タベ・羽化最盛

 寒の戻りで、シオヤトンボの羽化はやや足踏み状態となっていますが、タベサナエは「何のその」といった感じで次々と羽化しています。ただ、羽化最盛の場所は駐車場前水路から、スイレン池やヒメコウホホネ池などに移りつつあります。

   _MG_7000タベサナエ♀B羽化連.gif  _MG_7057タベサナエ♀B羽化連.gif  _MG_7062タベサナエ♀B羽化連.gif
  タベサナエ♀羽化(裂開)    同 (休止)       同 (脱出)

   _MG_7078タベサナエ♀B羽化連.gif  _MG_7140タベサナエ♀B羽化連.gif  _MG_7145タベサナエ♀B羽化連.gif
    同 (翅の伸長)      同 (腹部の伸長)    同 (完了)

 春の花の主役も「モクレン」から「サクラ」にバトンタッチしました。

   _MG_6312白モクレン2012・3・.gif  _MG_7171オオシマザクラ2012.gif  _MG_6547陽光桜2012・3・25ト.gif
在りし日のハクモクレン あきついお前のオオシマザクラ  多目的広場の陽光桜

 遅ればせながら、池田川土手のスミレも一気に開花し、フジツツジが山崖をピンクに染め始めています。

_MG_7164スミレ2012・3・27ト.gif _MG_7167スミレ2012・3・27ト.gif _MG_6258ヒメスミレ2012・3・.gif _MG_6537四葉のクローバー201.gif
      池田川土手のスミレ   ヒメスミレ+ニョイスミレ シロツメクサ(四葉)

_MG_6549トンボ池2012・3・25.gif _MG_6704カキドオシ2012・3・.gif _MG_6718ゲンゲ(白花)2012.gif _MG_6429ユキヤナギ2012・3・.gif
ヤマザクラ咲くトンボ池周辺 カキドオシ   ゲンゲ(白花)  ユキヤナギ

   _MG_7262フジツツジ2012・3・.gif  _MG_7313タチツボスミレ2012.gif  _MG_7267セイヨウシャクナゲ2.gif
    フジツツジ         タチツボスミレ      セイヨウシャクナゲ

 メダカやドジョウも活発に動き始めています。

   _MG_6572メダカ2012・3・25ト.gif  _MG_6489メダカ2012・3・24ト.gif  _MG_6224ドジョウ2012・3・22.gif
               メダカ               ドジョウ

 谷奥のホソミイトトンボも大分色付き始めましたが、♀の方はまだ枯れ草色です。

   _MG_6246ホソミイトトンボ越.gif  _MG_6242ホソミイトトンボ越.gif  _MG_6210ホソミイトトンボ越.gif
     谷奥の山林            ホソミイトトンボ越冬型♂

          _MG_6252ホソミイトトンボ越.gif    _MG_6241ホソミオツネントン.gif
         ホソミイトトンボ越冬型♀    ホソミオツンネントンボ♀
 
ベニシジミのスクランブル飛翔も見られるようになってきました

_MG_7270ベニシジミ争い2012.gif _MG_7291ベニシジミ争い2012.gif _MG_7331ミシシッピアカミミ.gif IMG_6275右〜ライオンズの森2.gif
       ベニシジミ・スクランブル    ミシシッピアカミミガメ

 四万十川のトンボ池に、ホソミオツネントンボの♂が戻ってきました。

   _MG_7299四万十川トンボ池201.gif  _MG_7303ホソミオツネントン.gif  _MG_7304ホソミオツネントン.gif
    四万十川トンボ池           ホソミオツネントンボ♂


画像はすべて、クリックすると拡大します。
by 杉村光俊  at 18:45 |  トンボ王国最新情報 |  comment (0)  |   |  page top ↑

大番狂わせ

 去る3月15日、2012年のトンボ・シーズンが開幕しました。ただ、場所こそ同じ駐車場前水路ながら、トップバッターはいつものタベサナエ♂ではなく、シオヤトンボの♀でした。さらに19日、2番目に羽化してきたのも、やっぱりシオヤトンボの♀でした。タベサナエの初見日は21日でしたが、この日1日だけで2♀を含め10頭ほどが羽化していたので、相当イラついていたのではないでしょうか。もちろん、ヤゴ展準備の際にヤゴは普通に見られたので、タベサナエの方が長引く寒波の影響をより強く受けてしまった、ということなのでしょう。ただ、羽化殻回収時、明らかに当日のものではない殻が1個見られたので、実際の羽化初日はシオヤの2番手と同じくらいだったのではないか、と思われます。

   _MG_5585駐車場前水路2012・3.gif  _MG_5400シオヤトンボ♀羽化2.gif  _MG_5559シオヤトンボ♀羽化2.gif
    駐車場前水路   シオヤトンボ♀羽化(3月15日)  (同 3月19日)

 ポジションは今ひとつでしたが、恒例なので肩慣らしも兼ねタベ羽化の連続撮影をこなしてみました。

   _MG_5777タベサナエ♂羽化(.gif  _MG_5791タベサナエ♂羽化(.gif  _MG_5802タベサナエ♂羽化(.gif
  タベサナエ♂羽化(裂開)    同 (休止)       同 (脱出)

   _MG_5815タベサナエ♂羽化(.gif  _MG_5834タベサナエ♂羽化(.gif  _MG_5852タベサナエ♂羽化(.gif
    同 (翅の伸長)     同 (腹部の伸長)     同 (完了)

 植物の方は、相変わらず全般に2週間ほど遅れで春の花の開花が続いています。ただ植物もなぜか、セイヨウシャクナゲだけはむしろ例年より早く開花が始まっています。

_MG_5545スミレ2012・3・19ト.gif _MG_5547シロバナタンポポ201.gif _MG_5550ゲンゲ2012・3・19ト.gif _MG_5943モクレン2012・3・21.gif
 スミレ          シロバナタンポポ     ゲンゲ        白モクレン

_MG_5673シハイスミレ2012・3.gif _MG_5908シデコブシ2012・3・.gif _MG_5535セイヨウシャクナゲ2.gif _MG_5580オガタマノキ2012・3.gif
 シハイスミレ     シデコブシ  セイヨウシャクナゲ    オガタマノキ      

 あちこちで花が目立ち始めたので、ホソミオツネンの産卵撮影をとダム湖のビオートープに出向いてみたところ水辺に姿がなく、林縁に半成熟♀が1頭いたのみ、代わりに?スイレン鉢の中にイシガメが3頭たむろしていました。

_MG_5588グンバイトンボ生息.gif _MG_5590ホトケノザ2012・3・.gif _MG_5596ホトケノザ2012・3・.gif _MG_5613トサノミツバツツジ2
グンバイトンボ生息地 ホトケボザ(黒潮町佐賀)  トサノミツバツツジ(四万十市)

   _MG_5887蛍湖ビオ2012・3・12.gif  _MG_5901ホソミオツネントン.gif  _MG_5889イシガメ2012・3・12.gif
    ダム湖ビオトープ    ホソミオツネントンボ♀   イシガメ


画像はすべて、クリックすると拡大します。
  

by 杉村光俊  at 17:41 |  トンボ王国最新情報 |  comment (0)  |   |  page top ↑

シーズン直前

 今回はタベサナエ羽化の報告で、と目論んでいましたが、寒波の南下で次回のお楽しみに、ということになりました。
どうもここ数年、春の訪れが遅れ気味になっており、今シーズンも感覚的には現時点で2週間ほど遅れているようです。トンボ王国ではようやく、キランソウやシハイスミレが本格的に開花し始めました。

_MG_4815ミツマタ2012・3・10.gif _MG_4823セントウソウ2012・3.gif _MG_5129シハイスミレ2012・3.gif _MG_5144キランソウ2012・3・.gif
 ミツマタ         セントウソウ    シハイスミレ   キランソウ

  _MG_4895ゲンゲ2012・3・11ト.gif  _MG_5153ユキヤナギ2012・3・.gif  _MG_5252ヒサカキ2012・.gif
   ゲンゲ           ユキヤナギ        ヒサカキ

  _MG_5154ウメ2012・3・13トン.gif  _MG_4904ルリタテハ2012・3・.gif  _MG_5297コサギ・アオサギ・.gif
    ウメ            ルリタテハ        サギ三銃士?

 通称「ライオンズの森」で山桜植栽のため、植林されていたスギやヒノキが伐採されました。日当たり良好となったWWFジャパン池周辺の生態系変化を、注視していく必要があります。

_MG_4805ライオンズの森伐採2.gif _MG_4809ライオンズの森伐採2.gif _MG_5119ライオンズの森より2.gif _MG_5113ライオンズの森より2.gif
       ライオンズの森伐採中              伐採地より望む

 なかなか暖かくならないせいか、2月にやってきたオオハクチョウが3月半ばになっても、まだその辺をウロ付いていました。

        _MG_4866オオハクチョウ2012.gif  _MG_4872オオハクチョウ2012.gif
               迷子の?オオハクチョウ

 入田の四万十川河川敷ではセイヨウアブラナが見ごろとなり、多くのニホンミツバチに交じりセイヨウミツバチの姿も見受けられました。

   _MG_5272菜の花会場2012・3・.gif  _MG_5264ニホンミツバチ2012.gif  _MG_5291セイヨウミツバチ201.gif
   四万十市入田四万十川   ニホンミツバチ      セイヨウミツバチ


画像はすべて、クリックすると拡大します。
by 杉村光俊  at 11:18 |  トンボ王国最新情報 |  comment (0)  |   |  page top ↑

啓蟄

 3月1日と3日は恒例で、高知県東部の川干しに合わせ魚三昧の日々を過ごしてきました。自然環境の劣化はいずこも同じで、お目当てのイチモンジタナゴも、ビワヒガイもさっぱり。シマドジョウだけ、そこそこの写真が撮れました。

   _MG_4002山田堰下流水路2012.gif  _MG_4021カマツカ2012・3・3.gif  _MG_4041カマツカ2012・3・3.gif
    香美市の水路                  カマツカ

   _MG_4007トウヨシノボリ2012.gif  _MG_4077シマドジョウ2012・3.gif  _MG_4084シマドジョウ2012・3.gif
    トウヨシノボリ                 シマドジョウ

 啓蟄の5日と翌6日、トンボ王国は初夏を思わせる陽気となり春の花が一気に開花、冬篭りの昆虫たちも一斉に活動を始めたようです。谷奥のホソミイトトンボもかなり色付いてきました。

_MG_4268ウjメ2012・3・5ト.gif _MG_4270ウjメ2012・3・5ト.gif _MG_4274ウjメ2012・3・5ト.gif _MG_4528キヌヤナギ2012・3・.gif
 多目的広場                  紅梅       キヌヤナギ

_MG_4519ヤブツバキ2012・3・.gif _MG_4513ヤブツバキ2012・3・.gif _MG_4498ニョイスミレ2012・3.gif _MG_4517タチツボスミレ2012.gif
ヤブツバキ咲く小道    ヤブツバキ       ニョイスミレ    タチツボスミレ

_MG_4267ツクシ2012・3・5ト.gif _MG_4352シキミ2012・3・5ト.gif _MG_4485ヒメウズ2012・3・6.gif _MG_4430ムラサキケマン2012.gif
 スギナ(ツクシ)     シキミ          ヒメウズ     ムラサキケマン

   _MG_4251ミシシッピアカミミ.gif  _MG_4297ツマグロキチョウ201.gif _MG_4459クロコノマ2012・3・.gif
    ミシシッピアカミミガメ  ツマグロキチョウ     クロコノマ 

   _MG_4330ホソミイトトンボ越.gif  _MG_4334ホソミイトトンボ越.gif  _MG_4333ホソミイトトンボ越.gif
           ホソミイトトンボ越冬型♂         同 ♀

 フキノトウが目立つようになった近くの谷川では、陽気に誘われた?タゴガエルが地下水脈の外に顔を出していました。

   _MG_4529フキノトウ2012・3・.gif  _MG_4533タゴガエル2012・3・.gif  _MG_4535タゴガエル2012・3・.gif
    フキノトウ              タゴガエル(同一個体)


画像はすべて、クリックすると拡大します。  
 
 
by 杉村光俊  at 18:59 |  トンボ王国最新情報 |  comment (0)  |   |  page top ↑

春の気配深まる

 TVではまだ大雪の映像が流れていますが、トンボ王国では春がそこまで来ている感じです。キヌヤナギに続きユキワリイチゲが開花、メダカが水辺に群れ始め、学遊館前庭では、スタッフが仕掛けたミカンに集まってきたメジロたちをヒヨドリが追い払っています。

_MG_3153スイレン抜き2012・2.gif _MG_3203ユキワリイチゲ2012.gif _MG_3800ユキワリイチゲ2012.gif _MG_3669アセビ2012・2・27ト.gif
若草が萌え始めたトンボ王国     ユキワリイチゲ     アセビ

_MG_3397メダカ2012・2・26ト.gif _MG_3390メダカ2012・2・26ト.gif _MG_3656メジロ2012・2・27ト.gif _MG_3667ヒヨドリ2012・2・27.gif
            メダカ             メジロ    ヒヨドリ
        
 谷奥の林内で越冬中のホソミイトトンボも少しずつ色づいてきています。最高気温が15℃を越えた2月29日には、ホソミオツネントンボも姿を見せてくれました。整備作業はスイレン抜き作業がラストスパートを迎えています。

   _MG_3824ホソミイトトンボ越.gif  _MG_3808ホソミオツネントン.gif  _MG_3835スイレン抜き2012・2.gif
  ホソミイトトンボ越冬型♂  ホソミオツネントンボ♀   スイレン抜き作業

 行き着けの磯の魚影も濃くなり、足摺岬ではオオキンカメムシの越冬場所となっているヤブツバキの花が見ごろとなっています。

   _MG_3399磯2012・2・26黒潮町.gif  _MG_3405カゴカキダイ+クロ.gif  _MG_3448タカノハダイ2012・2.gif
     黒潮町の磯       カゴカキダイほか     タカノハダイ

_MG_3697オオキンカメムシ201.gif _MG_3730ツバキ2012・2・27土.gif _MG_3718オオキンカメムシ201.gif _MG_3708オオキンカメムシ201.gif
 足摺岬   ヤブツバキ              オオキンカメムシ


画像はすべて、クリックすると拡大します。
by 杉村光俊  at 10:55 |  トンボ王国最新情報 |  comment (0)  |   |  page top ↑
イベント情報・お知らせ
トンボ王国のホームページはこちらからどうぞ
www.gakuyukan.com/

催しのご案内

第5回ネーチャーフォト研究会作品発表展示会
内容:自然と生き物大好きメンバー渾身の生物写真64点を、A-3サイズのパネルで紹介。ビーズトンボ額がもらえる人気投票つき。
日時:平成29年4月22日(土)~7月17日(月)。
場所:四万十川学遊館あきついお・多目的ホール。
入場:四万十川学遊館あきついおの入館料が必要。

みんな、こい展
内容:一口にコイといっても、大きさや泳ぎ方、食べ物もまちまち。多様な水環境で独自の進化を遂げた個性的なコイ科の魚10種を6基の中型水槽で特別展示。
日時:平成29年4月22日(土)~5月7日(日)。
場所:四万十川学遊館あきついお・さかな館コミュニティー広場。
入場:四万十川学遊館あきついおの入館料が必要。

メダカすくい・こどもの日バージョン
内容:金魚すくいの「ポイ」を使って、タライで泳ぐトンボ王国産メダカをすくいます。2尾までお持ち帰り頂けます。
場所:四万十川学遊館さかな館・階段下。
入場:四万十川学遊館あきついおの入館料が必要。 小学生以下の有料入館者は1回無料。2回目以降や一般の方についても、1回100円でご体験頂けます。なお、アメリカザリガニのタライもあります。こちらのお持ち帰りは1回1尾となります。
特別ルール:5月5日のみ、すくった数に応じてお菓子などと交換することができます。

第1回学遊館クラブ「フナ釣り」
内容:ミミズ掘りから始まるフナ釣りです。
日時:平成29年5月14日(日)午前10時~12時。
場所:トンボ王国のトンボ池。
対象:小学生。補助役として大人の方の参加を歓迎します。
参加費:無料。ただし参加資格は本会会員か、四万十川学遊館の年間パスポート所有者。

ピラルクのエサやり
内容:全長2メートルのアマゾン川産ピラルクへの、スリル満点の給餌体験。
場所:四万十川学遊館あきついお・さかな館。
時間:開館日の午後4時~。
対象:入館者先着10名。
参加費:無料。ただし、「四万十川学遊館あきついお」の入館料が必要)。

毎日イベント・ビーズトンボ携帯ストラップ作り&四万十川の蛇紋岩みがき
内容:ビーズで作るトンボ・アクセサリーの携帯ストラップ版(簡素化したデザインで、所要時間約30分)と、磨くほどに輝きを増す四万十川の蛇紋岩みがき(所要時間約30分)。

日高村トンボ観察図鑑ができました
 この春、高知県日高村(高知市の西方、車で30分ほど)より、同村内でこれまでに記録されている73種類のトンボを紹介した標記ガイドブックが発行されました。本体A-5版160ページで、解説を本会の杉村光俊常務理事が担当したご縁で、本会でも販売させて頂いております。実寸大での生体標本画像と、和風の体色解説が大きな特徴です。
四万十川学遊館あきついお売店にて税込み1,000円で販売中、送料360円で郵送も承ります。日高村からの預かり部数は300弱、ご購入を希望される方はお早めお求め下さい。

『中国・四国のトンボ図鑑』 割引頒布について
トンボと自然を考える会の会員の方を対象に割引頒布を実施させて頂いております。
税込み価格3,675円のところ、あきついお四万十川学遊館・売店コーナーでは税込み価格3,150円でお分けさせて頂きます(ご購入の際には、必ず会員証をご提示下さい)。
また、宅配を希望される方は、税・送料込み3,400円とさせて頂きたく、必要額を本会郵便口座(01630-5-35218)にお振込み下さい。1週間ほどでお届けできます。

「ネーチャーフォト研究会」メンバー募集中
トンボと自然を考える会会員、または四万十川学遊館年間パスポート所有者を対象として、トンボ自然公園内で見られるトンボや花などの撮影案内、作品展示会(年1~2回)、研究会会員の撮影技術向上と親睦を深めることを目的とした勉強会等を行います。
撮影されたい動植物の時期や場所の問い合わせへの対応、撮影時のコツ等を職員がアドバイスさせていただきますので、多くの方々のご参加をお待ちしています。
お問い合わせは、トンボと自然を考える会事務局。

カテゴリー
検索フォーム
リンク
このブログをリンクに追加する
プロフィール

杉村光俊

Author:杉村光俊
1955年高知県中村市(現四万十市)に生まれる。
1985年(社)トンボと自然を考える会常務理事
日本蜻蛉学会会員
トンボ生態写真家

最近の記事
月別アーカイブ
最近のコメント
RSSフィード