♂羽化(ほぼ終了排水)2020・3・22三原村江ノ谷 239A0211ムカシトンボ♀羽化(ほぼ完了)2020・3・18三原村江ノ谷 239A0204ムカシトンボ♂羽化(処女飛行)2020・3・18三原村江ノ谷
  ムカシトンボ♂羽化  同 ♀羽化      同 ♂処女飛行

  239A0129ヒメクロサナエ羽化直後♂2020・3・18三原村江ノ谷 239A0643クロサナエ♂羽化2020・3・23 239A0150ホソミイトトンボほぼ成熟♀2020・3・18三原村江ノ谷
  ヒメクロサナエ♂羽化 クロサナエ♂羽化 ホソミイトトンボ越冬型♀

画像はすべて、クリックすると拡大します。







  
by 杉村光俊  at 19:34 |  トンボ王国最新情報 |  comment (0)  |   |  page top ↑

タベサナエ羽化最盛

 2月26日という、観察史上最早で羽化が始まったトンボ王国のタベサナエ。9日には30頭以上が羽化するなど、駐車場前水路だけで10日までに80頭ほどが水辺を後にしています。一方、タベサナエから1日遅れの2月27日に2メスが羽化したシオヤトンボは後続が確認できず、3月8日になってようやく3頭目の羽化が確認できました。またメスでした。
 
  239A8565タベサナエ♂羽化連続(排水)2020・3・2トンボ王国・駐車場前水路 239A8495タベサナエ2♂羽化2020・3・2トンボ王国・駐車場前水路 239A8943シオヤトンボ♀羽化2020・3・8トンボ王国駐車場前水路
        タベサナエ♂羽化       シオヤトンボ♀羽化

  239A8992タベサナエ♀羽化連続(裂開)2020・3・9トンボ王国駐車場前水路 239A9004タベサナエ♀羽化連続(肢引き抜き)2020・3・9トンボ王国駐車場前水路 239A9019タベサナエ♀羽化連続(休止)2020・3・9トンボ王国駐車場前水路
タベサナエ♀羽化連続 裂開 肢(あし)引き抜き   休止

  239A9026タベサナエ♀羽化連続(腹部抜出)2020・3・9トンボ王国駐車場前水路ロウ 239A9042タベサナエ♀羽化連続(翅伸張)2020・3・9トンボ王国駐車場前水路 239A9085タベサナエ♀羽化連続(排水)2020・3・9トンボ王国駐車場前水路
   腹部抜出      翅(はね)伸張    排水

 ハクモクレンの花はすでに散り、フジツツジやシハイスミレが見頃、セイヨウシャクナゲの開花が始まるなど、トンボ王国一帯は春色に包まれてきました。

  239A8592右手湿地保護区2010・3・2トンボ王国 239A8961シハイスミレ2020・3・8トンボ王国右手湿地保護区 239A8949セイヨウシャクナゲ2020・3・8トンボ王国
   フジツツジ     シハイスミレ   セイヨウシャクナゲ  

 肝心の整備作業は遅れに遅れていて、ようやくスイレン抜きが一段落、多目的広場の通称ジャブ池で大繁殖していたホテイアオイの大変を除去、目下、カキツバタ池に侵入したマココモ抜きに文字通り汗を流しています。これが終わると、観察道への砂利入れ、ハナショウブの芽踏み付け防止の柵作りなどが待っています。

  239A8872スイレン抜き2020・3・6トンボ王国最奥ピンク・スイレン池 239A8936ホテイアオイ除去2020・3・7トンボ王国多目的広場 239A9135マコモ抜き2020・3・9トンボ王国カキツバタ池
  最奥のスイレン池   ジャブ池      カキツバタ池
  
 トンボのほかの生きものも元気です。

  239A8964ビロードツリアブ2020・3・8トンボ王国右手湿地保護区 239A8746ヒヨドリ2020・3・4トンボ王国 239A8875ダイサギ採餌2020・3・6トンボ王国
   ビロードツリアブ  ヒヨドリ      ダイサギ

画像はすべて、クリックすると拡大します。




by 杉村光俊  at 13:09 |  トンボ王国最新情報 |  comment (0)  |   |  page top ↑
イベント情報・お知らせ
トンボ王国のホームページはこちらからどうぞ
www.gakuyukan.com/

お知らせ

トンボ王国に憩うレッドリスト生物写真展
期間:~2020年9月30日(水)
場所:四万十川学遊館あきついお・とんぼ館ロビー
内容:トンボ王国で見られる、または記録されている高知県版絶滅危惧生物64種をA-3パネルで紹介。
*本来はゴールデンウイーク期間中の特別展でしたが、同期間は新型コロナウイルス蔓延防止のために臨時休館を余儀なくされたことから、展示期間を延長しています。

その他

毎日イベント・ビーズトンボ携帯ストラップ作り&四万十川の蛇紋岩みがき
内容:ビーズで作るトンボ・アクセサリーの携帯ストラップ版(簡素化したデザインで、所要時間約30分)と、磨くほどに輝きを増す四万十川の蛇紋岩みがき(所要時間約30分)。

『中国・四国のトンボ図鑑』 割引頒布について
トンボと自然を考える会の会員の方を対象に割引頒布を実施させて頂いております。
税込み価格3,675円のところ、あきついお四万十川学遊館・売店コーナーでは税込み価格3,150円でお分けさせて頂きます(ご購入の際には、必ず会員証をご提示下さい)。
また、宅配を希望される方は、税・送料込み3,400円とさせて頂きたく、必要額を本会郵便口座(01630-5-35218)にお振込み下さい。1週間ほどでお届けできます。

「ネーチャーフォト研究会」メンバー募集中
トンボと自然を考える会会員、または四万十川学遊館年間パスポート所有者を対象として、トンボ自然公園内で見られるトンボや花などの撮影案内、作品展示会(年1~2回)、研究会会員の撮影技術向上と親睦を深めることを目的とした勉強会等を行います。
撮影されたい動植物の時期や場所の問い合わせへの対応、撮影時のコツ等を職員がアドバイスさせていただきますので、多くの方々のご参加をお待ちしています。
お問い合わせは、トンボと自然を考える会事務局。

カテゴリー
検索フォーム
リンク
このブログをリンクに追加する
プロフィール

杉村光俊

Author:杉村光俊
1955年高知県中村市(現四万十市)に生まれる。
1985年(社)トンボと自然を考える会常務理事
日本蜻蛉学会会員
トンボ生態写真家

最近の記事
月別アーカイブ
最近のコメント
RSSフィード