とんぼ館中庭ビオトープ好調

昨年、完全リニューアルした「とんぼ館」中庭。
各種の園芸スイレンが次々と開花する水辺に、モノサシトンボやベニイトトンボなどが集まっています。オオシオカラトンボやハラビロトンボの産卵も見られました。
  _MG_7141タン・クワン2010・6.gif  _MG_7139タン・クワン2010・6.gif  _MG_6939ペリーズ・ダブル・.gif
とんぼ館中庭・スイレン池   タン・クワン     ペリーズ・ダブル・イエロー
  _MG_7835マリアセラ・クロマ.gif  _MG_7430キイトトンボ♂羽化2.gif  _MG_7147キイトトンボ♀2010.gif
  マリアセラ・クロマティラ  キイトトンボ♂羽化    キイトトンボ♀
  _MG_7015ベニイトトンボ♂201.gif  _MG_7436モノサシトンボ連結.gif  _MG_7432モノサシトンボ連結.gif
   ベニイトトンボ♂          モノサシトンボ連結産卵
  
  _MG_7276モノサシトンボ交尾2.gif  _MG_7287オオシオカラトンボ.gif  _MG_7419ルリジガバチ2010・6.gif
   モノサシトンボ交尾  オオシオカラトンボ産卵   ルリジガバチ

一方で、「さかな館」メダカ・ビオトープが不調となっています。モノサシトンボだけは次々と羽化していますが、ベニイトトンボもマルタンヤンマもほとんど出てきません。周辺の樹木から落下してきた落ち葉が池の中に厚く積もっていることが原因かもしれません。そこで、メダカやヤゴに留意しつつ、落ち葉の除去を進めています。
  _MG_6581メダカビオトープ201.gif  _MG_6574モノサシトンボ♂羽.gif  _MG_7830モノサシ♀羽化2010.gif
    メダカ・ビオトープ   モノサシトンボ♂羽化      ♀羽化 

屋外のトンボ池では春からずっとミゾソバの花が咲き続けています。25日朝、谷奥で「いたずらイノシシ」の兄弟?が捕獲されていました。
_MG_6655ミゾソバ+コフキヒ.gif _MG_6390コフキトンボ♀2010.gif _MG_7032ヒメジョオン+ベニ.gif _MG_7820イノシシ2010・6・25.gif
ミゾソバ+コフキヒメ コフキトンボ ベニシジミ+ヒメジョオン  捕獲されたイノシシ

7月4日に「トンボまつり」が予定されている日高村渋川でも、ミナミヤンマが舞い始めました。やはり10日ほど遅れている感じで、ここでの「落ちミナミヤンマ漁」は早くて7月10日以降となりそうです。
_MG_7734渋川2010・6・25.gif _MG_7772ミナミ♂パト2010・6.gif _MG_7681ミナミ無条♀2010・6.gif _MG_7708ミナミ淡条♀2010・6.gif
渋川トンボ公園  ミナミヤンマ♂縄張り飛翔 無条翅型♀ ここでは珍しい淡条♀

画像はすべて、クリックすると拡大します。


 
  
by 杉村光俊  at 13:15 |  トンボ王国最新情報 |  comment (0)  |   |  page top ↑

スイレン見頃

毎年のことですが、この時期はミナミヤンマ中心の生活となっています。足摺半島では未熟個体の摂食飛翔がほぼ終息、♂のパトロールや産卵が始まっています。そろそろ、県中央部の無斑型♀のシーズンとなります。
    _MG_5600ミナミヤンマ♂2010.gif _MG_5656ミナミヤンマ産卵.gif _MG_5650ミナミヤンマ産卵.gif
   ミナミヤンマ♂パトロール            産卵

今春の、時ならぬ寒波の影響がまだ尾を引いており、例年10日辺りで撮り止めとなるアオサナエの産卵狙いがまだ続いています。ただ、今年のアオサナエは落ち着きがなく、ちっともホバってくれません。川面を広範囲かつ敏捷に飛び回るので、どうしようもありません。
            コピー-〜-_MG_5697アオサナ.gif  _MG_5696アオサナエ産卵2010.gif 
                     アオサナエ産卵

ハナショウブが終わったトンボ王国では、スイレンが見頃となりました。毎朝3000輪以上の花を楽しめます。
ハンゲショウも開花、道端のアジサイやドクダミも満開です。
    _MG_6043白スイレン池.gif _MG_6048白スイレン.gif _MG_6798黄色スイレン池.gif
              白スイレン             黄スイレン
_MG_6049ハンゲショウ.gif _MG_6055ハンゲショウ.gif _MG_6066アジサイ.gif _MG_5999ドクダミ.gif
        ハンゲショウ       アジサイ        ドクダミ

シオヤトンボやヨツボシトンボなど春のトンボもまだ細々と生き残っていますが、一方でオオシオカラトンボやチョウトンボなど夏のトンボと、アキアカネやマイコアカネなど、秋の赤トンボも次々と羽化しています。ただし、例年に比べるとまだ10日から2週間ほど遅れ気味です。
    _MG_6570シオヤトンボ老熟♂.gif _MG_6643ヨツボシ♀.gif _MG_6565ヤマサナエ.gif
     シオヤトンボ♂      ヨツボシトンボ♀    ヤマサナエ♀
_MG_5975オオシオカラ♀羽化.gif _MG_6789チョウ未熟♂.gif _MG_6786チョウ未熟♂(タテ.gif _MG_6793チョウ未熟♀.gif
オオシオカラトンボ♀羽化     チョウトンボ未熟♂      未熟♀
    _MG_5994アキアカネ未熟♂.gif _MG_6828マイコ未熟♂.gif _MG_6804マイコ未熟♀.gif
    アキアカネ未熟♂    マイコアカネ未熟♂    未熟♀

昨年、メダカビオトープから脱走?したベニイトトンボの勢いが止まりません。学遊館あきついお裏のトンボ池ではキイトトンボより多いくらいで、産卵活動も始まりました。
    _MG_6588ベニイト♂.gif _MG_6596ベニイト連結産卵・.gif _MG_6629ベニイト連結産卵・.gif
     ベニイトトンボ♂             連結産卵

画像はすべて、クリックすると拡大します。


by 杉村光俊  at 13:04 |  トンボ王国最新情報 |  comment (0)  |   |  page top ↑

東奔西走の季節

「7日は晴れ」との天気予報を信じ、海を越え宮崎・大分県境付近まで行ってきました。
ところが上陸した途端に小雨がパラパラ。やがて本格的な降雨となり、天気予報もいきなりの「雨・曇り」。ここまで来て、何もしないということは許されません。カメラをタオルにくるみつつ、四国では見られないトンボを追いかけてきました。一番のお目当てだったムカシヤンマは、辛うじて?遺体発見という結末に。
_MG_4549ヤクシマトゲオトン.gif      _MG_4547ヤクシマトゲオトン.gif _MG_4501ヤクシマトゲオトン.gif _MG_4536ヤクシマトゲオトン.gif
ヤクシマトゲオトンボ生息地     ♂       ♀         ♀
 _MG_4589アサヒナカワトンボ.gif  _MG_4600ムカシヤンマ生息地2.gif _MG_4598ムカシヤンマ死体201.gif
アサヒナカワトンボ褐色翅♂ ムカシヤンマ生息地  ムカシヤンマ遺体
_MG_4641アオハダトンボ生息.gif _MG_4635アオハダトンボ♂201.gif _MG_4654アオハダトンボ♀201.gif _MG_4656アオハダトンボ♀201.gif
アオハダトンボ生息地      ♂            ♀          ♀

ハナショウブがほぼ咲き切ったトンボ王国では、夏の主役たちの羽化が続いています。昨年不調だったウチワヤンマは11日現在で3頭の♂が水辺で陣取っています。
_MG_5070ハナショウブ.gif _MG_4770ネアカ♀羽化タテ.gif _MG_5117ヤブ♂羽化大.gif _MG_5450ウチワヤンマ.gif
ハナショウブ  ネアカヨシヤンマ♀羽化 ヤブヤンマ♂羽化  ウチワヤンマ♂

周辺の谷間にはミナミヤンマが舞い、グンバイトンボも産卵に余念がありません。いつもの年より10日以上も遅れ、秋の赤トンボやホソミオツネントンボの羽化が始まっています。
        _MG_5311ミナミ♀ワイド.gif  _MG_5303ミナミ♀.gif
               ミナミヤンマ淡条型♀ 

  _MG_5444グンバイ交尾.gif _MG_5415グンバイ潜水.gif _MG_5421グンバイ潜水産卵.gif
   グンバイトンボ交尾           連結潜水産卵
    _MG_4740ノシメ♀羽化ワイド.gif _MG_4759ノシメ♀羽化.gif   _MG_5371ホソミオツ♀羽化.gif
          ノシメトンボ♀羽化      ホソミオツネントンボ♀羽化

画像はすべて、クリックすると拡大します。

by 杉村光俊  at 19:13 |  トンボ王国最新情報 |  comment (0)  |   |  page top ↑

ハナショウブ満開

ハナショウブまつりが終わって、早や1週間。とはいえ、花は今が満開で見頃となっています。ここぞとばかり、ハナショウブ絡みのトンボ写真を狙っています。
    _MG_3882.gif _MG_3860ハナショウブ.gif _MG_3964ハナショウブ池 _MG_3857ハナショウブ.gif _MG_3427ハナショウブ2010・5.gif
     _MG_3972ハナショウブ.gif _MG_2788ハナショウブ2010・5.gif _MG_3443ハナショウブ2010・5.gif _MG_3579ハナショウブ2010・6.gif _MG_3433ハナショウブ2010・5.gif _MG_3447ハナショウブ2010・5.gif
              ハナショウブいろいろ
_MG_3927ハラビロトンボ.gif _MG_3911ショウジョウトンボ.gif _MG_3969コフキトンボ.gif _MG_4109チョウトンボ未熟♀.gif
 ハラビロトンボ     ショウジョウトンボ   コフキトンボ  チョウトンボ

昨年より10日ほど遅れて、夏のトンボが羽化を始めました。
    _MG_3562ネアカヨシヤンマ羽.gif _MG_3567マルタンヤンマ羽化.gif _MG_3403エゾトンボ♂羽化201.gif _MG_4104チョウトンボ未熟♀.gif
    ネアカヨシヤンマ羽化殻  マルタンヤンマ   エゾトンボ チョウトンボ

数少なくなっている、キイロサナエの産卵もどうにか押さえることができました。
        _MG_3621キイロサナエ産卵201.gif _MG_3618キイロサナエ産卵201.gif
          キイロサナエ間歇打水産卵
 
とんぼ館・中庭ビオトープの園芸スイレンも次々と開花するようになっています。
  _MG_3459とんぼ館中庭ビオト.gif _MG_3464ペリーズ・ファイヤ.gif _MG_3468ペリーズ・ベイビー.gif
  中庭ビオトープ  ペリーズ・ファイヤー・オパール ペリーズ・ベイビー・レッド

足摺岬のトンボ池では、クロスジギンヤンマが絶好調です。
  _MG_3829クロスジギン♂.gif _MG_3049クロスジギンヤンマ.gif _MG_3064クロスジギンヤンマ.gif
   ♂パトロール         産卵         連結

画像はすべて、クリックすると拡大します。





by 杉村光俊  at 17:18 |  トンボ王国最新情報 |  comment (1)  |   |  page top ↑
イベント情報・お知らせ
トンボ王国のホームページはこちらからどうぞ
www.gakuyukan.com/

催しのご案内

第5回ネーチャーフォト研究会作品発表展示会
内容:自然と生き物大好きメンバー渾身の生物写真64点を、A-3サイズのパネルで紹介。ビーズトンボ額がもらえる人気投票つき。
日時:平成29年4月22日(土)~7月17日(月)。
場所:四万十川学遊館あきついお・多目的ホール。
入場:四万十川学遊館あきついおの入館料が必要。

みんな、こい展
内容:一口にコイといっても、大きさや泳ぎ方、食べ物もまちまち。多様な水環境で独自の進化を遂げた個性的なコイ科の魚10種を6基の中型水槽で特別展示。
日時:平成29年4月22日(土)~5月7日(日)。
場所:四万十川学遊館あきついお・さかな館コミュニティー広場。
入場:四万十川学遊館あきついおの入館料が必要。

メダカすくい・こどもの日バージョン
内容:金魚すくいの「ポイ」を使って、タライで泳ぐトンボ王国産メダカをすくいます。2尾までお持ち帰り頂けます。
場所:四万十川学遊館さかな館・階段下。
入場:四万十川学遊館あきついおの入館料が必要。 小学生以下の有料入館者は1回無料。2回目以降や一般の方についても、1回100円でご体験頂けます。なお、アメリカザリガニのタライもあります。こちらのお持ち帰りは1回1尾となります。
特別ルール:5月5日のみ、すくった数に応じてお菓子などと交換することができます。

第1回学遊館クラブ「フナ釣り」
内容:ミミズ掘りから始まるフナ釣りです。
日時:平成29年5月14日(日)午前10時~12時。
場所:トンボ王国のトンボ池。
対象:小学生。補助役として大人の方の参加を歓迎します。
参加費:無料。ただし参加資格は本会会員か、四万十川学遊館の年間パスポート所有者。

ピラルクのエサやり
内容:全長2メートルのアマゾン川産ピラルクへの、スリル満点の給餌体験。
場所:四万十川学遊館あきついお・さかな館。
時間:開館日の午後4時~。
対象:入館者先着10名。
参加費:無料。ただし、「四万十川学遊館あきついお」の入館料が必要)。

毎日イベント・ビーズトンボ携帯ストラップ作り&四万十川の蛇紋岩みがき
内容:ビーズで作るトンボ・アクセサリーの携帯ストラップ版(簡素化したデザインで、所要時間約30分)と、磨くほどに輝きを増す四万十川の蛇紋岩みがき(所要時間約30分)。

日高村トンボ観察図鑑ができました
 この春、高知県日高村(高知市の西方、車で30分ほど)より、同村内でこれまでに記録されている73種類のトンボを紹介した標記ガイドブックが発行されました。本体A-5版160ページで、解説を本会の杉村光俊常務理事が担当したご縁で、本会でも販売させて頂いております。実寸大での生体標本画像と、和風の体色解説が大きな特徴です。
四万十川学遊館あきついお売店にて税込み1,000円で販売中、送料360円で郵送も承ります。日高村からの預かり部数は300弱、ご購入を希望される方はお早めお求め下さい。

『中国・四国のトンボ図鑑』 割引頒布について
トンボと自然を考える会の会員の方を対象に割引頒布を実施させて頂いております。
税込み価格3,675円のところ、あきついお四万十川学遊館・売店コーナーでは税込み価格3,150円でお分けさせて頂きます(ご購入の際には、必ず会員証をご提示下さい)。
また、宅配を希望される方は、税・送料込み3,400円とさせて頂きたく、必要額を本会郵便口座(01630-5-35218)にお振込み下さい。1週間ほどでお届けできます。

「ネーチャーフォト研究会」メンバー募集中
トンボと自然を考える会会員、または四万十川学遊館年間パスポート所有者を対象として、トンボ自然公園内で見られるトンボや花などの撮影案内、作品展示会(年1~2回)、研究会会員の撮影技術向上と親睦を深めることを目的とした勉強会等を行います。
撮影されたい動植物の時期や場所の問い合わせへの対応、撮影時のコツ等を職員がアドバイスさせていただきますので、多くの方々のご参加をお待ちしています。
お問い合わせは、トンボと自然を考える会事務局。

カテゴリー
検索フォーム
リンク
このブログをリンクに追加する
プロフィール

杉村光俊

Author:杉村光俊
1955年高知県中村市(現四万十市)に生まれる。
1985年(社)トンボと自然を考える会常務理事
日本蜻蛉学会会員
トンボ生態写真家

最近の記事
月別アーカイブ
最近のコメント
RSSフィード