年越しへ!

 何やかやで、もう大晦日。ほとんどあきらめかけていた年越し赤トンボでしたが、温暖化の影響も懸念される温暖な天候に助けられ、30日にはヒメアカネ、マユタテアカネ、キトンボそれぞれ♂1頭の健在を確認、本日31日は生憎正午前から曇り勝ちの空模様になったものの、この時期にしては高めの気温のお陰で、わずかな晴れ間にマユタテアカネとキトンボそれぞれ♂2頭ずつの健在を確認することができました。しかも、うちキトンボ1♂は寝込み先まで追いかけることができていますので、余程のことがない限り元旦の赤トンボ詣でも実現するはずです。お楽しみに。

   _Q4A1040ヒメアカネ♂2015・12・30トンボ王国  _Q4A1138マユタテアカネ♂2015・12・31トンボ王国  _Q4A1132マユタテアカネ♂2015・12・31トンボ王国
    ヒメアカネ♂(30日)          マユタテアカネ♂(31日)

   _Q4A1065キトンボ♂2015・12・30  _Q4A1202キトンボ♂休眠2015・12・31トンボ王国  _Q4A1179ジョウビタキ2015・12・31トンボ王国
    キトンボ♂(30日)    同 ♂休眠(31日)    ジョウビタキ

 不気味なことも。初雪も見ないうちから、もうユキワリイチゲの開花が始まりました。フジツツジはさらに開花が進み、シハイスミレは別の場所でもきれいな花が見られるように。近所の空き地では、オドリコソウも咲きまくりです。ただ、やっぱり冬は冬、ビロードツリアブはもちろん、そこに訪れる昆虫はほとんど皆無です。こんなことが続いていくうちに、適応できなくなった生物が姿を消していくのでしょう。生物の食物連鎖は、さしずめ駅伝のチームのようなもの。人の口をゴールとするならば、ウナギやキジなどが最終走者。バクテリアに始まり、野草や昆虫、小魚など、それぞれのチームに所属する中継ランナーがいなくなれば、チームは存続できません。補欠要員も含め、生物多様性の維持が大切です。正に人類の存続がかかる、ストップ・温暖化!

_Q4A1061ユキワリイチゲ2015・12・30 _Q4A1063フジツツジ2015・12・30 _Q4A1146シハイスミレ2015・12・31トンボ王国 _Q4A1071オドリコソウ2015・12・30田黒
 ユキワリイチゲ     フジツツジ        シハイスミレ    オドリコソウ

 30日から、右手湿地保護区のリフォームも手がけています。ここでは、激減したエゾトンボ等の増殖を狙い、モートンイトトンボ保護区と同じ手法で水深の確保をしたいと思っていますが、さっそくイノシシの歓迎を受けています。

   _Q4A1120湿地保護区リフォーム2015・12・30  _Q4A1121イノシシ荒らし2015・12・31トンボ王国  _Q4A1122イノシシ荒らし2015・12・31トンボ王国
  湿地保護区のリフォーム           イノシシ荒らし

 話は変わり、お正月のお知らせです。「四万十川学遊館あきついお・さかな館」では、11日まで縁起物の金運ナマズこと、イワトコナマズ黄変個体を特別水槽にて展示しています。全長は前回のお正月に展示していた時から10cmほど大きくなって約45cmに、黄色部分も広がって、全身のほとんどが黄色くなっています。よくお祈りしておけば、ご利益+努力量次第で金運に恵まれるのではないか、と思われます。また、トンボと日本人の深いい関係を再確認してもらおうと、健康祈願として羽根突きのモデル・カトリヤンマ、運気上昇を願う勝ち虫としてオニヤンマ、ギンヤンマ、シオカラトンボのミニ・ビーズトンボを、それぞれブローチ仕様とストラップ仕様で計300個製作しました。これを、お正月3ヶ日の間にトンボ王国で入館料、グッズ購入後、ご寄付など、いずれかの形で1000円ご利用下さった方に、どれでも1コプレゼントさせて頂きます。このお正月、「年越し赤トンボ&金運ナマズ詣で」はいかがでしょうか。

_Q4A1220.gif _Q4A0287イワトコ黄色 _Q4A1211.gif _Q4A0247ビーズオニヤンマ切り抜き
    金運ナマズ特別展示    プレゼント・ ビーズトンボ  オニヤンマ

画像はすべて、クリックすると拡大します。

by 杉村光俊  at 17:38 |  トンボ王国最新情報 |  comment (0)  |   |  page top ↑

年越し、微妙

 冬至が過ぎ、いよいよ本格的な寒波襲来…と言いたいところですが、トンボ王国では早くも早春が訪れたかのような陽気が続いています。山崖のフジツツジなど、葉は赤く冬枯れ状態ながらも、一部では咲きそろっている感じです。シハイスミレやシロツメクサもそこここで開花、キツネノボタンに至っては「伸び伸び」と育っています。

_Q4A1000フジツツジ2015・12・29トンボ王国 _Q4A0993シハイスミレ2015・12・29トンボ王国 _Q4A0850シハイスミレ2015・12・25トンボ王国 _Q4A0763シロツメクサ2015・12・24トンボ王国
 フジツツジ                シハイスミレ     シロツメクサ

_Q4A0922キツネノボタン2015・12・28トンボ王国 _Q4A0770セイヨウタンポポ2015・12・24トンボ王国 _Q4A0919カキツバタ2015・12・28トンボ王国 _Q4A0856タカサゴユリ2015・12・25トンボ王国あきついお中庭ビオトープ
 キツネノボタン     セイヨウタンポポ    カキツバタ      タカサゴユリ

 そのような状況下、♂ばかりになっていますが、少数の赤トンボが元気に余生を過ごしています。28日にはヒメアカネ、マユタテアカネ、キトンボの3種が数頭ずつ見られ、正午過ぎの気温が10℃ほどしか上がらなかった29日にもヒメアカネとキトンボ♂が1頭ずつ水辺に姿を見せてくれました。あるいは、一時絶望視していた「年越し」も…

   _Q4A0923ヒメアカネ♂&マユタテアカネ♂&キトンボ♂2015・12・28トンボ王国  _Q4A0934マユタテアカネ♂2015・12・28トンボ王国  _Q4A0964キトンボ♂2015・12・29トンボ王国
左よりヒメ、キ、マユタテ(28日) マユタテアカネ♂(28日) キトンボ♂

   _Q4A0988ヒメアカネ生息地2015・12・29トンボ王国  _Q4A0980ヒメアカネ♂2015・12・29トンボ王国  _Q4A0779ムラサキシジミ2015・12・24トンボ王国
    湿地保護区(右手)    ヒメアカネ♂       ムラサキシジミ

 連日の暖かさで、モートンイトトンボ保護区では、年明けを待たずしてニホンアカガエルとニホンヒキガエルの産卵が始まってしまいました。(谷奥の湿地保護区ではヤマアカガエルも)

   _Q4A0863ヒキガエル産卵2015・12・26トンボ王国白ケ谷  _Q4A0954ヒキガエル卵塊2015・12・29トンボ王国  _Q4A0886ニホンアカガエル卵塊2015・12・28トンボ王国白ケ谷
   ニホンヒキガエル産卵   同 卵紐         ニホンアカガエル卵塊

 これらを踏みつけないよう、モートンイトトンボの発生がほとんど見られなくなった上段の元水田2枚が主な対象に、少雨期の水位維持のため、保護池のリフォームも進めています。といいながら、全くいないという確信もないので、まず、幼虫が成育しているかもしれない植物群落を表層の泥ごと剥ぎ取った後、その下の泥を少し深めに掘り下げ、再び元の植物群落を戻すという、一寸手の込んだ作業を行っています。来春、多くの個体が下段からUターンしてくれるといいのですが。

   _Q4A0817モートンイトトンボ保護区2015・12・25トンボ王国白ケ谷  _Q4A0881モートンイトトンボ保護区リフォーム2015・12・28トンボ王国白ケ谷  _Q4A0898モートンイトトンボ保護区リフォーム2015・12・28トンボ王国白ケ谷
             モートンイトトンボ保護区リフォーム
 
 なお、右手湿地保護区では、未だイノシシとのイタチごっこが続いています。イノシシにとって、余程いいごちそうが埋もれているのでしょうか、この闘いは年明け後も続きそうです。

   _Q4A0914キトンボ♂2015・12・28トンボ王国  _Q4A0944イノシシ荒し2015・12・28トンボ王国  _Q4A0947イノシシ荒し修繕2015・12・28トンボ王国
  一見、のどかな風景ですが  壊されては        直し…

画像はすべて、クリックすると拡大します。


   
by 杉村光俊  at 16:17 |  トンボ王国最新情報 |  comment (0)  |   |  page top ↑

ひとまず「冬至」越え

 暦の上では真冬入りしているはずですが、トンボ王国は春爛漫の風情。冬至となった22日も穏やかな晴天で、日中の気温は軽く17℃を超えていました。

_Q4A0517カキツバタ2015・12・18トンボ王国 _Q4A0693フジツツジ2015・12・22トンボ王国 _Q4A0686ベニシジミ&オオジシバリ2015・12・22トンボ王国 _Q4A0680コナラ2015・12・22トンボ王国
 カキツバタ  フジツツジ ベニシジミ&オオジシバリ やっと色づいたコナラの葉

暖冬の中、連日の水辺勤務で赤トンボたちは急速に体力を消耗させており、冬至当日にヒメコウホネ池周辺で確認できたのはヒメアカネ2♂、マユタテアカネ1♂、キトンボ1♂のみ、クリスマス越えはまだしも、「年越し赤トンボ詣で」は、さらに暗雲が垂れ込めてきた感じです。

   _Q4A0697マユタテアカネ♂2015・12・22トンボ王国  _Q4A0705ヒメアカネ♂2015・12・22トンボ王国  _Q4A0545キトンボ♂2015・12・18トンボ王国
    マユタテアカネ♂     ヒメアカネ♂      キトンボ♂(18日撮影分)

 去る12月18日、冬休みの催し「ヤゴの名前当て」クイズ用に、シコクトゲオトンボのヤゴを採集するため出向いた四万十市内の渓流では、早くもサツマイナモリの花が咲きそろっていて驚きました。クリスマスに、1~2輪開花ということはありましたが・・・

_Q4A0554シコクトゲオトンボ生息地2015・12・18四万十市森沢 _Q4A0552シコクトゲオトンボ終齡幼虫2015・12・18四万十市森沢 _Q4A0565サツマイナモリ2015・12・18四万十市森沢 _Q4A0568サツマイナモリ2015・12・18四万十市森沢
 四万十市森沢  シコクトゲオトンボ終齢幼虫       サツマイナモリ

 6年前から、日高村の広報誌に月1回のペースで同村内に記録があるトンボの紹介をさせてもらっています。これまでに記録されているのは、昨年秋に見つかったオオキトンボを含め71種類。このままでは、2月号で連載が終わってしまうことになります。何となく「尻切れトンボ」のような気がするので、年度末の連載終了を目指し、72種目のトンボを探すことに。ターゲットは、シーズン中にしかるべき水辺に出向いていなかったクロサナエと、ヒメクロサナエ。そして去る19日、ミナミヤンマの生息地「渋川トンボ公園」で複数のクロサナエと共に、ここ2年間消息不明となっていたムカシトンボのヤゴも確認することができたのでした。めでたし、めでたし。

    _Q4A0596渓流性トンボ生息地2015・12・19日高村渋川  _Q4A0586クロサナエ幼虫2015・12・19日高村渋川  _Q4A0592ムカシトンボ終齡-1齡幼虫2015・12・19日高村渋川
  渋川トンボ公園の渓流   クロサナエ終齢幼虫 ムカシトンボ終齢-1齢幼虫  
 
 21日は、須崎市のF原氏をリーダーに、香川のT木氏、島根のK山氏も参加しての伐採作業。当日一番の目的は「トンボ王国発祥の池」の日照確保。整備当初はオオヤマトンボやタイワンウチワヤンマも活動していた明るい水辺は、今やキトンボも嫌がるほどの陰鬱な環境に。2年前まで密生していたカキツバタも、日照不足などが原因でほとんど枯れてしまいました。この日の作業で、大な影を落としていたコナラの大木3本が間引きされ、水辺は再び明るさを取り戻すことができました。ついでに、学遊館の雨樋で根を張っていたススキの株も撤去して頂きました。感謝、感謝。

_Q4A0600伐採作業2015・12・19トンボ王国 _Q4A0617伐採作業2015・12・19トンボ王国 _Q4A0643雨樋清掃2015・12・19トンボ王国あきついお _Q4A0650雨樋清掃2015・12・20トンボ王国あきついお---コピー
           伐採作業              ススキの除去

一方、右手湿地保護区は引き続きイノシシの猛攻にさらされています。直しても直しても、翌日か翌々には柵を乗り越えて、同じ所ばかり掘り返されるのでウンザリです。早急に、次の手を考えなければなりません。

_Q4A0520イノシシ荒し2015・12・18トンボ王国 _Q4A0651イノシシ荒し2015・12・21トンボ王国 _Q4A0655イノシシ荒し2015・12・21トンボ王国 _Q4A0698イノシシ荒し補修2015・12・22トンボ王国
18日の被害状況            21日の被害状況    22日の補修状況

画像はすべて、クリックすると拡大します。





by 杉村光俊  at 10:56 |  トンボ王国最新情報 |  comment (0)  |   |  page top ↑

丸木橋受難

 早くも、赤トンボたちの年越しがピンチとなっているトンボ王国。冬至を待たずして、少数のアキアカネ、ヒメアカネ、マユタテアカネ、キトンボの4種が見られるだけになっています。どうやら、冬らしからぬ温暖な気候が災いして休暇が取ないため、体力を急速に消耗させているようです。

   _Q4A9978アキアカネ♂マ2015・12・7トンボ王国  _Q4A0337ヒメアカネ♂2015・12・11トンボ王国  _Q4A0369キトンボ♂2015・12・12トンボ王国
    アキアカネ♂        ヒメアカネ♂       キトンボ♂

 一方で、今も紅葉と春の花のコラボレーション?が続いています。

_Q4A0219イロハカエデ2015・12・9トンボ王国 _Q4A0371イロハカエデ2015・12・12トンボ王国 _Q4A0231ウリハダカエデ2015・12・9トンボ王国 _Q4A0342ドウダンツツジ2015・12・11トンボ王国
         イロハカエデ             ウリハダカエデ ドウダンツツジ

_Q4A0454フジツツジ2015・12・14トンボ王国 _Q4A0449フジツツジ2015・12・14トンボ王国 _Q4A0436キツネノボタン2015・12・14トンボ王国 _Q4A9989ホソヒラタアブ&チャノキ2015・12・7トンボ王国
       ハゼ&フジツツジ    キツネノボタン      チャノキ

異様な気候を物語るように11日未明、時ならぬ豪雨に見舞われ、大半の丸木橋が流出してしまい、この時期としては30年来で始めての補修作業を余儀なくされました。

   _Q4A0322増水2015・12・11トンボ王国  _Q4A0329増水2015・12・11トンボ王国  _Q4A0359丸木橋修繕2015・12・12トンボ王国
     時ならぬ増水に見舞われたトンボ王国      補修中の光景

 お陰で、今月から取り掛かっている本谷奥のリフォーム作業も中断、というより、ここもイノシシ荒しの補修を行ったばかりの畦が洗い流されるなど、散々でした。

_Q4A9964本谷奥リフォーム2015・12・7トンボ王国 _Q4A9966本谷奥リフォーム2015・12・7トンボ王国 _Q4A0226本谷奥湿地保護区リフォーム2015・12・9トンボ王国 _Q4A0397本谷奥リフォーム2015・12・13トンボ王国
                 リフォーム中の、本谷奥湿地保護区

 四万十川も季節外れの大増水で、思いがけず水没沈下橋が見られました。

_Q4A0315増水2015・12・11四万十市中村四万十町四万十川 _Q4A0318増水2015・12・11四万十市中村四万十町四万十川 _Q4A0343増水2015・12・11四万十市佐田今成四万十川 _Q4A0349増水2015・12・11四万十市佐田今成四万十川
    四万十川トンボ池付近の四万十川          佐田・今成沈下橋

 温暖化の影響を感じずにはおられませんが、幸い足摺岬のオオキンカメムシは例年通り、多くの個体が越冬体勢に入っていました。ただ、気温が下がらないせいか、ヤッコソウの方は遅れ気味のように感じられるのですが…

_Q4A0030オオキンカメムシ2015・12・7土佐清水市足摺岬 _Q4A0031オオキンカメムシ2015・12・7土佐清水市足摺岬 _Q4A0095ヤッコソウ2015・12・7土佐清水市足摺岬佐田山 _Q4A0120センチコガネ&ヤッコソウ2015・12・7土佐清水市足摺岬佐田山
 集団越冬するオオキンカメムシ       ヤッコソウ&センチコガネ

画像はすべて、クリックすると拡大します。





by 杉村光俊  at 16:35 |  トンボ王国最新情報 |  comment (0)  |   |  page top ↑

整備作業本格化

 学遊館前庭のイロハカエデが、ようやく見頃を迎えています。半面、日中の暖かさは師走とは思えないほど。日溜りの風景は、春そのものです。これも、温暖化進行の証かもしれませんが、パッと見は秋と春が一緒に楽しめる稀有な年となっている感じです。

_Q4A9847イロハカエデ2015・12・4トンボ王国 _Q4A9848イロハカエデ2015・12・4トンボ王国 _Q4A9872ホソヒラタアブ&オオジシバリ2015・12・4トンボ王国 _Q4A9910キタキチョウ&オオジシバリ2015・12・5トンボ王国
   イロハカエデ        ホソヒラタアブ&オオジシバリ 同&キタキチョウ

_Q4A9727オオハナアブ&ノジギク2015・12・12トンボ王国 _Q4A9718オオハナアブ&ノジギク2015・12・12トンボ王国 _Q4A9916ニョイスミレ2015・12・5トンボ王国 _Q4A9938ドウダンツツジ2015・12・5トンボ王国
とんぼ館ビオトープノノジギク&オオハナアブ ニョイスミレ ドウダンツツジ

 ただ、トンボの数と動きは明らかにシーズン末期。保護区の整備作業に費やす時間が増えています。イノシシとのイタチごっこが続いている右手湿地保護区の監視も行いつつ、本谷奥の湿地保護区も補修を始めました。ここも、イノシシ+豪雨による土手の破損が目立ちます。

   _Q4A9796ナツアカネ♂2015・12・3トンボ王国  _Q4A9793ナツアカネ♂2015・12・3トンボ王国  _Q4A9809ヒメアカネ2015・12・3トンボ王国
             ナツアカネ♂              ヒメアカネ♂

   _Q4A9798マユタテアカネ♂2015・12・3トンボ王国  _Q4A9737キトンボ♂2015・12・12トンボ王国  _Q4A9778アキアカネ連結2015・12・2トンボ王国
    マユタテアカネ♂     キトンボ♂         アキアカネ連結

   _Q4A9819本谷奥湿地保護区2015・12・4トンボ王国  _Q4A9886本谷奥湿地保護区2015・12・5トンボ王国  _Q4A9892本谷奥湿地保護区2015・12・5トンボ王国
    作業前                      作業中

 黒潮町の海浜も閉店間際ですが、まだウスバキトンボがチラホラ飛んでいます。30年ほど前には、せいぜい11月20日頃まででしたが…近くの池では、まだミズオオバコが花盛り、これも、かつてはせいぜい11月上~中旬までの風景だったと記憶しているのですが…

   _Q4A9814ナツアカネ♂2015・12・3黒潮町大方入野  _Q4A9818ウスバキトンボ♂2015・12・3黒潮町大方入野  _Q4A9751ミズオオバコ2015・12・1黒潮町大方浮津
    ナツアカネ♂       ウスバキトンボ♂      ミズオオバコ

画像はすべて、クリックすると拡大します。


by 杉村光俊  at 17:07 |  トンボ王国最新情報 |  comment (0)  |   |  page top ↑
イベント情報・お知らせ
トンボ王国のホームページはこちらからどうぞ
www.gakuyukan.com/

催しのご案内

ピラルクのエサやり
内容:全長2メートルのアマゾン川産ピラルクへの、スリル満点の給餌体験。
場所:四万十川学遊館あきついお・さかな館。
時間:開館日の午後4時~。
対象:入館者先着10名。
参加費:無料。ただし、「四万十川学遊館あきついお」の入館料が必要)。

毎日イベント・ビーズトンボ携帯ストラップ作り&四万十川の蛇紋岩みがき
内容:ビーズで作るトンボ・アクセサリーの携帯ストラップ版(簡素化したデザインで、所要時間約30分)と、磨くほどに輝きを増す四万十川の蛇紋岩みがき(所要時間約30分)。

『中国・四国のトンボ図鑑』 割引頒布について
トンボと自然を考える会の会員の方を対象に割引頒布を実施させて頂いております。
税込み価格3,675円のところ、あきついお四万十川学遊館・売店コーナーでは税込み価格3,150円でお分けさせて頂きます(ご購入の際には、必ず会員証をご提示下さい)。
また、宅配を希望される方は、税・送料込み3,400円とさせて頂きたく、必要額を本会郵便口座(01630-5-35218)にお振込み下さい。1週間ほどでお届けできます。

「ネーチャーフォト研究会」メンバー募集中
トンボと自然を考える会会員、または四万十川学遊館年間パスポート所有者を対象として、トンボ自然公園内で見られるトンボや花などの撮影案内、作品展示会(年1~2回)、研究会会員の撮影技術向上と親睦を深めることを目的とした勉強会等を行います。
撮影されたい動植物の時期や場所の問い合わせへの対応、撮影時のコツ等を職員がアドバイスさせていただきますので、多くの方々のご参加をお待ちしています。
お問い合わせは、トンボと自然を考える会事務局。

カテゴリー
検索フォーム
リンク
このブログをリンクに追加する
プロフィール

Author:杉村光俊
1955年高知県中村市(現四万十市)に生まれる。
1985年(社)トンボと自然を考える会常務理事
日本蜻蛉学会会員
トンボ生態写真家

最近の記事
月別アーカイブ
最近のコメント
RSSフィード