モクレン開花

ここ数日の暖かさで、駐車場のモクレンが開花しました。この冬は、ほどほどに寒さが続いたので春の訪れが早まると予想してはいたものの、2月の開花はやっぱり早過ぎる気がします。
_MG_0199モクレン2・25加工.gif _MG_0200モクレン2・25加工.gif

啓蟄はもう少し先ですが、多くの動物がもうお目覚めの様子。ホソミイトトンボの越冬地ではマルクビツチハンミョウと遭遇、「学遊館あきついお」のメダカ・ビオトープには大きなウシガエルが鎮座していました。
_MG_0160ホソミイト冬♂2・23.gif _MG_0183ホソミイト冬型♂2・.gif _MG_0140ヒメツチ2・23.gif
          ホソミイトトンボ越冬型♂           マルクビツチハンミョウ

_MG_0194ウシガエル2・24.gif
ウシガエル

画像はすべてクリックすると拡大します



by 杉村光俊  at 17:58 |  トンボ王国最新情報 |  comment (0)  |   |  page top ↑

 追い込み

暑くなったと思ったら、また寒くなりました。
ただ、この冬は適度に寒さが続いたので、春の訪れは早いかもしれません。ヤゴが動き出すと、池の中での作業ができなくなります。トンボ王国のスタッフたち(といっても、私を含めたったの3?4人ですが)は池の水が温まぬうちにと、スイレン抜き作業の追い込みに勤しんでいます。
    _MG_0103スイレン抜き2・21.gif

スタッフの1人が増水したトンボ池の排水口で身動きがとれなくなっている「ミドリガメ」を発見、助け上げるのですが、なぜかまた排水口にまっしぐら。「7転び8起き」で、ようやく危機を脱することができました。
_MG_0064ミドリガメ2・20.gif _MG_0068ミドリガメ2・20.gif _MG_0069ミドリガメ2・20.gif
はまる               助ける              またはまる

わけあって魚の水中写真撮影を手がけていますが、今回は「とある渓流」でルリヨシノボリを撮ってきました。
ルリヨシノボリ1.gif ルリヨシノボリアップ2.gif

学遊館あきついおの植え込みにやってくるメジロはずいぶん人馴れし、ちょっとやそっとでは逃げ出さなくなりました。
    _MG_0097メジロ2・21.gif _MG_0098メジロ2・21.gif

画像はすべてクリックすると拡大します

by 杉村光俊  at 16:18 |  トンボ王国最新情報 |  comment (0)  |   |  page top ↑

変で暑

春を通り過ぎ、初夏の陽気となった14、15日。学遊館あきついお・さかな館では、早くも西表島産ゴクラクハゼと四万十水系産ドンコが産卵を始めました。
_MG_9865ゴクラク育児2・14.gif _MG_9950ドンコ産卵2・15.gif
ゴクラクハゼ(左)とドンコ(右)の産卵

保護区では、冬眠中の昆虫たちが時ならぬ暖気に大慌て?の様子。いくら暖かな日でも、この時期には陽だまりで翅を広げての日向ぼっこが「関の山」の越冬チョウ。早々に開花したツボスミレで吸蜜するキチョウくらいならまだしも、激しい縄張り争いを繰り広げるキタテハやルリタテハに加え、交尾行動まで見せるツマグロキチョウには、ただただ唖然とさせられるばかり。
_MG_9886キチョウ吸蜜2・14.gif _MG_9977キタテハ2・15.gif _MG_9998ツマグロキチョウ交.gif
 キチョウ吸蜜          キタテハ縄張          ツマグロキチョウ交尾

湿地保護区近くの林縁で越冬中のホソミイトトンボに出合えたことは、儲けものでした。
_MG_9913陽だまり2009・2・14.gif _MG_9910ホソミイト冬♀2・14.gif
       陽だまりでホソミイトトンボ越冬型♀を発見

潮まわりがいいので再度「とある河口」に出向き、今度はヒメハゼを撮ってきました。ここで、四国では死滅回遊魚とされてきたギンガメアジの若魚2尾を目撃、温暖化によって本種がすでに四国の地でも越冬できるようになっていると聞いてはいましたが、今回図らずもそのことが確認できたわけです。
ヒメハゼワイド2009・2・14下.gif ヒメハゼ2009・2・14下ノ加江.gif ギンガメアジ?2009・2・14下.gif
          ヒメハゼ             同左            ギンガメアジ 

トンボシーズン再開が近づいてきたので、スタッフは昼下がりの2時間ほど、暑さに負けずスイレン抜きに「結構な」汗を流しました。
     _MG_0003作業2・15.gif

画像はすべてクリックすると拡大します

by 杉村光俊  at 15:37 |  トンボ王国最新情報 |  comment (0)  |   |  page top ↑

   春近し

 寒さが緩んで、春の花が咲き始めました。
_MG_9687梅2・8 _MG_9693梅2・8.gif _MG_9685ツボスミレ2・8.gif
トンボ王国近所のウメ                       ツボスミレ
        _MG_9699ツバキ2・8ヤブツバキ _MG_9696トンボ王国2009・2・.gif トンボ池


11日は、とある河口へ汽水魚の調査に出掛けました。水中撮影にもチャレンジ、初めてスジハゼ(正確にはスジハゼ近似種とすべきもののようですが)の映像が撮れました。が、汽水域の悲しさで、水中は淡水と海水が交じり合って常に陽炎状態。粘りに粘りましたが、本種を特徴付ける金青色の鱗が織別できるところまでがやっとでした。
スジハゼ?2009・2・11下ノ加.gif スジハゼ?2009・2・11下ノ加.gif スジハゼ2009・2・11下ノ加江.gif
 スジハゼ近似種

12日は、また成虫越冬のトンボ探し。今年初めてホソミオツネントンボの♀(前回は♂)を見つけました。ホソミイトトンボ♂の腹端は、幾分青味が差してきたようです。
_MG_9825ホソミオツネン♀2・.gif _MG_9823ホソミオツネン2・12.gif _MG_9829ホソミイト冬♂2・12.gif
         ホソミオツネントンボ♀              ホソミイトトンボ越冬型♂


画像はすべてクリックすると拡大します
by 杉村光俊  at 12:37 |  トンボ王国最新情報 |  comment (0)  |   |  page top ↑

メダカの学校・開校ほか

6日と7日は久しぶりでトンボ池に浸かり、スイレン抜き兼イノシシによるところの観察道補修に汗を流しました。池の水が温んできたのか、あちらこちらでメダカが群れていました。
_MG_9600トンボ池2009・2・5.gif _MG_9602スイレン抜き2・6.gif _MG_9639メダカ2・6.gif 

突然ですが、話題をエンゼル・フィッシュに移します。トンボ王国の中に、「四万十川学遊館あきついお」なる、トンボと淡水・汽水魚に特化したフィールド・ミュージアムが建てられていて、この内、アカメなど四万十川水系産約120種などを飼育展示している「さかな館」の一角に繁殖コーナーがあります。口の中で子育てする魚や、泡で作った巣で子育てする魚など、物怖じしない性格に加えユニークな繁殖方法を見せてくれる魚ばかり約10種を紹介しています。夫婦揃って子育てする魚の代表としてエンゼルを展示していて、ちょうど今、ゴールデンと呼ばれる品種のペアーが子育ての真っ最中です。よく見ると子供たちの中にゴールデンダイヤと呼ばれる、ウロコがキラキラと輝くタイプの品種が混じっています。実は、この親カップルは今から3年近く前、ゴールデンの♂とゴールデンダイヤの♀から生まれた個体。つまり、メンデルさん提唱の「遺伝の法則」さながらの光景が、小さな展示水槽の中で展開されているという訳です。
IMG_9650繁殖コーナー.gif _MG_9557エンゼル育児.gif _MG_9538ダイヤモンド・エン.gif
                    育児中のゴールデン    ダイヤモンドの子供

なお、飼育担当さんによれば、近々ヨツメウオの孫も生まれそうとのことですが、こちらは改良品種がないので、肉眼による遺伝の法則検証はムリでしょう。

画像はすべてクリックすると拡大します
by 杉村光俊  at 15:40 |  トンボ王国最新情報 |  comment (0)  |   |  page top ↑

   おさかな三昧

 2月に入り、1、2日と好天に恵まれました。トンボ王国は相変わらず、野鳥天国です。
_MG_9422アオサギ+ダイサギ2.gif  _MG_9425ダイサギ2・トリミン.gif
ダイサギ+アオサギ      ダイサギ

「学遊館あきついお・さかな館」は、魚たちのベビーラッシュに沸いています。エンゼルやブリチャージといった熱帯魚は元より、厳しい寒さが一段落してカネヒラ、アブラボテに続き、シロヒレタビラやキタノアカヒレタビラなどの♂にも婚姻食が出始めました。ミヤコタナゴに至っては、もう幼魚段階のものまで。そこで1日は、近くの川に出掛けタナゴ産卵用二枚貝堀り。
_MG_9466エンゼル育児2・2.gif  _MG_9402ブリチャージ子育て1.gif  _MG_9464スゴ+シロヒレ2・2.gif
子育て中のエンゼル       ブリチャージの大家族     シロヒレタビラ+スゴモロコ

_MG_9465アカヒレタビラ2009.gif  _MG_9454コウライ+ミヤコ2・.gif
キタノアカヒレタビラ     ミヤコタナゴ+コウライモロコ(幼魚)

2日は年末に昇天させてしまったハリセンボン調達で、足摺岬近くの漁港へ。とりあえず、夏に小さいものが取れるまでということで、20cm近い2尾をキープしてきました。採集はしませんでしたが、たくさんのクロサギやサツキハゼと共に、真冬にも関わらずトゲチョチョウウオ、ソラスズメ、ミノカサゴなどまで見られ、さすが亜熱帯の海というか、温暖化というか・・・。
_MG__MG_9427ハリセンボン2・2.gif  _MG_9431クロサギ2・2.gif  __MG_9435サツキハゼ2・2.gif
ハリセンボン            クロサギ              サツキハゼ

5年以上も見られなかった、チャイロチビゲンゴロウも復活していました。
_MG_9453竜串2・2.gif  _MG_9439チャイロチビゲン2・.gif  _MG_9439チャイロチビ・トリ.gif
生息環境             チャイロチビゲンゴロウ       拡大(全長約3?)


画像は全てクリックすると拡大します



by 杉村光俊  at 13:58 |  トンボ王国最新情報 |  comment (0)  |   |  page top ↑
イベント情報・お知らせ
トンボ王国のホームページはこちらからどうぞ
www.gakuyukan.com/

催しのご案内

第5回ネーチャーフォト研究会作品発表展示会
内容:自然と生き物大好きメンバー渾身の生物写真64点を、A-3サイズのパネルで紹介。ビーズトンボ額がもらえる人気投票つき。
日時:平成29年4月22日(土)~7月17日(月)。
場所:四万十川学遊館あきついお・多目的ホール。
入場:四万十川学遊館あきついおの入館料が必要。

みんな、こい展
内容:一口にコイといっても、大きさや泳ぎ方、食べ物もまちまち。多様な水環境で独自の進化を遂げた個性的なコイ科の魚10種を6基の中型水槽で特別展示。
日時:平成29年4月22日(土)~5月7日(日)。
場所:四万十川学遊館あきついお・さかな館コミュニティー広場。
入場:四万十川学遊館あきついおの入館料が必要。

メダカすくい・こどもの日バージョン
内容:金魚すくいの「ポイ」を使って、タライで泳ぐトンボ王国産メダカをすくいます。2尾までお持ち帰り頂けます。
場所:四万十川学遊館さかな館・階段下。
入場:四万十川学遊館あきついおの入館料が必要。 小学生以下の有料入館者は1回無料。2回目以降や一般の方についても、1回100円でご体験頂けます。なお、アメリカザリガニのタライもあります。こちらのお持ち帰りは1回1尾となります。
特別ルール:5月5日のみ、すくった数に応じてお菓子などと交換することができます。

第1回学遊館クラブ「フナ釣り」
内容:ミミズ掘りから始まるフナ釣りです。
日時:平成29年5月14日(日)午前10時~12時。
場所:トンボ王国のトンボ池。
対象:小学生。補助役として大人の方の参加を歓迎します。
参加費:無料。ただし参加資格は本会会員か、四万十川学遊館の年間パスポート所有者。

ピラルクのエサやり
内容:全長2メートルのアマゾン川産ピラルクへの、スリル満点の給餌体験。
場所:四万十川学遊館あきついお・さかな館。
時間:開館日の午後4時~。
対象:入館者先着10名。
参加費:無料。ただし、「四万十川学遊館あきついお」の入館料が必要)。

毎日イベント・ビーズトンボ携帯ストラップ作り&四万十川の蛇紋岩みがき
内容:ビーズで作るトンボ・アクセサリーの携帯ストラップ版(簡素化したデザインで、所要時間約30分)と、磨くほどに輝きを増す四万十川の蛇紋岩みがき(所要時間約30分)。

日高村トンボ観察図鑑ができました
 この春、高知県日高村(高知市の西方、車で30分ほど)より、同村内でこれまでに記録されている73種類のトンボを紹介した標記ガイドブックが発行されました。本体A-5版160ページで、解説を本会の杉村光俊常務理事が担当したご縁で、本会でも販売させて頂いております。実寸大での生体標本画像と、和風の体色解説が大きな特徴です。
四万十川学遊館あきついお売店にて税込み1,000円で販売中、送料360円で郵送も承ります。日高村からの預かり部数は300弱、ご購入を希望される方はお早めお求め下さい。

『中国・四国のトンボ図鑑』 割引頒布について
トンボと自然を考える会の会員の方を対象に割引頒布を実施させて頂いております。
税込み価格3,675円のところ、あきついお四万十川学遊館・売店コーナーでは税込み価格3,150円でお分けさせて頂きます(ご購入の際には、必ず会員証をご提示下さい)。
また、宅配を希望される方は、税・送料込み3,400円とさせて頂きたく、必要額を本会郵便口座(01630-5-35218)にお振込み下さい。1週間ほどでお届けできます。

「ネーチャーフォト研究会」メンバー募集中
トンボと自然を考える会会員、または四万十川学遊館年間パスポート所有者を対象として、トンボ自然公園内で見られるトンボや花などの撮影案内、作品展示会(年1~2回)、研究会会員の撮影技術向上と親睦を深めることを目的とした勉強会等を行います。
撮影されたい動植物の時期や場所の問い合わせへの対応、撮影時のコツ等を職員がアドバイスさせていただきますので、多くの方々のご参加をお待ちしています。
お問い合わせは、トンボと自然を考える会事務局。

カテゴリー
検索フォーム
リンク
このブログをリンクに追加する
プロフィール

杉村光俊

Author:杉村光俊
1955年高知県中村市(現四万十市)に生まれる。
1985年(社)トンボと自然を考える会常務理事
日本蜻蛉学会会員
トンボ生態写真家

最近の記事
月別アーカイブ
最近のコメント
RSSフィード