久々の群飛

 人手不足で夏休みイベントの準備も遅れに遅れ、本ブログもついつい間が空き気味です。
その代わりと言っては何ですが、野村担当のフェイスブックには、極力タイムリー情報をアップするようにしています。
さて去る24日、ようやく四国地方の梅雨明け宣言が出されました。ところが、これに先立つ19日、トンボ王国では久々に群飛らしいヤンマの黄昏群飛が観察されました。その数ざっと70個体以上、大半がネアカヨシヤンマでした。ひょっとしたら、四国地方の本当の梅雨明けはこの辺りだったのかもしれません。それにしても、ここ数年、「絶滅」の2文字が脳裏をかすめるほど減少していたネアカヨシヤンマの増加は大変喜ばしいことです。雨続きだった昨夏のおかげで、幼虫が暮らす湿地の水位が維持されていたのでしょう。26日夕にも、10~20頭ほどの群飛が3ヶ所で観察されました。予報では数日後から晴れマークが続いています。林探訪にも期待が膨らんできます。

   _Q4A5376ネアカヨシヤンマほか黄昏摂食群飛2015・7・19トンボ王国  _Q4A6075ネアカヨシヤンマ♂黄昏摂食飛翔2015・7・25トンボ王国  _Q4A6202ネアカヨシヤンマほか黄昏摂食群飛2015・7・26トンボ王国
    7月19日の群飛     ネアカヨシヤンマ♂    7月26日の群飛

 その一方で、秋の赤トンボの出現が芳しくありません。25日になってやっと、マイコアカネの健在が確認できました。林縁のマユタテもヒメも、まだ数える程度です。羽化はポツポツと続いていますが…

   _Q4A6024マイコアカネ未熟♂2015・7・25トンボ王国  _Q4A6147マイコアカネ未熟♀2015・7・26トンボ王国  _Q4A5937マユタテアカネ未熟♂2015・7・23トンボ王国
    マイコアカネ未熟♂    同 未熟♀       マユタテアカネ未熟♂

 屋外のカノコユリは、イノシシ被害でほぼ壊滅状態ですが、中庭ビオトープとメダカ・ビオトープに株分けしていたものが、立派な花を咲かせてくれました。

_Q4A5147カノコユリ2015・7・18トンボ王国 _Q4A5106ウバユリ2015・7・18トンボ王国 _Q4A5154ハマボウ&ナガサキアゲハ2015・7・18トンボ王国 _Q4A5191アベリア&オオスカシバ2015・7・18トンボ王国
 カノコユリ    ウバユリ ハマボウ&ナガサキアゲハ アベリア&オオスカシバ

 去る20日、思い立ってネーチャフォト研究会有志3名と共に山口県のヒヌマイトトンボとアオビタイトンボの撮影に出かけました。曇りのち雨との予報は大きく外れ、晴れ間が広がったところまではラッキーでしたが、九州西方を北上中の熱帯性低気圧の影響とかの強風に見舞われてしまい、吹きさらしのヨシ原に生息しているヒヌマイトトンボは静止中の個体を撮影するのがやっと、交尾等の生殖行動はついに見付けることができませんでした。

   _Q4A5398ヒヌマイトトンボ生息地2015・7・20山口県  _Q4A5438ヒヌマイトトンボ羽化直後♂2015・7・20山口県  _Q4A5442ヒヌマイトトンボ♂2015・7・20山口県
    生息環境       ヒヌマイトトンボ羽化直後♂   同 成熟♂

   _Q4A5412ヒヌマイトトンボ半成熟♀捕食2015・7・20山口県  _Q4A5447ヒヌマイトトンボ♀捕食2015・7・20山口県  _Q4A5427ヒヌマイトトンボ同色型♀2015・7・20山口県
 ヒヌマイトトンボ半成熟♀捕食  同 成熟♀捕食     同 同色型♀

 午後からは、近年同県で増加中というアオビタイトンボを求め、とある調整池に出向きました。南西諸島のどこかではないか、と錯覚しそうな位数多くの個体数を見ることができした。同所では思いがけずコバネアオイトトンボのオマケも。今回の遠征では二人のKさんとK坂さんにお世話頂きました。厚くお礼申し上げます。

   _Q4A5551アオビタイトンボ♂2015・7・20山口県  _Q4A5539アオビタイトンボ未熟♂2015・7・20山口県  _Q4A5469アオビタイトンボ半成熟♀2015・7・20山口県
          アオビタイトンボ未熟♂          同 半成熟♀

   _Q4A5585コバネアオイトトンボ未熟♂2015・7・20山口県  _Q4A5590コバネアオイトトンボ未熟♀2015・7・20山口県  _Q4A5595マイコアカネ未熟♂2015・7・20山口県小野田市山陽町厚狭山野井西側調整池
  コバネアオイトトンボ未熟♂  同 未熟♀       マイコアカネ未熟♂

 続いて24日、マル♂の休憩地として有名になった岡山県某所に、香川県のTさんをお誘いして出かけました。さらに発見者のK藤さんと情報提供者のK山さんも現地合流し獲物を探しましたが、天気の割に気温が上がらず、小休止のオニヤンマなどが見られただけで、肝心のマル♂は見付からず終いでした。またのお越しを、ということでしょうか。

   _Q4A5957エゾトンボ未熟♀摂食飛翔2015・7・24岡山  _Q4A5959コヤマトンボ♀2015・7・24岡山  _Q4A5963ミルンヤンマ♂2015・7・24岡山
    エゾトンボ未熟♀     コヤマトンボ♀     ミルンヤンマ半成熟♂

_Q4A5979オニヤンマ♂2015・7・24岡山 _Q4A5973オニヤンマ♀捕食2015・7・24岡山 _Q4A5974ネキトンボ未熟♂2015・7・24岡山 _Q4A5984ネキトンボ未熟♀2015・7・24岡山
 オニヤンマ♂       同 ♀捕食       ネキトンボ未熟♂   同 未熟♀

画像はすべて、クリックすると拡大します。




by 杉村光俊  at 09:25 |  トンボ王国最新情報 |  comment (0)  |   |  page top ↑

黄昏飛翔始まる

 梅雨らしい空模様が続いている四万十地方。依然として気温が上がり切らないトンボ王国では、早くも盆花ことミソハギが開花しました。 一方で、ハナショウブの花もチラホラ。

_Q4A3582モンキアゲハ&ピンク・スイレン2015・7・7トンボ王国 _Q4A3156ヒメヒオウギズイセン2015・7・5トンボ王国 _Q4A3576キタキチョウ&ミソハギ2015・7・7トンボ王国 _Q4A3764ハナショウブ2015・7・8
スイレン池   ヒメヒオウギズイセン ミゾハギ&キタキチョウ ハナショウブ

 昨年、謎の枯死で激減した四季咲きカキツバタとチャワンバス。辛うじて2株が生き残っているカキツバタのうち1株が開花、チャワンバスも少しずつ勢力を盛り返しつつあり、つぼみも1本伸びてきました。自生のヤブカンゾウとコオニユリがやや増殖してきた傍らで、今年も人気のカノコユリがイノシシ被害に遭ってしまいました。放棄田の増加に伴い、この難敵が民家前まで出没するようになってしまった池田谷において、自然状態でのカノコユリ栽培はもはや不可能なのかも…

_Q4A3170四季咲カキツバタ2015・7・5トンボ王国 _Q4A3386ヤブカンゾウ2015・7・6トンボ王国 _Q4A3767コオニユリ2015・7・8 _Q4A3769イノシシ荒らし015・7・8
カキツバタ ヤブカンゾウ        コオニユリ      無残なカノコユリ・・・

 天候がすっきりしないことから、肝心のトンボ観察は振るいませんが、コシボソヤンマの羽化が確認され、まだ少数ながらネアカヨシヤンマの黄昏飛翔も見られるようになってきました。

_Q4A3549コシボソヤンマ羽化殻2015・7・7トンボ王国 _Q4A3552コシボソヤンマ羽化殻2015・7・7トンボ王国 _Q4A3594ハグロトンボ♀羽化2015・7・7トンボ王国 _Q4A3741ネアカヨシヤンマ♂黄昏摂食飛翔2015・7・7トンボ王国
     コシボソヤンマ羽化殻    ハグロトンボ♀羽化  ネアカヨシヤンマ♂

 谷奥に広がる湿地化した放置田ではエゾトンボが目立ち始め、年々増加しているシコクトゲオトンボは生殖行動もよく見られるようになりました。

_Q4A2830放置田2015・7・2トンボ王国 _Q4A2827エゾトンボ♂2015・7・2トンボ王国 _Q4A2845シコクトゲオトンボ交尾2015・7・2トンボ王国 _Q4A2856シコクトゲオトンボ産卵2015・7・2トンボ王国
    湿地化した放置田とエゾトンボ♂      シコクトゲオトンボ交尾と産卵

 ミナミヤンマシーズンも早や終盤、濃条翅メスが見られる足摺岬では、今シーズンも産卵シーンに遭遇できないまま、谷間の主役はオニヤンマに移ってしまいました。

_Q4A3012オニヤンマ♂♀摂食群飛2015・7・3土佐清水市足摺半島大谷 _Q4A2991オニヤンマ♂捕食2015・7・3土佐清水市足摺半島大谷ロウ _Q4A2997オニヤンマ♂捕食2015・7・3土佐清水市足摺半島大谷 _Q4A3006ミナミヤンマ濃条翅型♀2015・7・3土佐清水市足摺半島大谷ロウ加工
 オニヤンマ未熟♀  ミツバチを捕食するオニヤンマ♂ ミナミヤンマ濃条翅型♀

画像はすべて、クリックすると拡大します。





by 杉村光俊  at 13:18 |  トンボ王国最新情報 |  comment (0)  |   |  page top ↑

オニヤンマ登場

 過ごしやすいことに文句はありませんが、今ひとつ当たり前に気温が上がり切らない四万十地方。それでも、季節は間違いなく夏に向かっています。谷奥の湿地保護区では、度重なるイノシシの襲撃にも負けず、ハスの開花も始まりました。

_Q4A2079ヤブカンゾウ2015・6・28トンボ王国 _Q4A2496ヤブヤンマ産卵2015・6・30トンボ王国ハス _Q4A2500ネムノキ2015・6・30トンボ王国 _Q4A2513ネムノキ2015・6・30トンボ王国
 ヤブカンゾウ       ハス             ネムノキ

 ネジバナがトンボたちのベッドとして利用され、オニヤンマの羽化も始まりました。

_Q4A2177ハラビロトンボ♂&ネジバナ2015・6・29トンボ王国 _Q4A2398ショウジョウトンボ♂&ネジバナ2015・6・30トンボ王国 _Q4A2078ウチワヤンマ♂2015・6・28トンボ王国 _Q4A2077ウチワヤンマ♂2015・6・28トンボ王国 
ハラビロトンボ♂とショウジョウトンボ♂&ネジバナ  ウチワヤンマ♂

_Q4A2220オニヤンマ♀羽化2015・6・29トンボ王国 _Q4A2232オニヤンマ♀羽化2015・6・29トンボ王国 _Q4A2085ヨツボシトンボ♂捕食2015・6・28トンボ王国 _Q4A2124ベニイトトンボ連結(♂捕殺)2015・6・28トンボ王国
  オニヤンマ♀羽化         ヨツボシトンボ♂捕食  無念なベニイト・ペア

   _Q4A1766モノサシトンボ連結産卵2015・6・27トンボ王国  _Q4A1754マルタンヤンマ産卵2015・6・27トンボ王国  _Q4A1692マルタンヤンマ産卵2015・6・27トンボ王国ロウ
  モノサシトンボ連結産卵         マルタンヤンマ産卵

 近くのトンボ池で、本来の場所ではない所に産卵している、やや老いたヤブヤンマ♀を発見。しんどそうだったので、本来の場所に移ってもらいました。

   _Q4A2447ヤブヤンマ産卵2015・6・30トンボ王国  _Q4A2462ヤブヤンマ産卵2015・6・30トンボ王国  _Q4A2475ヤブヤンマ産卵2015・6・30トンボ王国
           ヤブヤンマ♀枯れ枝産卵から、コケ内産卵へ  
   
 ミナミヤンマ・シーズンも佳境入り。天気と相談しながら、低空飛翔の撮影ができる日高村と、産卵が狙える足摺岬を行き来しています。日高村ではそこそこ目的達成できていますが、足摺岬はさっぱりで、仕方なく道端で産卵しているオオシオカラトンボを撮影してきました。

   _Q4A1874ミナミヤンマ♀摂食飛翔2015・6・28日高村渋川  _Q4A1843ミナミヤンマ♀摂食飛翔2015・6・28日高村渋川  _Q4A1457ミナミヤンマ淡半成熟条翅型♀摂食飛翔2015・6・24日高村渋川
   ミナミヤンマ無条翅型♀  同 捕食          同 淡条翅型♀

_Q4A1915ミナミヤンマ♂飛翔2015・6・28日高村渋川 _Q4A2021ミナミヤンマ交尾2015・6・28日高村渋川 _Q4A2063ミナミヤンマ交尾2015・6・28日高村渋川 _Q4A1936コヤマトンボ探雌飛翔2015・6・28日高村渋川
物怖じしないミナミヤンマ♂         同 交尾     オマケのコヤマトンボ♂ 

   _Q4A2262オオシオカラトンボ産卵2015・6・29土佐清水市足摺半島窪津  _Q4A2273オオシオカラトンボ産卵2015・6・29土佐清水市足摺半島窪津  _Q4A2282モンキアゲハ&アガパンサス2015・6・29土佐清水市足摺半島窪津
           オオシオカラトンボ産卵     モンキアゲハ&アガパンサス

画像はすべて、クリックすると拡大します。


 







by 杉村光俊  at 12:10 |  トンボ王国最新情報 |  comment (0)  |   |  page top ↑
イベント情報・お知らせ
トンボ王国のホームページはこちらからどうぞ
www.gakuyukan.com/

催しのご案内

・世界に一つだけの標本特別展示
内容:タイリクショウジョウトンボの性モザイクと、種の保存法指定種ベッコウトンボとヨツボシトンボの交雑オスの標本を詳細な解説パネルとともに特別展示
期間: 7月22日(土)~9月3日(日)
場所:四万十川学遊館あきついお・とんぼ館第2室

・花のある昆虫写真展・人気投票付き
内容:蝶や甲虫など、花のまわりで活動している昆虫の生態写真64種をA-3パネルで紹介。
期間: 7月15日(土)~10月3日(日)
場所:四万十川学遊館あきついお・多目的ホール

・トンボ釣り体験
内容:糸で結んだメスで、オスを釣ります
日時:8月の毎土曜日(5・12・19・26)午前9時30分~10時30分
参加費:無料。ただし、四万十川学遊館あきついお入館料もしくは年間パスポートが必要。

第31回全日本トンボフォトコンテスト作品募集のお知らせ
閉め切り
平成29年9月30日(土)消印有効
募集要項
応募点数:1人5点まで(未発表作品に限ります)
生態部門:4切り(ワイド4切りまたはA3サイズ可)
金賞1点(賞金2万円、盾、賞状、賞品としてビーズリアルトンボセット〈特大〉ほか)
銀賞2点(賞金1万円、盾、賞状、賞品としてビーズリアルトンボセット〈中〉ほか)
銅賞5点(賞状、賞品としてビーズリアルトンボセット〈小〉ほか)
努力賞50点(賞品としてフォトコンテスト絵葉書ほか)
力だめし部門:キャビネ (2L またはA4サイズ可)
金賞1点(賞金5千円、盾、賞状、賞品としてビーズリアルトンボセット〈中〉ほか)
銀賞3点(賞品としてビーズトンボ・ギンヤンマ)
努力賞50点(賞品としてフォトコンテスト絵葉書ほか)
トンボ王国特別賞3点(盾、賞状、賞品としてビーズリアルトンボセット〈小〉ほか)
*展示作品58点(生体部門のみ)の中から入場者の人気投票で決定
通信実費として定額為替(切手可)を1人300円同封してください。
上位入賞者については、画像データの提供をお願いします(新聞掲載のため)。 詳細の問い合わせと作品の送付先:〒787-0019
高知県四万十市具同8055-5
トンボ自然公園内
公益社団法人トンボと自然を考える会 「トンボフォトコンテスト」係

ピラルクのエサやり
内容:全長2メートルのアマゾン川産ピラルクへの、スリル満点の給餌体験。
場所:四万十川学遊館あきついお・さかな館。
時間:開館日の午後4時~。
対象:入館者先着10名。
参加費:無料。ただし、「四万十川学遊館あきついお」の入館料が必要)。

毎日イベント・ビーズトンボ携帯ストラップ作り&四万十川の蛇紋岩みがき
内容:ビーズで作るトンボ・アクセサリーの携帯ストラップ版(簡素化したデザインで、所要時間約30分)と、磨くほどに輝きを増す四万十川の蛇紋岩みがき(所要時間約30分)。

日高村トンボ観察図鑑ができました
 この春、高知県日高村(高知市の西方、車で30分ほど)より、同村内でこれまでに記録されている73種類のトンボを紹介した標記ガイドブックが発行されました。本体A-5版160ページで、解説を本会の杉村光俊常務理事が担当したご縁で、本会でも販売させて頂いております。実寸大での生体標本画像と、和風の体色解説が大きな特徴です。
四万十川学遊館あきついお売店にて税込み1,000円で販売中、送料360円で郵送も承ります。日高村からの預かり部数は300弱、ご購入を希望される方はお早めお求め下さい。

『中国・四国のトンボ図鑑』 割引頒布について
トンボと自然を考える会の会員の方を対象に割引頒布を実施させて頂いております。
税込み価格3,675円のところ、あきついお四万十川学遊館・売店コーナーでは税込み価格3,150円でお分けさせて頂きます(ご購入の際には、必ず会員証をご提示下さい)。
また、宅配を希望される方は、税・送料込み3,400円とさせて頂きたく、必要額を本会郵便口座(01630-5-35218)にお振込み下さい。1週間ほどでお届けできます。

「ネーチャーフォト研究会」メンバー募集中
トンボと自然を考える会会員、または四万十川学遊館年間パスポート所有者を対象として、トンボ自然公園内で見られるトンボや花などの撮影案内、作品展示会(年1~2回)、研究会会員の撮影技術向上と親睦を深めることを目的とした勉強会等を行います。
撮影されたい動植物の時期や場所の問い合わせへの対応、撮影時のコツ等を職員がアドバイスさせていただきますので、多くの方々のご参加をお待ちしています。
お問い合わせは、トンボと自然を考える会事務局。

カテゴリー
検索フォーム
リンク
このブログをリンクに追加する
プロフィール

杉村光俊

Author:杉村光俊
1955年高知県中村市(現四万十市)に生まれる。
1985年(社)トンボと自然を考える会常務理事
日本蜻蛉学会会員
トンボ生態写真家

最近の記事
月別アーカイブ
最近のコメント
RSSフィード