ヤゴ展準備始める

冬休み恒例となった「ヤゴ」展の材料集めで足摺に出向き、冬支度を始めたオオキンカメムシと「顔出し」が年々遅くなっているヤッコソウも見てきました。
_MG_2424オオキンカメムシ200.gif _MG_2436オオキンカメムシ200.gif _MG_2442ヤッコソウ2009・11.gif
          オオキンカメムシ         ヤッコソウ

大陸系赤トンボの捜索を続けている行き着けの海浜は、連日の暖かさで大陸系どころかアキアカネやナツアカネすらポツリポツリといったところ。仕方なくツマグロヒョウモンと、この季節には珍しいウバタマムシを撮ってきました。
_MG_2586コノシメトンボ♀200.gif _MG_2585コノシメトンボ♀200.gif _MG_2624アキアカネ♀2009・1.gif
          コノシメトンボ♀         アキアカネ♀
_MG_2611ツマグロヒョウモン.gif _MG_2613ツマグロヒョウモン.gif _MG_2591ウバタマム2009・11.gif
        ツマグロヒョウモン交尾       ウバタマムシ

観察道の大規模補修が進むトンボ王国では、キトンボの生殖活動がピークを迎えています。
_MG_2575観察道補修2009・11.gif _MG_2680キトンボ交尾2009・1.gif _MG_2573キトンボ産卵警護200.gif
補修が進む観察道    キトンボ交尾      産卵警護

保護区では、季節外れのカキツバタも楽しめるほか、「トンボ館」に整備したビオトープではノジギクが見ごろです。
_MG_2668カキツバタ2009・11.gif _MG_2744ノジギク2009・11・2.gif _MG_2476クビキリギス2009・1.gif _MG_2677ウラギンシジミ♀200.gif
カキツバタ  ノジギク       クビキリギス  ウラギンシジミ

フィールドでの撮影が厳しくなってきたので、「さかな館」のアカメを撮影してみました。一番大きな個体は1mほどあります。80cmクラスもそれなりに貫禄がありますが、1mモノはさらに一枚一枚のウロコに刻まれた細かなシワが渋い光沢を放ち神秘的です。
_MG_2731アカメ2009・11・27.gif _MG_2732アカメ2009・11・27.gif _MG_2740アカメ2009・11・27.gif

画像はすべてクリックすると拡大します


by 杉村光俊  at 16:10 |  トンボ王国最新情報 |  comment (0)  |   |  page top ↑

ネタさがしの日々

久しぶりの大陸系赤トンボ確認に味を占め、その後も心当たりの水辺や浜辺を歩き回っています。その後に北風の吹き込みがない浜辺に2匹目のドジョウならぬ「3頭目の大陸系赤トンボ」の姿はなく、馴染みのトンボばかりと付き合っています。
_MG_2236ナツアカネ♂2009・1.gif _MG_2246ナツアカネ♂殺害(.gif _MG_2244ウスバキトンボ♀200.gif
            ナツアカネ♂        ウスバキトンボ♀
_MG_2300アキアカネ♀+コノシ.gif _MG_2367カトリヤンマ♂縄張.gif _MG_2384カトリヤンマ♂縄張.gif
アキアカネ♀+コノシメトンボ♀     カトリヤンマ♂

そろそろと思い、本ブログのネタ作りを兼ね紅葉の名所「黒尊川の神殿橋」に出かけてみました。余りにも暖か過ぎる?今秋は、紅葉するまでに落葉が始まっているようで目の保養にもなりませんでした。
_MG_2214紅葉2009・11・18奥.gif _MG_2189紅葉2009・11・18奥.gif _MG_2192紅葉2009・11・18奥.gif

2週間に最低3回更新のノルマ達成が怪しくなってきたので、「庭」でキトンボの産卵を狙うことにしました。結果は御覧のとおりです。
_MG_2341キトンボ連結産卵200.gif _MG_2351キトンボ連結産卵200.gif _MG_2322マユタテアカネ♂200.gif _MG_2289マユタテアカネ♀200.gif
         キトンボ連結産卵         マユタテアカネ♂     ♀

ついでながらトンボ王国の状況ですが(本当はこちらの方が本筋)、観察道の補修工事が順調に進展、トンボ王国スタッフはスイレンと帰化植物キショウブの除去に汗を流しています。本来初夏の風物詩であるはずのカキツバタが、この季節としては過去に例を見ないほど数多く開花しています。多くは品種改良の「四季咲き」ですが一部野生種も含まれています。
_MG_2319観察道補修2009・11.gif _MG_2317キショウブ抜き2009.gif _MG_2328カキツバタ2009・11.gif


画像はすべてクリックすると拡大します


by 杉村光俊  at 17:29 |  トンボ王国最新情報 |  comment (1)  |   |  page top ↑

北風の贈り物

夏の赤トンボ(ショウジョウトンボ)も見られるトンボ王国では、イノシシの数年間にわたる狼藉によってズタズタにされた観察道の本格的修復工事が始まりました。
_MG_1897キトンボ♂2009・11.gif _MG_1914ショウジョウトンボ.gif _MG_1932観察道補修2009・11.gif
 キトンボ♂       ショウジョウトンボ♂  観察道補修

学遊館あきついお・とんぼ館ビオトープに植えつけているノジギクの開花が始まりました。ツワブキとミズオオバコも咲いています。
_MG_1932観察道補修2009・11.gif _MG_2061ノジギク2009・11・1.gif _MG_2062ツワブキ2009・11・1.gif _MG_2064ミズオオバコ2009・1.gif
 とんぼ館ビオトープ    ノジギク       ツワブキ    ミズオオバコ

この季節としては珍しく満水御礼の四万十川トンボ池、ベニトンボを始めまだ多くの赤トンボで賑わっています。
_MG_1958トンボ池2009・11・1.gif _MG_1941アキアカネ交尾2009.gif _MG_1939ベニトンボ♂2009・1.gif
 四万十川トンボ池    アキアカネ交尾     ベニトンボ♂

いい?北風に恵まれた15日、スナアカネの捜索を続けている海浜にオナガアカネの♂が現れました。やはり大陸系の赤トンボで、高知県内では1974年11月1日、1991年10月28日(共に1♂)に続く18年振り3例目の記録となります。かつ最遅の記録でもあり、さらに付け加えればこの時期としては不自然なほど新鮮な若い個体でした。翅の欠損も見当たりません。ともあれ今年は大陸系赤トンボの当たり年で、四国中からこの手の情報が届いています。
_MG_2018海浜2009・11・15黒.gif _MG_2025ベニトンボ♂2009・1.gif _MG_2016アキアカネ♂2009・1.gif
黒潮町の海浜     ベニトンボ♂  アキアカネ♂
_MG_2043海浜2009・11・15黒.gif _MG_1981オナガアカネ♂2009.gif _MG_2003オナガアカネ♂2009.gif
オナガアカネ発見地    オナガアカネ♂(左右共同一個体)

画像はすべてクリックすると拡大します




by 杉村光俊  at 17:38 |  トンボ王国最新情報 |  comment (1)  |   |  page top ↑

23年ぶり

5日、カトリヤンマの♂がパトロールを始めた四万十川のトンボ池でタイリクアキアカネを見つけました。ユーラシア大陸の北寄りに広く分布している本種が、日本の太平洋岸で発見されることは稀で、県内3例目となった1986年11月4日の1♂(採集)から実に23年ぶりの発見になります。多分、2日の木枯らし1号によってより北方の地域から吹き飛ばされてきたものでしょう。何度か撮影を試みましたがなかなか落ち着かず、目認記録だけというのも情けないので、2度目の上昇に入ったところでネットイン。ということで今回は生体標本写真でのご報告となりました。
_MG_1814カトリヤンマ♂パト.gif _MG_1822カトリヤンマ♂2009.gif _MG_1784タイリクアキアカネ.gif
        カトリヤンマ♂     四万十市産タイリクアキアカネ♂(35mm.)

7日は、もう10年ほど続いているトンボ観察会講師として愛媛県内子町へ。好天に恵まれ、タイリクアカネやキトンボ産卵のほか、オオキトンボも見られました。
_MG_1732亀ヶ渕池2009・11・7 _MG_1719タイリクアカネ♂縄.gif _MG_1729タイリクアカネ♂縄.gif
 内子町のため池            タイリクアカネ♂
_MG_1721タイリクアカネ♂縄.gif _MG_1722タイリクアカネ連結.gif _MG_1730タイリクアカネ♂縄.gif
        タイリクアカネ連結産卵       オオキトンボ♂

スイレン抜き作業進むトンボ王国でも、シーズンのトリを飾る?キトンボの生殖活動が本格化してきました。写真はまだですが・・・
_MG_1807スイレン抜き2009・1.gif _MG_1810アキアカネ♀2009・1.gif _MG_1805ヒメアカネ交尾2009.gif
スイレン抜き作業   作業を監督する?アキアカネ♀ ヒメアカネ交尾
        _MG_1809キトンボ2009・11・8.gif _MG_1546キトンボ♀2009・11.gif
           キトンボ♂           ♀

なお、スナアカネ狙いの海浜は風向きが今ひとつで、その後の動きはありません。
        _MG_1844海浜2009・11・8黒潮.gif _MG_1840ナツアカネ♂2009・1.gif
            海浜          ナツアカネ♂

画像はすべてクリックすると拡大します
   

by 杉村光俊  at 13:03 |  トンボ王国最新情報 |  comment (0)  |   |  page top ↑

初飛来

強い北風が吹き荒れた2日、赤トンボたちはやっぱり水辺で頑張っていました。
_MG_1384トンボ誘致池2009・1.gif _MG_1341アオイトトンボ連結.gif _MG_1327アキアカネ♂縄張り.gif
四万十川トンボ池   アオイトトンボ移精   アキアカネ縄張り飛翔
_MG_1336マイコアカネ連結&.gif _MG_1333ノシメトンボ♂+コ.gif _MG_1379ベニトンボ♀捕食200.gif
マイコアカネ交尾 ノシメトンボ♂+コノシメトンボ♀(左) ベニトンボ♀捕食

午後、近くの海浜には強風から逃れるように多くの赤トンボが集まっていました。その中に、お待ちかねのスナアカネ♂1頭。オオギンもアメイロも記録できていない、当地、今年初めての迷入トンボとなりました。ただ、松林の隙間から吹き込んでくる風に煽られなかなか落ち着かず、カメラの方はただの証拠写真に留まっています。
         _MG_1359海浜2009・11・2黒潮.gif _MG_1356スナアカネ♂2009・1.gif
         近くの海浜        スナアカネ♂ 

今月1日からトンボ王国内「四万十川学遊館あきついお」多目的ホールにて、第23回全日本トンボフォトコンテスト優秀作品展が始まりました。全国公募のトンボ生態写真の中から、先に開かれた審査会で選ばれた58点を掲示しています。産卵や縄張りなど、飛翔中の姿を捉えた作品が目立っています。29日までの会期中、見学者の人気投票で上位5点にトンボ王国特別賞が贈られます。
_MG_1398第23回全日本トンボ.gif _MG_1399第23回全日本トンボ.gif _MG_1400第23回全日本トンボ.gif 
             第23回全日本トンボフォトコンテスト


画像はすべてクリックすると拡大します

by 杉村光俊  at 10:23 |  トンボ王国最新情報 |  comment (0)  |   |  page top ↑
イベント情報・お知らせ
トンボ王国のホームページはこちらからどうぞ
www.gakuyukan.com/

催しのご案内

・世界に一つだけの標本特別展示
内容:タイリクショウジョウトンボの性モザイクと、種の保存法指定種ベッコウトンボとヨツボシトンボの交雑オスの標本を詳細な解説パネルとともに特別展示
期間: 7月22日(土)~9月3日(日)
場所:四万十川学遊館あきついお・とんぼ館第2室

・花のある昆虫写真展・人気投票付き
内容:蝶や甲虫など、花のまわりで活動している昆虫の生態写真64種をA-3パネルで紹介。
期間: 7月15日(土)~10月3日(日)
場所:四万十川学遊館あきついお・多目的ホール

・トンボ釣り体験
内容:糸で結んだメスで、オスを釣ります
日時:8月の毎土曜日(5・12・19・26)午前9時30分~10時30分
参加費:無料。ただし、四万十川学遊館あきついお入館料もしくは年間パスポートが必要。

第31回全日本トンボフォトコンテスト作品募集のお知らせ
閉め切り
平成29年9月30日(土)消印有効
募集要項
応募点数:1人5点まで(未発表作品に限ります)
生態部門:4切り(ワイド4切りまたはA3サイズ可)
金賞1点(賞金2万円、盾、賞状、賞品としてビーズリアルトンボセット〈特大〉ほか)
銀賞2点(賞金1万円、盾、賞状、賞品としてビーズリアルトンボセット〈中〉ほか)
銅賞5点(賞状、賞品としてビーズリアルトンボセット〈小〉ほか)
努力賞50点(賞品としてフォトコンテスト絵葉書ほか)
力だめし部門:キャビネ (2L またはA4サイズ可)
金賞1点(賞金5千円、盾、賞状、賞品としてビーズリアルトンボセット〈中〉ほか)
銀賞3点(賞品としてビーズトンボ・ギンヤンマ)
努力賞50点(賞品としてフォトコンテスト絵葉書ほか)
トンボ王国特別賞3点(盾、賞状、賞品としてビーズリアルトンボセット〈小〉ほか)
*展示作品58点(生体部門のみ)の中から入場者の人気投票で決定
通信実費として定額為替(切手可)を1人300円同封してください。
上位入賞者については、画像データの提供をお願いします(新聞掲載のため)。 詳細の問い合わせと作品の送付先:〒787-0019
高知県四万十市具同8055-5
トンボ自然公園内
公益社団法人トンボと自然を考える会 「トンボフォトコンテスト」係

ピラルクのエサやり
内容:全長2メートルのアマゾン川産ピラルクへの、スリル満点の給餌体験。
場所:四万十川学遊館あきついお・さかな館。
時間:開館日の午後4時~。
対象:入館者先着10名。
参加費:無料。ただし、「四万十川学遊館あきついお」の入館料が必要)。

毎日イベント・ビーズトンボ携帯ストラップ作り&四万十川の蛇紋岩みがき
内容:ビーズで作るトンボ・アクセサリーの携帯ストラップ版(簡素化したデザインで、所要時間約30分)と、磨くほどに輝きを増す四万十川の蛇紋岩みがき(所要時間約30分)。

日高村トンボ観察図鑑ができました
 この春、高知県日高村(高知市の西方、車で30分ほど)より、同村内でこれまでに記録されている73種類のトンボを紹介した標記ガイドブックが発行されました。本体A-5版160ページで、解説を本会の杉村光俊常務理事が担当したご縁で、本会でも販売させて頂いております。実寸大での生体標本画像と、和風の体色解説が大きな特徴です。
四万十川学遊館あきついお売店にて税込み1,000円で販売中、送料360円で郵送も承ります。日高村からの預かり部数は300弱、ご購入を希望される方はお早めお求め下さい。

『中国・四国のトンボ図鑑』 割引頒布について
トンボと自然を考える会の会員の方を対象に割引頒布を実施させて頂いております。
税込み価格3,675円のところ、あきついお四万十川学遊館・売店コーナーでは税込み価格3,150円でお分けさせて頂きます(ご購入の際には、必ず会員証をご提示下さい)。
また、宅配を希望される方は、税・送料込み3,400円とさせて頂きたく、必要額を本会郵便口座(01630-5-35218)にお振込み下さい。1週間ほどでお届けできます。

「ネーチャーフォト研究会」メンバー募集中
トンボと自然を考える会会員、または四万十川学遊館年間パスポート所有者を対象として、トンボ自然公園内で見られるトンボや花などの撮影案内、作品展示会(年1~2回)、研究会会員の撮影技術向上と親睦を深めることを目的とした勉強会等を行います。
撮影されたい動植物の時期や場所の問い合わせへの対応、撮影時のコツ等を職員がアドバイスさせていただきますので、多くの方々のご参加をお待ちしています。
お問い合わせは、トンボと自然を考える会事務局。

カテゴリー
検索フォーム
リンク
このブログをリンクに追加する
プロフィール

杉村光俊

Author:杉村光俊
1955年高知県中村市(現四万十市)に生まれる。
1985年(社)トンボと自然を考える会常務理事
日本蜻蛉学会会員
トンボ生態写真家

最近の記事
月別アーカイブ
最近のコメント
RSSフィード