FC2ブログ

大忙し

 トンボ・シーズンが本格化、体がいくつあっても足りません。ただ、最近は「どこに行ってもトンボに出会えるから」ということではなく、「あの場所にまだトンボが残っているのか」ということを確認するために動き回っているというのが実情です。

 さてトンボ王国では、春のトンボの活動が終息に近づいている中、初夏のトンボが目立ってきました。サラサヤンマがそこいら中を飛び交い、モートンイトトンボの産卵も始まっています。

   239A9246タベサナエ♂2019・5・8トンボ王国ロウ   239A9014シオヤトンボ♂&エスカボークル2019・5・7トンボ王国   239A9032シオヤトンボ産卵2019・5・7トンボ王国
    タベサナエ♂        シオヤトンボ♂       同 産卵

239A0186クロイトトンボ連結産卵&ヒメコウホネ2019・5・15トンボ王国 239A9047サラサヤンマ♂なわばり飛翔2019・5・7トンボ王国 239A8959モートンイトトンボ交尾2019・5・7トンボ王国白ヶ谷 239A0332モートンイトトンボ産卵2019・5・16トンボ王国
クロイトトンボ連結産卵 サラサヤンマ♂    モートンイトトンボ交尾&産卵

   239A9000アサヒナカワトンボ橙色翅2019・5・7トンボ王国本谷  239A9241オオイトトンボ♀捕殺(クモ)2019・5・8トンボ王国  239A9770ハナショウブ2019・5・12トンボ王国
アサヒナカワトンボ橙色翅型♂ オオイトトンボ♀捕殺  ハナショウブ

   239A0714コガクウツギ2019・5・19トンボ王国  239A0712モノサシトンボ未成熟♀&コガクウツギ2019・5・19トンボ王国  239A0175ジュウシチホシハナムグリ&ズイナ2019・5・15トンボ王国
    コガクウツギ    モノサシトンボ未成熟♀ ジュウシチホシハナムグリ

   239A9982キムネクマバチ&ハコネウツギ2019・5・13トンボ王国  239A9794ミカドアゲハ・パトロール飛翔2019・5・12トンボ王国  239A0702サカワサイシン2019・5・19トンボ王国
    キムネクマバチ      ミカドアゲハ       サカワサイシン

 近年、ウナギやアオノリなど水産資源の減少が懸念されている四万十川ですが、佐田の沈下橋付近では、まだヒメサナエの羽化が多く見られました。とりあえずは「清流」を維持していると言えるでしょう。

   239A9621ヒメサナエ♂羽化連続(腹部抜出)2019・5・12四万十市佐田今成四万十川  239A9675ヒメサナエ♂羽化連続(排水)2019・5・12四万十市佐田今成四万十川  239A9730ヒメサナエ♂羽化連続(完了)2019・5・12四万十市佐田今成四万十川
           ヒメサナエ♂羽化:腹部抜き出し~排水~完了

 近くの清流では、他県で激減しているアオサナエが成熟して戻ってきました。

   239A0233アオサナエ♂2019・5・16四万十市口鴨川  239A0232アオサナエ♂2019・5・16四万十市口鴨川  239A0236アオサナエ生息地2019・5・16四万十市口鴨川
             アオサナエ♂             生息環境

 昨夏、大洪水に見舞われた支流も含め、四万十川中流域のグンバイトンボは今年も健在です。

239A9909グンバイトンボ3ペア連結産卵2019・5・13四万十町大正大奈路中ノ島 239A9923グンバイトンボ連結半潜水産卵2019・5・13四万十町大正 239A9867トサシモツケ2019・5・13四万十町大正 239A9866グンバイトンボほか生息地2019・5・13四万十町大正
グンバイトンボ連結産卵3ペア 同 半潜水産卵 トサシモツケ 生息環境
   
 17日、行きつけの川ではキイロヤマはおろか、ホンサナエもアオサナエにも出合えなくなった香川県に、高知県には分布していないニホンカワトンボを見に行ってきました。ある事情からか、昨シーズンとは比べようもないほど数少なくなっていましたが、なんとか一通りの活動を確認することができました。

239A0417ニホンカワトンボ無色翅♂交尾2019・5・17香川県綾歌郡綾川町 239A0476ニホンカワトンボ無色翅♀産卵2019・5・17香川県綾歌郡綾川町 239A0486アサヒナカワトンボ橙色翅型♂vsニホンカワトンボ橙色翅♂なわばり争い2019・5・17香川県綾歌郡綾川町 239A0449アサヒナカワトンボ橙色翅型♂×ニホンカワトンボ無色翅♀交尾2019・5・17香川県綾歌郡綾川町
ニホンカワ無色翅♂交尾 同 産卵 ニホンカワVS.アサヒナカワ 異種間交尾

 トンボなど、水生昆虫一番のお仕事は、放っておけば汚濁物質に変化してしまう水中の有機物を体内に取り込んで水の外に運び出すこと。そのお陰で、動物としてはひ弱な人類が飲み水や灌漑用として利用できる「きれいな水」が維持されているわけですが、中山間地の疲弊に伴う水域の汚濁や開発行為に伴う埋め立て、さらには新型農薬(殺虫剤)の影響等で水生昆虫が全くと言ってもいいほど見られなくなった水辺は枚挙に暇がありません。
最も気がかりなことは、大半の人達がそのことに関心を向けていないことです。

画像はすべて、クリックすると拡大します。
by 杉村光俊  at 18:43 |  トンボ王国最新情報 |  comment (0)  |   |  page top ↑

サラサヤンマ大量羽化

 史上初のGW10連休も早や終焉。ヒトツバタゴの花も散りました。この間、漫画家のやくみつるさんの四万十市観光大使就任式が開催されるなど(フェイスブック参照)、トンボ王国も少し賑わいました。

239A7660ヒトツバタゴ2019・4・26トンボ王国 239A7825ヒトツバタゴ2019・4・28トンボ王国 239A7832池田川2019・4・28トンボ王国 239A8519カキツバタ池2019・5・2トンボ王国
ヒトツバタゴ(なんじゃもんじゃ)4・26~28 池田川4・28 カキツバタ池5・2

 さて今シーズン、今日現在のトンボ王国のトンボ確認種は27種類。とんぼ館裏庭に設置(放置?)している青桶のベニイトトンボを筆頭に、キイロサナエやサラサヤンマなど、初夏のトンボも次々と羽化しています。特にサラサヤンマは、とんぼ館の床下だけで50頭以上羽化していて驚きました。
   239A8828ベニイトトンボ♂羽化2019・5・6トンボ王国  239A8838ベニイトトンボ♂羽化2019・5・6トンボ王国  239A8820ベニイトトンボ♂羽化2019・5・6トンボ王国
           青桶で羽化するベニイトトンボ(すべてオス)

   239A7387キイロサナエ♂羽化連続(休止)2019・4・25トンボ王国  239A7403キイロサナエ♂羽化連続(腹部抜出)2019・4・25トンボ王国  239A7465キイロサナエ♂羽化連続(排水)2019・4・25トンボ王国
        キイロサナエ・オスの羽化(休止~腹部抜き出し)排水)

   239A7373キイロサナエ♀羽化連続(裂開)2019・4・25トンボ王国  239A7410キイロサナエ♀羽化連続(休止)2019・4・25トンボ王国  239A7518キイロサナエ♀羽化連続(完了)2019・4・25トンボ王国
        キイロサナエ・メスの羽化(裂開~休止~完了)

239A8228サラサヤンマ♂A羽化2019・4・30トンボ王国 239A8217サラサヤンマ♂A羽化2019・4・30トンボ王国 239A8591サラサヤンマ♀羽化2019・5・4トンボ王国 239A8027サラサヤンマ♀B羽化2019・4・28トンボ王国
      サラサヤンマ・オスの羽化          同 メスの羽化

イノシシ柵効果でしょうか、モートンイトトンボとヨツボシトンボが少し増加した感じです。コフキヒメイトトンボは、成熟個体も見られるようになっています。

   239A7775モートンイトトンボ保護区2019・4・27トンボ王国白ヶ谷  239A8345モートンイトトンボ♂2019・5・1トンボ王国白ヶ谷  239A8333モートンイトトンボ未成熟♀2019・5・1トンボ王国白ヶ谷
 モートンイトトンボ保護区  モートンイトトンボ・オス   同 未成熟メス

239A8502ヨツボシトンボ♂&カキツバタ2019・5・2トンボ王国 239A7849ヨツボシトンボ♂&ヒメコウホネ2019・4・28トンボ王国 239A8556ハラビロトンボ未成熟♂2019・5・3トンボ王国 239A7352ハラビロトンボ未熟♀2019・4・25トンボ王国
     ヨツボシトンボ・オス  ハラビロトンボ未成熟オス  同 未成熟メス

239A8909コフキヒメイトトンボ未成熟♂2019・5・6トンボ王国 239A8916コフキヒメイトトンボ未成熟♀2019・5・6トンボ王国 239A8906コフキヒメイトトンボ♂2019・5・6トンボ王国 239A8680タベサナエ♂&白花カキツバタ2019・5・5トンボ王国
コフキヒメイトトンボ未成熟オス 同 未成熟メス 同 成熟オス タベサナエ・オス

239A7829タベサナエ産卵2019・4・28トンボ王国 239A8761シオヤトンボ♂2019・5・5トンボ王国 239A7593シオヤトンボ交尾2019・4・25トンボ王国 239A8773コフキトンボ未成熟♂2019・5・5トンボ王国
 タベサナエ産卵    シオヤトンボ・オス   同 交尾 コフキトンボ未成熟オス

239A8764モノサシトンボ未成熟♀2019・5・5トンボ王国 239A8782トラフトンボ♂2019・5・5トンボ王国 239A8810オオイトトンボ青色♀連結産卵2019・5・5トンボ王国 239A7762クロセセリ吸蜜&ノアザミ2019・4・27トンボ王国本谷奥
 モノサシ未成熟メス トラフトンボ・オス オオイト青色メス連結産卵 クロセセリ

 四万十川トンボ池では、多数のホソミイトトンボとホソミオツネントンボが連結産卵を行っている傍らで、アオイトトンボが次々と羽化しています。まだ幼虫もたくさんいるので、この先も適度な降雨に恵まれ、羽化が終わるまで池が干上がらないよう祈るのみです。例年、5月半ばに干上がることが多いので…

239A8458ホソミイトトンボ越冬型3ペア連結産卵2019・5・2四万十市中村四万十町四万十川トンボ池 239A8899ホソミオツネントンボ連結産卵2019・5・6四万十市中村四万十町四万十川トンボ池 239A8881アオイトトンボ未成熟♂2019・5・6四万十市中村四万十町四万十川トンボ池 239A8426アオイトトンボ未成熟♀2019・5・2四万十市中村四万十町四万十川トンボ池
ホソミイト連結産卵 ホソミオツネン連結産卵 アオイト羽化直後オス 同 メス

画像はすべて、クリックすると拡大します。



by 杉村光俊  at 18:27 |  トンボ王国最新情報 |  comment (0)  |   |  page top ↑
イベント情報・お知らせ
トンボ王国のホームページはこちらからどうぞ
www.gakuyukan.com/

お知らせ

トンボ王国に憩うレッドリスト生物写真展
期間:~2020年9月30日(水)
場所:四万十川学遊館あきついお・とんぼ館ロビー
内容:トンボ王国で見られる、または記録されている高知県版絶滅危惧生物64種をA-3パネルで紹介。
*本来はゴールデンウイーク期間中の特別展でしたが、同期間は新型コロナウイルス蔓延防止のために臨時休館を余儀なくされたことから、展示期間を延長しています。

その他

毎日イベント・ビーズトンボ携帯ストラップ作り&四万十川の蛇紋岩みがき
内容:ビーズで作るトンボ・アクセサリーの携帯ストラップ版(簡素化したデザインで、所要時間約30分)と、磨くほどに輝きを増す四万十川の蛇紋岩みがき(所要時間約30分)。

『中国・四国のトンボ図鑑』 割引頒布について
トンボと自然を考える会の会員の方を対象に割引頒布を実施させて頂いております。
税込み価格3,675円のところ、あきついお四万十川学遊館・売店コーナーでは税込み価格3,150円でお分けさせて頂きます(ご購入の際には、必ず会員証をご提示下さい)。
また、宅配を希望される方は、税・送料込み3,400円とさせて頂きたく、必要額を本会郵便口座(01630-5-35218)にお振込み下さい。1週間ほどでお届けできます。

「ネーチャーフォト研究会」メンバー募集中
トンボと自然を考える会会員、または四万十川学遊館年間パスポート所有者を対象として、トンボ自然公園内で見られるトンボや花などの撮影案内、作品展示会(年1~2回)、研究会会員の撮影技術向上と親睦を深めることを目的とした勉強会等を行います。
撮影されたい動植物の時期や場所の問い合わせへの対応、撮影時のコツ等を職員がアドバイスさせていただきますので、多くの方々のご参加をお待ちしています。
お問い合わせは、トンボと自然を考える会事務局。

カテゴリー
検索フォーム
リンク
このブログをリンクに追加する
プロフィール

杉村光俊

Author:杉村光俊
1955年高知県中村市(現四万十市)に生まれる。
1985年(社)トンボと自然を考える会常務理事
日本蜻蛉学会会員
トンボ生態写真家

最近の記事
月別アーカイブ
最近のコメント
RSSフィード