トンボ王国とは

正式名称・四万十市トンボ自然公園。高知県四万十市の自然保護団体・社団法人トンボと自然を考える会が中心となり、1985年より市内田黒池田谷に広がる休耕田を整備した世界初のトンボ保護区。現在の広さは約8.7ヘクタールで現在もナショナル・トラストで用地を拡張中。スイレンやハナショウブなど四季の花咲く大小50余りのトンボ池では、3月下旬から12月にかけて60種以上のトンボが飛び交う。
エリア内にはトンボ1000種を含め、約5000種に上る世界の昆虫標本と、アカメを始めとする120種の四万十川の魚を含め300種5000尾に上る世界の淡水・汽水魚を展示・飼育する「あきついお四万十川学遊館」があり、自然保護区としてだけではなく、観光や学童らの環境学習にも活用されている。
テーマ: 高知(土佐) -  ジャンル: 地域情報
by 杉村光俊  at 12:05 |  トンボ王国最新情報 |   |   |  page top ↑

猛暑続く

 その後もまとまった降雨がなく、水不足が深刻化しているトンボ王国。
おかげで?林探訪は好調です。特にネアカヨシヤンマは♀も含め、よく出合えます。

_Q4A5524ネアカヨシヤンマ♂2016・8・18トンボ王国(右手湿地保護区奥) _Q4A5024ネアカヨシヤンマ♀2016・8・15トンボ王国(本谷奥)野村撮影 _Q4A5321コシボソヤンマ♂2016・8・17トンボ王国(本谷奥) _Q4A5399オニヤンマ♂2016・8・17トンボ王国(右湿地保護区奥)
 ネアカヨシヤンマ♂   同 ♀          コシボソヤンマ♂  オニヤンマ♂

   _Q4A4914ミルンヤンマ♂2016・8・14トンボ王国(本谷奥)  _Q4A5328ミルンヤンマ♀2016・8・17トンボ王国(本谷奥)  _Q4A4638ミルンヤンマ産卵2016・8・13トンボ王国
    ミルンヤンマ♂      同 ♀            同 産卵

_Q4A4648ヤブヤンマ♀2016・8・13トンボ王国 _Q4A4908ヤブヤンマ産卵2016・8・14トンボ王国(本谷奥) _Q4A5367マルタンヤンマ♀2016・8・17トンボ王国(右湿地保護区奥) _Q4A5339ミンミンゼミ2016・8・17トンボ王国(白ヶ谷)
 ヤブヤンマ♀      同 産卵         マルタンヤンマ♀  ミンミンゼミ

 ただ、19日には、干上がりかかった最谷奥のトンボ池にリスアカネの♂が姿を見せ、シオカラトンボの活動が目立つようになるなど、秋の気配も感じられるようになってきました。

   _Q4A5659リスアカネ♂2016・8・19トンボ王国(本谷奥)  _Q4A5495オオシオカラトンボ産卵2016・8・18トンボ王国(右手湿地保護区奥)  _Q4A4667コオニヤンマ♀2016・8・13トンボ王国
    リスアカネ♂      オオシオカラトンボ産卵   コオニヤンマ♀

_Q4A5556シオカラトンボ交尾2016・8・19トンボ王国(右湿地保護区奥) _Q4A5567シオカラトンボ産卵警護2016・8・19トンボ王国(右湿地保護区奥) _Q4A5579シオカラトンボ産卵警護2016・8・19トンボ王国(右湿地保護区奥) _Q4A5062シオカラトンボ♂捕食(ウシアブ)2016・8・15トンボ王国(右湿地保護区) シオカラトンボ交尾  同 警護産卵  同 飛水産卵    同 ♂捕食(ウシアブ)

 オニヤンマは瀬切れしかかった水路で、しがみつくように活動を続けています。

_Q4A5162オニヤンマ♂探雌パトロール2016・8・16トンボ王国(右湿地保護区奥) _Q4A4993オニヤンマ♂なわばり争い2016・8・15トンボ王国(右湿地保護区奥) _Q4A5000オニヤンマ♂なわばり休止2016・8・15トンボ王国(右湿地保護区奥) _Q4A5288オニヤンマ産卵2016・8・17トンボ王国
オニヤンマ♂探雌飛翔  同 なわばり争い  同 なわばり休止  同 産卵

 ヤンマ類の黄昏飛翔の中には、マルタンヤンマ♂の姿も交ってきました。

_Q4A4750ネアカヨシヤンマほか摂食群飛2016・8・13トンボ王国 _Q4A5251マルタンヤンマ♂黄昏摂食飛翔2016・8・16トンボ王国 _Q4A5455ネアカヨシヤンマ♀黄昏摂食飛翔2016・8・17トンボ王国 _Q4A4565オオギンヤンマ♂黄昏摂食飛翔2016・8・12トンボ王国
ヤンマの黄昏群飛 マルタンヤンマ♂ ネアカヨシヤンマ♀  オオギンヤンマ♂ 

 なぜか、冬期にしか姿を見せないダイサギがここ1週間ほど居ついています。

   _Q4A5587ダイサギ2016・8・19トンボ王国  _Q4A5543オオオニバス2016・8・18トンボ王国  _Q4A5589コフキトンボ♂&熱帯スイレン(タンダ・ナイト)2016・8・19トンボ王国
    ダイサギ        オオオニバスの花 熱帯スイレン&コフキトンボ♂

 20日、地元の環境保全イベントに招かれたついでに、現地のI川さん、H松さんのガイドを得て、松山市北条地区のため池を回ってきました。ナニワトンボの♂はほぼ色づいていましたが、オオキトンボの方はまだ羽化間もない個体が土手の叢でハネを休めていました。

_Q4A5719ナニワトンボ半成熟♂2016・8・20愛媛県松山市 _Q4A5713ナニワトンボ半成熟♂2016・8・20愛媛県松山市 _Q4A5766オオキトンボ未熟♂2016・8・20愛媛県松山市 _Q4A5783オオキトンボ未熟♀2016・8・20愛媛県松山市
          ナニワトンボ♂       オオキトンボ未熟♂ 同 未熟♀ 

画像はすべて、クリックすると拡大します。





by 杉村光俊  at 17:44 |  トンボ王国最新情報 |  comment (0)  |   |  page top ↑

最近の動き

 猛暑が続いています。熱中症への警戒が連日報道されている中、すでにトンボ熱中症の身とはいえ、極力日陰での活動を心掛けています。先ず、日差しが強くなってくる午前9時過ぎからは、道中の昆虫レストランのチェックも行いつつ、湿地保護区奥の水路でオニヤンマのロケ。数日に1回は産卵が見られます。たまにコシボソヤンマなども産卵にやってきます。

_Q4A2881熱帯スイレン栽培エリア2016・8・4トンボ王国 _Q4A2891熱帯スイレン(ブルーズ・アイ)2016・8・4トンボ王国 _Q4A3475スミナガシ2016・8・8トンボ王国 _Q4A3274オニヤンマ♂探雌パトロール2016・8・6トンボ王国ロウ
  熱帯スイレン栽培エリア      スミナガシ      オニヤンマ♂探雌飛翔

_Q4A3501オニヤンマ♂なわばり休止2016・8・8トンボ王国 _Q4A3265オニヤンマ♂なわばり休止2016・8・6トンボ王国 _Q4A3099オニヤンマ産卵2016・8・5トンボ王国 _Q4A2684コシボソヤンマ産卵2016・8・3トンボ王国
 オニヤンマ♂なわばり占有休止   同 産卵       コシボソヤンマ産卵

 11時前になるとオニヤンマの動きが悪くなるので、昨年ヤンマの休憩場所が見つかった「市民の森」へ。ミルンヤンマ主体ながら、6日には同所における今期3頭目となるマルタンヤンマ♂も。

_Q4A4216ミルンヤンマ♂2016・8・11四万十市坂本香山寺 _Q4A3777ミルンヤンマ♀2016・8・9四万十市坂本香山寺 _Q4A3304マルタンヤンマ♂2016・8・6四万十市坂本香山寺 _Q4A4224四万十市街地2016・8・11四万十市坂本香山寺
 ミルンヤンマ♂     同 ♀    マルタンヤンマ♂   近くからの眺望

 午後からは、恒例のトンボ王国林探訪。余りにも暑いので、本来なら産卵活動をしているはずのネアカヨシヤンマ♀も木陰でハネを休めています。リュウキュウオオスカシバなどのオマケも見られます。

_Q4A4134コシボソヤンマ♂2016・8・10トンボ王国(本谷奥) _Q4A4317ネアカヨシヤンマ♂2016・8・11トンボ王国(本谷奥) _Q4A3566ネアカヨシヤンマ♂2016・8・8トンボ王国 _Q4A4385ネアカヨシヤンマ♀2016・8・11トンボ王国(本谷奥)
 コシボソヤンマ♂        ネアカヨシヤンマ♂      同 ♀

_Q4A2899ミルンヤンマ♂2016・8・4トンボ王国(本谷奥) _Q4A4336ミルンヤンマ♀2016・8・11トンボ王国(本谷奥・野村撮影)ロウ _Q4A3821マルタンヤンマ♀2016・8・9トンボ王国 _Q4A3142オオアオイトトンボ半成熟♀2016・8・5トンボ王国
 ミルンヤンマ♂      同 ♀         マルタンヤンマ♀ オオアオイト♀

_Q4A3571エゾトンボなわばり飛翔2016・8・8トンボ王国 _Q4A3594エゾトンボ♂2016・8・8トンボ王国 _Q4A4112ハネビロエゾトンボ♀2016・8・10トンボ王国 _Q4A4141コオニヤンマ♂2016・8・10トンボ王国(本谷奥)
          エゾトンボ♂         ハネビロエゾ♀ コオニヤンマ♂

_Q4A3335ヒメアカネほぼ成熟♂2016・8・6トンボ王国 _Q4A4142オオシオカラトンボ産卵2016・8・10トンボ王国(本谷奥) _Q4A4144オオシオカラトンボ♂産卵警護2016・8・10トンボ王国(本谷奥) _Q4A4263オオシオカラトンボ♂捕食(ウシアブ)2016・8・11トンボ王国(本谷奥)
 ヒメアカネ♂      オオシオカラトンボ♀   同 ♂産卵警護   同 ♂捕食

   _Q4A4355リュウキュウオオスカシバ2016・8・11トンボ王国(本谷奥・野村撮影)  _Q4A4236ナミルリモンハナバチ2016・8・11トンボ王国(白ヶ谷)  _Q4A3126オオゴキブリ2016・8・5トンボ王国
  リュウキュウオオスカシバ ナミルリモンハナバチ   オオゴキブリ

 4時を回ると、近くの小川でコシボソヤンマのパトロールが始まりますが、5時を回ると少し離れた清流でオナガサナエの産卵も始まるので、判断に迷うところ。

_Q4A2831コシボソヤンマ探雌パトロール飛翔2016・8・3四万十市具同相の沢 _Q4A4172オナガサナエ産卵2016・8・10ロウ四万十市若藤 _Q4A3692オナガサナエ産卵2016・8・8四万十市若藤 _Q4A3961シオカラトンボ♂捕食(ヒメウラナミジャノメ)2016・8・9四万十市若藤岩田川
 コシボソヤンマ♂探雌        オナガサナエ産卵   シオカラトンボ♂捕食

 夕方6時過ぎは、再びトンボ王国でヤンマの足し枯れ飛翔ロケ。群飛にはなり難くなってきたものの、夕焼けバックのヤンマが狙えます。

   _Q4A4425マルタンヤンマ♀黄昏摂食飛翔2016・8・11トンボ王国  _Q4A4543ギンヤンマ♀黄昏摂食飛翔2016・8・12トンボ王国  _Q4A4552ネアカヨシヤンマほか黄昏摂食飛翔2016・8・12トンボ王国
    マルタンヤンマ♀     ギンヤンマ♀      ネアカヨシヤンマほか


画像はすべて、クリックすると拡大します。


by 杉村光俊  at 13:11 |  トンボ王国最新情報 |  comment (0)  |   |  page top ↑

只今53種

 相変わらず雑務におわれ、本ブログ更新は滞りがちです。
トンボ王国はヤンマ・シーズン真っ盛り。夕方近くになると、多くのマルタンヤンマが産卵のためスイレン池にやってきます。その後は他のヤンマたちと一緒に摂食飛翔。

   _Q4A1720ショウジョウトンボ♂2016・7・26トンボ王国ロウ  _Q4A2164マルタンヤンマ産卵2016・7・30トンボ王国  _Q4A2173マルタンヤンマ産卵2016・7・30トンボ王国
   午前中のスイレン池           マルタンヤンマ産卵

_Q4A2223マルタンヤンマ♀黄昏摂食飛翔2016・7・30トンボ王国 _Q4A2221ネアカヨシヤンマ♂黄昏摂食飛翔2016・7・30トンボ王国 _Q4A1986ギンヤンマ♀黄昏摂食飛翔2016・7・28トンボ王国 _Q4A2609ネアカヨシヤンマほか黄昏摂食群飛2016・8・2トンボ王国
 マルタンヤンマ♀    ネアカヨシヤンマ♂   ギンヤンマ♀      摂食群飛

 気になる林探訪ですが、まだ今ひとつ。代わりに、今シーズン53種目となるオオアオイトトンボと、7年ぶりでスジクワガタが見つかりました。

_Q4A2485ハネビロエゾトンボ♂2016・8・1トンボ王国 _Q4A2112オオアオイトトンボ♂2016・7・30トンボ王国 _Q4A2129オニヤンマ♂2016・7・30トンボ王国 _Q4A1754スジクワガタ♂2016・7・26トンボ王国
ハネビロエゾトンボ♂  オオアオイトトンボ♂  オニヤンマ♂   スジクワガタ♂

 なお、市民の森ポイントはまずまずで、7月30日には今シーズン2頭目のマルタンヤンマ♂も見つかっています。

_Q4A2101マルタンヤンマ♂2016・7・30四万十市坂本 _Q4A2537ヤブヤンマ♂2016・8・2四万十市坂本 _Q4A2461ミルンヤンマ2♂2016・8・1四万十市坂本 _Q4A2297ミルンヤンマ♀2016・7・31四万十市坂本
 マルタンヤンマ♂  ヤブヤンマ♂ ミルンヤンマ2♂    同 ♀

トンボ池ではチョウトンボやキイトトンボなど、夏のトンボで大混雑。つい、目移りしてしまいます。

_Q4A1495コフキトンボ♂&熱帯スイレン(ブルーズ・アイ)2016・7・25 _Q4A1604アオモンイトトンボ産卵&ピンク・スイレン2016・7・26トンボ王国 _Q4A1620アオモンイトトンボ♀捕食(オオイトトンボ♂)2016・7・26トンボ王国 _Q4A1631オオイトトンボ食害♂2016・7・26トンボ王国
 コフキトンボ♂  アオモンイトトンボ産卵 同 捕食と、食害されたオオイトトンボ

_Q4A2408チョウトンボ♂争い2016・8・1トンボ王国 _Q4A2403チョウトンボ交尾2016・8・1トンボ王国 _Q4A2394タイワンウチワヤンマ&コシアキトンボ2016・8・1トンボ王国 _Q4A2016タイワンウチワヤンマ♀20106・7・28トンボ王国
群れ飛ぶチョウトンボと交尾 タイワンウチワ♂&コシアキ♂ タイワンウチワ♀

_Q4A2421キイトトンボ連結産卵2016・8・1トンボ王国 _Q4A2397チャワンバス2016・7・31トンボ王国 _Q4A2190ヒクイナ2016・7・31トンボ王国 _Q4A2000アブラゼミ2016・7・28トンボ王国
キイトトンボ連結産卵  チャワンバス池     ヒクイナ        アブラゼミ

   _Q4A1447オオシオカラトンボ交尾2016・7・25トンボ王国  _Q4A1667オオシオカラトンボ産卵2016・7・26トンボ王国  _Q4A1687オオシオカラトンボ産卵警護2016・7・26トンボ王国
  オオシオカラトンボ交尾   同 産卵          同 産卵警護 

 去る7月27日、ナニワトンボの未熟に出合えるかも…ということでT木さんのガイドで香川県に出向きました。ついでに、ちょっと足を伸ばしてヤンマのねぐらがある岡山県某山にも。結果は紹介画像のとおり、残念賞でした。

_Q4A1807ハネビロエゾトンボ摂食飛翔2016・7・27岡山市 _Q4A1803ウスバキトンボ摂食群飛2016・7・27岡山市 _Q4A1877ナニワトンボ♂2016・7・27香川県高松市 _Q4A1849ナニワトンボ♀016・7・27香川県高松市
ハネビロエゾトンボ♀ ウスバキトンボ群飛 ナニワトンボ半成熟♂  同 ♀

画像はすべて、クリックすると拡大します。







by 杉村光俊  at 09:46 |  トンボ王国最新情報 |  comment (0)  |   |  page top ↑

只今52種類

 どうしたことか、今年は頼まれごとが多く、ついついブログ更新が伸び伸びになっています。加えて、6月下旬から7月中旬にかけ、生体標本撮影用にと各地から次々に「生」トンボが届けられ、その撮影と標本処理にも手を取られていました。展翅1点につき20~30分必要になるため、10個体を超えると結構な作業量になってしまいます。ただ、今シーズンは沖縄遠征組からタイリクショウジョウトンボの性モザイク(ギナンドロモルフ)も届けられるなど、嬉しい悲鳴でした。

   _Q4A7829タイリクショウジョウトンボ・ギナンドロモルフ2016・7・5沖縄本島A産45mm   _Q4A7852タイリクショウジョウトンボ・ギナンドロモルフ2016・7・5沖縄本島A産45mm   _Q4A7864タイリクショウジョウトンボ・ギナンドロモルフ2016・7・5沖縄本島A産45mm
              タイリクショウジョウトンボの性モザイク

 23日から、夏休みイベントの一環で「花のある昆虫写真展・人気投票付き」が始まりましたが、思いのほか作品が集まらず、ギリギリまで撮影に追われてしまいました。

_Q4A1346花のある昆虫写真2016・7・24 _Q4A9446チョウトンボ♂&黄スイレン池2016・7・14トンボ王国 _Q4A9494キイトトンボ未熟♂&ヌマトラノオ2016・7・14トンボ王国 _Q4A9418シロテンハナムグリ&ムクゲ2016・7・14トンボ王国
会場 黄スイレン&チョウトンボ キイト&ヌマトラノ シロテンハナムグリ&ムクゲ

 そんなこんなで、調査もままならない状況でしたが、オオギンヤンマも含め今シーズンのトンボ王国確認種は52種となり、12年連続の1シーズン60種越えも視野に入ってきた感じです。

_Q4A8544ウチワヤンマ交尾(産卵場所探し)2016・7・11トンボ王国 _Q4A8547ウチワヤンマ産卵警護2016・7・11トンボ王国 _Q4A8561ウチワヤンマ産卵2016・7・11トンボ王国 _Q4A8581オオイトトンボ連結産卵受難2016・7・11トンボ王国
    ウチワヤンマの産卵で「とばっちり」を受けたオオイトトンボのカップル

_Q4A1341コフキトンボ♂&熱帯スイレン2016・7・24 _Q4A9677コフキトンボ交尾(飛翔)2016・7・14トンボ王国 _Q4A9682コフキトンボ産卵2016・7・14トンボ王国 _Q4A0829熱帯スイレン2016・7・21
           熱帯スイレンエリアのコフキトンボ

_Q4A0448オオギンヤンマ♂2016・7・19 _Q4A0550ホソミイトトンボ夏型交尾2016・7・20 _Q4A8349エゾトンボ♂探雌パトロール飛翔2016・7・10トンボ王国 _Q4A9529ショウジョウトンボ♂やや逆立ち2016・7・14トンボ王国ロウ
オオギンヤンマ♂ ホソミイトトンボ夏期型交尾 エゾトンボ♂ ショウジョウトンボ♂

_Q4A8311ヒメアカネ♂羽化2016・7・10トンボ王国 _Q4A9656ギンヤンマ♂探雌パトロール2016・7・14トンボ王国 _Q4A9537ベニイトトンボ連結産卵2016・7・14トンボ王国 _Q4A0528ネアカヨシヤンマほか群飛2016・7・19
 ヒメアカネ♂羽化    ギンヤンマ♂    ベニイトトンボ連結産卵 ヤンマ群飛

 林探訪も本番が近付いてきましたが、昨年確認した「市民の森」では、早々にマルタン♂が撮影できました。

_Q4A0383ミルンヤンマ♀2016・7・19 _Q4A0432ヤブヤンマ♂2016・7・19 _Q4A9997マルタンヤンマ♀2016・7・17 _Q4A0674マルタヤンマ♂2016・7・20香山寺
 ミルンヤンマ♀     ヤブヤンマ♂       マルタンヤンマ♀    同 ♂

 この間、7月16日にはK山さんの仲介で島根県浜田市のトンボ観察会のお手伝いに出向き、ついでにハッチョウトンボとコバネアオイトトンボを撮影してきました。

_Q4A9863モートンイトトンボ交尾2016・7・16島根県浜田市金城町下来原 _Q4A9870ハッチョウトンボ♂2016・7・16島根県浜田市金城町下来原 _Q4A9890モノサシトンボ交尾2016・7・16島根県大田市五十猛 _Q4A9895コバネアオイトトンボ未熟♀2016・7・16島根県大田市五十猛
モートンイト交尾&ハッチョウ♂(浜田市) モノサシ交尾&コバネアオ♀(大田市)
   
 18日には、恒例の四国カルストに。快晴なるも熱いだけで、お目当てのミヤマサナエは姿を見せず、アキアカネと、道中の道の駅でグンバイトンボを撮影できただけに終わりました。

_Q4A0158グンバイトンボ連結産卵2016・7・18布施ヶ坂 _Q4A0251アキアカネ未熟♂2016・7・18天狗 _Q4A0248アキアカネ未熟♂2016・7・18天狗 _Q4A0220アキアカネ未熟♀2016・7・18天狗
グンバイトンボ連結産卵    アキアカネ未熟♂        同 未熟♀
 
 20日は行き付けの磯で魚の撮影。すっかり夏色になっていました。

   _Q4A0566チョウチョウウオ2016・7・20浮津  _Q4A0571ハコフグ2016・7・20浮津  _Q4A0595ミヤコキセンスズメダイ2016・7・20浮津
    チョウチョウウオ     ハコフグ          ミヤコキセンスズメダイ

 画像はすべて、クリックすると拡大します。


by 杉村光俊  at 14:56 |  トンボ王国最新情報 |  comment (0)  |   |  page top ↑
イベント情報・お知らせ
トンボ王国のホームページはこちらからどうぞ
www.gakuyukan.com/

催しのご案内)

花のある昆虫写真展・人気投票付き
内容:蝶や甲虫など、花のまわりで活動している昆虫の生態写真64種をA-3パネルで紹介。
人気投票に参加すると、トンボ王国グッズが当るスピードくじなどのサービスあり。「四万十川学遊館あきついお」有料入館者対象。
期間:平成28年7月16日~9月30日。
場所:四万十川学遊館あきついお・多目的ホール。

ピラルクのエサやり
内容:全長2メートルのアマゾン川産ピラルクへの、スリル満点の給餌体験。
場所:四万十川学遊館あきついお・さかな館。
時間:開館日の午後4時~。
対象:入館者先着10名。
参加費:無料。ただし、「四万十川学遊館あきついお」の入館料が必要)。

毎日イベント・ビーズトンボ携帯ストラップ作り&四万十川の蛇紋岩みがき
内容:ビーズで作るトンボ・アクセサリーの携帯ストラップ版(簡素化したデザインで、所要時間約30分)と、磨くほどに輝きを増す四万十川の蛇紋岩みがき(所要時間約30分)。

『中国・四国のトンボ図鑑』 割引頒布について
トンボと自然を考える会の会員の方を対象に割引頒布を実施させて頂いております。
税込み価格3,675円のところ、あきついお四万十川学遊館・売店コーナーでは税込み価格3,150円でお分けさせて頂きます(ご購入の際には、必ず会員証をご提示下さい)。
また、宅配を希望される方は、税・送料込み3,400円とさせて頂きたく、必要額を本会郵便口座(01630-5-35218)にお振込み下さい。1週間ほどでお届けできます。

「ネーチャーフォト研究会」メンバー募集中
トンボと自然を考える会会員、または四万十川学遊館年間パスポート所有者を対象として、トンボ自然公園内で見られるトンボや花などの撮影案内、作品展示会(年1~2回)、研究会会員の撮影技術向上と親睦を深めることを目的とした勉強会等を行います。
撮影されたい動植物の時期や場所の問い合わせへの対応、撮影時のコツ等を職員がアドバイスさせていただきますので、多くの方々のご参加をお待ちしています。
お問い合わせは、トンボと自然を考える会事務局。

カテゴリー
検索フォーム
リンク
このブログをリンクに追加する
プロフィール

Author:杉村光俊
1955年高知県中村市(現四万十市)に生まれる。
1985年(社)トンボと自然を考える会常務理事
日本蜻蛉学会会員
トンボ生態写真家

最近の記事
月別アーカイブ
最近のコメント
RSSフィード