FC2ブログ

晩秋のトンボ撮り

 イチョウの葉が色付いてきたトンボ王国。

239A7622イチョウ2018・11・11トンボ王国あきついお前庭 239A7624イチョウ2018・11・11トンボ王国あきついお前庭 239A6823櫂ノ木2018・11・5トンボ王国 239A7508ツマグロヒョウモン♀&ツワブキ2018・11・10トンボ王国
 イチョウ                櫂ノ木     ツマグロヒョウモン&ツワブキ

 赤トンボ・シーズンも終盤戦です。湿地保護区ではヒメアカネの産卵が佳境を迎えています。まだオスの数が多いためか、単独産卵がほとんど見られません。マユタテアカネの産卵も続いています。

239A7403右手湿地保護区2018・11・9トンボ王国 239A7377ヒメアカネ交尾2018・11・9トンボ王国右手湿地保護区 239A7396ヒメアカネ連結産卵2018・11・9トンボ王国右手湿地保護区 239A7361マユタテアカネ連結産卵2018・11・9トンボ王国右手湿地保護区
 右手湿地保護区    ヒメアカネ交尾     同 連結産卵 マユタテ連結産卵

 イノシシの悪さが目立ち始める中、晴天の昼下がりには各種赤トンボがそこここでハネを休めています。

239A7521アキアカネ♂2018・11・10トンボ王国 239A7503ナツアカネ♂2018・11・10トンボ王国 239A7498マイコアカネ♂2018・11・10トンボ王国 239A6372コノシメトンボ♀2018・11・2トンボ王国
 アキアカネ♂      ナツアカネ♂    マイコアカネ♂ コノシメトンボ♀

   239A7516イチモンジセセリ&コウヤボウキ2018・11・10トンボ王国ロウ  239A7491ダイサギ2018・11・10トンボ王国  239A6675イノシシ荒らし2018・11・4トンボ王国
 イチノンジセセリ&コウヤボウキ  ダイサギ       イノシシ荒らし

 晴天続きで、水位が下がってきた四万十川トンボ池。アキアカネがようやく本来の場所で本格的な産卵を始めました。ただ、ほとんど干上がった水溜りで産卵を続けるカップルもいないではありませんが…

239A7216四万十川トンボ池2018・11・8四万十市中村四万十町四万十川河川敷 239A7110アキアカネ連結産卵2018・11・7四万十市中村四万十町四万十川トンボ池 239A7111アキアカネ連結産卵2018・11・7四万十市中村四万十町四万十川トンボ池 239A7108アキアカネ連結産卵2018・11・7四万十市中村四万十町四万十川河川敷水溜り
 四万十川トンボ池        アキアカネ連結産卵     同 雨後の水溜り

 最下流の四万十川トンボ池では、岸辺の植物が枯れ始めマイコアカネの産卵が見つけやすくなりました。アオイトトンボもまだ頑張っています。

239A7533四万十川トンボ池2018・11・11四万十市鍋島四万十川河川敷 239A7462マイコアカネ♂2018・11・10四万十市鍋島四万十川トンボ池 239A7546マイコアカネ交尾2018・11・11四万十市鍋島四万十川トンボ池 239A7582マイコアカネ連結産卵2018・11・11四万十市鍋島四万十川トンボ池
 四万十川トンボ池   マイコアカネ♂      同 交尾      同 連結産卵

239A7597アオイトトンボ♂2018・11・11四万十市鍋島四万十川トンボ池 239A7587アオモンイトトンボ交尾2018・11・11四万十市鍋島四万十川トンボ池 239A7470リスアカネ♂2018・11・10四万十市鍋島四万十川トンボ池 239A6384アキグミ2018・11・2四万十市鍋島四万十川トンボ池
 アオイトトンボ♂ アオモンイト交尾 リスアカネ交尾    アキグミ

 去る3日、今秋2回目の尾道市周辺のトンボ調査に出かけました。一番の目的はタイリクアカネの確認でしたが、思いがけず多数のキトンボ(オスばかりながら)とオオアオイトトンボの産卵なども見られました。

239A6427タイリクアカネ♂2018・11・3広島県尾道市神田町の池 239A6543タイリクアカネ♂飛翔2018・11・3広島県尾道市神田町の池 239A6555タイリクアカネ交尾2018・11・3広島県尾道市神田町の池 239A6472タイリクアカネ連結産卵2018・11・3広島県尾道市神田町の池
 タイリクアカネ♂     同 ♂探雌飛翔    同 交尾      同 連結産卵

   239A6574キトンボ♂2018・11・3広島県尾道市神田町の池  239A6579マイコアカネ交尾2018・11・3広島県尾道市神田町の池  239A6656オオアオイトトンボ連結産卵2018・11・3広島県尾道市神田町の池
    キトンボ♂         マイコアカネ交尾  オオアオイトトンボ連結産卵

 今月初めまで四万十川でたむろしていたナベヅルたちが、いつもの場所で見られるようになりました。11日にはマナヅル数羽も仲間入りしていました。

   239A6132ナベヅル群れ2018・10・31四万十市山路四万十川  239A6793ナベヅル群れ2018・11・4四万十市森沢  239A7617ナベヅル&マナヅル2018・11・11四万十市森沢
      ナベヅルの群れ10月31日&11月4日    マナヅルも仲間入り

画像はすべて、クリックすると拡大します。

 
by 杉村光俊  at 16:30 |  トンボ王国最新情報 |  comment (0)  |   |  page top ↑
イベント情報・お知らせ
トンボ王国のホームページはこちらからどうぞ
www.gakuyukan.com/

お知らせ

毎日イベント・ビーズトンボ携帯ストラップ作り&四万十川の蛇紋岩みがき
内容:ビーズで作るトンボ・アクセサリーの携帯ストラップ版(簡素化したデザインで、所要時間約30分)と、磨くほどに輝きを増す四万十川の蛇紋岩みがき(所要時間約30分)。

『中国・四国のトンボ図鑑』 割引頒布について
トンボと自然を考える会の会員の方を対象に割引頒布を実施させて頂いております。
税込み価格3,675円のところ、あきついお四万十川学遊館・売店コーナーでは税込み価格3,150円でお分けさせて頂きます(ご購入の際には、必ず会員証をご提示下さい)。
また、宅配を希望される方は、税・送料込み3,400円とさせて頂きたく、必要額を本会郵便口座(01630-5-35218)にお振込み下さい。1週間ほどでお届けできます。

「ネーチャーフォト研究会」メンバー募集中
トンボと自然を考える会会員、または四万十川学遊館年間パスポート所有者を対象として、トンボ自然公園内で見られるトンボや花などの撮影案内、作品展示会(年1~2回)、研究会会員の撮影技術向上と親睦を深めることを目的とした勉強会等を行います。
撮影されたい動植物の時期や場所の問い合わせへの対応、撮影時のコツ等を職員がアドバイスさせていただきますので、多くの方々のご参加をお待ちしています。
お問い合わせは、トンボと自然を考える会事務局。

カテゴリー
検索フォーム
リンク
このブログをリンクに追加する
プロフィール

杉村光俊

Author:杉村光俊
1955年高知県中村市(現四万十市)に生まれる。
1985年(社)トンボと自然を考える会常務理事
日本蜻蛉学会会員
トンボ生態写真家

最近の記事
月別アーカイブ
最近のコメント
RSSフィード