トンボ王国とは

正式名称・四万十市トンボ自然公園。高知県四万十市の自然保護団体・社団法人トンボと自然を考える会が中心となり、1985年より市内田黒池田谷に広がる休耕田を整備した世界初のトンボ保護区。現在の広さは約8.7ヘクタールで現在もナショナル・トラストで用地を拡張中。スイレンやハナショウブなど四季の花咲く大小50余りのトンボ池では、3月下旬から12月にかけて60種以上のトンボが飛び交う。
エリア内にはトンボ1000種を含め、約5000種に上る世界の昆虫標本と、アカメを始めとする120種の四万十川の魚を含め300種5000尾に上る世界の淡水・汽水魚を展示・飼育する「あきついお四万十川学遊館」があり、自然保護区としてだけではなく、観光や学童らの環境学習にも活用されている。
テーマ: 高知(土佐) -  ジャンル: 地域情報
by 杉村光俊  at 12:05 |  トンボ王国最新情報 |   |   |  page top ↑

秋深まる

 木々が紅葉し始めたトンボ王国。アキアカネも終日見られるようになってきました。

   239A6889ニシキギ2017・11・6トンボ王国  239A6890ニシキギ2017・11・6トンボ王国  239A6893アキアカネ♂2017・11・6トンボ王国
               ニシキギ              アキアカネ♂

239A7576オオアオイトトンボ♂2017・11・10トンボ王国 239A7563オオアオイトトンボ連結産卵2017・11・10トンボ王国 239A7143ベニイトトンボ♀2017・11・8トンボ王国 239A6995ベニシジミ&ヨメナ2017・11・78トンボ王国
オオアオイトトンボ♂&連結産卵 ご長寿記録のベニイトト♀ ヨメナ&ベニシジミ

 秋が深まり、湿地保護区の除草作業が本格化しています。これまでのやり方ではイノシシの餌場を維持しているだけの感もあり、より安定的なトンボ保護を期し、先ずは高知県内で最も絶滅の恐れが高いモートンイトトンボが生息しているエリアを金属製防獣柵で囲うことにしました(材料発注中)。

   239A6991除草作業2017・11・7トンボ王国(右湿地保護区)  239A7697除草作業2017・11・12トンボ王国(白ヶ谷)  239A7699除草作業2017・11・12トンボ王国(白ヶ谷)
         除草作業:右手湿地保護区       モートンイトトンボ保護区

 四万十川トンボ池では、まばらな赤トンボを尻目にアオイトトンボがまだ頑張っています。

239A7712ノシメトンボ♂2017・11・12四万十市中村四万十町四万十川トンボ池 239A7027アオイトトンボ交尾2017・11・7四万十市中村四万十町四万十川トンボ池 239A7025アオイトトンボ交尾2017・11・7四万十市中村四万十町四万十川トンボ池 239A7046アオイトトンボ連結産卵2017・11・7四万十市中村四万十町四万十川トンボ池
 ノシメトンボ♂       アオイトトンボ交尾     同 連結産卵

 去る11月9日、土佐清水市のミヤマアカネ再調査に出向きました。好天に恵まれ、10ペア以上の連結産卵が見られ、先ずは一安心。ただ、これまで普通に出合えたナツアカネは1♂のみ、コノシメトンボは見つからずといった感じで、赤トンボ界の行く末が案じられます。

239A7255ミヤマアカネ♂2017・11・9土佐清水市 239A7281ミヤマアカネ交尾2017・11・9土佐清水市 239A7245ミヤマアカネ連結産卵2017・11・9土佐清水市 239A7271マユタテアカネ連結産卵2017・11・9土佐清水市
 ミヤマアカネ♂    同 交尾   同 連結産卵    マユタテアカネ連結産卵

 帰途、道の駅横の調整池でネキトンボ、ベニトンボ、ハネビロトンボという3種の赤トンボが入り混じって活動していました。いかに南国高知とはいえ、以前なら11月とは思えない光景で、温暖化の進行を感じずにはいられません。

   239A7346ネキトンボ♂2017・11・9土佐清水市  239A7371ベニトンボ♂2017・11・9土佐清水市  239A7301ハネビロトンボ♂2017・11・9土佐清水市
    ネキトンボ♂        ベニトンボ♂       ハネビロトンボ♂

 11日には日高村のオオキトンボ再調査。前回水面全体を覆い尽くしていたヒシ群落が縮小、水面の広がった水辺で、決して数多いとは言えない赤トンボたちが飛び交っていました。オオキトンボの生殖活動は一通り見られたものの、各々の個体数が少ないためか、イレギュラーな組み合わせも2例見られました。ただ、共に交尾までには至らなかったので、雑種が生まれる楽しみ?はなさそうです。

   239A7586オオキトンボ交尾2017・11・11日高村  239A7664オオキトンボ連結産卵2017・11・11日高村  239A7591キトンボ探雌飛翔2017・11・11日高村
    オオキトンボ交尾     同 連結産卵      キトンボ♂

239A7634ネキトンボ連結産卵2017・11・11日高村 239A7617ネキトンボ♂×オオキトンボ♀異種間連結飛翔2017・11・11日高村沖名馬越戸梶川調整-トリミング 239A7623ネキトンボ♂×オオキトンボ♀異種間連結2017・11・11日高村 239A7660キトンボ♂×ネキトンボ♀異種間連結2017・11・11日高村  
 ネキトンボ連結産卵   ネキトンボ♂×オオキトンボ♀  キトンボ♂×ネキ♀

画像ハスベテ、クリックすると拡大します。


     

by 杉村光俊  at 17:49 |  トンボ王国最新情報 |  comment (0)  |   |  page top ↑

盛り上がらない秋

 今年のトンボ・シーズンも残り後わずか。トンボ王国ではツワブキが満開です。コフキヒメイトトンボもまだ少数が健在ながら、ヒメ、マユタテ、キトンボを除く秋の赤トンボが異常に少なく、生殖活動撮影のチャンスに恵まれません。せめて、これからヒメアカネとキトンボの生態撮影に尽力したいと思います。

239A6498ネキトンボ♂2017・11・2トンボ王国 239A6389キタキチョウ&オオハナアブ&ツワブキ2017・10・31トンボ王国 239A6222イチモンジセセリ&コウヤボウキ2017・10・30トンボ王国 239A6193キタキチョウ&ヤマハッカ2017・10・29トンボ王国
 ネキトンボ♂       ツワブキ         コウヤボウキ    ヤマハッカ

   239A6393マイコアカネ♂2017・10・31トンボ王国  239A6604コフキヒメイトトンボ♂2017・11・3トンボ王国  239A6593クロイトトンボ♂2017・11・3トンボ王国
    マイコアカネ♂     コフキヒメイトトンボ♂    クロイトトンボ♂

   239A6403アキアカネ♂2017・10・31トンボ王国(右湿地保護区)  239A6556ヒメアカネ♂2017・11・2トンボ王国  239A6477マユタテアカネ連結産卵2017・11・2トンボ王国
    アキアカネ♂       ヒメアカネ♂       マユタテアカネ連結産卵

   239A6501キトンボ探雌飛翔2017・11・2トンボ王国  239A6557ホシホウジャク&ヤマホトトギス2017・11・2トンボ王国  239A6568第31回全日本トンボフォトコンテスト展示会2017・11・2トンボ王国あきついお
    キトンボ♂         ホシホウジャク  1日から始まったトンボ写真展

 赤トンボが少ないのは四万十川トンボ池も同様ですが、なぜかリスアカネだけは例年になく多目で、少し慰められています。マイコは近くの荒れ?水田に行けばそこそこ見られるのですが、草間に潜り込んでしまう産卵はどうにもなりません。

   239A6248四万十川トンボ池2017・10・30四万十市中村四万十町  239A6640ノシメトンボ連結産卵2017・11・3四万十市中村四万十町四万十川  239A6671ノシメトンボ交尾2017・11・3四万十市中村四万十町四万十川
          ノシメトンボ連結産卵          同 交尾

   239A6244ナツアカネ♂2017・10・30四万十市中村四万十町四万十川トンボ池  239A5976リスアカネ交尾2017・10・27四万十市中村四万十町四万十川トンボ池  239A6619アキアカネ交尾2017・11・3四万十市中村四万十町四万十川
    ナツアカネ♂       リスアカネ交尾      アキアカネ交尾

   239A5992キトンボ♂2017・10・27四万十市鍋島四万十川トンボ池  239A6004ベニトンボ♂2017・10・27四万十市鍋島四万十川トンボ池  239A6750マイコアカネ交尾2017・11・4四万十市鍋島四万十川トンボ池
    キトンボ♂        ベニトンボ♂        マイコアカネ交尾

 10月31日に足を伸ばした土佐清水市のミヤマアカネも激減でしたが、どうにか1~2ペアによる生殖活動を押さえることはできました。当然、その他のアカネも数少なく、連結はアキアカネが1~2ペア、ナツアカネは0、例年ミヤマアカネ以上に見られるマユタテアカネが♂ばかり10頭ほどしかいなかったことには愕然とさせられました。要、再確認です。

   239A6374ミヤマアカネ♂飛翔2017・10・31土佐清水市宗呂丙小馬場  239A6329ミヤマアカネ交尾2017・10・31土佐清水市宗呂丙小馬場  239A6353ミヤマアカネ連結産卵2017・10・31土佐清水市宗呂丙小馬場
  ミヤマアカネ♂探雌飛翔    同 交尾         同 連結産卵

 全国的に多いスナアカネも当地方では数える程度、行きつけの海浜でもまだ1♂しか見つかっていません。近くに水を張った水田がないことが致命的な原因のようです。それ以上に、年々少なくなっている在来赤トンボの行く末が案じられます。10年ほど前は踏みつけるほど集まっていたナツアカネやコノシメトンボは珍品となり、北風が吹いた日は恐らく数千単位で群飛していたアキアカネも数十がいいところ。これでは、赤トンボに郷愁を感じる日本人も絶滅危惧種になってしまうはずです。どこへ行く?日本…

   239A6265アキアカネ♂2017・10・30黒潮町大形入野  239A6283ノシメトンボ♂2017・10・30黒潮町大形入野  239A6772ヤマトバッタ♀2017・11・4黒潮町大方入野
    アキアカネ♂        ノシメトンボ♂      ヤマトバッタ

画像はすべて、クリックすると拡大します。


by 杉村光俊  at 17:57 |  トンボ王国最新情報 |  comment (0)  |   |  page top ↑

異常に少ない赤トンボ

 異常な長雨に見舞われた10月中旬。最後は台風のオマケが付きました。超大型とかで身構えていたものの、幸い、直撃を免れた四万十地方は大事には至りませんでした。むしろ、雨に乗じてやってくるイノシシ被害の方にウンザリさせられています。とは言え、次の台風が迫っていますが…

   239A4877ベニトンボ♂2017・10・14トンボ王国  239A5496台風一過2017・10・23トンボ王国  239A5498イノシシ荒らし2017・10・23トンボ王国
   曇天下のベニトンボ♂  台風一過のトンボ王国   イノシシ荒らし

 トンボ王国秋の風物詩、ミゾソバの花期は今回の長雨の間に終わってしまい、マイコアカネとの共演シーンは今年もモノにはできませんでした。久しぶりに青空が戻ってきた24日、湿地保護区では待ちかねていたかのように、ヒメアカネが飛び交っていました。

239A5396ホシホウジャク&ミゾソバ2017・10・19トンボ王国 239A5389チャバネセセリ&ミゾソバ2017・10・19トンボ王国 239A5412コフキヒメイトトンボ&ミゾソバ2017・10・19トンボ王国 239A5761アカアシハラナガツチバチ2017・10・24トンボ王国(右)
ミゾソバ&ホシホウジャク・チャバネセセリ・コフキヒメイトトンボ ツワブキ

   239A5549右手湿地保護区2017・10・23トンボ王国  239A5551ヒメアカネ交尾2017・10・23トンボ王国(右-左)  239A5562ヒメアカネ交尾飛翔2017・10・23トンボ王国(右-左)
    右手湿地保護区           ヒメアカネ交尾&飛翔

 一方、例年赤トンボの舞踏会場となる四万十川のトンボ池は、結局盛り上がらないまま終焉を迎えてしまいそうです。どうやら、当地方で冬から夏前まで続いた異常少雨が影響したようです。増水したトンボ池では、アキアカネがポツリポツリと飛来、リスアカネやコノシメトンボなどが思い出したように産卵しています。アオイトトンボは細々と産卵を続けています。26日、何を勘違いしたのか、越冬型のホソミイトトンボ成熟♂1頭が水辺をパトロールしていました。

   239A5548四万十川トンボ池2017・10・23四万十市中村四万十町  239A4842タコノアシ2017・10・14四万十市中村四万十町四万十川トンボ池  239A5315アオイトトンボ連結産卵2017・10・17四万十市中村四万十町四万十川トンボ池
    四万十川トンボ池    色づいたタコノアシ   アオイトトンボ連結産卵

239A5517アキアカネ連結産卵2017・10・23四万十市中村四万十町四万十川トンボ池 239A5942リスアカネ連結産卵2017・10・26四万十市中村四万十町四万十川トンボ池 239A5350リスアカネ単独産卵2017・10・17四万十市中村四万十町四万十川トンボ池 239A5351リスアカネ遊離性静止産卵2017・10・17四万十市中村四万十町四万十川トンボ池
アキアカネ連結産卵  リスアカネ連結産卵 同 単独産卵 同 遊離性産卵

   239A5926ホソミイトトンボ越冬型♂2017・10・26四万十市中村四万十町四万十川トンボ池  239A5923ホソミイトトンボ越冬型♂2017・10・26四万十市中村四万十町四万十川トンボ池  239A5715メスグロヒョウモン♀&ヨメナ2017・10・24四万十市中村四万十町四万十川河川敷
      季節はずれのホソミイトトンボ越冬型♂     メスグロヒョウモン♀ 

 台風が通過した23日、「いい北風」が吹いていたので、アカトンボがよく集まる黒潮町の海浜を歩いてきました。おびただしいウスバキトンボの群れに交ってアキやナツなどが計2~30といったところ。ベニトンボもいました。

239A5615ウスバキトンボ摂食群飛2017・10・23黒潮町大方入野 239A5599ギンヤンマ♂捕食(ウスバキトンボ)2017・10・23黒潮町大方入野 239A5630ナツアカネ♂2017・10・23黒潮町大方入野 239A5591ベニトンボ♀2017・10・23黒潮町大方入野
 ウスバキトンボ群飛  ギンヤンマ♂捕食 ナツアカネ♂  ベニトンボ♀

 長雨ですっかり後手に回ってしまった松山市のオオキトンボ。完璧晴れマークの出た25日、満を持して?出かけました。朝方の冷え込みが強く、かつ台風がもたらした大雨で「行きつけの池」の水位は異様な高さ。しかも気温が上がり始めた11時頃から上空は厚い雲に覆われてしまいました。何とか産卵シーンを接写撮影したものの、爽やかな秋の雰囲気はありません。残り少ない今シーズン、リベンジは叶うのでしょうか?

239A5852オオキトンボ連結産卵2017・10・25愛媛県松山市 239A5820オオキトンボ連結産卵2017・10・25愛媛県松山市 239A5863オオキトンボ連結産卵2017・10・25愛媛県松山市 239A5885オオキトンボ♀産卵後移動飛翔2017・10・25愛媛県松山市
オオキトンボ連結飛翔 連結打泥産卵 打水産卵       産卵後♀

画像はすべて、クリックすると拡大します。


by 杉村光俊  at 10:12 |  トンボ王国最新情報 |  comment (0)  |   |  page top ↑

夏模様の秋

 10月も半ばというのに、日中は未だ真夏のような暑さが続いている四万十地方。
赤トンボたちも「仕方なく…」といった感じで、ポツリポツリと水辺に戻ってきています。ほんの四半世紀前なら、9月25日頃になると大陸から張り出してくる爽やかな高気圧が、9月上旬から停滞していた秋雨前線を押し下げ一気に秋が来訪、逸早く平地入りしていたマユタテアカネやナツアカネたちを追いかけるように、アキアカネやマイコアカネ、コノシメトンボなどが大挙して下山してきたものでしたが…今日から秋!という日が味わえなくなっています。
さて、10月13日にはキトンボが水辺で確認され、今シーズンの記録種数が61となったトンボ王国。オオアオイトトンボの生殖活動も始まりました。ただ暑過ぎるので、保護区の入り口付近で目立つのは、温暖化の申し子ベニトンボです。

239A4118ミゾソバ2017・10・11トンボ王国ロ 239A4582ホトトギス2017・10・12トンボ王国 239A4151キトンボ♂2017・10・11トンボ王国 239A4141キトンボ♂2017・10・11トンボ王国
 ミゾソバ         ホトトギス           キトンボ♂

239A4604オオアオイトトンボ移精2017・10・12トンボ王国(右) 239A4629オオアオイトトンボ交尾2017・10・12トンボ王国(右) 239A4761ベニトンボ♂2017・10・13トンボ王国(池田川) 239A4785キンモクセイ2017・10・13トンボ王国あきついお
 オオアオイトトンボ移精&交尾   ベニトンボ♂      キンモクセイ

 この時期、楽しいのは四万十川トンボ池。今シーズン全国的に多く観察されているスナアカネに続き、交雑アカネも久しぶりに顔を見せてくれました。 また、昨秋は♂2頭しか確認できず、今春も羽化が確認できず、この地での絶滅を覚悟させられていたアオイトトンボでしたが、何と少なくとも4♂2♀が健在、産卵も確認でき、とりあえず来シーズンに向け命がつながった感じです。しかしながら、暑さの関係もあってか赤トンボは数少なく、ナツアカネに至っては目下産卵確認数0。同地に通い続けて40年以上、初めての経験です。もちろん、近年の全国的な赤トンボ類減少の影響も考えられるところです。


239A4276コノシメトンボ♂2017・10・11四万十市中村四万十町四万十川トンボ池 239A4268ネキトンボ♂2017・10・11四万十市中村四万十町四万十川トンボ池 239A4372マユタテアカネ×コノシメトンボ♂2017・10・12四万十市中村四万十町四万十川トンボ池 239A4189ギンヤンマ交尾2017・10・11四万十市中村四万十町四万十川河川敷
 コノシメトンボ♂    ネキトンボ♂   マユタテ×コノシメ♂  ギンヤンマ交尾

239A4420アキアカネ連結産卵2017・10・12四万十市中村四万十町四万十川河川敷 239A4460アキアカネ連結産卵2017・10・12四万十市中村四万十町四万十川河川敷 239A4411リスアカネ単独産卵2017・10・12四万十市中村四万十町四万十川河川敷 239A4744リスアカネ♂受光量調節2017・10・13四万十市中村四万十町四万十川トンボ池
   雨後の水溜りで産卵するアキアカネ   リスアカネ単独産卵 同 ♂逆立ち

   239A3544アオモンイトトンボ通常♀&同色♀交尾2017・10・7四万十市中村四万十町四万十川トンボ池  239A3546アジアイトトンボ潜水産卵2017・10・7四万十市中村四万十町四万十川トンボ池  239A4397セスジイトトンボ交尾2017・10・12四万十市中村四万十町四万十川河川敷
 アオモンイトトンボ交尾  アジアイトトンボ潜水産卵  セスジイトトンボ交尾

239A4703アオイトトンボ♂争い2017・10・13四万十市中村四万十町四万十川トンボ池 239A3149アオイトトンボ♀2017・10・4四万十市中村四万十町四万十川トンボ池 239A4180アオイトトンボ交尾2017・10・11四万十市中村四万十町四万十川トンボ池 239A4230アオイトトンボ連結産卵2017・10・11四万十市中村四万十町四万十川トンボ池
 アオイトトンボ♂争い     同 ♀       同 交尾      同 連結産卵

 8日、日高村のオオキトンボを見てきました。池面はまだヒシの葉で覆い尽くされていましたが、少し増加しているように思いました。

239A3701オオキトンボ♂2017・10・8日高村沖名馬越戸梶川調整池 239A3699オオキトンボ♂2017・10・8日高村沖名馬越戸梶川調整池 239A3691オオキトンボ♂2017・10・8日高村沖名馬越戸梶川調整池 239A3665オオキトンボ連結産卵2017・10・8日高村沖名馬越戸梶川調整池
               オオキトンボ♂            同 連結産卵

 赤トンボ以上に、四万十地方で激減したカトリヤンマ。松山市北部での撮影が常態化してしまいそうです。

   239A4060カトリヤンマ産卵間飛翔2017・10・10愛媛県松山市  239A4050カトリヤンマ産卵間飛翔2017・10・10愛媛県松山市  239A4079カトリヤンマ産卵2017・10・10愛媛県松山市
         カトリヤンマ♀産卵間飛翔          同 産卵

239A4002ナニワトンボ♂2017・10・10愛媛県松山市 239A3964ナニワトンボ交尾2017・10・10愛媛県松山市 239A3944ナニワトンボ交尾2017・10・10愛媛県松山市 239A3972ナニワトンボ連結産卵2017・10・10愛媛県松山市
ついでのナニワトンボ♂    同 交尾            同 連結産卵

画像はすべて、クリックすると拡大します。






by 杉村光俊  at 18:27 |  トンボ王国最新情報 |  comment (0)  |   |  page top ↑
イベント情報・お知らせ
トンボ王国のホームページはこちらからどうぞ
www.gakuyukan.com/

催しのご案内

第31回全日本トンボフォトコンテスト入賞作品展のご案内

期間:平成29年11月1日(水)~11月30日(木) 場所:四万十川遊館あきついお多目的ホール(とんぼ館ロビー) 入場:無料(ただし四万十川遊館あきついお入場料が必要) 今回で31回を数える、トンボだけの全国公募写真展。去る10月19日開催の審査会で選ばれた58点を掲示。
審査員のみならず、より多くの人たちから高い評価を得た作品についても表彰させて頂きたいと考え、当初よりご見学の皆さんに人気投票をお願いし、得票数の高い作品3点にトンボ王国特別賞をお贈りしています。ご協力のほど、よろしくお願い致します。
なお、投票の御礼として、トンボ王国オリジナルグッズが当るスピードくじをご用意させて頂いておりますので、こちらの方もお忘れなく。

ピラルクのエサやり
内容:全長2メートルのアマゾン川産ピラルクへの、スリル満点の給餌体験。
場所:四万十川学遊館あきついお・さかな館。
時間:開館日の午後4時~。
対象:入館者先着10名。
参加費:無料。ただし、「四万十川学遊館あきついお」の入館料が必要)。

毎日イベント・ビーズトンボ携帯ストラップ作り&四万十川の蛇紋岩みがき
内容:ビーズで作るトンボ・アクセサリーの携帯ストラップ版(簡素化したデザインで、所要時間約30分)と、磨くほどに輝きを増す四万十川の蛇紋岩みがき(所要時間約30分)。

日高村トンボ観察図鑑ができました
 この春、高知県日高村(高知市の西方、車で30分ほど)より、同村内でこれまでに記録されている73種類のトンボを紹介した標記ガイドブックが発行されました。本体A-5版160ページで、解説を本会の杉村光俊常務理事が担当したご縁で、本会でも販売させて頂いております。実寸大での生体標本画像と、和風の体色解説が大きな特徴です。
四万十川学遊館あきついお売店にて税込み1,000円で販売中、送料360円で郵送も承ります。日高村からの預かり部数は300弱、ご購入を希望される方はお早めお求め下さい。

『中国・四国のトンボ図鑑』 割引頒布について
トンボと自然を考える会の会員の方を対象に割引頒布を実施させて頂いております。
税込み価格3,675円のところ、あきついお四万十川学遊館・売店コーナーでは税込み価格3,150円でお分けさせて頂きます(ご購入の際には、必ず会員証をご提示下さい)。
また、宅配を希望される方は、税・送料込み3,400円とさせて頂きたく、必要額を本会郵便口座(01630-5-35218)にお振込み下さい。1週間ほどでお届けできます。

「ネーチャーフォト研究会」メンバー募集中
トンボと自然を考える会会員、または四万十川学遊館年間パスポート所有者を対象として、トンボ自然公園内で見られるトンボや花などの撮影案内、作品展示会(年1~2回)、研究会会員の撮影技術向上と親睦を深めることを目的とした勉強会等を行います。
撮影されたい動植物の時期や場所の問い合わせへの対応、撮影時のコツ等を職員がアドバイスさせていただきますので、多くの方々のご参加をお待ちしています。
お問い合わせは、トンボと自然を考える会事務局。

カテゴリー
検索フォーム
リンク
このブログをリンクに追加する
プロフィール

杉村光俊

Author:杉村光俊
1955年高知県中村市(現四万十市)に生まれる。
1985年(社)トンボと自然を考える会常務理事
日本蜻蛉学会会員
トンボ生態写真家

最近の記事
月別アーカイブ
最近のコメント
RSSフィード