過ぎ行く夏

 林探訪もいよいよ大詰め、ここにきてようやく青いヤンマに出合えました。至近距離撮影中、このトンボの撮影を目的にトンボ王国通いされている神戸のKさん、名古屋のTさん、愛媛のKさん、徳島のWさんたちのお顔が脳裏をよぎりました。

_MG_8194マユタテアカネ♂201.gif _MG_7912オニヤンマ♂パトロ.gif _MG_8485マルタン♂ワイド201.gif _MG_8506マルタン♂2011・8・.gif
 マユタテアカネ♂   オニヤンマ♂探雌飛翔      マルタンヤンマ♂

 夕暮れに活動するヤンマも数えるほどになりましたが、トンボ王国生まれのアメイロトンボがコフキトンボに交じって行き来しています。

_MG_7851コフキトンボ♀摂食.gif _MG_7861コフキヒメイトトン.gif _MG_7983マルタンヤンマ♀201.gif _MG_8214アメイロトンボ未熟.gif
コフキトンボ♀ コフキヒメイトトンボ交尾 マルタンヤンマ♀ アメイロトンボ♀摂食
   
 周辺の水辺で見られるトンボたちの動きも、すっかり秋モードです。

   _MG_7807市ノ瀬川2011・8・24.gif  _MG_7815ハグロトンボ産卵201.gif  _MG_7819オナガサナエ産卵201.gif
 土佐清水市下の加江川支流 ハグロトンボ産卵警護   オナガサナエ産卵

   _MG_8056鍋島トンボ池2011・8.gif  _MG_8050ムスジトトンボ♂201.gif  _MG_8065ムスジトトンボ連結2.gif
   鍋島・四万十川トンボ池  ムスジイトトンボ♂    同・連結+単独♂

   _MG_8341四万十川2011・8・28.gif  _MG_8412ベニトンボ♂ワイド2.gif  _MG_8414ベニ♂2011・8・28佐.gif
    佐田 四万十川              ベニトンボ♂

          _MG_7949ハネビロエゾトンボ.gif   _MG_8319.gif
          ハネビロエゾトンボ♂     同 産卵

   _MG_8357ウグイほか2011・8・.gif  _MG_7932ドンコ2011・8・26四.gif  _MG_8388ヤリタナゴ2011・8・.gif
    ウグイほか         ドンコ           ヤリタナゴ      
    
 27日、四万十川河畔で夏の終わりを告げる花火大会がありました。

   _MG_8143打ち上げ花火2011・8.gif  _MG_8135打ち上げ花火2011・8.gif  _MG_8146打ち上げ花火2011・8.gif


画像はすべて、クリックすると拡大します。


by 杉村光俊  at 16:58 |  トンボ王国最新情報 |  comment (0)  |   |  page top ↑

オニヤンマ最盛

 ミソハギの花が目立つようになったトンボ王国では、オニヤンマの活動が最盛期を迎えています。

_MG_6997ミソハギi2011・8・1.gif _MG_6999ミソハギi2011・8・1.gif _MG_7423シオカラトンボ♂捕.gif _MG_7606シオカラトンボ三連.gif
          ミソハギ     シオカラトンボ♂捕食   同 三連結

_MG_7510オニヤンマ♂パトロ.gif _MG_7546オニヤンマ♂休止201.gif _MG_7554オニヤンマ♂休止201.gif _MG_7566オニヤンマ産卵2011.gif
オニヤンマ♂探雌飛翔           同 休止      同 産卵

 林探訪も細々と続けていますが、なかなか出合えないマルタンヤンマは、仕方ないので産卵狙いです。
花がらみの撮影はホテイアオイとコフキヒメイトトンボのセットがおすすめです。

_MG_7050ミルンヤンマ未熟♂2.gif _MG_7069コシボソヤンマ♂201.gif _MG_7669カトリヤンマ未熟♀2.gif _MG_7675ヤブラン2011・8・22.gif
 ミルンヤンマ未熟♂   コシボソヤンマ♂    カトリヤンマ未熟♀   ヤブラン

_MG_7211マルタンヤンマ産卵2.gif _MG_7252コフキヒメイトトン.gif _MG_7162ベニイトトンボ♂+マ.gif _MG_7168ベニイトトンボ連結.gif 
マルタンヤンマ産卵 ホテイアオイ+コフキヒメ 園芸スイレン+ベニイト(中庭ビオ)     
 
 今シーズンさっぱりだったネアカヨシヤンマの増殖を期して湿地保護区の水路を整備、採卵して孵化させた幼虫を放しました。シオヤのヤゴなどに喰われなければいいのですが。
 終わったかと思っていたチャワンバスの花がまた数輪、開花しています。

_MG_7711湿地保護区整備2011.gif _MG_7710湿地保護区整備2011.gif _MG_7707ネアカヨシヤンマ幼.gif _MG_7802チャワンバス2011・8.gif
 湿地保護区       水路整備+猪対策   ネアカヨシ幼虫   チャワンバス



画像はすべて、クリックすると拡大します。
by 杉村光俊  at 16:19 |  トンボ王国最新情報 |  comment (0)  |   |  page top ↑

まだまだ続く林探訪

 林探訪が続いています。シーズンオフ目前ながら、長年の経験とトンボたちの厚意によって、それなりの成果が上がっています。

   _MG_6740湿地保護区水路2011.gif  _MG_6750オニヤンマ♂2011・8.gif  _MG_6757マルタンヤンマ産卵2.gif   
    湿地保護区        オニヤンマ♂      マルタンヤンマ産卵 

_MG_6603ヤブヤンマ♂2011・8.gif _MG_6639ヤブヤンマ♂2011・8.gif _MG_6560カトリヤンマ半成熟.gif _MG_6649エゾトンボ♂2011・8.gif
          ヤブヤンマ♂    カトリヤンマ半成熟♂   エゾトンボ♂

 トンボ王国から一山越えた小流では、引き続きハグロトンボとコシボソヤンマの撮影が楽しめます。
   
_MG_6354ハグロトンボ♂なわ.gif _MG_6786コシボソヤンマ♂201.gif _MG_6392コシボソヤンマ産卵2.gif _MG_6387コシボソヤンマ産卵2.gif
 ハグロトンボ♂争い   コシボソヤンマ♂       同 産卵

ヒメサナエのスタジオにしている渓流で、オジロサナエを撮ってきました。   
 
   _MG_6238ヒナイシドジョウ生.gif  _MG_5945オジロサナエ♂2011.gif  _MG_6898オジロサナエ♂2011.gif
    四万十市内の渓流             オジロサナエ♂

   _MG_6175オジロサナエ連結201.gif  _MG_6181オジロサナエ産卵201.gif  _MG_5875ヒメサナエ老熟♀201.gif
    オジロサナエ連結      同 産卵         ヒメサナエ老熟♀

   MG_6164コオニヤンマ♂2011.gif  _MG_6896コオニヤンマ産卵201.gif _MG_6250オニヤンマ♂+コオニ.gif
    コオニヤンマ♂      同 産卵     オニヤンマ♂+コオニヤンマ♂

 ヒナイシドジョウもいたので、これも撮影してみました。


   _MG_5963タカハヤ2011・8・14.gif  _MG_6215ヒナイシドジョウ201.gif  _MG_6160ヒナイシドジョウ201.gif
    タカハヤほか                ヒナイシドジョウ 

オナガサナエはなぜか個体数少なくまだ、産卵シーンには遭遇できていません。

_MG_5478オナガサナエ生息地2.gif _MG_5476オナガサナエ♂2011.gif _MG_5978ツマグロヒョウモン.gif _MG_6253ウスバキトンボ♀201.gif
四万十市若藤     オナガサナエ♂   ツマグロヒョウモン  ウスバキトンボ♀

 21日は、トンボ王国初の試み「スイレンの宴」が開催されます。プレゼント用のスイレン苗を100株準備しなければならないので、悠長にブログを書いている暇もありません。



画像はすべて、クリックすると拡大します。

by 杉村光俊  at 16:32 |  トンボ王国最新情報 |  comment (1)  |   |  page top ↑

今さらながらの林探訪

 ようやくここ数日、雨のない暑い夏が戻ってきました。というわけで、満を持しての林探訪。

_MG_4949ネアカヨシヤンマ♂2.gif _MG_5002ネアカヨシヤンマ♀2.gif _MG_5637ネアカヨシヤンマ♀2.gif _MG_5273ミルンヤンマ♂2011.gif
 ネアカヨシヤンマ♂      同 ♀             ミルンヤンマ♂

_MG_4972ミルンヤンマ♀2011.gif _MG_5243コシボソヤンマ♂201.gif _MG_5295コシボソヤンマ♀201.gif _MG_5277ヒグラシ♂2011・8・.gif
 ミルンヤンマ♀     コシボソヤンマ♂     同 ♀        ヒグラシ♂

  _MG_5282オオアオイトトンボ.gif  _MG_5255オオアオイトトンボ.gif  _MG_5461エゾトンボ交尾2011.gif
 オオアオイトトンボ未熟♂   同 未熟♀        エゾトンボ交尾

  _MG_4499ネブトクワガタ2011.gif  _MG_5228キイロスズメバチ201.gif  _MG_5667オオゴキブリ2011・8.gif
   ネブトクワガタ       キイロスズメバチ     オオゴキブリ 

 不思議なことに、どうみても今夏10頭ほどしかいないはずのネアカヨシヤンマにはよく出合えるのに、例年並みの個体数がいるはずのヤブヤンマとマルタンヤンマに出合えません。環境が変わってしまったのか、やっぱり気候がおかしいのか。炎天下の草刈や、厳寒のスイレン抜き、イノシシ対策等々26年間、精一杯の生態系保全に取り組んできたトンボ王国ですが、経済的にも人的にもパワー不足を痛感せざるをえません。管理された環境で育つトンボは一種の作物ですが、ずっと不作の年が続いている感じです。栽培手法の見直しも余儀なくされそうです。
この他にも、今シーズンはセスジイトトンボやハグロトンボなど流水性種の大半で個体数が少なくなっています。今春の渇水とイノシシによる環境かく乱が大きく影響していることは疑いようもなく、今後の対策が急がれるところですが、一方でチョウトンボなど止水性種は例年並の数で、いつもながらの生態が観察されています。赤トンボも色付いてきました。

_MG_5218スイレン池(白)201.gif _MG_4698チョウトンボ交尾201.gif _MG_5182チョウトンボ交尾飛.gif _MG_4509シオカラトンボ♂捕.gif
 スイレン池        チョウトンボ♂      同 交尾  シオカラ捕食(アブ)

_MG_5594ウチワヤンマ産卵警.gif _MG_4936農道2011・8・10トン.gif _MG_4730ハラビロトンボ交尾2.gif _MG_5032ハラビロトンボ♀+.gifウチワ産卵   湿地保護区      ハラビロトンボ交尾     同 ♀

_MG_4789オニヤンマ産卵場所2.gif _MG_4757オニヤンマ産卵2011.gif _MG_4763オニヤンマ産卵2011.gif _MG_4824リスアカネ♂2011・8.gif
 オニヤンマ産卵場          オニヤンマ産卵      リスアカネ♂

  _MG_4486オオシオカラトンボ.gif  _MG_4596ヒメアカネ半成熟♂2.gif  _MG_4601マユタテアカネ半成.gif
  オオシオカラトンボ産卵   ヒメアカネ♂       マユタテアカネ♂

_MG_5237ヒクイナ2011・8・11.gif _MG_5760シオカラトンボ♂休.gif _MG_5816シオカラトンボ♂休.gif _MG_5503ヒメアカネ♂休眠201.gif
 ヒクイナ            シオカラトンボ♂休眠      ヒメアカネ♂休眠

 何といっても、一番変わったのはトンボ王国来訪者の生態で、保護区を歩いてくれない人が大半を占めています。この度、H.P.の内容を一新しました。トンボ保護への変わらぬ情熱が、訪問される方にうまく伝わるといいのですが。


画像はすべて、クリックすると拡大します。
by 杉村光俊  at 15:21 |  トンボ王国最新情報 |  comment (0)  |   |  page top ↑

あきらめの日々

 入道雲が似合う8月はどこに行ったのでしょうか?あきらめがついたのか、トンボたちも小雨の中で飛び回っています。アメイロトンボもまだ頑張っています。

_MG_3925トンボ池2011・8・4.gif _MG_3925トンボ池2011・8・4.gif _MG_3912四季咲きカキツバタ2.gif _MG_4146ヒメナミキ2011・8・.gif
 トンボ池         カノコユリ   四季咲きカキツバタ  ヒメナミキ

   _MG_3661中庭ビオトープ・ス.gif  _MG_3663ベニイトトンボ♂+コ.gif  _MG_4054セスジイトトンボ♂2.gif  
    とんぼ館ビオトープ    ベニトンボ+コウホネ   セスジイトトンボ

 
_MG_4376ウチワヤンマ♂2011.gif _MG_4431コシアキトンボ産卵2.gif _MG_4422アメイロトンボ♂201.gif _MG_4227ネアカヨシヤンマ♂.gif
ウチワヤンマ♂ コシアキトンボ産卵  アメイロトンボ♂   ネアカヨシヤンマ♂

_MG_3679ツノトンボ♀2011・8.gif _MG_3904クマゼミ2011・8・4.gif _MG_4216アブラゼミ2011・8・.gif _MG_4203ルリモンハナバチ201.gif
 ツノトンボ♀      クマゼミ   アブラゼミ        ルリモンハナバチ

去る3日、久々に愛媛県内子町でトンボ観察会があり出かけてきました。増水のため、四万十川周辺では生息地への立ち入りが困難になっているオナガサナエなどを撮影してきました。

_MG_3781池沼性トンボ生息地2.gif _MG_3757オナガサナエ♂2011.gif _MG_3778ショウジョウトンボ.gif _MG_3793オニヤンマ産卵2011.gif
 内子町のため池   オナガサナエ♂   ショウジョウトンボ♂  オニヤンマ産卵

先の台風で冠水した四万十川のトンボ池にユゴイなどが入っていました。ただ、オオクチバスもそのまま居座っているので、長くは生きられないことでしょう。また、いつもの小川でコシボソヤンマのおまわりが始まりました。
         
   _MG_4391鍋島トンボ池2011・8.gif  _MG_4385ユゴイ2011・8・7四.gif  _MG_4396コシボソヤンマ♂201.gif
  四万十川(鍋島)トンボ池   ユゴイ           コシボソヤンマ♂
 

画像はすべて、クリックすると拡大します。
by 杉村光俊  at 12:06 |  トンボ王国最新情報 |  comment (0)  |   |  page top ↑

秋の気配

 ミソハギが咲き始めたトンボ王国では、ウチワヤンマに代わってタイワンウチワヤンマが目立つようになってきました。引き続きアメイロトンボが数日置きに姿を見せています。ようやく、ヤンマが群飛が群れ始めましたが、やはりマルタンヤンマの♀が中心です。
去る7月31日開催の「親子トンボ捕り大会」。参加者はどうにか10チームを超え、5年連続参加となる石本さんチームが悲願の初優勝を飾りました。

_MG_3441チョウトンボ♂+(黄.gif _MG_2917ミソハギ2011・7・28.gif _MG_3356タイワンウチワヤン.gif _MG_2788モノサシトンボ連結.gif
スイレン池のチョウトンボ ミソハギ タイワンウチワヤンマ♂ モノサシトンボ産卵

_MG_2915オオシオカラトンボ.gif _MG_3096エゾトンボ産卵2011.gif _MG_3380コフキトンボ♂+(ピ.gif _MG_3156シオカラトンボ捕食.gif
オオシオカラトンボ♂  エゾトンボ産卵  コフキトンボ♂ シオカラ捕食(コシアキ)

_MG_3176アメイロトンボ♂201.gif _MG_3596アメイロトンボ産卵2.gif _MG_2821ギンヤンマ♂×コシ.gif _MG_3368クマゼミ2011・8・1.gif
  アメイロトンボ♂     同 産卵       ギン♂×コシボソ♀   クマゼミ

_MG_3618マルタンヤンマ♀ほ.gif IMG_3211親子トンボ捕り大会2.gif _MG_3445トノサマバッタ2011.gif _MG_2975ベニシジミ+アサザ20.gif
ヤンマ黄昏摂食群飛  親子とんぼ捕り大会 トノサマバッタ ベニシンジミ+アサザ

夏らしい暑い日が無く、恒例の「林探訪」がさっぱりなので、行き着けの磯で魚撮影をしてきました。人気者のハコフグ幼魚が撮れました。

   IMG_3560熱帯性海水魚生息地2.gif  _MG_3012アオヤガラ2011・7・.gif  _MG_3034オニカマス2011・7・.gif
    黒潮町の磯        アオヤガラ         オニカマス 

   _MG_3507ハコフグ2011・8・1.gif  _MG_3023ミヤコキセンスズメ2.gif  _MG_3544ソラスズメダイ2011.gif
    ハコフグ         ミヤコキセンスズメダイ   ソラスズメダイ

   _MG_3003チョウチョウウオ201.gif  _MG_3568フウライチョウチョ.gif  _MG_3584サツキハゼ2011・8・.gif
    チョウチョウウオ    フウライチョウチョウウオ   サツキハゼ


画像はすべて、クリックすると拡大します。

    


by 杉村光俊  at 10:15 |  トンボ王国最新情報 |  comment (0)  |   |  page top ↑
イベント情報・お知らせ
トンボ王国のホームページはこちらからどうぞ
www.gakuyukan.com/

催しのご案内

ピラルクのエサやり
内容:全長2メートルのアマゾン川産ピラルクへの、スリル満点の給餌体験。
場所:四万十川学遊館あきついお・さかな館。
時間:開館日の午後4時~。
対象:入館者先着10名。
参加費:無料。ただし、「四万十川学遊館あきついお」の入館料が必要)。

毎日イベント・ビーズトンボ携帯ストラップ作り&四万十川の蛇紋岩みがき
内容:ビーズで作るトンボ・アクセサリーの携帯ストラップ版(簡素化したデザインで、所要時間約30分)と、磨くほどに輝きを増す四万十川の蛇紋岩みがき(所要時間約30分)。

『中国・四国のトンボ図鑑』 割引頒布について
トンボと自然を考える会の会員の方を対象に割引頒布を実施させて頂いております。
税込み価格3,675円のところ、あきついお四万十川学遊館・売店コーナーでは税込み価格3,150円でお分けさせて頂きます(ご購入の際には、必ず会員証をご提示下さい)。
また、宅配を希望される方は、税・送料込み3,400円とさせて頂きたく、必要額を本会郵便口座(01630-5-35218)にお振込み下さい。1週間ほどでお届けできます。

「ネーチャーフォト研究会」メンバー募集中
トンボと自然を考える会会員、または四万十川学遊館年間パスポート所有者を対象として、トンボ自然公園内で見られるトンボや花などの撮影案内、作品展示会(年1~2回)、研究会会員の撮影技術向上と親睦を深めることを目的とした勉強会等を行います。
撮影されたい動植物の時期や場所の問い合わせへの対応、撮影時のコツ等を職員がアドバイスさせていただきますので、多くの方々のご参加をお待ちしています。
お問い合わせは、トンボと自然を考える会事務局。

カテゴリー
検索フォーム
リンク
このブログをリンクに追加する
プロフィール

Author:杉村光俊
1955年高知県中村市(現四万十市)に生まれる。
1985年(社)トンボと自然を考える会常務理事
日本蜻蛉学会会員
トンボ生態写真家

最近の記事
月別アーカイブ
最近のコメント
RSSフィード