FC2ブログ

トンボ王国とは

正式名称・四万十市トンボ自然公園。高知県四万十市の自然保護団体・社団法人トンボと自然を考える会が中心となり、1985年より市内田黒池田谷に広がる休耕田を整備した世界初のトンボ保護区。現在の広さは約8.7ヘクタールで現在もナショナル・トラストで用地を拡張中。スイレンやハナショウブなど四季の花咲く大小50余りのトンボ池では、3月下旬から12月にかけて60種以上のトンボが飛び交う。
エリア内にはトンボ1000種を含め、約5000種に上る世界の昆虫標本と、アカメを始めとする120種の四万十川の魚を含め300種5000尾に上る世界の淡水・汽水魚を展示・飼育する「あきついお四万十川学遊館」があり、自然保護区としてだけではなく、観光や学童らの環境学習にも活用されている。
テーマ: 高知(土佐) -  ジャンル: 地域情報
by 杉村光俊  at 12:05 |  トンボ王国最新情報 |   |   |  page top ↑

赤トンボ・シーズン到来

 猛暑の夏が過ぎ、マユタテアカネの産卵が始まったトンボ王国。マイコアカネも灌木林の中で色付いてきました。流れが戻った池田川では、ハグロトンボの♂たちの小競り合いがあちらこちらで勃発しています。なお、今シーズンのトンボ王国記録種は、オオアオイトトンボの確認で現在56です。

  239A7461マユタテアカネ♂2020・9・1トンボ王国右手湿地保護区  239A8007マユタテアカネ連結産卵2020・9・8トンボ王国右手湿地保護区  239A7818リスアカネ♂2020・9・6トンボ王国右手湿地保護区
   マユタテアカネ♂   同 連結産卵    リスアカネ♂

  239A7831マイコアカネ♂2020・9・6トンボ王国ライオンズの森 239A7745マイコアカネ半成熟♀2020・9・5トンボ王国ライオンズの森 239A8472ノシメトンボ♂2020・9・10トンボ王国右手湿地保護区
   マイコアカネ♂    同 ♀        ノシメトンボ♂

  239A7739シオカラトンボ♂捕食2020・9・5トンボ王国右手湿地保護区 239A7655オオアオイトトンボ半成熟♀2020・9・4トンボ王国右手湿地保護区 239A7997エゾトンボ♂2020・9・7トンボ王国右手湿地保護区
  シオカラトンボ♂捕食 オオアオイトトンボ♀ エゾトンボ♂

  239A8201ハグロトンボ♂争い2020・9・8トンボ王国 239A7583キイトトンボ交尾2020・9・3トンボ王国右手湿地保護区 239A8538クロセセリ吸蜜&ミソハギ2020・9・10トンボ王国右手湿地保護区
  ハグロトンボ♂争い  キイトトンボ交尾 クロセセリ&ミソハギ

 猛暑と干ばつで葉が散った、駐車場のハクモクレンの木が季節外れで数輪の花を咲かせました。ススキも数株、当地としては半月以上も早く開花しています。

  239A8590ハクモクレン2020・9・10トンボ王国 239A7606ススキ2020・8・3トンボ王国 239A7684カキツバタ2020・9・4トンボ王国
   ハクモクレン    ススキ       カキツバタ
  
 9月1日、最下流の四万十川トンボ池で初めて2頭のベニイトトンボ♂を発見、おそらく直線距離で7㎞近く離れたトンボ王国からの飛来と推察されます。

   239A7433ベニイトトンボ♂2020・9・1四万十市鍋島四万十川トンボ池 239A7769ツマグロヒョウモン♂吸蜜&スターチス2020・9・5四万十市鍋島四万十川 239A8034イソシギ2020・9・7四万十市鍋島四万十川
   ベニイトトンボ♂  ツマグロヒョウモン♂  イソシギ
   
 ヤゴ探しメインで出向いた愛媛県山中の池は、今年もオオルリボシヤンマのお祭り状態でした。

   239A8330オルリボシヤンマ♂探飛翔2020・9・9愛媛県 239A8300オオルリボシヤンマ緑色♀産卵2020・9・9愛媛県 239A8325オオルリボシヤンマ青色♀産卵2020・9・9愛媛県
  オオルリボシヤンマ♂  同 緑色型♀産卵   同 青色型♀産卵

 赤トンボ・シーズンが近付いたので、赤鉄橋下のトンボ池をきれいにしました(早い話が草刈り)。早速、色々なトンボがやってきました。

  239A8747ギンヤンマ連結産卵2020・9・13四万十市中村四万十町四万十川トンボ池 239A8800セスジイトトンボ連結産卵2020・9・13四万十市四万十町四万十川トンボ 239A8783ハネビロトンボ♂2020・9・13四万十市中村四万十町四万十川トンボ池
ギンヤンマ連結産卵 セスジイトトンボ連結産卵 ハネビロトンボ♂

 画像はすべて、クリックすると拡大します。




  
by 杉村光俊  at 19:39 |  トンボ王国最新情報 |  comment (0)  |   |  page top ↑

トンボ王国記録種81種に

 8月後半の観察記録まとめです。

 四万十市が全国の最高気温を記録した中旬の数日間、チョウトンボのオスたちは逆立ち姿勢で水辺を飛び交っていました。

  239A4686チョウトンボ逆立ち2020・8・14トンボ王国 239A4364チョウトンボ追尾2020・8・13トンボ王国 239A5293チョウトンボ腹部挙上飛翔2020・8・17トンボ王国
  チョウトンボ♂逆立ち 同 追尾      同 ♂腹部挙上飛翔

 猛暑以上に困ったことは、梅雨明け以降の異常少雨で、いくつかのトンボ池が干上がったことです。メダカやドンコなど多くの淡水魚も犠牲になりました。25日午前の一時的な豪雨で池の水はかなり戻り、子育て中のカルガモ親子にとっては「恵みの雨」ながら、多くの水生動物にとっては「時すでに遅し」でした。

  239A6140渇水2020・8・23トンボ王国ヒメガマ池 239A6497豪雨2020・8・25トンボ王国 239A6543カルガモ親子2020・8・25トンボ王国
   渇水        恵みの雨      カルガモ親子

  239A5731ドンコ2020・8・21トンボ王国本谷奥 239A5484オオシオカラトンボ産卵2020¥・8・19トンボ王国右手湿地保護奥 239A6265シオカラトンボ警護産卵2020・8・24トンボ王国
   ドンコ   オオシオカラトンボ産卵 シオカラトンボ警護産卵

  239A6700 ウスバキトンボ連結産卵2020・8・26トンボ王国- コピー 239A6436アオモンイトトンボ産卵2020・8・24トンボ王国 239A5479オニヤンマ産卵2020・8・19トンボ王国右手湿地保護区奥
 ウスバキトンボ連結産卵 アオモンイトトンボ産卵 オニヤンマ産卵  

 高温+乾燥に見舞われた今夏、林探訪は好調で、めったに出合えないマルタンヤンマ・オスも3回に渡り至近距離で撮影させてもらえました。

  239A4168ネアカヨシヤンマ♂2020・8・12トンボ王国白ケ谷 239A4992ネアカヨシヤンマ♀2020・8・15トンボ王国本谷奥 239A4476ヤブヤンマ♂2020・8・13トンボ王国本谷奥
  ネアカヨシヤンマ♂  同 ♀        ヤブヤンマ♂

  239A5225ミルンヤンマ♂2020・8・16トンボ王国白ケ谷 239A5213コシボソヤンマ♂2020・8・16トンボ王国白ケ谷 239A7274マルタンヤンマ♂2020・8・31トンボ王国右手湿地保護区
   ミルンヤンマ♂   コシボソヤンマ♂  マルタンヤンマ♂   

 さらに、昨年ダメで今年も…とあきらめていたカトリヤンマにも遭遇、さらにさらに、ミルンヤンマの産卵を狙っていた時、目の前(1m以内)に足元の小流から飛び立った、トンボ王国未記録種のオジロサナエ・オスを確認、これで今シーズンも2005年から継続中の1シーズン確認種60以上をほぼ確実なものにする55種目の確認となり、トンボ王国の総記録種も81に更新されました。ただ、今回初記録のオジサナエロは一瞬の出来事だったため標本も写真もなく、冬季のヤゴ探しで再確認を、と考えています。

  239A5318カトリヤンマ♂2020・8・17トンボ王国本谷奥 239A6630ミルンヤンマ産卵2020・8・25トンボ王国本谷奥 239A5146スミナガシ2020・8・16トンボ王国右手湿地保護区奥ロウ
   カトリヤンマ♂   ミルンヤンマ産卵   スミナガシ  

 猛暑の影響からか、例年より1週間ほど遅れてマユタテアカネとリスアカネが水辺で活動を始めています。なお、ヒメアカネはまだ林縁暮らしです。

  239A5513マユタテアカネ♂2020・8・19トンボ王国ライオンズの森 239A6336リスアカネ♂2020・8・24トンボ王国右手湿地保護区 239A6860ヒメアカネ半成熟♂2020・8・28トンボ王国
   マユタテアカネ♂  リスアカネ♂     ヒメアカネ♂

  239A4357シオカラトンボ♂捕食(ウシアブ)2020・8・13トンボ王国右手湿地保護区 239A6951シオカラトンボ♀捕食(ベニイトトンボ♂)2020・8・29トンボ王国右手湿地保護区 239A4638コフキトンボ♂黄昏摂食飛翔2020・8・13トンボ王国
シオカラトンボ♂捕食(ウシアブ)同 ♀捕食(ベニイト)コフキトンボ♂  

 一向に新型コロナが収束しないので遠出ができません。トンボ王国のほかは市内の渓流にオジロサナエを、徳島県にナゴヤとミヤマサナエを撮りに行った程度、松山市に一度アオビタイトンボを求めて行きましたが、これは空振りでした。

  239A5652オジロサナエ♂2020・8・20四万十市竹屋敷掃除谷 239A7182オジロサナエ産卵2020・8・31四万十市竹屋敷掃除谷 239A5661ミヤマカワトンボ♂2020・8・20四万十市竹屋敷掃除谷
   オジロサナエ♂    同 産卵     ミヤマカワトンボ♂

  239A5096ナゴヤサナエ♂2020・8・16徳島県 239A6918ミヤマサナエ♂2020・8・29徳島県 239A5128ミヤマサナエ産卵2020・8・16徳島県
   ナゴヤサナエ♂   ミヤマサナエ♂   同 ♀(卵塊作り)

画像はすべて、クリックすると拡大します。



  



  
by 杉村光俊  at 17:04 |  トンボ王国最新情報 |  comment (0)  |   |  page top ↑

只今51種

 長い梅雨が明け、炎天下でのトンボ撮りに突入しています。

  239A3239クマゼミ♂2020・8・9トンボ王国 239A9860ウスバキトンボ♂なわばり飛翔2020・7・25トンボ王国 239A3264ショウジョウトンボ♂&黄色スイレン池2020・8・9トンボ王国
   クマゼミ♂     ウスバキトンボ♂  ショウジョウトンボ♂

 スイレン池はチョウトンボのお祭り状態。

  239A2313チョウトンボ交尾飛翔2020・8・5トンボ王国 239A9715チョウトンボ産卵2020・7・25トンボ王国 239A0994チョウトンボ♂2020・7・31トンボ王国
   チョウトンボ交尾   同 産卵       同 ♂
  
 梅雨明けが遅すぎたのと、例年よりも前倒しで羽化したに違いないヤンマたちが年老いてしまったためか、「ヤンマの梅雨明け群飛」はさっぱりでした。それでも、林探訪はそれなりに成果が上がっています。

  239A1132マルタンヤンマ♂2020・7・31トンボ王国中央 239A1364マルタンヤンマ♀2020・8・1トンボ王国右手湿地保護区 239A1443ネアカヨシヤンマ♂2020・8・1トンボ王国本谷奥
   マルタンヤンマ♂   同 ♀      ネアカヨシヤンマ♂

  239A2580ネアカヨシヤンマ♀休止20208・6トンボ王国本谷奥 239A2746ヤブヤンマ老熟♂2020・8・7トンボ王国本谷奥 239A1412ヤブヤンマ♀2020・8・1トンボ王国本谷奥
  ネアカヨシヤンマ♀  ヤブヤンマ♂     同 ♀

  239A1708コシボソヤンマ♀2020・8・2トンボ王国本谷奥 239A1679ミルンヤンマ♂2020・8・2トンボ王国本谷奥 239A2588ミルンヤンマ未成熟♀2020・8・6トンボ王国本谷奥
  コシボソヤンマ♀    ミルンヤンマ♂   同 ♀

  239A3229オニヤンマ♂探雌パトロール2020・8・9トンボ王国右手湿地保護区奥 239A0630オニヤンマ産卵2020・7・29トンボ王国右手湿地保護区 239A0697マユタテアカネ♂2020・7・29トンボ王国右手湿地保護区
   オニヤンマ♂    同 産卵       マユタテアカネ♂

 今シーズンのトンボ王国内での確認(とんぼ)種は現在51種。カトリヤンマの発見がほとんど絶望的になっている現状では、2005年から継続している1シーズン60以上の確認が難しくなってきました。少なくとも、トンボ王国内では定着が確認できていない、いわゆる迷入種が3~4種入ってこないと達成が難しくなってきた感じですが、そんな中でアメイロトンボが少数入ってきてくれ、少し望みが出てきたかもしれません。

  239A3955アメイロトンボ産卵2020・8・11 239A3426コフキトンボ交尾飛翔2020・8・9トンボ王国 239A1237エゾトンボ♂なわばり飛翔2020・8・1トンボ王国右手湿地保護区
  アメイロトンボ産卵  コフキトンボ交尾   エゾトンボ♂

  239A0958ギンヤンマ連結産卵2020・7・31トンボ王国 239A3290ベニイトトンボ連結産卵&黄色スイレン池 239A2925ウチワヤンマ老熟♂&ショウジョウトンボ♂2020・8・8トンボ王国ロウ
ギンヤンマ連結産卵 ベニイトトンボ連結産卵 ウチワ&ショウジョウ

  239A1648キイトトンボ♂捕食2020・8・1トンボ王国 239A2031シオカラトンボ♂捕食(ウシアブ)2020・8・4トンボ王国右手湿地保護区 239A2446オオシオカラトンボ♂&コオニヤンマ♂2020・8・5トンボ王国本谷奥
キイトトンボ♂捕食 シオカラトンボ♂捕食 オオシオカラ♂&コオニ♂
  
 新型コロナが怖いので?遠出ができず、トンボ王国外では近くの川でコシボソやオナガサナエを追いかけています。数百m県境を越えましたが、四国カルストで久々にミヤマサナエを見つけることができました。

  239A1622コシボソヤンマ♂なわばり飛翔2020・8・1四万十市具同中組相ノ沢 239A2512オナガサナエ♂2020・8・5四万十市若藤出合 239A2543オナガサナエ産卵2020・8・5四万十市若藤出合
   コシボソヤンマ♂  オナガサナエ♂     同 産卵

  239A1795シコクトゲオトンボ交尾2020・8・3津野町 239A0792ミヤマサナエ未成熟♂2020・7・30愛媛県久万高原町 239A1851アキアカネ未成熟♂2020・8・3愛媛県久万高原町
 シコクトゲオトンボ交尾 ミヤマサナエ未成熟♂ アキアカネ未成熟♂ 

画像はすべて、クリックすると拡大します。


by 杉村光俊  at 10:32 |  トンボ王国最新情報 |  comment (0)  |   |  page top ↑

カノコユリ開花

 梅雨空が続くトンボ王国。遅咲きのハナショウブもチラホラ。毎年、開花直前にイノシシの食害に遭っていたライオンズの森周辺のカノコユリでしたが、今年はノシシ柵設置の甲斐あって無事咲かせることができました。まだ蕾も多く、これから少なくとも50輪以上は楽しめそうです。

  239A9041ハナショウブ2020・7・22トンボ王国 239A9344カノコユリ2020・7・23トンボ王国 239A8061カノコユリ2020・7・16トンボ王国
   ハナショウブ          カノコユリ

 肝心のトンボですが、チョウトンボの群飛が圧巻です。青空が広がると、あちらこちらで小競り合いが始まります。エサになる残念な個体もいますが…

  239A9320チョウトンボ♂探雌飛翔2020・7・23トンボ王国 239A9294チョウトンボ交尾飛翔2020・7・24トンボ王国 239A9001アオメアブ捕食(チョウトンボ未成熟♀)2020・7・22トンボ王国右手湿地保護区
   チョウトンボ♂   同 交尾飛翔   アオメアブに捕まった♀
  
 例年なら林探訪の季節ですが、梅雨明けしていないのでスタートできません。ちょっとした晴れ間を見つけて予行練習しています。思いがけず今シーズンの初物となるミルンヤンマのオスと遭遇しました。

  239A9071ミルンヤンマ半成熟♂2020・7・22トンボ王国右手湿地保護区奥 239A8679シコクトゲオトンボ♂2020・7・20トンボ王国本谷奥 239A7845マユタテアカネ未成熟♂2020・7・14トンボ王国右手湿地保護区
  ミルンヤンマ未成熟♂ シコクトゲオ♂  マユタテアカネ未成熟♂
  
 その他、今見られるトンボ達です。

  239A9037ウチワヤンマ♂2020・7・22トンボ王国 239A8970コオニヤンマ♂2020・7・22トンボ王国 239A8033オニヤンマ♀摂食飛翔2020・7・16トンボ王国右手湿地保護区
   ウチワヤンマ♂   コオニヤンマ♂    オニヤンマ♀

  239A9244エゾトンボ♂なわばり飛翔2020・7・23トンボ王国 239A9096ネアカヨシヤンマ産卵2020・7・22トンボ王国 239A8770ハグロトンボ♂2020・7・20トンボ王国
   エゾトンボ♂   ネアカヨシヤンマ産卵  ハグロトンボ♂

  239A8664ウスバキトンボ♀休止2020・7・20トンボ王国本谷奥 239A8230コフキヒメイトトンボ♂休眠場所探し2020・7・17トンボ王国 239A9236コフキトンボ交尾2020・7・22トンボ王国
  ウスバキトンボ♀  コフキヒメイトトンボ♂ コフキトンボ交尾

  239A7852ホシホウジャク&ムクゲ2020・7・14トンボ王国 239A9087オオトモエ2020・7・22トンボ王国白ヶ谷 239A8151ニホンカナヘビ2020・7・17トンボ王国右手湿地保護区
   ホシホウジャク   オオトモエ     ニホンカナヘビ

  239A8051コオニユリ2020・7・16トンボ王国 239A8066チャワンバス2020・7・16トンボ王国 239A9347オグラコウホネ2020・7・23トンボ王国
   コオニユリ     チャワンバス    オグラコウホネ

 満を持して臨んだ今年のミナミヤンマ・シーズンでしたが、余りの激減振りで大した成果もないまま終わろうとしています。

  239A8135ミナミヤンマ♂水浴び後2020・7・17日高村 239A8692ミナミヤンマ濃条翅型♀2020・7・20土佐清水市足摺岬 239A7965ミナミヤンマ無条翅型♀休止2020・7・15土佐市
  日高村ミナミヤンマ♂ 同 足摺濃条翅型♀ 同 土佐市無条翅型♀

 画像はすべて、クリックすると拡大します。











  



  

  



  
by 杉村光俊  at 15:08 |  トンボ王国最新情報 |  comment (0)  |   |  page top ↑
イベント情報・お知らせ
トンボ王国のホームページはこちらからどうぞ
www.gakuyukan.com/

お知らせ

トンボ王国に憩うレッドリスト生物写真展
期間:~2020年9月30日(水)
場所:四万十川学遊館あきついお・とんぼ館ロビー
内容:トンボ王国で見られる、または記録されている高知県版絶滅危惧生物64種をA-3パネルで紹介。
*本来はゴールデンウイーク期間中の特別展でしたが、同期間は新型コロナウイルス蔓延防止のために臨時休館を余儀なくされたことから、展示期間を延長しています。

その他

毎日イベント・ビーズトンボ携帯ストラップ作り&四万十川の蛇紋岩みがき
内容:ビーズで作るトンボ・アクセサリーの携帯ストラップ版(簡素化したデザインで、所要時間約30分)と、磨くほどに輝きを増す四万十川の蛇紋岩みがき(所要時間約30分)。

『中国・四国のトンボ図鑑』 割引頒布について
トンボと自然を考える会の会員の方を対象に割引頒布を実施させて頂いております。
税込み価格3,675円のところ、あきついお四万十川学遊館・売店コーナーでは税込み価格3,150円でお分けさせて頂きます(ご購入の際には、必ず会員証をご提示下さい)。
また、宅配を希望される方は、税・送料込み3,400円とさせて頂きたく、必要額を本会郵便口座(01630-5-35218)にお振込み下さい。1週間ほどでお届けできます。

「ネーチャーフォト研究会」メンバー募集中
トンボと自然を考える会会員、または四万十川学遊館年間パスポート所有者を対象として、トンボ自然公園内で見られるトンボや花などの撮影案内、作品展示会(年1~2回)、研究会会員の撮影技術向上と親睦を深めることを目的とした勉強会等を行います。
撮影されたい動植物の時期や場所の問い合わせへの対応、撮影時のコツ等を職員がアドバイスさせていただきますので、多くの方々のご参加をお待ちしています。
お問い合わせは、トンボと自然を考える会事務局。

カテゴリー
検索フォーム
リンク
このブログをリンクに追加する
プロフィール

杉村光俊

Author:杉村光俊
1955年高知県中村市(現四万十市)に生まれる。
1985年(社)トンボと自然を考える会常務理事
日本蜻蛉学会会員
トンボ生態写真家

最近の記事
月別アーカイブ
最近のコメント
RSSフィード