春の昆虫、続々

 早咲きの桜が見頃を迎え、水辺では早くもカキツバタが咲き始めたトンボ王国。
   _Q4A4399あきついお&オオシマザクラ2016・3・24トンボ王国  _Q4A4619オオシマザクラ2016・3・27トンボ王国  _Q4A4597陽光桜2016・3・26トンボ王国
             館前庭の里桜            多目的広場の陽光桜

   _Q4A4490カキツバタ2016・3・24トンボ王国  _Q4A4409セイヨウシャクナゲ2016・3・24トンボ王国  _Q4A4548ヒメハギ&オオジシバリ2016・3・25トンボ王国
    カキツバタ        セイヨウシャクナゲ   ヒメハギ&オオジシバリ

 タベサナエの羽化はトンボ池全域に広がり、シオヤトンボやヨツボシトンボの羽化も始まりました。

   _Q4A4361タベサナエ♀羽化2016・3・23トンボ王国  _Q4A4477アジアイトトンボ未熟♀2016・3・24トンボ王国ロウ  _Q4A4538ヨツボシトンボ羽化直後♀2016・3・25トンボ王国
    タベサナエ♀羽化   アジアイトトンボ未熟♀ ヨツボシトンボ羽化直後♀

   _Q4A4558シオヤトンボ未熟♀2016・3・26トンボ王国  _Q4A4559シオヤトンボ未熟♀2016・3・26トンボ王国  _Q4A4563シオヤトンボ羽化直後♂2016・3・26トンボ王国
     シオヤトンボ未熟♀(右手湿地保護区)      同 羽化直後♂

 ツツジ山下の草原にはオオジシバリやヒメスミレも咲き、コツバメなど、春の昆虫が集まってきます。

   _Q4A4420コツバメ2016・3・24トンボ王国  _Q4A4591コツバメ&モモブトカミキリモドキ&オオジシバリ2016・3・26トンボ王国  _Q4A4481モモブトカミキリモドキ&ヒメスミレ2016・3・24トンボ王国
               コツバメ             モモブトカミキリモドキ

   _Q4A4274ミカドヒメハナバチ&フジツツジ2016・3・22トンボ王国  _Q4A4613キアゲハ&フジツツジ2016・3・27トンボ王国  _Q4A4488ツマキチョウ♂&ゲンゲ2016・3・24トンボ王国    
    ミカドヒメハナバチ     キアゲハ         ツマキチョウ♂

 三原村のムカシトンボの羽化は先の3連休中に終わってしまいました。その最中の20日、全くの想定外だったために、当地方での初見レコードとなる羽化中のヒメクロサナエを踏みつけてしまいました。

   _Q4A3981ムカシトンボ♂羽化連続(休止)2016・3・20三原村江ノ谷  _Q4A3985ムカシトンボ♂羽化連続(腹部引き抜き)2016・3・20三原村江ノ谷  _Q4A4001ムカシトンボ♂羽化連続(翅の伸長)2016・3・20三原村江ノ谷
  ムカシトンボ♂羽化:休止  腹部抜き出し       翅の伸長

   _Q4A4029ムカシトンボ♂羽化連続(腹部の伸長)2016・3・20三原村江ノ谷  _Q4A4019ムカシトンボ♂羽化連続(翅の伸長)2016・3・20三原村江ノ谷  _Q4A4066ムカシトンボ♂羽化連続(排水)2016・3・20三原村江ノ谷
             腹部の伸長              ほぼ完成

   _Q4A4010ヒメクロサナエ♀羽化ミス2016・3・20三原村江ノ谷  _Q4A3970タゴガエル2016・3・20三原村江ノ谷  _Q4A3972タゴガエル2016・3・20三原村江ノ谷
 ヒメクロサナエ羽化中♀(事故)         タゴガエル 

 四万十川トンボ池では、ホソミオツネントンボの産卵も始まっています。

_Q4A4371四万十川トンボ池2016・3・12四万十市中村四万十町四万十川 _Q4A4381ホソミオツネントンボ連結2016・3・12四万十市中村四万十町四万十川トンボ池 _Q4A4379ホソミオツネントンボ移精2016・3・12四万十市中村四万十町四万十川トンボ池 _Q4A4383ホソミオツネントンボ連結産卵2016・3・12四万十市中村四万十町四万十川トンボ池
 四万十川トンボ池    ホソミオツネントンボ連結~移精~連結産卵

 行き付けの磯にも、タカノハダイの幼魚がやってきました。

_Q4A4625タイドプール2016・3・27黒潮町大方浮津 _Q4A4640タカノハダイ2016・3・27黒潮町大方浮津 _Q4A4627ボラ2016・3・27黒潮町大方浮津 _Q4A4632ゴマハゼ2016・3・27黒潮町大方浮津
 黒潮町 浮津      タカノハダイ       ボラ     ゴマハゼ

画像はすべて、クリックすると拡大します。




by 杉村光俊  at 18:10 |  トンボ王国最新情報 |  comment (0)  |   |  page top ↑

タベサナエ羽化本格化

 例年通り、駐車場前水路で始まったタベサナエの羽化。初日こそ出し抜かれたものの、15日と16日は8個体ずつ、17日には15個体の羽化が確認でき、しっかり連続撮影もさせて頂きました。

_Q4A3766タベサナエ羽化場所2016・3・17トンボ王国 _Q4A3785タベサナエ♂羽化中2016・3・17トンボ王国 _Q4A3541タベサナエ♂羽化直後2016・3・15トンボ王国 _Q4A3540タベサナエ♂羽化直後2016・3・15トンボ王国
 駐車場前水路    羽化中のタベサナエ♂  処女飛行後、近くに舞い降りた♂

   _Q4A3577タベサナエ♂羽化連続(定位)2016・3・16トンボ王国  _Q4A3600タベサナエ♂羽化連続(休止)2016・3・16トンボ王国  _Q4A3605タベサナエ♂羽化連続(腹部の抜き出し)2016・3・16トンボ王国
   16日の♂羽化:裂開    休止            腹部抜き出し

   _Q4A3616タベサナエ♂羽化連続2016・3・16トンボ王国  _Q4A3643タベサナエ♂羽化連続(肛門水)2016・3・16トンボ王国  _Q4A3657タベサナエ♂羽化連続(完了)2016・3・16トンボ王国
    翅の伸長          腹部の伸長       完了

   _Q4A3678タベサナエ♀羽化連続(裂開)2016・3・17トンボ王国  _Q4A3705タベサナエ♀羽化連続(腹部抜き出し)2016・3・17トンボ王国  _Q4A3755タベサナエ♀羽化連続(排水)2016・3・17トンボ王国
    17日の♀羽化:裂開   腹部抜き出し       腹部の伸長 

 モクレンに続き、春の花や昆虫も普通に見られるようになってきましたが、スミレの花がいつもより少なく、暖冬の影響で秋から初冬にかけかなり多く開花させてしまったことが影響しているのではないかと、いささか案じられます。

   _Q4A3554ハクモクレン2016・3・15トンボ王国  _Q4A3674スミレ2016・3・16トンボ王国  _Q4A3805シデコブシ2016・3・17トンボ王国
    ハクモクレン        スミレ           シデコブシ

   _Q4A3662ルリシジミ2016・3・16トンボ王国  _Q4A3798ツマグロヒョウモン♀2016・3・17トンボ王国  _Q4A3828ビロードツリアブ交尾2016・3・17トンボ王国
    ルリシジミ        ツマグロヒョウモン(♀) ビロードツリアブ(交尾)

 念のため、確認に出かけた三原村のムカシトンボは、まだ幼虫の姿でした。もちろん、陸上生活は始めていましたが。

   _Q4A3552ムカシトンボ終齢幼虫上陸場所2016・3・15三原村江ノ谷  _Q4A3822ムカシトンボ上陸終齢幼虫2016・3  _Q4A3814ムカシトンボ上陸終齢幼虫2016・3
    ムカシトンボ羽化場所          羽化前終齢幼虫

画像はすべて、クリックすると拡大します。



   
by 杉村光俊  at 17:19 |  トンボ王国最新情報 |  comment (0)  |   |  page top ↑

シーズン開幕

 3月12日、今年のトンボシーズンが開幕したようです。と言いますのは、13日午後になって、いつもの駐車場前水路で、間違いなく前日の午後に羽化したと考えられる羽化殻2個を見つけたからです。このところ肌寒い日が続いていましたが、一応3月に入ってからはずっとお昼前後にチェックを続けていました。12日は夕刻からの特別イベントの準備で午後1時過ぎからのチェックができなかったものの、1時前にのぞいた時点ではその気配がなかったので、多分気温が上がった2時から3時ごろにかけて羽化したものと推察されます。早い話、出し抜かれたわけです。8日のチェックでは、メダカの色変わり個体を見つけていましたが…

   _Q4A3432タベサナエ羽化場所2016・3・13トンボ王国駐車場前水路ロウ  _Q4A3425タベサナエ羽化殻2016・3・13トンボ王国  _Q4A3341ヒメダカ2016・3・8トンボ王国
    駐車場前水路      タベサナエ羽化殻     ヒメダカ?

 気がつけば、園内には当たり前に春の花が咲きそろっていて、湿地保護区奥の陽だまりではビロードツリアブも飛び始めました。園芸スイレンも咲き始めていますが、これはいささか早過ぎるようです。

_Q4A3442ハクモクレン2016・3・13トンボ王国 _Q4A3355ハクモクレン2016・3・10トンボ王国 _Q4A3366シデコブシ2016・3・11トンボ王国 _Q4A3381スミレ2016・3・11トンボ王国
    散り始めたハクモクレン    シデコブシ       スミレ

_Q4A3369ゲンゲ2016・3・11トンボ王国 _Q4A3371キランソウ2016・3・11トンボ王国 _Q4A3327シハイスミレ2016・3・8トンボ王国 _Q4A3378ミツマタ2016・3・11トンボ王国
 ゲンゲ          キランソウ        シハイスミレ      ミツマタ

   _Q4A3348右湿地保護区2016・3・10トンボ王国  _Q4A3335ビロードツリアブ2016・3・8トンボ王国  _Q4A3351マンカラ・ウボン2016・3・10トンボ王国右湿地保護区
    右湿地保護区       ビロードツリアブ     マンカラ・ウボン

 昨年、イノシシ被害に遭ったカノコユリも新芽が伸びてきました。今回は竹の柵で囲ってみましたが、どうなることやら。

   _Q4A3434カノコユリ新芽&セントウソウ2016・3・13トンボ王国駐  _Q4A3436カノコユリ&セントウソウ生育地2016・3・13トンボ王国駐  _Q4A3435カノコユリ&セントウソウ生育地2016・3・13トンボ王国駐
    カノコユリ新芽                 竹囲い   

 ハナショウブ池では、老朽化して通行不可になっていた丸木橋が新しくなり、ダイサギが連日漁に励んでいます。

   _Q4A3352丸木橋修繕2016・3・10トンボ王国  _Q4A3400ダイサギ2016・3・12トンボ王国  _Q4A3410ダイサギ2016・3・12トンボ王国
    新しくなった丸木橋       川魚漁に余念がないダイサギ

 三原村のムカシトンボポイントでも、越冬イトトンボが大分色付いてきました。

   _Q4A3291ホソミオツネントンボ♂2016・3・7三原村江ノ谷  _Q4A3314ホソミオツネントンボ♀クリーニング2016・3・7三原村江ノ谷  _Q4A3298ホソミイトトンボ♀捕食2016・3・7三原村江ノ谷
   ホソミオツネントンボ♂  同 ♀クリーニング ホソミイトトンボ越冬型♀捕食

画像はすべて、クリックすると拡大します。

by 杉村光俊  at 17:38 |  トンボ王国最新情報 |  comment (0)  |   |  page top ↑

シーズン開幕間近

 3月に入っても積雪が見られるなど、寒暖の差が激しい日々が続いています。
スイレン抜き作業は、何とか2月中に2個のピンク・スイレン池が片付き、3日までに2個目の白スイレン池も完了、3個目の白スイレン池の作業に取り掛かっていますが、これが終わっても要作業スイレン池は4個残っている上に、もう終わっていなければならないハナショウブの刈り取りと柵作りも手付かずで、トンボシーズン開幕までの全作業完了は、ほとんど絶望的状況です。思えば、まだ周辺の水田が耕作されていた頃には、スイレンも今ほどの繁殖力は感じられず、今は勝手に入ってきた白スイレンとヒシしか生育しなくなった3個目の白スイレン池は、ミズオオバコが繁茂しコオイムシが泳いでいました。稲だけでなく、ホシクサ類やトンボ、カエルや魚類も育てる水田の環境浄化力を思い知らされています。この機能を経済的に評価できる仕組みができれば「TTP何するものぞ」なのですが。
   _Q4A3102深ピンク・スイレン池作業完了2016・2・27  _Q4A3166大ちゃん池スイレン抜き作業ほぼ終了2016・3・2トンボ王国  _Q4A3167第4白スイレン池スイレン抜き作業中2016・3・2トンボ王国
一番深いピンクスイレン池  一番広いピンクスイレン池 2個目の白スイレン池 

タベサナエの羽化はまだですが、成虫越冬したホソミイトトンボが活動を始めました。3日は谷奥と右湿地保護区の林縁で、それぞれ1~2頭の♂が見られました。

   _Q4A3205ホソミイトトンボ越冬型生息地2016・3・3トンボ王国右湿地保護区奥  _Q4A3195ホソミイトトンボ越冬型半成熟♂2016・3・3トンボ王国本谷奥  _Q4A3204ホソミイトトンボ越冬型生息地2016・3・3トンボ王国右湿地保護区奥
  右湿地保護区林縁 ホソミイトトンボ越冬型♂(本谷奥) 同(右湿地保護区)
   
 春の花も次々開花していますが、モクレンは今年も開花が始まった途端、寒波に見舞われ残念なことに。

_Q4A3082ツクシ2016・2・27トンボ王国 _Q4A3213モクレン2016・3・4トンボ王国 _Q4A3215モクレン2016・3・4トンボ王国 _Q4A3212キヌヤナギ2016・3・3トンボ王国
 スギナ(ツクシ)            残念な白モクレン         キヌヤナギ

 駐車場周辺に自生しているセイヨウアブラナに、昨年は1回しかお目にかかれなかったニホンミツバチが複数やってきました。

   _Q4A3170ニホンミツバチ&セイヨウアブラナ2016・3・2トンボ王国  _Q4A3206オオハナアブ&アセビアセビ2016・3・3トンボ王国  _Q4A3061ハシボソガラス2016・2・26トンボ王国
    ニホンミツバチ      オオハナアブ       ハシボソガラス

 そこで、昨年激減が認められた四万十川の「菜の花会場」に行ってきました。何と、今年は菜の花そのものが激減していて、お陰で点在する菜の花群落で複数のミツバチを見ることができましたが、決して復活の兆しが現れたとは言い難いようです。

   _Q4A3173菜の花まつり会場2016・3・3四万十市入田四万十川ロウ  _Q4A3172菜の花まつり会場2016・3・3四万十市入田四万十川  _Q4A3189ニホンミツバチ&セイヨウアブラナ2016・3・3四万十市入田四万十川菜の花まつり会場
  四万十市入田四万十川河川敷のセイヨウアブラナ  +ニホンミツバチ

画像はすべて、クリックすると拡大します。



by 杉村光俊  at 11:06 |  トンボ王国最新情報 |  comment (0)  |   |  page top ↑
イベント情報・お知らせ
トンボ王国のホームページはこちらからどうぞ
www.gakuyukan.com/

催しのご案内

第31回全日本トンボフォトコンテスト作品募集のお知らせ
閉め切り
平成29年9月30日(土)消印有効
募集要項
応募点数:1人5点まで(未発表作品に限ります)
生態部門:4切り(ワイド4切りまたはA3サイズ可)
金賞1点(賞金2万円、盾、賞状、賞品としてビーズリアルトンボセット〈特大〉ほか)
銀賞2点(賞金1万円、盾、賞状、賞品としてビーズリアルトンボセット〈中〉ほか)
銅賞5点(賞状、賞品としてビーズリアルトンボセット〈小〉ほか)
努力賞50点(賞品としてフォトコンテスト絵葉書ほか)
力だめし部門:キャビネ (2L またはA4サイズ可)
金賞1点(賞金5千円、盾、賞状、賞品としてビーズリアルトンボセット〈中〉ほか)
銀賞3点(賞品としてビーズトンボ・ギンヤンマ)
努力賞50点(賞品としてフォトコンテスト絵葉書ほか)
トンボ王国特別賞3点(盾、賞状、賞品としてビーズリアルトンボセット〈小〉ほか)
*展示作品58点(生体部門のみ)の中から入場者の人気投票で決定
通信実費として定額為替(切手可)を1人300円同封してください。
上位入賞者については、画像データの提供をお願いします(新聞掲載のため)。 詳細の問い合わせと作品の送付先:〒787-0019
高知県四万十市具同8055-5
トンボ自然公園内
公益社団法人トンボと自然を考える会 「トンボフォトコンテスト」係

ピラルクのエサやり
内容:全長2メートルのアマゾン川産ピラルクへの、スリル満点の給餌体験。
場所:四万十川学遊館あきついお・さかな館。
時間:開館日の午後4時~。
対象:入館者先着10名。
参加費:無料。ただし、「四万十川学遊館あきついお」の入館料が必要)。

毎日イベント・ビーズトンボ携帯ストラップ作り&四万十川の蛇紋岩みがき
内容:ビーズで作るトンボ・アクセサリーの携帯ストラップ版(簡素化したデザインで、所要時間約30分)と、磨くほどに輝きを増す四万十川の蛇紋岩みがき(所要時間約30分)。

日高村トンボ観察図鑑ができました
 この春、高知県日高村(高知市の西方、車で30分ほど)より、同村内でこれまでに記録されている73種類のトンボを紹介した標記ガイドブックが発行されました。本体A-5版160ページで、解説を本会の杉村光俊常務理事が担当したご縁で、本会でも販売させて頂いております。実寸大での生体標本画像と、和風の体色解説が大きな特徴です。
四万十川学遊館あきついお売店にて税込み1,000円で販売中、送料360円で郵送も承ります。日高村からの預かり部数は300弱、ご購入を希望される方はお早めお求め下さい。

『中国・四国のトンボ図鑑』 割引頒布について
トンボと自然を考える会の会員の方を対象に割引頒布を実施させて頂いております。
税込み価格3,675円のところ、あきついお四万十川学遊館・売店コーナーでは税込み価格3,150円でお分けさせて頂きます(ご購入の際には、必ず会員証をご提示下さい)。
また、宅配を希望される方は、税・送料込み3,400円とさせて頂きたく、必要額を本会郵便口座(01630-5-35218)にお振込み下さい。1週間ほどでお届けできます。

「ネーチャーフォト研究会」メンバー募集中
トンボと自然を考える会会員、または四万十川学遊館年間パスポート所有者を対象として、トンボ自然公園内で見られるトンボや花などの撮影案内、作品展示会(年1~2回)、研究会会員の撮影技術向上と親睦を深めることを目的とした勉強会等を行います。
撮影されたい動植物の時期や場所の問い合わせへの対応、撮影時のコツ等を職員がアドバイスさせていただきますので、多くの方々のご参加をお待ちしています。
お問い合わせは、トンボと自然を考える会事務局。

カテゴリー
検索フォーム
リンク
このブログをリンクに追加する
プロフィール

杉村光俊

Author:杉村光俊
1955年高知県中村市(現四万十市)に生まれる。
1985年(社)トンボと自然を考える会常務理事
日本蜻蛉学会会員
トンボ生態写真家

最近の記事
月別アーカイブ
最近のコメント
RSSフィード