ムカシトンボ上陸

ここ数日の暖かさで、春の花が続々と開花しています。成虫越冬したチョウたちも、日向に出てくるようになりました。
_MG_8991アセビ2010・2・24ト.gif _MG_9026ユキワリイチゲ2010.gif _MG_9028ユキワリイチゲ2010.gif _MG_9034ツクシ2010・2・25ト.gif
   アセビ            ユキワリイチゲ        スギナ(ツクシ)
_MG_8790ムラサキシジミ2010.gif _MG_8798アカタテハ2010・2・.gif _MG_8960ルリタテハ2010・2・.gif
 ムラサキシジミ      アカタテハ        ルリタテハ

スイレン抜き作業も順調に進み、いよいよ最後の池に取り掛かっています。これが終わると、最も谷奥の、湿地保護区整備に移ります。実は、同時進行で「学遊館あきついお」のリニューアルも進めており、とんぼ館第3室・トンボ類生態紹介コーナーのビデオ機器がハイビジョン化されました。アップ映像のトンボは個眼の輪郭や体毛の一本一本まで鮮明に映し出され、虫嫌いの方にとってはむしろグロテスクと取られてしまうかもしれません。もっとも、そんな人は先ず、高い?入場料を出してまで入館されていないと思いますが。
_MG_8944スイレン抜き2010・2.gif _MG_8947スイレン抜き2010・2.gif _MG_9007積乱雲2010・2・24ト.gif
         スイレン抜き            学遊館あきついお

行きつけの渓流では、フキノトウが顔を出し、ムカシトンボの終齢幼虫が陸上生活を始めました。
_MG_8879渓流2010・2・22三原.gif _MG_8890フキ2010・2・22三原.gif _MG_8904ムカシトンボ終齢幼.gif _MG_8885ムカシトンボ終齢幼.gif
 行きつけの渓流      フキ          ムカシトンボ終齢幼虫


画像はすべて、クリックすると拡大します




by 杉村光俊  at 10:42 |  トンボ王国最新情報 |  comment (0)  |   |  page top ↑

一進一退

一進一退を繰り返しつつ、春はもうそこまで来ているようです。遅ればせながら、トンボ王国内のウメも咲き揃い、ツバキ、ホトケノザなど春の訪れを教えてくれる花々が次々と開花しています。周りの風景も、幾分黄緑色がかってきました。トンボ池のスイレン抜きも、どうにか2月中にカタがつきそうです。
_MG_8655観察道2010・2・18ト.gif _MG_8622スイレン抜き2010・2.gif _MG_8660キヌヤナギ2010・2・.gif
   春の気配が漂い始めたトンボ王国     満開のキヌヤナギ
_MG_8603ウメ2010・2・17トン.gif _MG_8612ウメ2010・2・17トン.gif _MG_8644紅梅2010・2・18トン.gif
               トンボ王国の梅花
_MG_8634オオイヌノフグリ201.gif _MG_8642ホトケノザ2010・2・.gif _MG_8650ヤブツバキ2010・2・.gif _MG_8681オガタマノキ2010・2.gif
満開のオオイヌノフグリ ホトケノザ   ヤブツバキ      オガタマノキ

学遊館あきついお・さかな館のタナゴたちも恋の季節を迎えています。
_MG_8755ヤリタナゴ2010・2・.gif _MG_8731キタノアカヒレタビ.gif _MG_8765ミヤコタナゴ2010・2.gif
 ヤリタナゴ       キタノアカヒレタビラ   ミヤコタナゴ

工事中の川へ魚捕りに出掛けたところ、とっても人懐っこい?ジョウビタキに出合いました。
_MG_8722伊才原2010・2・20.gif _MG_8705ジョウビタキ2010・2.gif _MG_8719ジョウビタキ♂2010.gif
 工事中の川              ジョウビタキ

画像はすべて、クリックすると拡大します


by 杉村光俊  at 16:46 |  トンボ王国最新情報 |  comment (0)  |   |  page top ↑

春の足音

一番広いトンボ池のスイレン間引き作業が終わりました。が、まだトンボ池5個のスイレン抜きが控えています。
_MG_8399スイレン抜き2010・1.gif  _MG_8400スイレン抜き2010・1.gif _MG_8403キタテハ♂2010・1・.gif 
     着々と進むトンボ池のスイレン抜き    目覚めたキタテハ

キヌヤナギに続き、ネコヤナギも開花、ヒメコウホネも新芽が芽吹き、メダカもミドリガメも冬眠から目覚めたようです。
 _MG_8313ネコヤナギ2010・2・.gif _MG_8402ヒメコウホネ2010・1.gif _MG_8323メダカ2010・2・10ト.gif _MG_8321ミドリガメ2010・2・.gif 
 ネコヤナギ  ヒメコウホネ       メダカ         ミドリガメ

行き付けの里山ではホソミイトトンボも動き始めました。春の足音が日増しに高くなってきているので、節々が痛む体にムチ打って作業に取り組んでいます。
_MG_8331植林化2010・2・10藤.gif _MG_8352ホソミイトトンボ越.gif _MG_8339ホソミイトトンボ越.gif _MG_8347ホソミイトトンボ越.gif
 植林化進む棚田         ホソミイトトンボ越冬型♂

そんな中、13日にはツマグロヒョウモンの♂が飛び出し、ついに春に追いつかれてしまったか、と一瞬焦りましたが、いくら温暖化とはいえ、どう考えてもこれは早過ぎでしょう。
              _MG_8391ツマグロヒョウモン.gif
            早々に羽化してきたツマグロヒョウモン♂


画像はすべて、クリックすると拡大します
by 杉村光俊  at 14:36 |  トンボ王国最新情報 |  comment (2)  |   |  page top ↑

ミナミヤンマ里帰り

 作業再開後、スイレン抜きが驚異的?スピードで進んでいます。すでに3箇所のトンボ池で作業を終え、現在一番広い4箇所目に取り掛かっています。
          _MG_7803作業前.gif _MG_8180作業後2010・2・8.gif
              作業前         作業後

来る3月28日午後10時より、ボランティアを募ってハナショウブの植え替え作業を実施することになり、スイレン抜きを2日ほど中断して苗床への土入れ作業を行いました。
_MG_8051土入れ2010・2・5ト.gif _MG_8039土入れ2010・2・5ト.gif _MG_8050土入れ2010・2・5ト.gif
      ハナショウブ苗床作り          完成後 
_MG_8043ウメ2010・2・5トン.gif _MG_8046ウメ2010・2・5トン.gif _MG_8060メジロ2010・2・5ト.gif
      満開を迎えた近所の梅          メジロ・トラップ

ヤゴ展でお世話になった足摺岬産ミナミヤンマのヤゴを、ようやく元の場所に返してやることができました。ついでに、ヤゴ捕りの際には集まりが余りよくなかったオオキンカメムシも見てきました。今回はさすがに真冬だけあって、それなりの数が集まっていました。
         _MG_81322010・2・6足摺岬.gif _MG_8080ミナミヤンマ終齢幼.gif
          足摺岬        里帰りしたミナミヤンマ
     _MG_8106オオキンカメムシ201.gif _MG_8086オオキンカメムシ201.gif _MG_8102オオキンカメムシ201.gif
              オオキンカメムシ集団越冬


画像はすべてクリックすると拡大します。
 



by 杉村光俊  at 16:23 |  トンボ王国最新情報 |  comment (0)  |   |  page top ↑

スイレン抜き再開

1月29日から、トンボ王国冬季恒例?スイレン抜き作業を再開しました。再開後、早くも2個のトンボ池を仕上げましたが、スイレン抜きを控えているトンボ池はまだ大小6個も残っています。後1ヶ月半も経てばタベサナエの羽化が始まるので、時間との戦いです。ただ作年11月がら続けている連日のノラ仕事で、さすがに指やら、肘やらあちこちの関節が悲鳴を上げています。そんな中、2月2日には授業の一環で3名の中学生が作業の応援に来てくれました。
_MG_7802スイレン抜き2010・1.gif _MG_7801スイレン抜き2010・1.gif _MG_8027ボランティア(県中2.gif
        スイレン抜き作業        ボランティア体験の中学生
_MG_7654アオサギ2010・1・28.gif _MG_7822キヌヤナギ2010・1・.gif _MG_8025オオミノガ2010・2・.gif
改心した?アオサギ    キヌヤナギ       ミノガの1種
 
寒さが戻り、生き物たちの動きが止まっていますが、四万十川の河口付近では数羽のミサゴが、ボラなどを狙っている姿を見ることができます。
           _MG_7812ミサゴ2010・1・30実.gif   _MG_7744ミサゴ2010・1・29実.gif
               四万十川のミサゴ



画像はすべてクリックすると拡大します。



by 杉村光俊  at 12:54 |  トンボ王国最新情報 |  comment (0)  |   |  page top ↑
イベント情報・お知らせ
トンボ王国のホームページはこちらからどうぞ
www.gakuyukan.com/

催しのご案内

第5回ネーチャーフォト研究会作品発表展示会
内容:自然と生き物大好きメンバー渾身の生物写真64点を、A-3サイズのパネルで紹介。ビーズトンボ額がもらえる人気投票つき。
日時:平成29年4月22日(土)~7月17日(月)。
場所:四万十川学遊館あきついお・多目的ホール。
入場:四万十川学遊館あきついおの入館料が必要。

みんな、こい展
内容:一口にコイといっても、大きさや泳ぎ方、食べ物もまちまち。多様な水環境で独自の進化を遂げた個性的なコイ科の魚10種を6基の中型水槽で特別展示。
日時:平成29年4月22日(土)~5月7日(日)。
場所:四万十川学遊館あきついお・さかな館コミュニティー広場。
入場:四万十川学遊館あきついおの入館料が必要。

メダカすくい・こどもの日バージョン
内容:金魚すくいの「ポイ」を使って、タライで泳ぐトンボ王国産メダカをすくいます。2尾までお持ち帰り頂けます。
場所:四万十川学遊館さかな館・階段下。
入場:四万十川学遊館あきついおの入館料が必要。 小学生以下の有料入館者は1回無料。2回目以降や一般の方についても、1回100円でご体験頂けます。なお、アメリカザリガニのタライもあります。こちらのお持ち帰りは1回1尾となります。
特別ルール:5月5日のみ、すくった数に応じてお菓子などと交換することができます。

第1回学遊館クラブ「フナ釣り」
内容:ミミズ掘りから始まるフナ釣りです。
日時:平成29年5月14日(日)午前10時~12時。
場所:トンボ王国のトンボ池。
対象:小学生。補助役として大人の方の参加を歓迎します。
参加費:無料。ただし参加資格は本会会員か、四万十川学遊館の年間パスポート所有者。

ピラルクのエサやり
内容:全長2メートルのアマゾン川産ピラルクへの、スリル満点の給餌体験。
場所:四万十川学遊館あきついお・さかな館。
時間:開館日の午後4時~。
対象:入館者先着10名。
参加費:無料。ただし、「四万十川学遊館あきついお」の入館料が必要)。

毎日イベント・ビーズトンボ携帯ストラップ作り&四万十川の蛇紋岩みがき
内容:ビーズで作るトンボ・アクセサリーの携帯ストラップ版(簡素化したデザインで、所要時間約30分)と、磨くほどに輝きを増す四万十川の蛇紋岩みがき(所要時間約30分)。

日高村トンボ観察図鑑ができました
 この春、高知県日高村(高知市の西方、車で30分ほど)より、同村内でこれまでに記録されている73種類のトンボを紹介した標記ガイドブックが発行されました。本体A-5版160ページで、解説を本会の杉村光俊常務理事が担当したご縁で、本会でも販売させて頂いております。実寸大での生体標本画像と、和風の体色解説が大きな特徴です。
四万十川学遊館あきついお売店にて税込み1,000円で販売中、送料360円で郵送も承ります。日高村からの預かり部数は300弱、ご購入を希望される方はお早めお求め下さい。

『中国・四国のトンボ図鑑』 割引頒布について
トンボと自然を考える会の会員の方を対象に割引頒布を実施させて頂いております。
税込み価格3,675円のところ、あきついお四万十川学遊館・売店コーナーでは税込み価格3,150円でお分けさせて頂きます(ご購入の際には、必ず会員証をご提示下さい)。
また、宅配を希望される方は、税・送料込み3,400円とさせて頂きたく、必要額を本会郵便口座(01630-5-35218)にお振込み下さい。1週間ほどでお届けできます。

「ネーチャーフォト研究会」メンバー募集中
トンボと自然を考える会会員、または四万十川学遊館年間パスポート所有者を対象として、トンボ自然公園内で見られるトンボや花などの撮影案内、作品展示会(年1~2回)、研究会会員の撮影技術向上と親睦を深めることを目的とした勉強会等を行います。
撮影されたい動植物の時期や場所の問い合わせへの対応、撮影時のコツ等を職員がアドバイスさせていただきますので、多くの方々のご参加をお待ちしています。
お問い合わせは、トンボと自然を考える会事務局。

カテゴリー
検索フォーム
リンク
このブログをリンクに追加する
プロフィール

杉村光俊

Author:杉村光俊
1955年高知県中村市(現四万十市)に生まれる。
1985年(社)トンボと自然を考える会常務理事
日本蜻蛉学会会員
トンボ生態写真家

最近の記事
月別アーカイブ
最近のコメント
RSSフィード