トンボいない生活

 トンボいない生活が続いています。28日には、軽い積雪となりました。それでも、近所のウメとヤブツバキのつぼみがほころび始めました。キヌヤナギも、もうすぐ見ごろを迎えます。

_Q4A7676積雪2013・1・28トン _Q4A7702ウメ2013・1・28トン _Q4A7442ヤブツバキ2013・1・ _Q4A7447キヌヤナギ2013・1・
 積雪のトンボ王国    ウメ           ヤブツバキ       キヌヤナギ

 今シーズンのスイレン抜きもいよいよ佳境入り、一番広いスイレン池の作業が終わり、残る未作業池は4コとなりました。
明るさを取り戻した3ヶ所の湿地保護区ではヒキガエルの産卵が続いていますが、早いものは孵化が始まっています。
そんな中、ルリビタキがやってきました。幸せ運を運んでくれる「青い鳥」ならいいのですが…

   _Q4A7637スイレン抜き2013・1  _Q4A7440ヒキガエル産卵2013  _Q4A7433ヒキガエル産卵2013
    スイレン抜き               ヒキガエル産卵

   _Q4A7449湿地保護区2012・1・  _Q4A7239ヒキガエル孵化2013  _Q4A7451ルルビタキ♂2012・1
  湿地(モートンイト)保護区  ヒキガエル孵化      ルリビタキ


画像はすべて、クリックすると拡大します。



by 杉村光俊  at 12:22 |  トンボ王国最新情報 |  comment (0)  |   |  page top ↑

小さい春みつけた

 去る12日、再び強力な助っ人を得て、水辺を暗くし過ぎている樹木を伐採しました。谷奥のトンボ池はリスアカネも嫌がるほど暗くなっていましたが、見違えるほど明るくなり、傍らの渓流でオジロサナエの初記録も期待できそうです。伐採木の中から冬眠を邪魔されたシロスジカミキリが出てきました

_Q4A6072伐採2013・1・12トン _Q4A6083伐採2013・1・12トン _Q4A6094伐採2013・1・12トン _Q4A6097シロスジカミキリ201
              伐採作業                シロスジカミキリ     

 その谷奥の湿地保護区ではヤマアカガエルの孵化が始まり、モートンイトトンボの湿地保護区には見事なヒキガエルの卵紐が残されていました。

   _Q4A6077ヤマアカガエル幼体2  _Q4A6135湿地保護区2013・1・  _Q4A6131ヒキガエル卵紐2013
    ヤマアカガエル    モートンイトトンボ保護区   ヒキガエル卵紐

 トンボ王国で動きが見えるものは、相変わらず野鳥だけになっていますが、日溜りではポツポツ春の花が顔をのぞかせ始めています。

_Q4A6417ジョウビタキ2013・1 _Q4A6420ヒヨドリ2013・1・15 _Q4A6424ダイサギ2013・1・15 _Q4A6684ナナホシテントウ201
 ジョウビタキ       ヒヨドリ         ダイサギ  ナナホシテントウ

_Q4A6681ビワ2013・1・16トン _Q4A6671スイセン2013・1・16 _Q4A6675オオイヌノフグリ201 _Q4A6690サギゴケ20132・1・1
 近所のビワ     同 スイセン  オオイヌノフグリ    サギゴケ 

 オオキンカメムシが集団越冬している足摺岬のヤブツバキも見ごろを迎えつつあり、四万十川の柳林でもニホンミツバチが開花し始めた菜の花で蜜集めに余念ありません。

_Q4A6439ノラ猫2013・1・15足 _Q4A6474オオキンカメムシ201 _Q4A6450オオキンカメムシ201 _Q4A6516オオキンカメムシ201
出迎えてくれたノラ猫             オオキンカメムシ

   _Q4A6522ヤブツバキ2013・1・  _Q4A6869セイヨウアブラナ201  _Q4A6865ニホンミツバチ+セイ
    足摺岬のヤブツバキ   四万十川の菜の花と蜜を集めるニホンミツバチ

 次は越冬イトトンボを狙ってみます。



画像はすべて、クリックすると拡大します。
by 杉村光俊  at 17:17 |  トンボ王国最新情報 |  comment (0)  |   |  page top ↑

2012年トンボシーズン閉幕

 厳しい寒波に耐え、お正月越えを果たしたキトンボ♂1頭。1月6日を最後に、姿を見せてくれません。まだ元気そうだったので、野鳥などの天敵に襲われたのかもしれません。どうやら、これを持って2012年のトンボシーズンが閉幕したようです。なおベニシジミの方は、翌日7日まで姿を見せてくれました。

_Q4A4997キトンボ♂2013・1・ _Q4A5029キトンボ♂2013・1・ _Q4A5033キトンボ♂2013・1・ _Q4A5275ベニシジミ産卵?201
        6日まで姿を見せたキトンボ♂           7日のベニシジミ

 現在トンボ王国で動き回っているのはダイサギを中心とする野鳥のみですが、早くもキヌヤナギが芽吹いてきました。リフォームした湿地保護区にも、澄んだ水がたっぷりと溜まっています。

   _Q4A4976ダイサギ2013・1・6  _Q4A5952ジョウビタキ2013・1  _Q4A5278キヌヤナギ2013・1・
    ダイサギ          ジョウビタキ        キヌヤナギ

_Q4A5006湿地保護区2013・1・ _Q4A5009湿地保護区2013・1・ _Q4A5963ヨコヅナサシガメ幼 _Q4A5966ヨコヅナサシガメ幼
      水が溜まった湿地保護区      集団越冬中のヨコヅナサシガメ幼虫

画像はすべて、クリックすると拡大します。




     


by 杉村光俊  at 16:51 |  トンボ王国最新情報 |  comment (0)  |   |  page top ↑

湿地保護区リフォーム中

 先ずは、気になる年越し赤トンボの話題から。年末30日は寒い雨のち曇り、翌大晦日は曇り時々雪。年明け元旦は、日中に一時晴れ間が広がったものの、気温が上がらず赤トンボは姿を見せず。半ば観念して臨んだ2日、暖かな好天に恵まれ、1頭のキトンボ♂が水辺に元気な姿を見せてくれました。オマケにベニシジミも年越し成功していました。しかし、他にトンボの姿はなく、3日にはまた真冬の寒波が戻り、水辺でトンボの姿を見つけることは叶いませんでした。そして本日4日、正午ころの気温は8℃前後と低めながらほぼ無風状態で、日溜りで小虫を追うキトンボ♂1頭を見出すことができました。2日と同一個体のようです。ということで、年越し赤トンボはまだ頑張っています。

_Q4A4505トンボ池2013・1・2 _Q4A4973キトンボ♂2013・1・ _Q4A4502ベニシジミ2013・1・ _Q4A4503タネツケバナ2013・1
 2日のトンボ池      キトンボ♂(4日)    ベニシジミ(2日) タネツケバナ

 ところで、トンボ王国ではスイレン抜きを中断して湿地保護区のリフォームに取り組んでいます。イノシシが崩した畔の泥で埋まった場所を新たなトンボ池にしたほか、ネアカヨシヤンマ増殖を期し水路の再整備を進めています。ネアカヨシヤンマ用水路については、昨シーズンに整備した場所が一時干上がったこともあって結果が思わしくなかったため、もっと水量のある場所で再実験を、というわけです。元旦から3日には大阪府在住の会員Kさんも応援に駆け付けて下さり、作業は一気にはかどりました。感謝です。

   _Q4A4336池堀2012・12・31ト  _Q4A4644池堀り2013・1・3ト  _Q4A4665湿地保護区整備2013
湿地保護区整備2012.12.31          同 2013.1.2

 3日と4日、リフォーム進む湿地保護区に、数組のヒキガエルが産卵にやってきました。
   
   _Q4A4647湿地保護区整備2013  _Q4A4658ヒキガエル産卵2013  _Q4A4663ヒキガエル卵2013・1
   湿地保護区(3日)  産卵中のヒキガエルと卵塊(これはニホンアカガエル)


 
 画像はすべて、クリックすると拡大します。

by 杉村光俊  at 15:29 |  トンボ王国最新情報 |  comment (0)  |   |  page top ↑
イベント情報・お知らせ
トンボ王国のホームページはこちらからどうぞ
www.gakuyukan.com/

催しのご案内

・世界に一つだけの標本特別展示
内容:タイリクショウジョウトンボの性モザイクと、種の保存法指定種ベッコウトンボとヨツボシトンボの交雑オスの標本を詳細な解説パネルとともに特別展示
期間: 7月22日(土)~9月3日(日)
場所:四万十川学遊館あきついお・とんぼ館第2室

・花のある昆虫写真展・人気投票付き
内容:蝶や甲虫など、花のまわりで活動している昆虫の生態写真64種をA-3パネルで紹介。
期間: 7月15日(土)~10月3日(日)
場所:四万十川学遊館あきついお・多目的ホール

・トンボ釣り体験
内容:糸で結んだメスで、オスを釣ります
日時:8月の毎土曜日(5・12・19・26)午前9時30分~10時30分
参加費:無料。ただし、四万十川学遊館あきついお入館料もしくは年間パスポートが必要。

第31回全日本トンボフォトコンテスト作品募集のお知らせ
閉め切り
平成29年9月30日(土)消印有効
募集要項
応募点数:1人5点まで(未発表作品に限ります)
生態部門:4切り(ワイド4切りまたはA3サイズ可)
金賞1点(賞金2万円、盾、賞状、賞品としてビーズリアルトンボセット〈特大〉ほか)
銀賞2点(賞金1万円、盾、賞状、賞品としてビーズリアルトンボセット〈中〉ほか)
銅賞5点(賞状、賞品としてビーズリアルトンボセット〈小〉ほか)
努力賞50点(賞品としてフォトコンテスト絵葉書ほか)
力だめし部門:キャビネ (2L またはA4サイズ可)
金賞1点(賞金5千円、盾、賞状、賞品としてビーズリアルトンボセット〈中〉ほか)
銀賞3点(賞品としてビーズトンボ・ギンヤンマ)
努力賞50点(賞品としてフォトコンテスト絵葉書ほか)
トンボ王国特別賞3点(盾、賞状、賞品としてビーズリアルトンボセット〈小〉ほか)
*展示作品58点(生体部門のみ)の中から入場者の人気投票で決定
通信実費として定額為替(切手可)を1人300円同封してください。
上位入賞者については、画像データの提供をお願いします(新聞掲載のため)。 詳細の問い合わせと作品の送付先:〒787-0019
高知県四万十市具同8055-5
トンボ自然公園内
公益社団法人トンボと自然を考える会 「トンボフォトコンテスト」係

ピラルクのエサやり
内容:全長2メートルのアマゾン川産ピラルクへの、スリル満点の給餌体験。
場所:四万十川学遊館あきついお・さかな館。
時間:開館日の午後4時~。
対象:入館者先着10名。
参加費:無料。ただし、「四万十川学遊館あきついお」の入館料が必要)。

毎日イベント・ビーズトンボ携帯ストラップ作り&四万十川の蛇紋岩みがき
内容:ビーズで作るトンボ・アクセサリーの携帯ストラップ版(簡素化したデザインで、所要時間約30分)と、磨くほどに輝きを増す四万十川の蛇紋岩みがき(所要時間約30分)。

日高村トンボ観察図鑑ができました
 この春、高知県日高村(高知市の西方、車で30分ほど)より、同村内でこれまでに記録されている73種類のトンボを紹介した標記ガイドブックが発行されました。本体A-5版160ページで、解説を本会の杉村光俊常務理事が担当したご縁で、本会でも販売させて頂いております。実寸大での生体標本画像と、和風の体色解説が大きな特徴です。
四万十川学遊館あきついお売店にて税込み1,000円で販売中、送料360円で郵送も承ります。日高村からの預かり部数は300弱、ご購入を希望される方はお早めお求め下さい。

『中国・四国のトンボ図鑑』 割引頒布について
トンボと自然を考える会の会員の方を対象に割引頒布を実施させて頂いております。
税込み価格3,675円のところ、あきついお四万十川学遊館・売店コーナーでは税込み価格3,150円でお分けさせて頂きます(ご購入の際には、必ず会員証をご提示下さい)。
また、宅配を希望される方は、税・送料込み3,400円とさせて頂きたく、必要額を本会郵便口座(01630-5-35218)にお振込み下さい。1週間ほどでお届けできます。

「ネーチャーフォト研究会」メンバー募集中
トンボと自然を考える会会員、または四万十川学遊館年間パスポート所有者を対象として、トンボ自然公園内で見られるトンボや花などの撮影案内、作品展示会(年1~2回)、研究会会員の撮影技術向上と親睦を深めることを目的とした勉強会等を行います。
撮影されたい動植物の時期や場所の問い合わせへの対応、撮影時のコツ等を職員がアドバイスさせていただきますので、多くの方々のご参加をお待ちしています。
お問い合わせは、トンボと自然を考える会事務局。

カテゴリー
検索フォーム
リンク
このブログをリンクに追加する
プロフィール

杉村光俊

Author:杉村光俊
1955年高知県中村市(現四万十市)に生まれる。
1985年(社)トンボと自然を考える会常務理事
日本蜻蛉学会会員
トンボ生態写真家

最近の記事
月別アーカイブ
最近のコメント
RSSフィード