fc2ブログ

初夏から夏へ

 人気の花菖蒲はもう終盤、入れ替わるようにハンゲショウの葉が白く色付いてきたトンボ王国。

  _W9A8462ピンクスイレン池2022・6・1トンボ王国 _W9A9061ハナショウブ2022・6・3トンボ王国 _W9A9585キイトトンボ未成熟♂&ハンゲショウ2022・6・6トンボ王国
  ピンク・スイレン池 ハナショウブ(6・3)ハンゲショウ&キイト

 春のトンボはほとんど姿を消し、夏のトンボが目立ってきました。

  _W9A8948アサヒナカワトンボ橙色翅型♂2022・6・2トンボ王国 _W9A0003モノサシトンボ交尾2022・6・8トンボ王国 _W9A8479モノサシトンボ連結産卵2022・6・1トンボ王国
 アサヒナカワトンボ橙色翅♂モノサシトンボ交尾  同 連結産卵

  _W9A0034ウチワヤンマ♂2022・6・8トンボ王国 _W9A8268コシアキトンボ♂2022・5・30トンボ王国 _W9A9532シオカラトンボ♂捕食(コシアキトンボ羽化直後♂)2022・6・6トンボ王国
  ウチワヤンマ♂ コシアキトンボ♂ シオカラトンボ♂捕食(コシアキ)

  _W9A8542セスジイトトンボ♀羽化2022・6・1トンボ王国 _W9A0485キイトトンボ連結産卵2022・6・9トンボ王国 _W9A0504ベニイトトンボ2ペア連結産卵2022・6・9トンボ王国
セスジイトトンボ♀羽化 キイトトンボ連結産卵 ベニイトトンボ連結産卵

  _W9A9371ウスバキトンボ未成熟♀2022・6・5トンボ王国 _W9A0817ベニシジミ2022・6・10トンボ王国 _W9A8211スジグロシロチョウ交尾2022・6・30トンボ王国
   ウスバキトンボ♀   ベニシジミ   スジグロシロチョウ交尾

 水田保護区ではアキアカネが羽化しています。

  _W9A0834水田保護区2022・6・10トンボ王国 _W9A0830コフキヒメイトトンボ♂2022・6・10トンボ王国水田保護区 _W9A9396アキアカネ未成熟♂2022・6・5トンボ王国
   水田保護区    コフキヒメイトトンボ♂ アキアカネ羽化後♂  

 ミナミヤンマもシーズン入りしましたが、減少傾向に歯止めがかかりません。渓流域の荒廃が進む中、日照不足や栄養不足の影響でしょうか、足摺岬では腹部が湾曲した個体が複数羽化していました。ひょっとすると、個体数減少による遺伝子障害かもしれません。こうなると、未成熟成虫に対する採集圧も大きな脅威です。

  _W9A7592ミナミヤンマ♀羽化(排水)2022・5・28土佐清水市 _W9A7860ミナミヤンマ腹部湾曲♂羽化(完了)2022・5・29土佐清水市 _W9A9703ミナミヤンマ濃条翅型♀摂食飛翔2022・6・7土佐清水市
  ミナミヤンマ羽化中♀ 同 腹部湾曲♂    同 未成熟♀摂食

 四万十市内の海辺に近い小流では、シコクトゲオトンボの生殖活動が最盛期を迎えています。

  _W9A0871シコクトゲオトンボ移精2022・6・10四万十市 _W9A0921シコクトゲオトンボ交尾2022・6・10四万十市 _W9A0956シコクトゲオトンボ産卵2022・6・10四万十市
 シコクトゲオトンボ移精   同 交尾     同 産卵  

8日は足摺岬近くの清流で、思いがけず1時間40分を越えるミヤマカワトンボの潜水産卵に遭遇(詳細は11月発行予定のとんぼと文化誌で)。一部始終を小形水槽に入れたカメラで撮影、翌日はひどい肩凝りでした。12日には黒潮町の渓流で移精と交尾も撮れました。ミヤマカワトンボを、これだけしっかり撮影したのは久し振りです。

  _W9A0222ミヤマカワトンボ潜水産卵2022・6・8土佐清水市 _W9A1584ミヤマカワトンボ移精2022・6・12黒潮町 _W9A1612ミヤマカワトンボ交尾2022・6・12
 ミヤマカワトンボ潜水産卵      同 移精と交尾  

 少々古い話になりましたが4日、3年振りで広島県にムカシヤンマの撮影に行ってきました。タイミングよく産卵も見られました。

  _W9A9245ムカシヤンマ♂2022・6・4広島県 _W9A9235ムカシヤンマ♂2022・6・4広島県 _W9A9301ムカシヤンマ産卵2022・6・4広島県
        ムカシヤンマ♂         同 産卵


 画像はすべて、クリックすると拡大します。




  
by 杉村光俊  at 15:53 |  トンボ王国最新情報 |  comment (0)  |   |  page top ↑

ハナショウブが見頃

 ハナショウブの花が見頃を迎えたトンボ王国。

  _W9A6417ハナショウブ2022・5・20トンボ王国ハナショウブ2022・5・20トンボ王国ロウ _W9A7228ノハナショウブ2022・5・25トンボ王国 _W9A6573コフキヒメイトトンボ♀&黄色スイレン2022・5・21トンボ王国
   ハナショウブ    ノハナショウブ スイレン&コフキヒメイト♀

 水辺は初夏のトンボたちで賑わっています。ようやくセスジイトトンボの産卵も見られるようになりました。

  _W9A7931コフキトンボ♀2022・5・29トンボ王国 _W9A7394サラサヤンマ♂なわばり飛翔2022・5・17トンボ王国 _W9A7508サラサヤンマ産卵2022・5・27トンボ王国
   コフキトンボ♀   サラサヤンマ♂    同 産卵

  _W9A7337ヤマサナエ♂2022・5・27トンボ王国白ケ谷 _W9A6878キイロサナエ♂2022・5・24トンボ王国 _W9A7199キイロサナエ静止接水産卵2022・5・25トンボ王国
   ヤマサナエ♂    キイロサナエ♂    同 静止接水産卵

  _W9A5823キイトトンボ未成熟♂2022・4・16トンボ王国 _W9A6118ベニイトトンボ交尾2022・5・18トンボ王国あきついお裏庭 _W9A7219ベニイトトンボ連結産卵2022・5・15トンボ王国
  キイトトンボ未成熟♂ ベニイトトンボ交尾  同 連結産卵

  _W9A7365モートンイトトンボ交尾2022・5・27トンボ王国白ケ谷 _W9A7715オオイトトンボ連結産卵2022・5・28トンボ王国 _W9A7987セスジイトトンボ連結産卵2ペア2022・5・29トンボ王国
モートンイトトンボ交尾オオイトトンボ連結産卵セスジイトトンボ連結産卵

  _W9A6015モノサシトンボ未成熟♂&コガクウツギ2022・5・17トンボ王国 _W9A6541ジョウカイボン2022・5・21トンボ王国 _W9A7719クロセセリ2022・5・28トンボ王国
 モノサシトンボ未成熟♂  ジョウカイボン   クロセセリ

 去る22日、梼原町のフィールドで7年ぶりにヒメクロサナエの産卵が撮れました。

  _W9A6617ヒメクロサナエ♂2022・5・22梼原町 _W9A6581ヒメクロサナエ産卵2022・5・22梼原町 _W9A6594アサヒナカワトンボ橙色不透明斑♂型2022・5・22梼原町
   ヒメクロサナエ♂  同 静止接水産卵  アサヒナカワ橙色翅♂

画像はすべて、クリックすると拡大します。


 

by 杉村光俊  at 19:17 |  トンボ王国最新情報 |  comment (0)  |   |  page top ↑

春から初夏へ

 カキツバタは間もなく見納め。春のトンボたちも老熟個体が目立ち始めました。サラサヤンマのオスが、園内のそこここでホバリングしています。

  _W9A2916ヨツボシトンボ♂&カキツバタ2022・5・4トンボ王国WWFジャパン池 _W9A4246ヨツボシトンボ産卵2022・5・10トンボ王国 _W9A4261シオヤトンボ交尾2022・5・10トンボ王国
  カキツバタ&ヨツボシトンボ♂ 同 産卵  シオヤトンボ交尾

  _W9A3549オオイトトンボ連結産卵2022・5・7トンボ王国 _W9A3502オオイトトンボ半潜水産卵2022・5・7トンボ王国 _W9A3510オオイトトンボ潜水産卵2022・5・7トンボ王国 
  オオイトトンボ連結産卵      同 潜水産卵 

  _W9A3082トラフトンボ探雌飛翔2022・5・5トンボ王国 _W9A5279タベサナエ♀産卵飛翔2022・5・14トンボ王国 _W9A3581セスジイトトンボ♂2022・5・7トンボ王国池田川
   トラフトンボ♂   タベサナエ産卵飛翔 セスジイトトンボ♂

  _W9A3553アオモンイトトンボ産卵2022・5・7トンボ王国池田川 _W9A4510コフキトンボ♂捕食(クロイトトンボ連結)2022・5・11 _W9A3564クロイトトンボ連結産卵(♂は腹部のみ)2022・5・7トンボ王国池田川
 アオモンイトトンボ産卵 コフキトンボ♂捕食 クロイトトンボ産卵

  _W9A5327サラサヤンマ♂なわばり飛翔2022・5・14トンボ王国あきついお中庭ビオトープ _W9A2897オオヤマトンボ探雌飛翔2022・5・4トンボ王国 _W9A5389オオヤマトンボ産卵2022・5・14
   サラサヤンマ♂   オオヤマトンボ♂   同 産卵

 春先の渇水が影響しているのでしょう、モートンイトトンボの発生数がイマイチです。5月に入ってからも、一度に確認出来る個体数は10頭前後。羽化はまだ続いていますが…

  _W9A3492モートンイトトンボ未成熟♀2022・5・7トンボ王国白ケ谷 _W9A5383モートンイトトンボ半成熟♀2022・5・14トンボ王国白ケ谷 _W9A5380モートンイトトンボ♀2022・5・14トンボ王国白ケ谷
  モートンイトトンボ未成熟♀ 同 半成熟♀  同 成熟♀

 その他の昆虫も活発に活動しています。

  _W9A4513セイヨウミツバチ2022・5・11トンボ王国 _W9A5414ヒメウラナミジャノメ吸蜜&コガクウツギ2022・5・14トンボ王国 _W9A2528ヒメツチハンミョウ2022・5・1トンボ王国中央
  セイヨウミツバチ  ヒメウラナミジャノメ ヒメツチハンミョウ  

 4月以降の多雨は四万十川トンボ池のアオイトトンボを順調に羽化させています。早春の渇水で、天敵のアメリカザリガニが激減したことも有利に働いてるようです。近年はしばしば、春期の水不足で羽化間近のヤゴが大量に干上がっていました。

  _W9A2950アオイトトンボ♂羽化2022・5・4四万十川トンボ池 _W9A3043アオイトトンボ♀羽化2022・5・5四万十川トンボ池 _W9A3037ホソミオツネントンボ連結産卵2022・5・5四万十川トンボ池
 アオイトトンボ♂羽化  同 ♀羽化 ホソミオツネントンボ連結産卵

 海辺近くの細流では、シコクトゲオトンボも次々と羽化しています。

  _W9A3125シコクトゲオトンボ羽化殻2022・5・5四万十市 _W9A3139シコクトゲオトンボ♀羽化2022・5・5四万十市 _W9A4267シコクトゲオトンボ未成熟♀2022・5・10四万十市
 シコクトゲオトンボ羽化殻  同 ♀羽化   同 未成熟♀


 画像はすべて、クリックすると拡大します。




  

by 杉村光俊  at 10:11 |  トンボ王国最新情報 |  comment (0)  |   |  page top ↑

只今24種

 花いっぱいのトンボ王国(ただ、ヒトツバタゴとオンツツジは4月26日から27日にかけての強雨に打たれ、ほほ散ってしまいました)。

  _W9A9829カキツバタ2022・4・20トンボ王国オグラコウホネ池 _W9A0440ヒトツバタゴ2022・4・23トンボ王国多目的広場 _W9A9193オンツツジ2022・4・16トンボ王国右手湿地保護区
   カキツバタ      ヒトツバタゴ    オンツツジ

  _W9A1489マルバウツギ2022・4・27トンボ王国 _W9A1438タベサナエ♂&コウホネ2022・4・27 _W9A1471ナガサキアゲハ♂吸蜜&タニウツギ2022・4・27トンボ王国トリミング
 マルバウツギ コウホネ&タベサナエ タニウツギ&ナガサキアゲハ

 春のトンボを中心に、現在24種のトンボが活動中です。

  _W9A1893ヤマサナエ未成熟♂2022・4・30 _W9A9833ヨツボシトンボ♂2022・4・20トンボ王国オグラコウホネ池 _W9A1218クロスジギンヤンマ産卵2022・4・26トンボ王国
  ヤマサナエ未成熟♂  ヨツボシトンボ♂ クロスジギンヤンマ産卵

  _W9A1083ベニイトトンボ♂羽化2022・4・25トンボ王国とんぼ館裏青桶 _W9A0421ベニイトトンボ♀羽化2022・4・23トンボ王国とんぼ館裏青桶 _W9A1208コフキヒメイトトンボ未成熟♂2022・4・26トンボ王国
  ベニイトトンボ♂羽化 同 ♀羽化 コフキヒメイトトンボ未成熟♂  

 とんぼ館床下は雨知らず、サラサヤンマが沢山羽化しました。

  _W9A0736サラサヤンマ♂羽化連続(裂開)2022・4・24トンボ王国 _W9A0759サラサヤンマ♂羽化連続(休止)2022・4・24トンボ王国 _W9A0784サラサヤンマ♂羽化連続(腹部抜き出し)2022・4・24トンボ王国
 サラサヤンマ♂羽化 裂開  同 休止     同 腹部抜き出し

  _W9A0832サラサヤンマ♂羽化連続(腹部伸長)2022・4・24トンボ王国 _W9A1077サラサヤンマ汚水羽化代役(排水)2022・4・25トンボ王国 _W9A0943サラサヤンマ♂羽化連続(完了)2022・4・25トンボ王国
   同 翅伸張      同 排水      同 完了  

 ムカシトンボは、四万十市北部の産地でも老熟期に入った感じです。

  _W9A9866ムカシトンボ♂探雌飛翔2022・4・20三原村 _W9A1670ムカシトンボ産卵2022・4・28四万十市 _W9A9892アサヒナカワトンボ無色翅型未成熟♂2022・4・20三原村江ノ谷
ムカシトンボ♂探雌飛翔 同 産卵(ジャゴケ)アサヒナカワトンボ無色翅♂

 県内では風前の灯状態のフタスジサナエ。去る4月18日、愛媛県にある最寄りの産地をのぞいてきました。羽化シーズン真っ只中の様子でした。トラフトンボも見られました。

  _W9A9518フタスジサナエ♀羽化連続(排水)2022・4・18愛媛県 _W9A9555フタスジサナエ♀羽化連続(初飛行)2022・4・18愛媛県 _W9A9457トラフトンボ未成熟♀2022・4・18愛媛県
 フタスジサナエ♀羽化(排水)同 初飛行   トラフトンボ未成熟♀

 画像は全て、クリックすると拡大します。



  

by 杉村光俊  at 17:59 |  トンボ王国最新情報 |  comment (0)  |   |  page top ↑

春のトンボ、水辺に続々

 カキツバタやスイレンが水辺を彩り始めたトンボ王国。

  _W9A4067薄ピンク・スイレン2022・4・9トンボ王国 _W9A9956オグラコウホネ2022・4・6トンボ王国 _W9A3723ゲンゲ2022・4・3トンボ王国
   温帯スイレン    オグラコウホネ    ゲンゲ

 越冬イトトンボに加え、春のトンボたちも続々と水辺に戻っています。

  _W9A9993ホソミオツネントンボ♂2022・4・6トンボ王国 _W9A8547ホソミイトトンボ越冬型交尾2022・4・10トンボ王国 _W9A8874ホソミオツネントンボ越冬型連結産卵2022・4・13トンボ王国
 ホソミオツネントンボ♂  ホソミイトトンボ越冬型交尾&連結産卵

  _W9A8858タベサナエ♂2022・4・13トンボ王国 _W9A4062シオヤトンボ半成熟♂2022・4・9トンボ王国 _W9A8798オオイトトンボ交尾2022・4・12トンボ王国
   タベサナエ♂    シオヤトンボ半成熟♂ オオイトトンボ交尾

  _W9A8505シオカラトンボ♂2022・4・10トンボ王国 _W9A4086アサヒナカワトンボ未成熟♀2022・4・9トンボ王国 _W9A9903ヨツボシトンボ♀羽化2022・4・5トンボ王国
   シオカラトンボ♂  アサヒナカワトンボ♀ ヨツボシトンボ♀羽化

  _W9A8675サラサヤンマ♀羽化2022・4・11トンボ王国 _W9A9936クロイトトンボ未成熟♂2022・4・6トンボ王国 _W9A3741アジアイトトンボ未成熟♂2022・4・3トンボ王国
  サラサヤンマ♀羽化  クロイト未成熟♂   アジアイト未成熟♂

  _W9A3710アジアイトトンボ♀&ミツガシワ2022・4・3トンボ王国 _W9A3889アオモンイトトンボ未成熟♂2022・4・4トンボ王国 _W9A8856ハラビロトンボ未成熟♂2022・4・13トンボ王国
  アジアイトトンボ♂ アオモンイト未成熟♂ ハラビロトンボ未成熟♂   

 一方、一昨年は493頭、昨年は100頭、そして今シーズンは僅か20頭しか羽化が確認できなかった駐車場前のタベサナエ。夏期の少雨と高温による影響が疑われるところですが、増殖したナガバオモダカが水流を妨げている可能性も考えられることから14日に大半を間引きしてみました。なお、来春に羽化予定の若いヤゴは少数ながら確認できています。

  _W9A3212タベサナエ♂羽化2022・3・28トンボ王国 _W9A9030駐車場前水路2022・4・14トンボ王国 _W9A9080駐車場前水路2022・4・15トンボ王国
タベサナエ♂羽化3・28撮影  駐車場前水路作業前&作業後  

 周辺の渓流では、ムカシトンボが出揃い、クロサナエやヒメクロサナエが次々と羽化しています。

  _W9A3771ムカシトンボ♀羽化20232・4・3三原村 _W9A3961ムカシトンボ未成熟♂捕食休止2022・4・8日高村 _W9A8595ムカシトンボ未成熟♀休止2022・4・10四万十市
  ムカシトンボ♀羽化  同 未成熟♂休止   同 未成熟♀休止

  _W9A8823クロサナエ♀羽化2022・4・12三原村江ノ谷 _W9A8697クロサナエ♂羽化2022・4・11三原村 _W9A8694ヒメクロサナエ羽化直後♂2022・4・11三原村
   クロサナエ♀羽化   同 ♂羽化    ヒメクロサナエ羽化後♂  

 温暖化進行が主原因と推察されますが、2001年を最後に高知県から姿を消したオツネントンボ。葉桜になった4月7日、愛媛県の産地を回ってみました。内子町では一定数を確認できましたが、宇和島市周辺4か所の溜池ではホソミイトトンボとホソミオツネントンボは見られたものの、残念ながらオツネントンボは見つけられず…

  _W9A0089ソメイヨシノ2022・4・7愛媛県内子町 _W9A0005オツネントンボ連結産卵2022・4・7愛媛県内子町 _W9A0049オツネントンボ連結産卵2022・4・7愛媛県内子町
   葉桜のため池      オツネントンボ連結産卵

画像はすべて、クリックすると拡大します。




  
by 杉村光俊  at 12:18 |  トンボ王国最新情報 |  comment (0)  |   |  page top ↑
イベント情報・お知らせ
トンボ王国のホームページはこちらからどうぞ
www.gakuyukan.com/

催しのお知らせ

【超広角の昆虫写真展】
内容:トンボを中心とする活動中の昆虫を、生息環境が分かるよう、杉村光俊本会常務理事が超広角(魚眼)レンズで撮影したA-3サイズの写真64点を展示
期間:2022年4月23日(土)~8月31(水)
場所:四万十川学遊館あきつい多目的ホール(とんぼ館ロビー)
入場:無料。ただし、四万十川学遊館あきついおの入館料が必要。

  〇トンボ王国クイズ・リニューアル

これまではスマホのネット検索でも答えが分かる内容でしたが、展示室を楽しく見学してもらうことが目的なので、現場に行かなければ答えが分からないようになりました。
内容:展示の中に答えがある3択10問クイズ。春編、初夏編、夏編、秋編、冬編、があります。
特典:それぞれ全問正解者10名に(多数の場合は抽選)、トンボ王国グッズ詰め合わせをお送りしています。
対象:「四万十川学遊館あきついお」有料入館者。

毎日イベント・ビーズトンボ携帯ストラップ作り&四万十川の蛇紋岩みがき
内容:ビーズで作るトンボ・アクセサリーの携帯ストラップ版(簡素化したデザインで、所要時間約30分)と、磨くほどに輝きを増す四万十川の蛇紋岩みがき(所要時間約30分)。

カテゴリー
検索フォーム
リンク
このブログをリンクに追加する
プロフィール

杉村光俊

Author:杉村光俊
1955年高知県中村市(現四万十市)に生まれる。
1985年(社)トンボと自然を考える会常務理事
日本蜻蛉学会会員
トンボ生態写真家

最近の記事
月別アーカイブ
最近のコメント
RSSフィード