くまモン来訪

 22日朝、人気のゆるキャラ・くまモン御一行がひょっこりトンボ王国にやってきました。とんぼ館では郷里熊本県のトンボとご対面、さかな館では四万十川の魚たちを食べたそうに?見入っていました。

   _Q4A9875くまモン2013・2・22  _Q4A9877くまモン2013・2・22  _Q4A98887くまモン2013・2・2
 故郷のトンボに感激 この魚おいしそう…(実はフグ) お土産を手にゴキゲンの図

 今月9日より整備を始めてきた「トンボ学生服池」。24日を持って「池堀り」作業が完了しました。水を引くための水路を確保したら、いよいよスイレン抜きのラスト・スパートです。

   _Q4A0107トンボ学生服池・池  _Q4A0102トンボ学生服池・池  _Q4A0110トンボ学生服池・池
             池掘り作業が終了したトンボ学生服池

 野生生物の方はまだ春浅しといったところで、本谷奥のシキミが開花しツクシが顔を出してきた程度、トンボ池ではダイザギが魚捕りに余念ありません。

_Q4A9899トンボ池(ライオン _Q4A0021セイヨウアブラナ201 _Q4A0026セイヨウアブラナ201 _Q4A0010セントウソウ2013・2
春浅いトンボ池 セイヨウアブラナ   +ニホンミツバチ    セントウソウ

_Q4A0099シキミ2013・2・24ト _Q4A0096シキミ2013・2・24ト _Q4A0012ツクシ2013・2・23ト _Q4A0014ツクシ2013・2・23ト
            シキミ                  スギナ(ツクシ)

_Q4A0206スイバ2013・2・26ト _Q4A9861ダイサギ捕食2013・2 _Q4A9863ダイサギ捕食2013・2 _Q4A9867ダイサギ捕食2013・2
 スイバ    よく狙って…      捕る!          ごちそうさま♪ 

 行きつけの磯もまだ冬が続いている感じで、ようやくボラの幼魚が集まってきていました。

   _Q4A0204磯2013・2・26黒潮町  _Q4A0197ボラ2013・2・26黒潮  _Q4A0194ボラ2013・2・26黒潮
    黒潮町の磯                ボラ幼魚の群れ


画像はすべて、クリックすると拡大します。


by 杉村光俊  at 15:40 |  トンボ王国最新情報 |  comment (0)  |   |  page top ↑

トンボ学生服池整備中

 気温はその後も低めで推移、トンボ王国のトンボたちはすっかり影を潜めていますが、春の花はぽつぽつと咲き始めました。多目的広場の紅白ウメも満開、トンボ池ではメダカが群れ始めています。

_Q4A9829紅白梅2013・2・20ト _Q4A9845紅白梅2013・2・20ト _Q4A9848紅白梅2013・2・20ト _Q4A9804キツネノボタン2013
          多目的広場の紅白ウメ            キツネノボタン

_Q4A9360ユキワリイチゲ20 _Q4A9359ユキワリイチゲ20 _Q4A9825ホトケノザ2013・2・ _Q4A9824ホトケノザ2013・2・
         ユキワリイチゲ               ホトケノザ

   _Q4A9814キタテハ2013・2・20  _Q4A9796メダカ2013・2・20ト  _Q4A9797コゲラ2013・2・20ト
    キタテハ          メダカ            コゲラ

 9日から整備を始めた仮称?「トンボ学生服池」、進捗率は60%を超えました。結構な重労働、掘りあげた泥を遠くまで運ぶのが難儀で、つい近くのポケットやボタン部分に乗せ過ぎてしまっているかも…。完成後にきちんと学生服の形をしているかどうか、乞うご期待。

   _Q4A9382トンボ学生服池・池  _Q4A9475トンボ学生服池池堀  _Q4A9823ンボ学生服池・池堀
    15日の作業後      17日の作業        20日の作業後


画像はすべて、クリックすると拡大します。


   

by 杉村光俊  at 17:04 |  トンボ王国最新情報 |  comment (0)  |   |  page top ↑

トンボ王国拡張

 トンボ王国周辺のウメはどこも花盛り、オオイヌノフグリも満開となりました。ただし気温は低め続きで、再びトンボいない生活に戻っています。

   _Q4A8700紅梅2013・2・8トン  _Q4A8906ウメ2013・2・10トン  _Q4A8898オオイヌノフグリ201
    近所の紅梅         同 ウメ          オオイヌノフグリ

 いささか唐突ですが去る2月9日、トンボ王国はちょっぴり広くなりました。実は昨年秋、ある地権者の方から「使っていない田んぼを買って欲しい」とのご連絡を頂いており、その準備が整うまで借用で、という次第。広さは約500㎡で、通称ハナショウブ池の西端に位置しています。今回の取得地は、トンボ王国建設初期より物心両面でご支援頂いてきた株式会社トンボの皆さんへの感謝の意を込め、学生服型のトンボ誘致池とし、全国的にも減少著しいオオイトトンボの増殖を図りたいと考えています。契約後、早速整備を開始、来月24日の完成を目指ます。

   _Q4A8577休耕田2013・2・6ト  _Q4A8839新保護区草刈2013・2  _Q4A9064トンボ学生服池・池
20年以上放置されていた水田  雑草を刈り払うと…   結構な広場に!

   _Q4A9065トンボ学生服池・池  _Q4A9069トンボ学生服池・池  _Q4A9070トンボ学生服池・池
 学生服の形に線引きして…   池掘り開始!      ボタンの位置決定

 今後の整備状況につきましては、本コーナーにてご順次ご報告させて頂きたいと思っていますが、スイレン抜きがまだ終わっていないので、どうなりますことやら…

   _Q4A9267トンボ学生服池・池  _Q4A9263トンボ学生服池・池  _Q4A8695スイレン抜き2013・2
              先は長い?           スイレン抜きも道半ば…


画像はすべて、クリックすると拡大します。

by 杉村光俊  at 16:52 |  トンボ王国最新情報 |  comment (0)  |   |  page top ↑

久々のトンボ撮り

 1月末からようやく、暖かい日が戻ってくるようになりました。そこで早速、越冬イトトンボ探しに。ただ、10年ほど前から通っている谷では、繁殖地の水田の大半が植林地や果樹園化されてしまったのと、周囲の樹木が生長したことによって日溜りの面積も縮小するなどで成果が上がり難くなってきました。そこで新たなロケ地を探すべく、事前に見当をつけていた谷に出向いてみました。結果は大正解で、ご覧のような画像を得ることができました。この場所の難はいささか広々し過ぎていることで、トンボの足場がそよ風程度でもゆらゆらしてしまいます。いずれ、トンボ王国内に、越冬イトトンボの好スタジオが整備できればいいのですが。

_Q4A7880ホソミイトトンボ越冬型生息地2013・1・30四万十市上分催合谷 _Q4A7914ホソミイトトンボ越冬型♂2013・1・31四万十市上分催合谷 _Q4A7896ホソミイトトンボ越冬型♂2013・1・31四万十市上分催合谷 _Q4A7887ホソミイトトンボ越冬型♀2013・1・30四万十市上分催合谷
 ホソミイト越冬地       ホソミイトトンボ越冬型♂    同 ♀

 トンボ王国では近所のウメが見ごろを迎えるなど、春の兆しが感じられるようになってきました。そんな中、「学問の木」との別名で知られる楷の木が、駐車場の一角にお目見えしました。市内某所に植えられていたものの、成長が芳しくないとのことでお引越しを余儀なくされたのだそうです。紅葉が見事らしいので、うまく根付いてくれるといいのですが…
_Q4A8055ウメ2013・2・2トンボ王国隣地 _Q4A8062ウメ2013・2・2トンボ王国隣地 _Q4A7893ナンバンハゼ2013・1・30トンボ王国 _Q4A7892ナンバンハゼ2013・1・30トンボ王国
   見頃となった近所のウメ          お目見えした「楷の木」

   _Q4A8219ヤブツバキ2013・2・3トンボ王国  _Q4A8410シメ2013・2・5トンボ王国  _Q4A8411シメ2013・2・5トンボ王国
    ヤブツバキ             水浴びにやってきたシメ

 ホソミオツネントンボが海浜で越冬しているらしい、との耳より情報が入り5日と6日、スナアカネポイントに出向きました。両日とも曇りがちのお天気だったせいか、トンボの発見は叶いませんでしたが、ツマグロキチョウと小鳥がいました。
   _Q4A8531海浜2013・2・6黒潮町大方入野  _Q4A8512ツマグロキチョウ2013・2・6黒潮町大方入野  _Q4A8527ツマグロキチョウ2013・2・6黒潮町大方入野
    行きつけの海浜             ツマグロキチョウ

   _Q4A8541アトリ2013・2・6黒潮町大方入野  _Q4A8571キクイタダキ2013・2・6黒潮町大方入野  _Q4A8566キクイタダキ2013・2・6黒潮町大方入野
    アトリ                     キクイタダキ


画像はすべて、クリックすると拡大します。

   
by 杉村光俊  at 17:32 |  トンボ王国最新情報 |  comment (0)  |   |  page top ↑
イベント情報・お知らせ
トンボ王国のホームページはこちらからどうぞ
www.gakuyukan.com/

催しのご案内

・世界に一つだけの標本特別展示
内容:タイリクショウジョウトンボの性モザイクと、種の保存法指定種ベッコウトンボとヨツボシトンボの交雑オスの標本を詳細な解説パネルとともに特別展示
期間: 7月22日(土)~9月3日(日)
場所:四万十川学遊館あきついお・とんぼ館第2室

・花のある昆虫写真展・人気投票付き
内容:蝶や甲虫など、花のまわりで活動している昆虫の生態写真64種をA-3パネルで紹介。
期間: 7月15日(土)~10月3日(日)
場所:四万十川学遊館あきついお・多目的ホール

・トンボ釣り体験
内容:糸で結んだメスで、オスを釣ります
日時:8月の毎土曜日(5・12・19・26)午前9時30分~10時30分
参加費:無料。ただし、四万十川学遊館あきついお入館料もしくは年間パスポートが必要。

第31回全日本トンボフォトコンテスト作品募集のお知らせ
閉め切り
平成29年9月30日(土)消印有効
募集要項
応募点数:1人5点まで(未発表作品に限ります)
生態部門:4切り(ワイド4切りまたはA3サイズ可)
金賞1点(賞金2万円、盾、賞状、賞品としてビーズリアルトンボセット〈特大〉ほか)
銀賞2点(賞金1万円、盾、賞状、賞品としてビーズリアルトンボセット〈中〉ほか)
銅賞5点(賞状、賞品としてビーズリアルトンボセット〈小〉ほか)
努力賞50点(賞品としてフォトコンテスト絵葉書ほか)
力だめし部門:キャビネ (2L またはA4サイズ可)
金賞1点(賞金5千円、盾、賞状、賞品としてビーズリアルトンボセット〈中〉ほか)
銀賞3点(賞品としてビーズトンボ・ギンヤンマ)
努力賞50点(賞品としてフォトコンテスト絵葉書ほか)
トンボ王国特別賞3点(盾、賞状、賞品としてビーズリアルトンボセット〈小〉ほか)
*展示作品58点(生体部門のみ)の中から入場者の人気投票で決定
通信実費として定額為替(切手可)を1人300円同封してください。
上位入賞者については、画像データの提供をお願いします(新聞掲載のため)。 詳細の問い合わせと作品の送付先:〒787-0019
高知県四万十市具同8055-5
トンボ自然公園内
公益社団法人トンボと自然を考える会 「トンボフォトコンテスト」係

ピラルクのエサやり
内容:全長2メートルのアマゾン川産ピラルクへの、スリル満点の給餌体験。
場所:四万十川学遊館あきついお・さかな館。
時間:開館日の午後4時~。
対象:入館者先着10名。
参加費:無料。ただし、「四万十川学遊館あきついお」の入館料が必要)。

毎日イベント・ビーズトンボ携帯ストラップ作り&四万十川の蛇紋岩みがき
内容:ビーズで作るトンボ・アクセサリーの携帯ストラップ版(簡素化したデザインで、所要時間約30分)と、磨くほどに輝きを増す四万十川の蛇紋岩みがき(所要時間約30分)。

日高村トンボ観察図鑑ができました
 この春、高知県日高村(高知市の西方、車で30分ほど)より、同村内でこれまでに記録されている73種類のトンボを紹介した標記ガイドブックが発行されました。本体A-5版160ページで、解説を本会の杉村光俊常務理事が担当したご縁で、本会でも販売させて頂いております。実寸大での生体標本画像と、和風の体色解説が大きな特徴です。
四万十川学遊館あきついお売店にて税込み1,000円で販売中、送料360円で郵送も承ります。日高村からの預かり部数は300弱、ご購入を希望される方はお早めお求め下さい。

『中国・四国のトンボ図鑑』 割引頒布について
トンボと自然を考える会の会員の方を対象に割引頒布を実施させて頂いております。
税込み価格3,675円のところ、あきついお四万十川学遊館・売店コーナーでは税込み価格3,150円でお分けさせて頂きます(ご購入の際には、必ず会員証をご提示下さい)。
また、宅配を希望される方は、税・送料込み3,400円とさせて頂きたく、必要額を本会郵便口座(01630-5-35218)にお振込み下さい。1週間ほどでお届けできます。

「ネーチャーフォト研究会」メンバー募集中
トンボと自然を考える会会員、または四万十川学遊館年間パスポート所有者を対象として、トンボ自然公園内で見られるトンボや花などの撮影案内、作品展示会(年1~2回)、研究会会員の撮影技術向上と親睦を深めることを目的とした勉強会等を行います。
撮影されたい動植物の時期や場所の問い合わせへの対応、撮影時のコツ等を職員がアドバイスさせていただきますので、多くの方々のご参加をお待ちしています。
お問い合わせは、トンボと自然を考える会事務局。

カテゴリー
検索フォーム
リンク
このブログをリンクに追加する
プロフィール

杉村光俊

Author:杉村光俊
1955年高知県中村市(現四万十市)に生まれる。
1985年(社)トンボと自然を考える会常務理事
日本蜻蛉学会会員
トンボ生態写真家

最近の記事
月別アーカイブ
最近のコメント
RSSフィード